504件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

倉吉市議会 2020-05-01 令和 2年第3回臨時会(第1号 5月 1日)

全国的に新型コロナウイルス感染症の拡大が続いており、去る4月7日には、東京都をはじめとする7都府県に対して新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言が行われ、さらに4月16日には全都道府県に対して同様の宣言が行われたところであります。  市としても、かねてから市民の皆さんに手洗いやせきエチケットなどの感染予防の取組や不要不急の外出の自粛などの協力をお願いしてきたところであります。  

倉吉市議会 2020-03-10 令和 2年第2回定例会(第6号 3月10日)

それと、1月の学校長の発言がありましたけども、あれは確認しましたら、3学期中の開催は雪が降ったり、インフルエンザで休む子も多いので、時期としては適さないだろうという意味から、3学期中の開催はないという意味で言ったということを確認しております。

八頭町議会 2020-03-10 令和 2年第 2回定例会(第2日目 3月10日)

これはどういうことかって言いますと、赤道直下だとかそれから南半球、この国々にもコロナが拡大していると、感染拡大しているということでございまして、インフルエンザと同様に、夏になれば終息するだろうということは考えられないという結論が出たようでございます。  2003年のSARS、2012年のMERS、これが今見てみますと、7カ月、8カ月、終息までにかかっております。

岩美町議会 2020-03-09 03月09日-02号

狂犬病予防費用とインフルエンザ麻疹風疹、ヒブワクチンなどの予防接種費でございます。予防接種の単価増などにより、前年度に比べ220万5,000円の増となっております。 はぐっていただきまして、52ページ、3目環境衛生費6,972万1,000円の予算措置をお願いしております。水道水源保護審議会経費や合併処理浄化槽設置整備事業費、水道事業会計繰出金、集落排水処理事特別会計繰出金などでございます。

鳥取市議会 2020-02-01 令和2年 2月定例会(第5号) 本文

◯岩井 郁健康こども部長 PCR検査でございますが、まず、インフルエンザの検査と同じように、綿棒で鼻の奥を拭ったものやたんなどの検体を用いまして、ウイルスの遺伝子を抽出いたします。その後、検査機関で増幅させまして、新型コロナウイルスの遺伝子が含まれるかどうかを調べるものでございまして、検査の結果が判明するまでに3時間から5時間程度かかるものでございます。  

湯梨浜町議会 2019-09-06 令和元年第 7回定例会(第 1日 9月 6日)

風疹ワクチン、肺炎球菌、高齢者インフルエンザの各種予防接種の接種率も向上しています。さらに、30年度から中学校でも始めましたフッ化物口腔洗口につきましては、中学1年生の、DMF指数というようですが、1人平均永久歯の齲歯数、これが対前年0.31本の減少、町内小学校の齲歯罹患率は対前年4.4%の減と事業の効果が如実にあらわれ、県下でも高い評価を受けているというふうに仄聞いたしております。  

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会〔資料〕

委員会提出議案〕 第 4 号  ハンセン病患者家族に対する救済を求める意見書の提出に   10月4日   原案可決        ついて 〔報 告〕 第 16 号  出資法人の経営状況を説明する書類の提出について       9月2日   報  告 第 17 号  公立大学法人公立鳥取環境大学の業務の実績に関する評価に     〃    報  告        ついて 第 18 号  鳥取市新型インフルエンザ

鳥取市議会 2019-09-01 令和元年 9月定例会(第1号) 本文

報告第18号は、鳥取市新型インフルエンザ対策行動計画の一部変更について、新型インフルエンザ対策特別措置法の規定に基づき報告するものです。  報告第19号は、平成31年3月13日に国道を走行中の公用車が、停車中の相手方車両に接触した事故損害賠償額及び和解について、令和元年7月30日に専決処分しましたので、報告するものです。  

北栄町議会 2019-03-15 平成31年 3月第2回定例会 (第11日 3月15日)

議員(1番 長谷川昭二君) 61ページ、感染症等予防費の扶助費の中に高齢者インフルエンザ予防接種個人負担助成金4万1,000円というのがありますけれども、助成金のこの内容と対象者の基準、それから対象者人数等についてお聞きをしたいというふうに思います。 ○議長(飯田 正征君) 吉田健康推進課長。 ○健康推進課長(吉田千代美君) こちらの助成につきましては、生活保護の受給者の方が対象になります。

伯耆町議会 2019-03-14 平成31年 3月第 1回定例会(第3日 3月14日)

インフルエンザなんかことし猛威を振るいましたですけども、タミフルという薬剤はもう既にジェネリックで出てるんですね。だけどもタミフルという薬剤の場合はウイルスの増殖が外に影響を及ぼさないようにするという効果でしたけど、今、新しく出ている薬剤というのは増殖そのものを抑えるような薬剤ですから、当然状況に応じて医師は使い分けられて、いわゆる新薬を使われることが当然多いだろうと。服用回数の面もありますので。

湯梨浜町議会 2019-03-07 平成31年第 3回定例会(第 1日 3月 7日)

次に、7ページ、高齢者インフルエンザ予防接種でございます。743万7,000円、40万2,000円の減額でございます。昨年同様、4価のワクチン接種となりますが、対象者はほぼ昨年並みであり、接種率のほうを前年70パーから本年65パーに減じて積算しております。そのための減額でございます。

倉吉市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第4号 2月28日)

インフルエンザ予防接種の公費助成を4年前から18歳までを対象に行っております。荒尾市は人口約5万2,000人、平成30年度一般会計当初予算約213億円、福岡県に隣接し、交通アクセスもよいことや、かつての炭坑閉山などもあり、人口移動のかなり激しい時期があったようです。公費助成を始めた理由を尋ねると、周辺自治体とのバランスをとったとのことでした。同保健所管内2市4町で最後発だったようです。  

倉吉市議会 2019-02-25 平成31年第2回定例会(第2号 2月25日)

小・中学生のインフルエンザ予防接種補助。ここらあたりも何遍も言いますけど、近隣町は全部やっている。これを倉吉市はできていない、やらない、この辺も、これ、対象の子育て世代保護者たちがそう言っておりますから、私は代弁してお伝えをしますけれども、そういうところは少しあるのかなと感じておるところでございます。今後の参考にしていただければと思います。  

湯梨浜町議会 2019-02-21 平成31年第 2回臨時会(第 1日 2月21日)

主な補正の内容といたしましては、在庫が不足しております防災行政無線戸別受信機100台の購入費378万円、情報通信基盤整備事業において、経済性などの観点から発注方法、施工内容等を再検討した結果、当初予定していた地域ごとの分割発注から、全地域一括発注とするための工事費の増額1,770万5,000円、インフルエンザ及びロタウイルスの予防接種者の増加に伴う経費60万2,000円、一昨年10月の台風21号の影響