56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

琴浦町議会 2019-06-10 令和元年第 3回定例会(第2日 6月10日)

今までは国連はシフトとかチェンジとかいうやわらかい単語しか使っておりませんでしたが、今回初めてトランスフォーミング、変革という文字を使っております。単に移動させたり変更したりするだけでは目標は達成できない。トランスフォーミング、変革が必要だと言っております。  日本では、2016年5月、安倍首相本部長、全閣僚が構成員となっているSDGs推進本部が設置されております。

鳥取市議会 2019-06-01 令和元年 6月定例会(第2号) 本文

さらには、中核市のエントランスにふさわしい駅前整備を検討するため、SQプロジェクトチームを設置いたしまして、今年度はさまざまな事業の実現可能性を洗い出す基礎調査を実施することとしております。  今後、鳥取県警察本部、JR、商工会議所などと連携を図りながら、令和2年度には基礎調査結果を踏まえた、これは仮称でありますが、鳥取駅周辺再生基本構想を策定してまいりたいと考えております。  

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第4号) 本文

具体的には、防災の拠点となる新本庁舎への災害対策本部室の整備、地域防災力の充実を図る防災行政無線のデジタル化や防災ラジオの普及促進、また、中核市のエントランスにふさわしい駅前再整備の検討、地元企業人材確保と若者定住促進を兼ねた奨学金返済支援制度に取り組むほか、現本庁舎跡地の活用について検討を開始しているところであります。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第2号) 本文

市長は昨年4月に当選された際、政策公約として、中核市のエントランスにふさわしい駅周辺の再整備等についての検討を掲げられました。検討エリアの現状としては、年間売上額の減少、空き店舗数の高どまり、鳥取駅乗降客数の減少、地価の下落などが挙げられ、駅前のエリア価値の低下となっています。これらを改善し、中核市のエントランスにふさわしい駅周辺の再整備を検討し、エリア価値の向上につなげなければなりません。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第5号) 本文

鳥取駅周辺は、中核市、また連携中枢都市圏の中心市のエントランスでございまして、議員からも御紹介がありました、本年5月18日には第30回全国「みどりの愛護」のつどいの開催が決定しておりまして、全国からお見えになる緑化関係者の皆様をお迎えする玄関口ともなります。南口のナチュラルガーデンの管理につきまして重点的に取り組んでいるところでございます。

境港市議会 2018-12-05 平成30年第6回定例会(第1号12月 5日)

平成28年に開港50周年の節目の年を迎え、このエリアを海のにぎわい創出事業の拠点として、内閣府が実施した地方創生加速化交付金や訪日外国人旅行者受入基盤整備事業補助金国際クルーズ旅客受入機能高度化事業補助金を活用し、エントランス、トイレ、防災施設等の整備を行い、新規イベントの創出や事業のさらなる活性化を図ったとのことです。  

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第3号) 本文

地元だから言うわけじゃありませんけれども、青谷町トレーニングセンター、エントランスが雨漏りをしておりまして、なおかつ、その奥にある休養室も、雨漏りがして天井が剥がれたままという状態でした。それから、他地域でもコミュニティセンターがこうした何カ所か公共施設が雨漏りのままで実はしばらく置かれたままになっているという現状も見てきました。

北栄町議会 2018-03-05 平成30年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

これはWi−Fi設備工事やエントランス照明設置工事などを行うものでございます。  18節備品購入費に219万7,000円を計上いたしました。これはコナンキャラクターを描きましたイベント用テント2張を購入する費用でございます。ふるさと館のイベント時に使用するほか、町内外のイベント等でも活用していく予定でございます。  

境港市議会 2017-10-02 平成29年第4回定例会(第5号10月 2日)

これは、平成30年度に現在の市民会館の解体を予定していることから、設置条例を廃止すると同時に関係条例の整理を行うものであり、委員からは、現在、市民会館エントランスロビーの壁に張りつけてある備前焼のレリーフの取り扱いについての確認がありました。  採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。  

境港市議会 2017-06-19 平成29年第3回定例会(第2号 6月19日)

特に市民参加型の学習会、講演会、展示会の開催や市の行政情報市民の生活に密着した情報の発信、エントランスホールやカフェ等を活用した交流空間の整備など、ソフト・ハード面で日常的に多くの人が行き交い、集う施設づくりに努めていきたいと考えております。以上でございます。 ○議長(岡空研二君) 追及質問がございましたらどうぞ。  足田議員

北栄町議会 2017-03-06 平成29年 3月第3回定例会 (第 5日 3月 6日)

13節については、下種後ロ谷畜産団地のキュービクルのPCBとトランス分析を行うために計上しておりましたが、検査結果では、PCBは含有しておりませんでしたので、交換費用が必要なくなり、不用額21万4,000円を減額したものでございます。  次に、11目でございます。7節賃金に19万円を計上いたしました。これは、国の予算割り当てが6月上旬にあり、それを待って申請と同時に事前着手を届け出いたします。

境港市議会 2016-06-14 平成28年第3回定例会(第3号 6月14日)

そのほか、ホールのステージ部分やエントランス等についても、状況に応じて市の業務場所として活用することとしており、市庁舎とあわせ、最低限の市の業務スペースは確保したいと考えております。 ○議長(岡空研二君) 追及質問がございましたら、どうぞ。  足田議員。 ○16番(足田法行君) 熊本地震を想定しての取り組みに対しての答弁を初め、答弁をいただきました。  さらに質問します。

琴浦町議会 2016-03-08 平成28年第 2回定例会(第2日 3月 8日)

役場本庁舎は、玄関入り口のエントランスホールを広く配置して開放的な設計になっている一方、玄関から受付カウンターまでが遠く、わかりづらいという意見があることも承知しております。また、課名や業務名などの案内板や役場の略図を設置して案内しておりますが、十分ではないとも考えております。

倉吉市議会 2015-06-09 平成27年第5回定例会(第2号 6月 9日)

ただ、地中化してもトランスが必要になってくるわけで、トランス電柱よりも大きいということになりますので、地中化したからそこがうまく通れるようになるかというと、これまた別の問題になるのかなと思います。どういう手法で解決していくのがいいのか、それぞれの場所場所で考えていかないといけない面があると思います。

伯耆町議会 2014-12-10 平成26年12月第 6回定例会(第2日12月10日)

あんまりあそこにどんどん手を入れて、例えば下草のないような状態まで全部管理していくという話ではないので、駐車場とエントランス部分に若干の建屋ができますが、そこらあたりは当然手を入れないといけないですけども、それ以外の中に入ったようなところについては、おっしゃったようなボランティアの方に区域を例えば決めて、例えばまきをつくるような作業はできるでしょうかとか、あと、クヌギとかナラが結構ありますのでね、なかなか