306件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第4号) 本文

また、市民の方に避難情報が速やかに伝わるように、防災行政無線、市公式ホームページ、あんしんトリピーメール、ケーブルテレビ、Lアラートを通じたテレビラジオ放送など多様な方法で迅速・確実に情報提供できるように努めているところでございます。現在、緊急情報放送時に自動起動する防災ラジオによる情報提供についても準備を進めているところでございます。

米子市議会 2019-06-20 令和元年 6月定例会(第4号 6月20日)

4月以降、5月、6月と新聞テレビラジオなど、メディア等でも盛んに取り上げられ、注意喚起を促しております。豪雨や水害土砂災害等の危険が増す出水期を迎えたこのときだからこそ、新たな警戒レベル避難行動等、また避難情報等の関係性と災害時に市民に対してどのような避難行動を促し、実際の避難行動に役立てられるのか詳細をお伺いいたします。

八頭町議会 2019-06-10 令和元年第 6回定例会(第3日目 6月10日)

一時避難所となる集落の公民館や集会所で情報を得る手段として、テレビラジオ携帯電話がありますね。テレビアンテナがないとだめですし、ラジオも乾電池等々がないとだめです。  今、携帯電話がかなり普及してきております。携帯電話も充電器がないと電池が切れちゃいますし、そして先ほどありましたように、基本的に電波が届かないと何も機能しない。使い物にならないということです。

八頭町議会 2019-06-06 令和元年第 6回定例会(第1日目 6月 6日)

また、5月31日は八東体育文化センターでNHKのラジオ番組、上方演芸会の公開録音が行われ、町内外から約300人の方に御参加をいただき、笑いあり、拍手ありの楽しいひとときを過ごしていただけたと思っております。  次に、地方創生についてであります。  平成27年9月に策定をいたしました八頭町総合戦略は、ことし計画の最終年となる5年目を迎えました。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会 目次

影響が出ることについて) …………………………… 199~200 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 200 荻野正己議員(~追及~市民に対する福祉避難所の周知について) …………………………………… 200~201 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 201 荻野正己議員(~追及~防災ラジオ

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

その他の意見の中で、日ごろからラジオテレビ災害放送意識する。あるいは水が出るまでに見つけていくことが大切といったような意見もあったようでございます。  そのほかの感想、意見としまして、今まで災害に対して意識の低かったことを実感した。避難のタイミングが難しい。危険箇所がわかりよかった。近所の方と意識共有できた。広島の災害が身近に思えショックだったので、自分の意識も強まった。

八頭町議会 2019-03-08 平成31年第 2回定例会(第4日目 3月 8日)

災害時に緊急情報を住民に対して確実に伝えるため、2018年、平成30年度から防災ラジオを無償で一般家庭に配布しております。防災ラジオは、緊急時に自動で電源が入り、避難の指示などが放送される仕組みであります。電波は建物内や山間部でも届きやすいポケットベル周波数帯を使用。昨年3月中に自治会長、区長や福祉施設消防自警団などに先行配置され、4月以降に希望する世帯へ配布されました。

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

次に、43ページ、ラジオ体操招聘事業でございます。町民の健康増進と町のPRのため、NHKラジオ体操全国中継を招聘する予定でございます。現在のところ、8月12日、ハワイ夢広場での実施を予定しております。参加者のための報償費を主として15万5,000円を計上させていただいております。  次に、46ページ、体育施設管理臨時経費でございます。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

具体的には、防災の拠点となる新本庁舎への災害対策本部室の整備、地域防災力の充実を図る防災行政無線のデジタル化や防災ラジオの普及促進、また、中核市のエントランスにふさわしい駅前再整備の検討、地元企業人材確保と若者定住促進を兼ねた奨学金返済支援制度に取り組むほか、現本庁舎跡地の活用について検討を開始しているところであります。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第2号) 本文

また、テレビラジオを視聴するなどして全県や全市などの広域の情報は得ることができても、地域単位の適切な情報を得ることは難しいと考えます。命を守るための情報伝達の難しさを痛感する次第であります。メール配信は現在のところ、まだ一部の方しか活用されていないのですが、エリアメールの活用が全国的にも注目を集めていると認識しています。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第3号) 本文

具体的には、自助の推進のために、的確・迅速な情報発信や災害情報の入手手段の多様化に努めることとしており、災害情報収集システム防災ラジオの導入などの取り組みを行うこととしております。また、共助の中心的な役割を果たす自主防災会や地域防災リーダーの養成、地区防災マップの作成支援などに引き続き取り組むことで、本市の防災減災を推進してまいりたいと考えております。  

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会 目次

………………………………………………………………………………………………… 205~206 勝田鮮二議員(~追及~誰でも入場できるように地域づくり懇談会の運用方法を見直すべ  きではないか) ……………………………………………………………………………………………… 206 市長(答弁) …………………………………………………………………………………………………… 206 勝田鮮二議員(~追及~防災ラジオ

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第1号) 本文

本市では、何よりも市民の皆様の生命財産を守るため、新本庁舎への災害対策本部室の整備や、防災行政無線のデジタル化に加え、新たにコミュニティFMを活用し緊急情報を伝達する防災ラジオの普及に着手します。これらにより、さまざまな媒体を利用した確実かつ迅速な防災情報の発信に努めてまいります。  

北栄町議会 2018-12-20 平成30年12月第8回定例会 (第14日12月20日)

山陰放送ラジオ天気予報コーナーに出演。山陰中央新報を利用。SNSの積極的な利用。県外でのイベントで「出雲海鮮たこ焼き」の実演販売。広島テレビで県内の道の駅合同キャンペーンを年2回実施されました。  (2)道の駅萩しーまーと平成13年4月開業。萩港に水揚げされた魚介類や近郊の農産物を販売する生鮮市場地産地消の拠点でございます。