1289件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岩美町議会 2021-09-12 09月12日-03号

その要因も正確にその分析というところまでは至ってないんですけども、基本的に非常におもしろい競技っちゅうか、子どもにとっては非常におもしろい、それと同時にしんどさといいますか、3種類を全部こなさなきゃいけないっちゅうことと、自転車という道具を使う部分もありますので、その辺のルールのことなんかが若干難しいのかなあというようなことっちゅうのも減っていっている理由になっていないのかというふうなことを思っています

八頭町議会 2020-05-12 令和 2年第 4回臨時会(第1日目 5月12日)

その場合に、10条はきちんとルールはこうですよという話を双方が納得して判こを押しとるわけでございます。これが双務契約というものでございます。そのことを皆さん、もう一度考え直していただきたい。10条の賠償責任の件は、通常の除雪業務以外のことを求めているものでございます。そういう1点からいって、この契約については何ら疑義のある話ではございません。

琴浦町議会 2020-03-23 令和 2年第 2回定例会(第5日 3月23日)

それから、現在やっておりますのが、福岡県の田川市、これが先進地になるんですけれども、そちらのほうの事例を参考にしながら、ICT教育を進めるに当たっての方針ですとか、それから取り扱いのルール、こういったものを定めて対策をとっていきたいというふうに考えております。以上です。 ○議長(小椋 正和君) 大平高志君。 ○議員(5番 大平 高志君) 先ほど説明いただきました。

伯耆町議会 2020-03-19 令和 2年 3月第 1回定例会(第4日 3月19日)

3点目、介護サービス保険サービス組み合わせ、このルールを明確化の名によりまして、混合介護の拡大でさらなるビジネス化を促進するという内容になっています。  そして4点目、年金受給75歳から引き上げていく。パート、アルバイト、この厚生年金適用拡大をしていく。そして、マクロ経済スライドによって現在37歳から38歳の人たちが年金を受け取り始めるまで給付削減を続けていく。

八頭町議会 2020-03-12 令和 2年第 2回定例会(第4日目 3月12日)

令和元年度、今、もう少しで終わるということでありますし、それから、平成30年度までは実績が入っているということでありますから、その先のことについては、その積立金については、計上しないというのがこの財政計画のルールであります。 ○議 長(谷本正敏君) 髙橋議員。 ○11番(髙橋信一郎君) それ言ったら身もふたもないんですが。  あと、基金残高ですね。

北栄町議会 2020-03-11 令和 2年 3月第2回定例会 (第 9日 3月11日)

これは、もともと国が資格証明書、短期証の発行については機械的に発行せず、特別の事情を勘案すべきとしていたルールに立ち返っただけのことであります。そもそも経済合理性からいっても、資格証明書、短期証を発行して接触機会を増やしたからといって、突如保険料を払えるようになるはずがなく、その業務に人手が割かれても保険料の回収率が引き上がりはしないというのが市の担当者の見解でした。  

岩美町議会 2020-03-11 03月11日-03号

岩美町ルールなどと言われるような世間に通用しないローカルルールがあってはならず、そのような部分が私としてはかいま見られるというふうなことから、町行政から町民に対する情報公開はいつも不十分であるというふうに思っております。 

倉吉市議会 2020-03-10 令和 2年第2回定例会(第6号 3月10日)

これは建設であれ総務、今、先ほどの答弁は総務ですけども、100万円ということで、内容は庁舎等の災害復旧事業だということで担当委員会で議論しますと、こういうことであったわけですが、そもそも所属委員会の質疑はお互いに外すということがルールじゃないかなと思っております。その点の確認をしながら、どうでしょうかな。なじまんと思いますけども、いかがですか。どこで間違ったんですかね、これは。

八頭町議会 2020-03-10 令和 2年第 2回定例会(第2日目 3月10日)

今、投資的経費のお話でございますが、令和2年度については災害復旧は終わりましたので、金額的にはないということでありますが、道路工事したりとか橋を直したりとか、それから建物を建てたりとか、そういった部分が投資的ということで、誰が塗ったとかそういうことではなくて、もうそういったルールの中で資料を示させていただいておるというところです。  11番、髙橋議員

倉吉市議会 2020-03-09 令和 2年第2回定例会(第5号 3月 9日)

令和元年度については、建設課など複数課で活用する地図情報システムの仕様見直しについてということで、同じ地図データデジタルマッピングでございますけども、デジタルマッピングデータ地図背景として利用することで事務の効率化を図るというものであったり、職員が開催する自主勉強会への支援について、勉強会で行う会議室等の利用ルールの明確化とその周知により職員のスキル向上を図る。

琴浦町議会 2020-03-06 令和 2年第 2回定例会(第3日 3月 6日)

ルールにのっとってやっていく、それに対して公募をさせていただいて、御応募いただいた方があった。確かに今、この現在、3月までにお勤めだった方が、応募された方もありますし、そうでない方もありますし、それはそれぞれのところだと思います。

倉吉市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第4号 3月 5日)

市が保有する個人情報を適切に取り扱うための必要なルールなどを定めたのが、倉吉市個人情報保護条例でございます。これは基本的なルールを定めたものということでございますけれども、情報漏えい対策という観点からは、個人情報に限らず、全ての情報資産を守るためのルールを定めた倉吉市情報セキュリティポリシーがございます。

琴浦町議会 2020-03-05 令和 2年第 2回定例会(第2日 3月 5日)

また、共有する情報の収集、管理方法についても組織内でルール化しておくことが重要だと。2点目に、議会や住民との情報共有合意形成という中では、公共施設等の削減を進めていくためには、住民の理解と合意形成が大変重要となります。総論賛成各論反対というようないろいろあると思いますけども、やはり十分時間をかけて話し合うことが合意形成につながると。

琴浦町議会 2020-03-04 令和 2年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

社会福祉総務費では、国保に対する繰り出しというところ、ルール分に基づいた繰り出しというところを予算化しておりまして、1億6,425万9,000円の予算額となりまして、対前年2,383万8,000円の減額となっております。この2,800万の減額の主な理由としましては、プレミアム商品券の発行事業が終了したということでの減額ということでございます。  続きまして、57ページであります。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会 目次

………………………………………………………… 281 朝野和隆議員(~追及~NPO法人児童クラブを運営するメリットとデメリットについ  て) …………………………………………………………………………………………………………… 281 教育長(答弁) ………………………………………………………………………………………………… 281~282 朝野和隆議員(~追及~児童クラブの運営に関する市としてのルール

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第2号) 本文

スポーツを通じて協調性や独創性を養い、社会ルールや思いやりの心を学ぶ場であるとともに、生涯スポーツの出発点と考えます。課題は、登録数の少ないことであります。少子化の進捗でメンバーが集められず登録できない、指導者が確保できないので登録できないなどの現状があります。このような状況の中で、少年スポーツの振興に対する本市の取り組みについてお尋ねいたします。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会〔資料〕

│    │       ┃ ┠───────┼────┼─────────────┼────────────┼────┼───────┨ ┃       │    │             │            │    │       ┃ ┃ 令和2年  │    │開発行為に関する適切な指 │千代水地区まちづくり協議│    │法令の範囲を超┃ ┃  第3号  │建設水道│導の実施及びルール