128件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

伯耆町議会 2020-03-16 令和 2年 3月第 1回定例会(第3日 3月16日)

保君) 新型コロナウイルス肺炎、乾議員が御紹介になったように、世界的な大流行という、そういう状況、これに対して基礎自治体防疫措置というのにはちょっと力不足ですので、基本的には国レベル、それからもうちょっと大きなくくり、世界的な防疫衛生、そういった中で、なるべく早い段階で拡大がとまって、終息に向けた一連の動きが出てくるということを期待するしかないわけですけども、ことし、2020年、東京オリンピック・パラリンピック

岩美町議会 2020-03-06 03月06日-01号

スポーツの分野では、本年、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催されます。日本中に感動をもたらし、子どもたちに夢と希望を与えてくれるものと期待しています。本年度は、本町の子どもたちがよりスポーツに親しめるよう、日本体育大学との連携を活用し、保育士保護者が運動指導を学ぶ講習会を計画しております。 男女共同参画・人権教育について。 

倉吉市議会 2020-03-04 令和 2年第2回定例会(第3号 3月 4日)

また、少し新型コロナウイルス感染症に水を差された感もありますけれども、ことしはいよいよ東京オリンピック・パラリンピックの開催の年となっております。本市でも5月22日に聖火リレーが行われることになっておりますし、スポーツクライミングのフランス代表チームの事前キャンプも決定をしたというニュースも入ってきております。これから本番に向けてどんどん盛り上げていきたいと思っているところであります。

伯耆町議会 2020-03-03 令和 2年 3月第 1回定例会(第1日 3月 3日)

一方では、産業構造の変化や東京オリンピック・パラリンピックに向けた需要の盛り上がり等も相まって人手不足感が強まり、有効求人倍率や時間当たり賃金が上昇するなど具体的な変化が見える状況ともなっています。まさに先行き不透明で、非常に不安定な状況となっています。加えて、地方においては景気回復の実感が乏しく、それ以上に少子高齢化人口減少といった課題が重くのしかかっています。  

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第2号) 本文

本年はオリンピックイヤーであり、東京オリンピック・パラリンピックが開催まであと5カ月となりました。トップアスリートが集い、高い技術力や競技に打ち込むひたむきな姿は多くの子供たちに夢や希望を与え、スポーツへの関心が大いに高まることが期待されます。本市の社会体育としての少年スポーツ活動の母体は、スポーツ少年団の育成を中心に取り組みをされていると思います。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第5号) 本文

さて、ことしは、平和の祭典であります東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。東京オリンピック・パラリンピックへ向けて、新型コロナウイルスの関係で心配されますけれども、いよいよ3月26日から聖火リレーも始まります。  そこで、文部科学省が実施した2019年度の小学生・中学生の全国体力・運動能力・運動習慣等調査、すなわち全国体力テストの結果を昨年末に発表されています。

倉吉市議会 2020-01-15 令和 2年第1回臨時会(第1号 1月15日)

そして、年が改まり、いよいよことしはスポーツの祭典、東京オリンピック・パラリンピックが開催される年となります。5月には56年ぶりに聖火が本市を駆け抜けます。かねてより取り組みを進めているスポーツクライミングのキャンプ地誘致など、機を捉え積極的に対応してまいりたいと考えております。  

琴浦町議会 2019-12-19 令和元年第 6回定例会(第5日12月19日)

2020年東京五輪・パラリンピックの主会場となる競技場には、鳥取県産の天然芝が採用されることとなった。生産を担当した同県琴浦町の芝生産販売会社Aとしておりますが、担当者は、国立競技場に採用されることは芝の日本代表ということで、大変光栄だったという喜びを写真つきで紹介されておりました。  

八頭町議会 2019-12-10 令和元年第11回定例会(第4日目12月10日)

○12番(下田敏夫君) 2020年に東京オリンピック・パラリンピック日本で開催されます。2021年にはワールドマスターズゲームズ2021関西鳥取で行われます。2033年には第88回国民体育大会鳥取が開催される予定となっております。これらのビッグイベントが鳥取県で開催されるわけでございますが、本町に関係したところを言いますと東京オリンピックではホッケーが該当するのではなかろうかと。

琴浦町議会 2019-12-09 令和元年第 6回定例会(第2日12月 9日)

まず、来年開かれます2020東京オリンピック・パラリンピックに使われる建設資材や競技期間中の食材等については、SDGsの概念にのっとった調達コードが決められておりましたが、見直しされ、さらに厳格なものとなりました。さらに、大阪・関西万博の開催目標は、国連が掲げる持続可能な開発目標が達成される社会を目指すことであると言及されております。

八頭町議会 2019-09-10 令和元年第 9回定例会(第4日目 9月10日)

さらにその数は東京オリンピック・パラリンピックが開催される来年2020年には、4,000万人を突破すると想定され、2030年には6,000万人にも達すると予想されております。東京名古屋、大阪などの大都市部を除く鳥取県のような地方部での外国人延べ宿泊者数は、来年2020年に7,000万人、2030年には1億3,000万人に達すると予想されています。  

伯耆町議会 2019-09-06 令和元年 9月第 4回定例会(第2日 9月 6日)

環境になるべく負荷が少ない農業の形態を支援するように、個々の農業者の努力ということが大きいんですけども、本町として、堆肥センターの運営ですとか、あと景観形成と、あと地力培養を含めたような種子とか、栽培奨励の仕組みですとか、そういうものをつくっておりますので、そういったことを通して、国においては東京オリンピック・パラリンピックに向けて、JGAPの拡大などを恐らく取り組まれる方向がもう少し多様化するだろうと

倉吉市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第4号 9月 5日)

オリンピックがあり、パラリンピック、大イベントが、大会があります。そこで、このクライミングで本大会もあるわけでして、その大会だとか、またはさっきもあったような事前のキャンプ地だとか、そういう面もやはり誘致なり、そういう関係のことがあれば、この際、予定があれば教えていただきたいと、こう思います。  3点目には、倉吉市には体育施設が多くございます。

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第5号) 本文

来年開催される2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会まで1年を切りました。障がいのある選手たちが繰り広げる圧倒的なパフォーマンスを目にすることができると、とても楽しみにしています。そして、2020年東京パラリンピック競技大会を契機として、障がい者の生活環境整備と、障がい者への理解の輪が広がってほしいと痛切に思います。  

倉吉市議会 2019-06-19 令和元年第3回定例会(第3号 6月19日)

○市長(石田耕太郎君) 東京オリンピック・パラリンピックの特に東京オリンピックの聖火リレーについての現状でございます。いい機会ですので、わかっている範囲でちょっとお話をさせていただきますが、先般6月1日に、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から聖火リレーのルート概要と聖火ランナーの募集概要が公表されております。

伯耆町議会 2019-06-12 令和元年 6月第 3回定例会(第2日 6月12日)

教育長(後藤 弥君) 国の第2期スポーツ基本計画の数値目標といいましょうか、そういったことにどう対応していくのかということでございますが、これ、国のほうは2020東京オリンピック・パラリンピックを控えて、やはりそういう意識を向上していくということについても非常に大事にしているところではないかなというぐあいに思っています。