227件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第4号 3月 5日)

令和元年度を振り返って、本市の特産物のスイカメロン、梨は非常に高単価で販売が終了しまして、米につきましても平年作であったということで、この辺まではことしもいい年になるではないかと思っておったところが、暖冬の影響で裏作が非常に暴落をいたしまして、病害虫であったり、それから肥大化をして、スイカ農家の方は特にスイカでもうかってよかったとおっしゃってたわけですけども、特に年が明けてから非常に低価格になりまして

湯梨浜町議会 2019-12-11 令和元年第 9回定例会(第 3日12月11日)

地産地消等の取り組みにつきましては、学校給食センターと同じように、イチゴ、メロン、スイカ、ブドウ、二十世紀梨、泊ホウレンソウ等、それからさらに湯梨浜サツマイモなど、季節に応じた旬の果物野菜、魚などを取り入れた献立づくりや、肉類や卵などを含め積極的に地元産を優先し、県内産・国内産の入荷順序を条件とした入札により年間を通じて地元産優先の購入を進めています。  

倉吉市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号12月 5日)

前半のスイカメロン、それから梨の販売につきましては、非常に好結果に恵まれまして、農家にとっては特によい年になったのではないかなと思っておりますが、柿が若干風擦れで、非常に等級比率が悪くて、柿については若干販売に苦労をされたような結果になっておりますが、稲作につきましては、この高温の影響でコシヒカリの1等比率が非常に低かったという結果にもなっておるようでございます。  

倉吉市議会 2019-06-20 令和元年第3回定例会(第4号 6月20日)

ことしの春作のプリンスメロン、それからスイカの作柄については、新聞等の報道でも認識していただいてるとは思いますが、定植時、非常にこの3月は好天に恵まれまして、これはとんでもなく、近年になく早い出荷になるのではないかと期待をしておりましたけれども、3月末から4月にかけての低温と日照不足により、結果的には平年並みの初出荷になりましたけども、作柄はやっぱりその影響で若干小玉のスタートとなりましたけど、糖度

八頭町議会 2019-06-11 令和元年第 6回定例会(第4日目 6月11日)

青森県のアムさんメロン2玉25万円でございます。それから私の知り合いの中からお話を聞きました。岐阜県は富有柿の産地でございます。桐の箱入りで2玉50万円でございます。鳥取でもこのようなことがございますね。農産物でないわけでございますが、松葉ガニ1枚200万円でございます。まだまだ私は気がつかないところでたくさんのものがあると思う。話題性と宣伝効果は大ではなかろうかというふうに思うわけでございます。

湯梨浜町議会 2019-03-11 平成31年第 3回定例会(第 5日 3月11日)

その部分でも、梨もそうですけど、メロン、あとブドウですね、そういう人気がある商品について、従事者をふやしていくというのも本当のふるさと納税をふやすという部分につながっていきますので、ただ単に納税額をふやすということじゃなくて、本当に地域産業の基盤をしっかりしていくという部分に通じると思いますので、その辺のところはしっかりお願いしたいと思うんですけれど、その部分も湯梨浜まちづくり会社のほうにもしっかり

北栄町議会 2019-02-04 平成31年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 4日)

議員(8番 井上信一郎君) このイチゴ狩り、今、団体客向けという説明でしたけど、今どきの、特に観光農園、ほかにもメロンとかブドウとか、いろいろ既にやっておられますけども、実態として、団体客よりも個人とか家族とか、少人数の方の利用のほうが私は多いと思うんですけども、その団体向けにこだわる理由って何かあるんですか。 ○議長(飯田 正征君) 手嶋産業振興課長

倉吉市議会 2018-12-06 平成30年第6回定例会(第4号12月 6日)

やっぱり自然災害が多くて、最終的には最後まで全てよかったなということになかなかならんなというのが私の1年の農業関係についての感想でございますが、春作の果実、スイカメロン等については、3年連続の史上最高ということで非常にいいスタートを切ったわけですけども、その時点でことしはまたいい年になるかなとは思っておりましたけども。

湯梨浜町議会 2018-09-13 平成30年第 5回定例会(第 1日 9月13日)

