291件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-06-21 令和元年 6月第4回定例会 (第 2日 6月21日)

町のシンボルとして、そしてまた環境の町として風力発電の役割といいますか、そういうものは本当に大きなものがあるんだろうと、こう思っております。町民の方にもかなり親しんでいただいておるところでありまして、本当になくてはならないような存在になりつつあるのではないかなとこう思っておるところでありますが、耐用年数等来ますので、やっぱり次のことをまた考えていかなければならないということであります。  

米子市議会 2019-02-28 平成31年 3月定例会(第2号 2月28日)

さらには、本計画の整備理念は、1、米子城の調査研究、将来への継承、2、地域シンボルの顕在化、3、観光振興、地域活性化への寄与と掲げております。  しかしながら、本計画の内容では、地域シンボル観光振興に寄与する概念が見えないと感じます。ただ保存管理する意図しか感じられない、総事業費、約12億5,000万円の巨費を投ずる事業であり、その費用対効果が創出できるのか、疑問視せざるを得ません。

北栄町議会 2019-02-04 平成31年 2月第1回臨時会 (第 1日 2月 4日)

そのことから、北条の地名を表示したワインは、北条砂丘農業の振興のみならず、中部地震からの復興において、この地域シンボルであり、その点を踏まえてしっかりと支援をし、地域の特産品を守ることで、地域の活力につなげていけるように取り組んでまいりたいと考えているところであります。  次に、産地パワーアップ補助金といたしまして671万3,000円を計上させていただきました。

琴浦町議会 2018-12-11 平成30年第 8回定例会(第3日12月11日)

しかし、その岡田茂三郎が赤碕漁港、亀崎をこさえて、そのおかげで言ってみれば漁業が発展し、あるいは港湾関係の事業も発展したということになれば、昔、東伯、赤碕で分かれたときには、赤碕といえばやっぱり赤碕港、言ってみれば赤碕のシンボルだったと思いますけれども、その赤碕漁港をこさえた人がどこにも書いてない。わからない。誰も知らない。

八頭町議会 2018-09-07 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日)

八頭町には、これだというシンボル的な観光資源はないわけでありますが、そういった面で本当に町民の皆様方にいろいろとお話をさせていただいたり、研究をさせていただいたりして、本当に一人でも多くの皆さん方に八頭町に来ていただくようなことになればというふうに考えております。 ○議 長(谷本正敏君) 森議員

琴浦町議会 2018-09-06 平成30年第 6回定例会(第2日 9月 6日)

今、ことしで15年目となる認知症予防のできるまちづくり運動の集大成、そして近い将来他地域を牽引する認知症予防最先端のまちづくりのシンボルとして、廃校となった小学校の校舎などの跡地設備日本一の認知症予防、健康寿命延伸のための総合施設として利用されてはいかがでしょうか。  私なりの構想としましては、皆さん、パターゴルフ、またミニゴルフというのを御存じでしょうか。

倉吉市議会 2018-06-21 平成30年第4回定例会(第4号 6月21日)

過去にも何度となく同様の質問をさせていただいておりまして、まず、平成24年9月ですけども、市長の答弁では、社地区の伯耆国庁を初めとする遺跡についてでありますけども、非常に貴重な遺跡でありますし、また倉吉のいろんな面で大事にしていかないといけないシンボル的な遺跡ではないかと思っております。現実に今、皆埋もれてしまっている状況で、なかなか復元も進んでいないということであります。

琴浦町議会 2018-06-13 平成30年第 4回定例会(第4日 6月13日)

できればそういう形で町の何かシンボルって言ったらあれですけども、この方は琴浦の出身かというような方が校長先生になっていただいて、いつも校長先生がいるわけではなくて、たまに開校式だとかそういうときに来ていただけるような校長先生で10校が構成されてると聞いておりますし、その中に以前お話ししました伊那食品の会長さんが長野校長先生をされているということで、やはりそういう形で、ああ、あの人がやってるんだったらということでのやっぱり

