530件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北栄町議会 2020-03-18 令和 2年 3月第2回定例会 (第16日 3月18日)

さて、会計年度任用職員制度は、基本的には非正規職員地位向上と待遇改善により正規職員との格差是正が目的であり、同一労働同一賃金ガイドライン案を踏まえている制度でありますので、さらなる正規・非正規の差を縮めることが必要だと考えます。会計決算に向けて注目していきたいと考えます。  

伯耆町議会 2020-03-16 令和 2年 3月第 1回定例会(第3日 3月16日)

この点につきましては、厚生労働省高齢者の特性を踏まえた保健事業ガイドラインが既に示されておりますけれども、これにつきまして、本町でのこれに対するいわゆる老人性虚弱者の対策についての具体的な取り組み方は現在どのようなものであるか、これについてお尋ね申し上げたいと思います。 ○議長(幸本 元君) 町長。 ○町長(森安 保君) 担当課長から現状についてお話をいたします。

北栄町議会 2020-03-11 令和 2年 3月第2回定例会 (第 9日 3月11日)

この制度の導入に当たっては、文部科学省令などで制度を活用する場合の要件等が規定されることになっており、部活動ガイドラインの厳守や一定時間の休息を確保すること、画一的に導入するのではなく、介護育児を行う者など個々の事情に応じて適用することなどが盛り込まれる予定となっております。  

岩美町議会 2020-03-11 03月11日-03号

◆10番(田中克美君) 恒常的な時間外労働があるということで、その実態からも導入はそもそもできないということになるんですけれど、国会の答弁で文部科学大臣労働時間の縮減が導入の前提だというふうにはっきり答弁をしておりますし、国が示した公立学校の教師の勤務時間の上限に関するガイドラインというのが去年の1月ですか、示されておりますけれど、これ残業が月45時間以下であることが導入の条件だというふうになっております

琴浦町議会 2020-03-06 令和 2年第 2回定例会(第3日 3月 6日)

学校現場の時間外勤務というのは、ガイドラインで月45時間というふうになっておりますけれども、県が昨年の9月に調べた状況であれば、中学校で58.2%、小学校では34.2%がこの45時間を超えているということです。本町におきましても、ほぼこれと同じ数字になっております。ということは、中学校ではガイドラインを半分以上が超えてる、約6割が超えてるということです。

倉吉市議会 2020-03-05 令和 2年第2回定例会(第4号 3月 5日)

基本的には、総務省が示すガイドラインを参考に、本市の実情に合わせた内容となっておりまして、IT環境の進化や流れにあわせて随時見直すこととしているところでございます。  それから、2点目として、外部要因への対策ということでありますが、本市のネットワーク環境は、個人番号系、一般事務系、インターネット系の3系統に分離をされておりまして、互いの通信や侵入はできないこととなっております。  

琴浦町議会 2020-03-05 令和 2年第 2回定例会(第2日 3月 5日)

国のほうも、この働き方改革ということにおいては、かつて超勤、要するに時間外勤務のガイドラインというものをつくっておりましたが、これは法的拘束力のないものでしたので、それを指針に変えました。指針に変えて、法的拘束力を持ち、それが達成できない場合には、指導に入るというふうな形になっております。

倉吉市議会 2020-03-04 令和 2年第2回定例会(第3号 3月 4日)

その計画の内容については、各省庁からガイドラインが示されておりますので、それに沿った計画を策定するということになるわけであります。  今どこまで行ってるのかということでありますけれども、昨年の9月議会に補正予算で計画策定業務委託料を計上し、あわせて債務負担行為で個別施設計画策定支援業務の公共施設等と学校施設等、2本に分けてですけれども、限度額の設定をさせていただいたところであります。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第2号) 本文

国や県はガイドラインとして、月の時間外業務45時間以内、年間の時間外業務360時間以内と定めていましたが、令和元年12月、給特法が改正され、ガイドラインを法的根拠のある指針に格上げし、令和2年度より施行されます。しかし、この指針には罰則規定はなく、単なる声がけにしかならないのではないかと危惧するところもあります。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第5号) 本文

部活動の適正化についてでございますが、本市では、国のガイドライン及び県の方針に基づきまして、全ての部に複数顧問が配置できる数、これを適正な部活動数の目安としております。今後、複数顧問が配置できるよう、部活動指導員の積極的活用と、各学校において部活動の数を精選・削減するなどの適正化を進めていく必要があると考えております。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第7号) 本文

また、基準は、施設設置管理者などが施設等を整備する際に義務づけ、基準等として守るべき内容を示したものであるのに対し、公共交通機関の旅客施設に関する移動等円滑化整備ガイドライン等の移動等円滑化整備に関する指針は、高齢者・障がい者等を初めとした多様な利用者の多彩なニーズに応え、全ての利用者がより円滑に利用できるよう、望ましい整備内容を示したものであり、公共交通機関建築物等の各施設や車両等のガイドライン

琴浦町議会 2019-12-10 令和元年第 6回定例会(第3日12月10日)

文部科学省は本年7月31日、給食費の徴収・管理業務について公会計化の導入を求める通知を出しており、これにあわせ学校給食費徴収・管理に関するガイドラインを公表しております。このことを受けた今後の取り組みの予定を伺いたいと思います。  通知に対する見解と給食費の公会計化導入に向けての見通しはどのようになっておりますでしょうか。  学校給食費の徴収方法と徴収状況はどうなっていますか。  

八頭町議会 2019-12-10 令和元年第11回定例会(第4日目12月10日)

これによりまして、時間外の業務を月に45時間以内、年間360時間以内に抑えることが上限ガイドラインとして定められますことから、時間外におけます学校業務以外の活動にもかなり制限をかけていく必要が出てくると想定をいたしております。そういった状況を考えますと、地域に教職員が出かけていくことがかなり難しくなってくるのではないかというように考えております。  

八頭町議会 2019-12-09 令和元年第11回定例会(第3日目12月 9日)

2018年3月に発行された私たちのまちにとってのSDGs、導入のためのガイドラインや2019年8月の地方創生SDGs、ローカル指標リストなどを参考に、本町の第2次総合計画とSDGsの関係をどのように整理し、関連づけるのか。  SDGsの未来都市計画の中には、自治体SDGsの推進に資する取り組みに沿った形で反映させていけば、理解がしやすいと思います。SDGsの三つの視点、視点が三つありますね。

倉吉市議会 2019-12-05 令和元年第5回定例会(第4号12月 5日)

国は福祉避難所の確保・運営ガイドラインで、住民や支援団体福祉避難所情報を周知するように求めております。ですから、周知して、そこに集中したとしても、それは二次的なことであって、まず基本的には周知をするということが前提条件だと思っております。  それから、この事業には市の予算が使われております。国の予算と合わせて、総額7,170万円が使われております。

倉吉市議会 2019-12-04 令和元年第5回定例会(第3号12月 4日)

そしてそのケア、事後の対策でなくして事前に早期発見、あるいはそうした取り組みというのが、いわゆるガイドラインでも示されてきていると思っております。本当に当事者にすれば、非常に深刻な課題だろうと受けとめておりますので、引き続いてしっかりとした取り組みをお願いをしておきたい。