15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

琴浦町議会 2019-09-05 令和元年第 5回定例会(第2日 9月 5日)

サラダでもいけます。卵とじでもいってますというようなことで非常にポピュラーな草なものですから、ただ日本ではまだ余り取り扱われてない。日本農業としてやってるところは奄美大島に1軒あるらしいですけども、それぐらいでまだ日本では農業としての作物としては普及してないということですから、そこにやっぱり先覚者利益というものがあるはずなんですよ。

八頭町議会 2018-12-13 平成30年第 9回定例会(第4日目12月13日)

サラダメーカーや、小売が、カリフラワーやキャベツを粒状にした御飯をかたどった商品を開発し、糖質やカロリーの低さをアピールして、食卓の定着を狙っていると言われております。カット野菜製造販売を手がけるあるメーカーは、国産キャベツの芯を米粒状に細かく刻んだキャベツライス、1パック130グラムでございますが、参考でございますが、販売単価100円ということでございます。税抜きでございます。

琴浦町議会 2018-12-10 平成30年第 8回定例会(第2日12月10日)

そして帰った後では、学校に帰った後は給食の当番の係が琴浦のグランサーモンの素揚げであるとか、アゴのつみれ汁であるとか、赤梨とブロッコリーのサラダであるとか、琴浦産品を使っておもてなしをしたと、こういったような企画も取り組んでおりますし、琴浦の小学校、中学校、本当に地域の方のかかわりが僕は半端じゃないなと思ってます。もう何かあるとすぐ来てくださいますし、たくさんのことを指導してくださいます。

伯耆町議会 2017-09-08 平成29年 9月第 5回定例会(第2日 9月 8日)

それを全部カットしてサラダ用で売ってるとか、そういう状況にこういう生鮮品の売り、いわゆる食材の売り方が変わったということですね。  その上で、産地をつくっていくという動きがなかなかやりづらくなった。物量をもって中央卸売市場に対して占有率を高めていくという戦略は今でもあるんですけど、なかなかそれが功を奏しないというか、新しく参入するのがなかなか難しくなったということですね。

北栄町議会 2016-09-05 平成28年 9月第7回定例会 (第 1日 9月 5日)

内容を一新して、野良着のファッションショーや先進的な農場の労務管理を実践してテレビ出演などで有名なサラダボウル田中進さんの講演など、農大の生徒の方がバスを仕立てて来られるなどして大変なにぎわいとなりました。6月ごろから委員さんと内容を練ってきた成果が発揮されたものと感じております。  次に、集落営農体制強化支援事業に257万4,000円を支出いたしました。

米子市議会 2014-09-11 平成26年 9月定例会(第3号 9月11日)

まず、低アレルゲンであり、消化吸収にすぐれ、タウリンなどの栄養素が多く含まれる自家飼育ヤギの乳を使った新商品の開発に取り組むもの、それから、土壌改良によりジャガイモの生産安定を図るとともに、ジャガイモおでん加工製造において生産量増加に対応するための規格選別作業加工ラインの改善、効率化に取り組むもの、それから、ニンジンかす漬け無臭ニンニク甘酢漬けサラダゴボウ酢漬け等を、できるだけ化学肥料

北栄町議会 2013-12-16 平成25年12月第8回定例会 (第 7日12月16日)

大栄地区にサラダハウスというのがあるわけですけども、そのサラダハウスというのは8団体ぐらいですかね、そういう方たちが、特に女性の方中心なんですけども、小さいグループで加工組合をつくってサラダハウスの中で順番待ちしながら物をつくってると、加工品をつくってると、そういうような状況があるようです。

米子市議会 2013-06-13 平成25年 6月定例会(第2号 6月13日)

○(大江経済部長) 6次産業化総合支援事業補助金支援実績につきまして、二十三、二十四年度の2年度間での実績ですが、まず農家さんが取り組まれる6次産業化推進事業としましては、まず自家栽培ショウガパウダー加工やイチゴのジェラート製造に取り組むもの、それから大根、ジャガイモおでん加工製造の拡大、効率化に取り組むもの、それからニンジンかす漬け無臭ニンニク甘酢漬けサラダゴボウ酢漬け等を統一

北栄町議会 2011-03-11 平成23年 3月第3回定例会 (第 2日 3月11日)

19節の6次産業化モデル促進支援事業補助金でございますが、これは、北栄町のねばりっこを使ったねばりっこチップスJA鳥取中央がこれから積極的に開発していこうという時勢にございましたので、北栄町といたしましてもこの50万円をソフトの経費に使えるものとして昨年度末に創設したものでございますが、JA鳥取中央は、今年度の6月にサラダハウスを改修したりして、ねばりっこチップスを生産していくための事業を県のチャレンジプラン

北栄町議会 2010-09-17 平成22年 9月第5回定例会 (第 4日 9月17日)

今月の8日には同支所サラダハウスが竣工し、チャレンジプラン支援事業を活用してねばりっこチップスや総菜を製造するための施設が導入されたところでありますので、これからの取り組み成果を期待したいと思っておるところであります。 ○議長(池田 捷昭君) 3番、前田栄治君。 ○議員(3番 前田 栄治君) 1問目の町長の政治姿勢ということで大きくくくって質問をさせていただきました。

北栄町議会 2010-06-15 平成22年 6月第4回定例会 (第 2日 6月15日)

具体的には、JA鳥取中央大栄支所の敷地内にあるサラダハウスを増改築し、チップス加工するフライヤー、スライサーを導入することが計画されています。  町といたしましては、チャレンジプラン支援事業のほか、今年度、町が独自に予算化しております6次産業化モデル促進支援事業補助金などにより、ねばりっこチップス商品化取り組みを後押ししていく考えでございます。

米子市議会 2010-03-02 平成22年 3月定例会(第3号 3月 2日)

本に取り上げられていました献立は、焼きそば、焼き鳥のネギ間ぐし、フルーツサラダ、牛乳ということで、再現されたものの写真と居酒屋メニューとのコメントがついておりました。故意にそうされたのかはわかりませんが、この日は小型パンもついておりましたので、まず訂正させていただきます。このメニューが出ました日は、昨年の6月4日でございます。

北栄町議会 2008-03-13 平成20年 3月第2回定例会 (第 7日 3月13日)

加工品については皆様も御承知のとおり、現在、JAサラダハウス等もありますが、地産地消を満たすことはできてもこれでは全国に販売するに至りません。そもそもいいものをつくっても、販路がなければ商売になりません。販売戦略を駆使し多大なる資本力を持たなければ、そこに世に出す産みの苦しみがあると思います。利益を得るためにエンドユーザーに直接販売をしていく。

  • 1