7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

米子市議会 2013-06-18 平成25年 6月定例会(第5号 6月18日)

○(大江経済部長) 今お話しいただいておりますコンテンツ産業に限定した支援というのは、今のところ市のほうでは持っていないんですけれど、周辺活性化につながるようなイベント等ソフト事業についてはぜひ研究してみたいと思っております。 ○(藤尾副議長) 稲田議員。 ○(稲田議員) 次のインキュベーションのところに移ります。

米子市議会 2012-03-07 平成24年 3月定例会(第6号 3月 7日)

京都市ではサミット一過性イベントで終わらせない取り組みとして、京都漫画アニメなどのコンテンツ産業を発信するイベントを毎年開催しており、漫画を目当てとした修学旅行の誘致にもつなげております。さらには漫画家の卵の創設場所を設け、就職先の確保からアジア市場の開拓まで視野に入れた事業に新年度から取り組まれます。

米子市議会 2012-03-01 平成24年 3月定例会(第2号 3月 1日)

よって、コンテンツ産業ソフト産業などの新たな産業を創出していくことが本市にとってより重要であると考えますが、所見を伺います。  以上で壇上での質問を終わります。答弁をいただいた後、内容により再質問させていただきます。 ○(渡辺(照)議長) 野坂市長。 ○(野坂市長)(登壇) 稲田議員のよなご会議の代表質問にお答え申し上げます。  

米子市議会 2011-09-08 平成23年 9月定例会(第2号 9月 8日)

○(稲田議員) その中で特にアニカルまつりであったりマンガサミット、あるいはエコツーリズムを初め各ツーリズム構想は、いわゆるコンテンツ産業と言われたりソフトビジネスと言われる分野でございますが、その本市あるいは本市周辺で行われるイベント成功自体を願うのは当然でございますが、イベント実施後の定着策ですね、これはどういったことを想定されているのか、お聞かせください。

米子市議会 2010-12-08 平成22年12月定例会(第4号12月 8日)

今後こういった活動の中からコンテンツ産業定着し、ニューツーリズムの創造につながり、新たな情報が発信されることを期待しているところでございまして、本市といたしましても関係者関係団体と協力しながら、その推進に努めていきたいと思っております。 ○(安田副議長) 杉谷議員。 ○(杉谷議員) 御答弁ありがとうございました。  2つ1つ目質問のほうから補足の質問と要望をさせていただきたいなと思います。

米子市議会 2010-12-06 平成22年12月定例会(第2号12月 6日)

○(山本経済部長) 予想される波及効果としましては、とっとりアニカルまつりを開催することによるマスコミ等の報道における米子市のPR効果と、平成24年度に開催されます国際マンガサミットへの機運の醸成、またアニメ漫画文化といったサブカルチャーによる新しい情報発信によるニューツーリズムの開発やコンテンツ産業本市への定着の契機となるなどの波及効果を考えておりまして、圏域での交流人口の増加と、新しい観光客

  • 1