201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2019-09-18 令和元年 9月第6回定例会 (第14日 9月18日)

要は基本料金が例えば1キロワットまでが基本料金で、それを超えた部分が1キロワット当たり何円というのが普通一般家庭なんかの使用電力なんかを計算するときはそうなってるのが、そのあたりちょっと説明していただけませんか。 ○議長(飯田 正征君) 藤江住民生活課長。 ○住民生活課長(藤江 純子君) 基本料金というのは、使用電力量にかかわらず一定して中国電力のほうにお支払いするものです。

北栄町議会 2019-09-06 令和元年 9月第6回定例会 (第 2日 9月 6日)

職員手当17万円の増額と、委託料の増額は12月ごろに達成が見込まれる発電3億キロワットアワー記念といたしまして、風車5号機に名探偵コナンのラッピングをするための委託料170万5,000円でございます。以上でございます。 ○議長(飯田 正征君) 以上で一括議題とした6議案の提案説明を終わります。       

北栄町議会 2019-09-05 令和元年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 5日)

売電実績につきましては、平成30年3月から平成31年2月の1年間で1,902万2,688キロワットアワー、売電収入は4億2,154万3,000円となりました。  続きまして、決算書に戻っていただきまして206ページをごらんください。実質収支に関する調書でございます。歳入総額4億6,985万4,842円、歳出総額3億8,316万7,480円、歳入歳出差し引き額は8,668万7,362円でございます。

北栄町議会 2019-06-21 令和元年 6月第4回定例会 (第 2日 6月21日)

それから、先ほどの斉尾議員のお話の中で4,200世帯ということがあったわけでありますが、これはやっぱり洋上風力になるとかなり大きな風車も建設できるということで、これは5メガ、要するに5,000キロワットのものを導入すればそのぐらいの家庭電力は賄える。それから1,400世帯と言われましたが、これは陸上風力で2メガ、大体2,000キロワット。うちのが1,500キロワットです。

琴浦町議会 2019-03-05 平成31年第 2回定例会(第1日 3月 5日)

売電価格は固定価格買い取り制度を活用するために、20年間1キロワットアワー当たり34円、税抜きですが、で固定され、全量を売電し、発電所管理の財源とするとともに、土地改良施設等の維持管理費の軽減や自然環境の保全に寄与するものであります。  歳入歳出予算の総額は、それぞれ2,559万7,000円であります。  

北栄町議会 2019-03-05 平成31年 3月第2回定例会 (第 1日 3月 5日)

第2条、業務の予定量では、北条砂丘風力発電所に関し、最大電力1万3,500キロワット、年間販売目標電力量2,125万6,000キロワットアワー、主な建設改良工事といたしまして、電力監視システム改修工事を予定いたします。  第3条、収益的収入及び支出は、風力発電事業に係ります収益と費用につきまして、それぞれ予定額を定めるものでございます。

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第5号) 本文

これは屋上に20キロワット設備を設置します。それから、ライトシェルフの設置。これは自然光を部屋の奥まで導入するために窓に設置する反射板でございます。3つ目として、ソーラーチムニーの導入。これは、東西2カ所に設けましたエコボイドという吹き抜けを利用しまして、太陽光により温度が上昇したことで起きる吹き抜け内の上昇気流を動力源と活用して自然換気に利用するシステムでございます。

鳥取市議会 2018-12-01 平成30年 12月定例会(第3号) 本文

鳥取市域の電力の需要量と供給能力につきましては、具体的な把握ができませんが、平成30年度の鳥取県環境白書によりますと、平成29年度の鳥取県全域の1年間の電気総需要が44.5億キロワットアワーと推計されておりまして、毎年の天候の変動などにより多少の増減はあるものの、ここ数年間は横ばい状態となっております。

米子市議会 2018-11-27 平成30年11月臨時会(第1号11月27日)

4つ目、出力5万4,500キロワット、24時間操業で、年間に一般家庭の12.5万世帯使用できる発電量。直径2メートル高さ43メートルの煙突を立て、煙突の突端温度は130度になるなど、大型の発電施設です。排出するばい煙や臭気、発電の熱を冷ました廃水、24時間操業の騒音、輸入ヤシ殻、ペレットを運ぶトラックの往来による排気ガス、騒音、交通事故など、周辺の環境悪化は免れません。

北栄町議会 2018-09-18 平成30年 9月第6回定例会 (第13日 9月18日)

