474件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

米子市議会 2021-06-25 令和 3年 6月定例会(第5号 6月25日)

また、本市学生スポーツでは、一例ではございますが、米子北高校サッカー部が全国活躍しておられまして、米子の名前を全国区で有名なものとしておられます。そんな中、このスポーツに関しまして、県と協力して、さらなる強化策を考えてはいかがでしょうか。市長の御所見を伺います。 ○(前原副議長) 伊木市長

米子市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会(第4号 3月10日)

かなりの投資をされておりますけども、それは塾だけでなくて、文化の塾であったり、それからスポーツサッカーであったり、それから水泳教室であったり、いろんな幅広い可能性を見つけるということでやっておられます。また、千葉の南房総市は、人口3万5,000ぐらいのまちですけども、ここも所得に応じて1,000円から7,000円の利用券、出しておられます。

米子市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会(第3号 3月 8日)

そんな中、年末から明るいニュースを見てみますと、年末の高校サッカー選手権では、地元の高校生が優勝校と1回戦で当たったんですけど、大活躍をしていただいたりですとか、箱根駅伝では、西部出身選手が大活躍をされたり、また冬季国体は全ての競技種目開催には至りませんでしたが、フィギュアスケートにおいては、本県米子市の出身選手がスケートリンクのない県では大活躍をされたと、明るい話題も多々出てきているところです

琴浦町議会 2020-12-22 令和 2年第10回定例会(第5日12月22日)

この委員会では、鳥取芝生産組合は13支部あるという中で、なぜ1支部から出されたのだろうかという素朴な意見も出されましたが、この芝に関する請願については皆さんも御承知のように、昨年の12月議会で、東伯総合公園サッカー場の人工芝改修による施設の多目的利用住民健康増進並びに持続的な施設運営についての請願体育協会サッカー部から出されて、教育民生常任委員会採択をされました。

八頭町議会 2020-12-15 令和 2年第11回定例会(第4日目12月15日)

八頭高校、私の母校ですが、第三グラウンドが今はサッカーグラウンドですね。砂ぼこり、この砂埃の埃というのは、ちょっと余談になりますけども、あいと読みます、音読みでね。それで、このあいの前に塵埃という言葉があるんですね。私は、砂埃という字がさあいと読めないのかなと、いくら探してもさあいとは読まないんですね。これは砂ぼこり、余分なことを言いましたけど。  

琴浦町議会 2020-12-15 令和 2年第10回定例会(第4日12月15日)

世の中の人の考え方が少しずつ変わってきて、井木さんの言われる話っていうのは、松下電器の話、昭和時代の話なのかなと思って聞いておりますけども、例え話で恐縮ですけども、昭和時代野球が盛んで鬼監督がいて、ピッチャーピッチャーとして投げることに専念をする、それはそれでいい、キャッチャーキャッチャーという9人のチームでやっていたのが、平成の時代になって世の中が少しずつ人の考え方、例え話ですけども、サッカー

鳥取市議会 2020-12-01 令和2年 12月定例会(第3号) 本文

みんなが誰も野球サッカー、バレーボールと、メジャーな種目ばかりに突っ走るのではなくて、オリンピックではマイナーな競技もいっぱいあります。そういうところも含めて見据えながら、児童生徒教育の中で種目を増やしていってほしいという思いが私はしておりますので、その点も含めて、よろしくお願いいたします。  

鳥取市議会 2020-09-01 令和2年 9月定例会(第6号) 本文

松江市の立正大淞南高校サッカー日本代表本田圭佑さんが送ったメッセージは、単にこの高等学校へのメッセージにとどまらず、全国にSTOP!コロナ差別宣言を届ける結果となったと思います。学校には近隣住民をはじめ全国から、感染防止物資や励ましの声が届けられたそうであります。島根県の公式ユーチューブチャンネル、しまねっこチャンネルの取組も参考になります。掛け声だけでコロナ差別はなくせません。

米子市議会 2020-06-15 令和 2年 6月定例会(第2号 6月15日)

具体的には、他の競技ですね、テニスとかサッカーとかも水平展開していくこと、それから補助運営とか、運営費補助等事業予算化なども考えていただきたいんですが、見解をお尋ねします。 ○(渡辺議長) 岡文化観光局長。 ○(岡文化観光局長) この健診のほかの団体への展開ということでございます。  

琴浦町議会 2020-03-23 令和 2年第 2回定例会(第5日 3月23日)

2年請願第1号、件名、東伯総合公園サッカー場について、これは東伯総合公園サッカー場の改修人工芝でなく天然芝での施工を求める陳情であります。審査の結果、趣旨採択委員会意見としては、趣旨は認めると、こういったことであります。  続いて、2年請願第2号、総合公園サッカー場等公共施設での天然芝の堅持と普及について、審査の結果、趣旨採択委員会意見としては、趣旨は認める。

倉吉市議会 2020-03-09 令和 2年第2回定例会(第5号 3月 9日)

これは最終的に子どもたちサッカーにも使用ができるだろうと思います。今は子どもたち、ちょっと大会があったら、すぐ東郷運動公園人工芝のフィールドに行ってしておりますが、これからはこれが使えるということですので、しっかりいい、高くいいのをされるんですから、広く皆さんに使っていただく。それからいろんな観光面関金地区に来られる、夏休みには研修に来られる、そういう方にもしっかりと使っていただく。  

琴浦町議会 2020-03-06 令和 2年第 2回定例会(第3日 3月 6日)

誰が利用するかということも考えながら総合的に判断していくということと、それからPFIで運営していくところにサッカー場だけが一つではない。そこだけ運営することでもない。  それから全体の今どんぐりひろばもこの地方創生事業で新たな遊具をつくって、にぎわってきました。それからトレーニングルームのほうもそういう形でトレーナーもやってきて、一気ににぎわってきました。

琴浦町議会 2020-03-04 令和 2年第 2回定例会(第1日 3月 4日)

議員(12番 青亀 壽宏君) サッカー協会というのは、サッカー協会とそれから琴浦町のサッカー部が請願という形で出されています。つまりアスリートファーストという形ですれば、そこを使ってサッカーをやるという人たちがそういうようなのがベターですよという形で請願をされて、それが採択されている。