梨、ブドウ、メロンなど、イチゴもそうですが、湯梨浜の誇る果物の生産量は年々減少傾向ですが、生産額のほうは逆にこの5年間ほどはずっと右肩上がりで来ております。そのようなことの御理解をいただきながら、今頑張っておられる元気な指導者の方たちが健在なうちにという気持ちを持っております。人材の幅を広げるということも必要だと思っております。  

倉吉市議会 2018-09-07 平成30年第5回定例会(第4号 9月 7日)

ことしは御案内のように、非常に春、この交配時期に寒くて、スイカメロン、あるいは梨の交配時期が非常に寒かったわけですけども、まずスイカについては先ほど山口議員のお話がありましたけども、昨年の最高の10億円にちょっと届かなかったということで、きょう出荷式がありました抑制西瓜と合わせて何とか10億円に届くのではないかというお話でございます。

琴浦町議会 2018-09-07 平成30年第 6回定例会(第3日 9月 7日)

エリザベスメロンをつくって、その後にミニトマトをつくっている方もいらっしゃいます。生産量はどれだけ上がってるかというのは、私も今ちょっと数字を持っておりませんけども、選果場の動きを聞いておると、まあまあ量的には出てるんじゃないかなというふうには思っておりますけども。

北栄町議会 2018-06-26 平成30年 6月第5回定例会 (第 8日 6月26日)

やっぱりスイカは北栄町の一番の特産品でありますし、日ごろからなじみがありますし、最近、佐賀県のほうで地元の特産品の、いわゆる小さなドームですけども、メロンのドームとか、あるいはメロンとかイチゴとかのそういうドームをつくって非常に子どもたちが集まるようになったというような事例もあるわけでありますから、やっぱりやってみないことにはどうしようもないわけでありまして、過去に全町公園化ということで広島の世羅町

北栄町議会 2018-06-25 平成30年 6月第5回定例会 (第 7日 6月25日)

その中で、北栄町の特産のスイカやラッキョウ、メロン、ブドウ、ハウス二十世紀梨、ナガイモなど計19品目が過去最高販売平均単価を記録しました。農家の皆さんの努力が報われる年となりました。  しかしその一方、農業の人手不足が深刻化する中、これからの農業を担ってくれる若い人が定着できるような魅力的な職場となっていくにはどんな手だてが必要でしょうか。  

琴浦町議会 2018-06-08 平成30年第 4回定例会(第1日 6月 8日)

この前エリザベスメロンが出荷になりましたし、スイカが出荷になったということで、農産物の出荷が本格的に始動するということで、ことし豊作になることをお祈りし、また地域がにぎやかになることをお祈りして、まずは最初の御挨拶をさせていただきます。  つきましては、法令等の規定に基づく今回の報告事項、6件であります。

倉吉市議会 2018-02-22 平成30年第2回定例会(第4号 2月22日)

ことしに入って、大雪で農作業のほうは、特にスイカメロンを中心に作業のほうはおくれておりますけども、何とかこれからの頑張りで、非常にことしは日照時間も多かったということで、何についても順調に生育をしているということで、これからの頑張りで、また昨年のようないい年になればなと思っておるのが最近のこの情勢でございます。  昨年12月には、日欧EPA交渉が妥結をいたしました。

湯梨浜町議会 2017-12-11 平成29年第 8回定例会(第 4日12月11日)

そこで、農家の人手不足を解消するためにも、質問要旨には二十世紀梨に限定したような今表現をいたしましたが、梨栽培だけに限定するのではなく、農作業の人手が必要な時期にブトウ栽培であったりメロン栽培であったりイチゴ栽培であったり、特にホウレンソウの栽培もその限られた収穫時期に収穫しないといけないというようなことを聞いております。育ち過ぎると、商品価値がなくなってしまうというような状況も聞いております。

倉吉市議会 2017-12-07 平成29年第7回定例会(第4号12月 7日)

今年、本市の農業の作柄は、御案内のような1月、2月の大雪で、ハウスの倒壊等、大変な心配の状況からのスタートになったわけでありますけれども、その後の好天と農家の皆様の不断の努力で最終的には本市の特産物であるスイカメロン、スイカについては先ほど紹介がありましたように、16年ぶりの10億円突破ということで、非常に若いメンバーもふえてきて、将来ますます有望かなと思っております。