178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

湯梨浜町議会 2019-06-11 令和元年第 5回定例会(第 5日 6月11日)

先ほどの案内板なんかは、学習するということも観光の一つの要素でもございますし、ウォーキングリゾート構想の一環としてのコースの位置づけもございます。そのようなことを生かしながら、広く馬ノ山の財産を知っていただくよう努めたいと思っております。  文芸の里の活用につきましては、教育長のほうから答えさせていただきます。 ○議長(入江 誠君) 教育長、答弁。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

そこにこの近年、芯になるような小売などのゾーニングをしてきましたので、余計それが際立っているというのはありますが、そういった利便性の部分と加えてやっぱり魅力の一つはリゾート的要素だと思いますね。これは旧町の時代から役所がしっかり頑張ってこられたリゾート部分というのはあります。

米子市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

また、その進捗状況でございますが、当該会議におきましては、中間報告において掲げたテーマ、これが海遊リゾート皆生温泉といいますが、これのもと、このテーマのもと、現在は皆生温泉まちづくりビジョンが3月末をもって完成する予定でございます。当該会議内でサイクリングルートの活用を初め、カヤック、サップといったアウトドスポーツの拠点についても検討をしております。  

倉吉市議会 2019-02-25 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日)

それから、もう一つは、今おっしゃったことにもつながるんでしょうけれども、2018年度で上位にランキングしているのが、トマムリゾートがある占冠村とか、北海道の留寿都村、これが第4位、第7位が赤井川村、これらは北海道の後志エリアにある国際リゾート地でございます。1年を通していろいろなアクティビティーが楽しめる、外国人観光客もふえているという、そういうところであります。

伯耆町議会 2018-09-21 平成30年 9月第 3回定例会(第3日 9月21日)

丸山地区専用水道は、大山ロイヤルホテル並びに周辺別荘地、リゾートマンションなどに給水するため、大和ハウス工業が設置した水道施設であります。当然、給水区域は大和ハウス工業が開発した大山ロイヤルホテル建設事業の区域内に限定されます。  なぜ専用水道にしたのか。その理由でありますが、開発協議の段階で旧岸本町が乱開発を防止するため、周辺地域の他業者等に給水しないよう制限を加えたためであります。

湯梨浜町議会 2018-09-18 平成30年第 5回定例会(第 6日 9月18日)

町長は、就任当初から東郷湖活性化プロジェクトなどで10年以上もの時間と経費をかけて、そして近年では東郷池を中心にウオーキングリゾート構想を強力に推進してこられましたが、観光素材的にウオーキングプラス温泉が中心的な核となり、入り込み観光客が果たして宿泊旅行するのかと問いかけた場合、私もウオーカーの一人としてその答えはノーと言うでしょう。

米子市議会 2018-08-01 平成30年 7月定例会(第7号 8月 1日)

松井大阪府知事は、成長の起爆剤としてカジノを中核とする統合型リゾート(IR)と万博の相乗効果をうたっています。会場となる夢洲は390ヘクタール人工島で、100ヘクタールを万博会場、70ヘクタールをIR用地に予定しており、万博とIR誘致に向けて夢洲のインフラ整備を進める方針です。吉村大阪市長は、巨大なインフラ整備について万博は限定的だが、国際観光拠点IRは永続的だと議会で答弁しています。

倉吉市議会 2018-07-02 平成30年第4回定例会(第6号 7月 2日)

この中身は、カジノ誘致とセットとなっており、松井府知事は、成長の起爆剤としてカジノを中核とする統合型リゾート、IRを同時に予定し、そして、インフラ整備を進めるとしております。このカジノ問題は、国民、府民の納得が得られているものではありません。  また、立地しようとしている夢洲は、防災の観点から最悪の場所で、かつて橋下知事でさえ当地への庁舎移転を断念した理由の大きなものでありました。

八頭町議会 2018-06-20 平成30年第 4回定例会(第5日目 6月20日)

カジノを含む統合型リゾートも大阪万博も両方を実現するつもりだ。これは憲法改正協力してくれというメッセージだ。維新の幹部が言ってるんですから。万博の理念などそっちのけで、先ほど私は若干触れましたけど、政争の具にしようとしている。子どもたちにとってはよくないですね。それから大阪市民にとっても本当で不幸ですよ。こういうよこしまな、こういうやり方は。  

鳥取市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第7号) 本文

大阪府知事は、成長の起爆剤としてカジノを中核とする総合型リゾート、IRと万博の相乗効果をうたっています。会場となる夢洲は390ヘクタールの100ヘクタールを万博会場、70ヘクタールをIR用地に予定してインフラ整備を進める方針です。吉村大阪市長は、巨大なインフラ整備費について、万博は期間限定だが、IRは永続的だと議会で答弁しています。皆さん、そもそもカジノは刑法禁止された賭博です。

湯梨浜町議会 2018-03-22 平成30年第 2回定例会(第15日 3月22日)

6番目、ウォーキングリゾート推進事業。これも先ほどのグラウンド・ゴルフ事業と同じで、やはりここまで海外に出かけていく必要があるのかどうか。国際化、国際化と言いますが、住んでいる町民の気持ちがそれに沿っているのかどうか、そこのところを考えていただきたいと思います。  7番目、総務課、予算書49ページ、概要書21ページ。県が大規模地震津波予測を発表いたしました。

北栄町議会 2018-03-13 平成30年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

以前、県内でもリゾート法等で導入したスキー場のリフトや国民宿舎など、年月を経過するほど維持管理費が増大し、累積赤字に苦しんでいる自治体が多く見受けられます。そのため町民サービスが低下してしまいます。  国側から見れば、公営企業化を推進している以上、取り組むだけでも大きな成果として評価してくれます。反面、北栄町としては大きなリスクを伴います。時代はまさに大変革の時代を迎えようとしています。

湯梨浜町議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(第 1日 3月 8日)

本年も継続して開催し、町内外の参加者へのおもてなし、情報発信を行い、ウオーキングリゾートの推進に努めていきたいと思っております。30年度は10月14日に実施を予定しております。23ページに事業実施計画の案をつけさせていただいております。  次に、24ページでございます。積立貯筋運動事業(地方創生)でございます。120万5,000円でほぼ前年並みでございます。