湯梨浜町議会 2018-03-08 平成30年第 2回定例会(第 1日 3月 8日)

これまでランドマークとして、あるいは湯梨浜町環境に関するシンボルとして存在し続けた施設であり残念ですが、御理解を賜りたく存じます。  産業面の新たな取り組みとしましては、松崎駅南梨生産団地における土地改良事業の実施、泊地区での定置網漁の導入支援のほか、羽合漁港のしゅんせつ工事を行います。これらを通じて、第1次産業の後継者づくりにつながることを期待しています。  

米子市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会(第3号 3月 2日)

目的といたしましては、交通結節機能の強化、特に周辺街区との動線の強化確保と玄関口としてのシンボル空間づくりでございます。目標といたしましては、バスターミナルタクシーバース等を整備することでございます。あわせて歩行者空間の確保、こういったところでございます。事業費は11億円でございます。  地下駐車場につきましては、事業期間平成4年度から平成7年度でございます。

鳥取市議会 2018-02-01 平成30年 2月定例会(第4号) 本文

例えば地圏の中には、日本海の荒波をつくり出した日本一の砂丘鳥取砂丘や、鳥取城があった鳥取市シンボルの山・久松山、扇ノ山の山麓に開ける広大な大地・河合谷高原、佐治川沿いに分布する観賞石・佐治川石などが挙がっていますが、魅力ある地域づくりを行うためには、風土資産を地域の魅力を形成する資産として捉えることが必要であり、地域イメージを促進できると思います。

北栄町議会 2017-12-14 平成29年12月第11回定例会 (第 8日12月14日)

その内容は、砂丘地の活性化を考える上で農業の振興を基軸に置きながら、「観光」「健康」「環境」をキーワードに人と人との交流拠点と位置づけ、道の駅を中心に展開される砂丘地の観光健康づくり基礎となる安心・安全農産物を提供する農業、そして風力発電シンボルとする北栄町環境への取り組みを道の駅の再整備に盛り込んだ構想であります。  

米子市議会 2017-09-05 平成29年 9月定例会(第2号 9月 5日)

内堀も含め、三の丸、二の丸、本丸といった城の全体像を実感することができ、また近世城下町の町並みが残る下町等を結ぶ場所でもある湊山球場敷地を本市のシンボルの一つとして整備していきますことは、歴史学習の場として、あるいは市民の憩いの場としての活用、観光振興の面での効果など、さまざまな波及効果を期待できるものと考えておりまして、歴史文化に根差したまちづくりを進めていく上で重要な意味を持つものと考えております

倉吉市議会 2017-08-30 平成29年第5回定例会(第3号 8月30日)

我がシンボルの打吹山もちょくちょく出てきました。これに対して市は今、どういう把握をして、どういう対策をやっておるのか。そしてこれをとめるためにどのような方策があるのか、その辺をお聞きしたいと思います。具体的には、有効な手段がないとまで聞いておりますが、そうは言っても枯れるに任せておくというわけにもならん。

米子市議会 2017-06-22 平成29年 6月定例会(第3号 6月22日)

今まさにこの米子の町が古くからの歴史遺産を生かしたまちづくりに進んでいこうとするときに、この三の丸の遺構のある米子の湊山球場の敷地を米子の町の一つのシンボルとして史跡公園に生まれ変わるとすれば、これは米子の町にとっても大変重要な意味を持つのではないかと、そのように私は考えてございました。  

倉吉市議会 2017-06-13 平成29年第4回定例会(第2号 6月13日)

まさにこれまで話しておられました復興シンボルにしたいとはいっても、初めに美術館ありきでは全く芸のない話で、建てるだけならどなたでも建てられることになろうかと思います。もちろん建てることは目的とはなりますけれども、そこにはやはり明確な理念というものが私は必要だろうと思います。県立らしく、しかもそれに倉吉らしさを挿入した特徴をどう出していくのか、このあたりについて、市長のお考えをお伺いします。