191件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会 目次

する考え方〕について、本市の生活環境施策〔CO2の排  出削減に係る施策、プラスチックごみの分別収集の見直しを検討するのか〕について、  本市のフレイル予防健診に対する見解について、経済対策所得向上対策地域経済循  環構造図をどのように理解してどのように施策に据えようとしているのか、地域経済循  環構造図から見た効果の大きなもの及び課題をどのように考えているのか〕について、  鳥取砂丘西側へのリゾートホテル

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第2号) 本文

砂丘への誘客ターゲットも設定されていますが、このたびのリゾートホテルの誘致により、ターゲットの見直しや対策の検討が必要と考えられますが、市長の御所見をお尋ねいたします。  次に、食料農業農村基本計画見直しについて質問いたします。  現行の基本計画は平成27年3月31日に閣議決定されたもので、令和2年3月には新たな基本計画が策定されることになっております。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第3号) 本文

本年1月、鳥取砂丘西側市有地を活用した施設誘致のプロポーザルを行い、リゾートホテルが開業することが決まりました。市はこの開発について、砂丘西側に何を期待してプロポーザルを行われたのか、また、事業者からの提案内容の中で何を理由に最優秀案として選定されたのか、お伺いいたします。  次に、冬場の観光について伺います。  本市を代表する観光スポットである鳥取砂丘は、春から秋にかけて観光客が集中しています。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第4号) 本文

鳥取市では、令和4年秋に予定される観光客の受け皿となる砂丘西側リゾートホテルの誕生、また令和元年5月の鳥取西道路の全線開通などの高速道路ネットワークの整備推進や、インバウンドの来訪者の増加など、近年、人や物の流れが大きく変わってきておりまして、本市を取り巻く社会状況は刻々と今変化してきているように考えております。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第5号) 本文

先月2月4日に事業調印し、令和4年秋に県内初となるリゾートホテルが誕生すると伺いました。市長ほか担当された方々に敬意を表するとともに、いよいよ鳥取砂丘一帯を活用して周辺がますます活性化するものと期待しております。この鳥取砂丘周辺整備の全体像について、現在どのような状況になっているのか、お尋ねします。  2点目は、鳥取市農業振興についてお尋ねします。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第9号) 本文

サイクリングターミナルを拠点にして学び遊びを通じた砂丘体験ができる浜坂側利用拠点ゾーンと、リゾートホテルを拠点にした主に長期滞在と眺望を楽しめる多鯰ヶ池側利用拠点ゾーンの2つのゾーンを設定して、砂丘西側の市有地と市有施設を活用した整備を行う内容です。  そこで、国内外から多くの人を呼び込むにぎわい拠点施設を整備する事業者を公募型プロポーザルにより募集し、審査の結果、最優秀提案が選定されました。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第6号) 本文

本市もその一環として、長期にわたり活用が進まなかった砂丘西側の市有地について、鳥取砂丘に新たなにぎわいを創出すべく、民間事業者の自由な発想により活用案を募集する公募型プロポーザルを2019年10月に実施、鳥取砂丘に関係の深い行政機関職員、有識者で組織する審査委員会の審査を経て、最も評価の高かったリゾートホテルに関する提案事業者を選考・決定しました。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第1号) 本文

令和4年秋には県内では初となる4つ星級リゾートホテルが誕生し、多くの観光客が訪れるにぎわい拠点施設として、鳥取砂丘に新たな魅力が創出されるものと期待しています。これを機会に、東西の2つの拠点による鳥取砂丘全体の活性化を目指してまいります。  人口減少や運転手不足などを背景としたバス路線の廃止や便数の縮小などにより、本市の生活交通をめぐる環境が一段と厳しさを増しています。

湯梨浜町議会 2019-12-09 令和元年第 9回定例会(第 1日12月 9日)

それから、一番下の5目の保健対策費の説明欄、ウオーキングリゾート推進事業地方創生)でございます。来年3月に韓国のチェジュ・オルレで開催されるウオーキングイベントで、そのチェジュ・オルレとの交流の道の記念碑を贈呈するための旅費といたしまして44万5,000円を計上いたしております。  それから、27ページをお願いいたします。

伯耆町議会 2019-12-06 令和元年12月第 5回定例会(第2日12月 6日)

○町長(森安 保君) 町内に拠点を置いておられる企業さんとのおつき合い、特に伯耆町のようにゴルフ場が多いというリゾートの色があるところでは、こういうことが、本来的には地方自治体が、地方公共団体基礎自治体が行うこととして適切かどうかというと、必ずしももろ手を挙げて大賛成ですよという話では恐らくないんですよ、こういう問題というのは。

伯耆町議会 2019-09-06 令和元年 9月第 4回定例会(第2日 9月 6日)

また、大山山麓リゾートの入り口という好条件のもと、事業参加者の方々が自分の作物へのこだわりと質の高さを大切にして現状維持されてきたのではないかと感じております。新規手法の導入による資本投資及びランニングコスト増をして事業拡大していくことより、この特性を十分に生かしていただいて運営し、現状を維持することが課題と考えております。 ○議長(幸本 元君) 細田議員

伯耆町議会 2019-09-05 令和元年 9月第 4回定例会(第1日 9月 5日)

会計は、大和リゾートへの伯耆町が開発した水源を1立方メートル当たり54円(税込み)で有償供給するものである。引き続き健全経営に努められたい。  10、伯耆町農業集落排水事業特別会計等。伯耆町農業集落排水事業、伯耆町小規模集合排水事業、伯耆町公共下水道事業については、令和2年度から公営企業会計に移行し一本化が予定されている。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第7号) 本文

でも、だからといって、アッパーミドルクラス、いわゆる中流階級の上位層ということのようですが、そのようなリゾートホテルの誘致という土地利活用の方向性には疑問があります。よって、ホテル誘致に係る作業の一環である旧砂丘荘・旧青年の家跡地の測量・鑑定費用には反対です。  次に、議案第129号についてです。  

境港市議会 2019-06-14 令和元年 6月定例会(第3号 6月14日)

サイクリングロードがなぜできたかということで、私もずっとあれから西部総合事務所とか県とかお聞きして、なぜあれができたのかと経緯をひもときますと、まず、この白砂青松、サイクリングコースの目的というところがちょっと書いてありますので読み上げてみますと、白砂青松の弓ケ浜半島から臨む大山の絶景をゆったり楽しむ新たなサイクリングコースとして、初心者向けコースの整備を行い、シートゥーサミットや各コースをあわせてサイクリングリゾート

湯梨浜町議会 2019-06-11 令和元年第 5回定例会(第 5日 6月11日)

先ほどの案内板なんかは、学習するということも観光の一つの要素でもございますし、ウォーキングリゾート構想の一環としてのコースの位置づけもございます。そのようなことを生かしながら、広く馬ノ山の財産を知っていただくよう努めたいと思っております。  文芸の里の活用につきましては、教育長のほうから答えさせていただきます。 ○議長(入江 誠君) 教育長、答弁。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

そこにこの近年、芯になるような小売などのゾーニングをしてきましたので、余計それが際立っているというのはありますが、そういった利便性の部分と加えてやっぱり魅力の一つはリゾート的要素だと思いますね。これは旧町の時代から役所がしっかり頑張ってこられたリゾート部分というのはあります。