要は、充電する1台がどれぐらい充電するかというのは、バッテリーの残量によっていろいろ使う量が違いますから、何台が年間利用したかという件数まではわからないと思いますけども、年間に要はどれだけ全体で電力を使ったか、だからこの86万幾ら、町として負担をしたわけですから、北条のほうも年間に何千キロワット使用したということぐらいはわかると思うんですよ。

北栄町議会 2018-09-06 平成30年 9月第6回定例会 (第 1日 9月 6日)

売電実績につきましては、平成29年3月から平成30年2月の1年間で2,081万6,136キロワットアワー、4億6,128万5,000円となりました。年間発電量等の推移につきましては、表のほうをごらんください。  決算書に戻っていただきまして、216ページをお願いいたします。実質収支に関する調書でございます。

米子市議会 2018-08-01 平成30年 7月定例会(第7号 8月 1日)

これまでと桁が違う137万キロワットの出力を要する3号機の稼働に向けた動きについて責任ある判断を米子市が下すためには、事前了解権を持つことに付随して発生する、その判断を下す専門的知見を市独自に持つことが必須となってきます。3号機の稼働に向けた動きに合わせて、そうした方向での安全協定の改定を強く求めていくべきだと考えます。  次に、陳情第15号についてです。

米子市議会 2018-07-23 平成30年 7月定例会(第6号 7月23日)

○(武田防災安全監) 中国地方における鳥取県電力量ということですが、20日の住民説明会で、中国電力のほうから60万キロワットで全体の6%というお話はあったんですけれど、これが今言われた中国地方における鳥取県の割合というふうにはちょっと聞き取れなかったもんですから、詳細についてはわかりません。 ○(渡辺議長) 山川議員

境港市議会 2018-06-29 平成30年第3回定例会(第5号 6月29日)

しかも適合性審査申請の手続を求めている島根原発3号機は、137.3万キロワットの出力を持つ日本で最大級の原子力発電所です。  原子力規制委員会の審査結果を受けた後の審議は重要だが、適合性審査申請は手続の単なる通過点で、原発稼働とは別という見方もありますが、これは中電の姿勢を見れば大変危険だと思います。

境港市議会 2018-06-20 平成30年第3回定例会(第4号 6月20日)

総じて今の2号機の再稼働の問題、規制庁の話、3号機についても、3号機は137万キロワット・アワーという国内最大級だということで、それから沸騰水型といいますか、これも余り信頼性がないというふうに今までも言われてきたわけですけど、今の動きについて市長は総じてどういうふうな今感想を持っておられますか。 ○議長(柊 康弘君) 答弁を求めます。  中村市長。

鳥取市議会 2018-06-01 平成30年 6月定例会(第5号) 本文

鳥取市谷町風力発電事業計画は、自然電力株式会社が、最大で総出力4万キロワットの風力発電所を設置する。1基が2,000から3,000キロワット15基の最初の計画でしたが、今14基に縮小されています。鳥取市及び県西部の風力発電計画は、日本風力エネルギー株式会社委託して進められているもので、これは最大16万キロワット。1基が4,500キロワットで36基。

米子市議会 2018-05-21 平成30年 5月臨時会(第1号 5月21日)

同議案は、米子市和田工業団地に5万キロワットの巨大バイオマス発電所を誘致するため、事業用地として民有地約5万5,000平方メートルを買い上げようというものです。  そこで、何点か伺いますが、大気や排水などへの影響について環境協定を地元と事業者とで締結することになっていますが、その進捗状況について何点か伺います。

米子市議会 2018-03-22 平成30年 3月定例会(第7号 3月22日)

とりわけ今回、和田工業団地に進出するバイオマス発電所は、5万キロワットという国内でも最大規模の施設となり、大気や騒音、振動といった周辺環境に与える影響が心配されています。そういったことから提出された陳情です。進出についての住民説明会も、住民が事業や環境影響について十分に理解し、納得が得られるものとなったとは到底言えない内容です。

北栄町議会 2018-03-13 平成30年 3月第2回定例会 (第 9日 3月13日)

住宅用の出力10キロワット未満の余剰電力は、10年間と定めた買い取り期間が順次満了となり、電力会社の買い取り義務がなくなります。そういった対応を町長はお考えでありましょうか。 ○議長(飯田 正征君) 松本町長。 ○町長(松本 昭夫君) このことは存じております。 ○議長(飯田 正征君) 阪本議員