5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

倉吉市議会 2018-02-21 平成30年第2回定例会(第3号 2月21日)

昨年、岩手県一関というところに行きましたときに、こちらのほうでは、いろんな事業を行う中で、その公民館の事業の中では、一定の基準にプラスして、人口割なんかでいろんな元気の出る地域づくり支援事業っていうのを行っていたんですけれども、要は、行政ができること、やらなければならないことと、地域ができることは地域でやっていきましょうというような役割分担をきちんとして、より住みやすいまちづくりを進めているということを

倉吉市議会 2017-08-30 平成29年第5回定例会(第3号 8月30日)

せんだって6月に我が会派岩手県の北上市、花巻市、一関に視察に行きました。その折、特に企業誘致っていうか、企業関係のことで参考になったことで簡単に紹介させていただきます。  北上市、花巻市も人口約10万人、新幹線あるいは空港道路など、土地も広くって、とてもとても条件がいいというところですけども、客観的に見たら、ただ、かつては本当に農業地帯で出稼ぎに出てる、そういった場所です。

琴浦町議会 2014-03-12 平成26年第 2回定例会(第3日 3月12日)

議員(12番 手嶋 正巳君) 事例をちょっと紹介してみたいと思うんですけどね、これはいわゆる東日本震災にかかわることなんですけども、これは岩手県一関の例なんですけども、停電が続く中、被災直後より地区婦人消防協力隊の女性たちが集会所にてLPガスを用い3日間炊き出しを実施し、高齢者を中心に地域の40世帯を支援した。

境港市議会 2013-09-17 平成25年第3回定例会(第2号 9月17日)

樹木葬の墓地は、平成11年に岩手県一関日本で最初につくられ、墓地の造成で消失する里山の緑を墓石のかわりに植える樹木で補って里山を再生し、それを後世に残すことを趣旨とした葬送の一つであります。樹木葬の思想には、遺骨を直接土の中に埋葬することで、個人がやがて土に返り、花となってよみがえるという思いが込められており、墓石をつくる場合より安価で、墓地の継承者の心配も要りません。  

  • 1