13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鳥取市議会 2019-12-01 令和元年 12月定例会(第3号) 本文

子どもの権利条約の理念は、ポーランド教育家でございますヤヌシュ・コルチャックの哲学が反映されていると言われております。コルチャックは、子供はだんだん人間になるのではなく、既に人間であると語りました。子供は未来の担い手という視点のみではなく、既に家庭地域社会の構成員でもございます。

湯梨浜町議会 2018-06-08 平成30年第 3回定例会(第 1日 6月 8日)

これは既に協会が設置されている海外6カ国に加えて、ポーランドハンガリーなどでも新たに協会が設立されたのですが、これらの国々は用具の入手が困難であり、それが普及の障壁となっているという実態がございます。そのため用具を購入、提供し、グラウンド・ゴルフの普及促進を図ろうとするものでございます。

湯梨浜町議会 2017-09-07 平成29年第 6回定例会(第 1日 9月 7日)

また、10月に開催いたしました国際大会では、韓国、スペインモンゴルロシアポーランドの5カ国から65人の方がお見えになり、国内在住の外国人等を含めて176名の大会といたしました。  そのほか、10月には泊地域小さな拠点検討協議会を設置し、各種生活サービス地域サービスをつなぐ取り組みに着手いたしました。  

湯梨浜町議会 2016-09-08 平成28年第 6回定例会(第 1日 9月 8日)

こうやって広めたり、あるいは関係をつくっていこうとするときに、1対1の話だけでやっていきますと、湯梨浜はもう幾つものところと交流をしなければならなくなって、スタミナがもたないというようなことにもなりかねませんが、このモンゴルにつきましては、実はモンゴル中国のほうよりもロシア衛星国のレスリングの強い国ですとか、そういったところとの人の行き来が多いというようなことで、そのロシアの周囲の国とか、あるいはポーランド

琴浦町議会 2005-09-13 平成17年第6回定例会(第1日 9月13日)

ところがドイツは、ナチスドイツが侵略したポーランドフランスやその近隣諸国12カ国が共同提案国になってるんです。このような過去をきちんと反省しない、また戦前のような逆戻りの歴史の逆転を志向するような形がここに書いてある世界から尊敬される立派な日本人にならないということなんです。逆なんです。21世紀は、国連を中心として国際紛争を話し合いで解決するという大きな流れが広がってる。

鳥取市議会 2001-12-01 平成13年 12月定例会(第2号) 本文

既に新聞報道等で御存じとは思いますが、エクアドルサッカー代表チームが本市をキャンプ地に選んだ経緯は10月24日、同国を初め4カ国、これはポーランドコスタリカ、それからパラグアイですが、この4カ国のサッカー関係者が本市施設を視察に訪れた際、エクアドルサッカー協会のルイスチリボガ会長から、練習会場、それから宿泊施設とも大変高い評価をいただきました。

米子市議会 2001-06-12 平成13年第427回定例会(第2号 6月12日)

ドイツでは、ポーランドイスラエルと共同研究を進め、共通の歴史教科書をつくっています。一方、日本や韓国の歴史学者により、共同研究の努力が民間レベルで続けられています。国内外の努力によってこの10年余り、歴史教科書は改善されてまいりましたが、今回さまざまな攻撃により、ほとんどの教科書で記述が後退しています。

  • 1