運営者 Bitlet 姉妹サービス
613件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 北栄町議会 平成30年12月第8回定例会 (第 8日12月14日) 道路を直したりインフラを直したり、そういう建物を建てても、まちづくりで使えるんだろうと。そういうことを考えた上でのことなのか。ちょっとその2つを、ちょっと2つ質問してしまったんですけども、コメントをいただければ。 ○議長(飯田 正征君) 松本町長。 ○町長(松本 昭夫君) 借金をすると、やっぱり返済しなければいけませんので、公債費がふえてくるということが、これは当然なことでありますが。 もっと読む
2018-12-12 米子市議会 平成30年12月定例会(第5号12月12日) 経済政策をやるには、それを支えるインフラをどうするか、これがついていかなかったら、既存の中だけで経済政策を打って幾ら叫んでも、物事が動かんじゃないですか。だから、それが都市マスにも反映すべき、こういうことになるんじゃないかと思うよ、僕は。  そこで、あえて提案しますけど、市長、こういう考え方もあってもいいですよ、とひょうな提案だけどね、米子弁で言うと。 もっと読む
2018-12-12 湯梨浜町議会 平成30年第 8回定例会(第 3日12月12日) 合併前より、さまざまな住民のニーズに応えるため、学校施設や公営住宅、学校施設は今は全然新しくなっちゃってるんですが、公民館など公共建築物や道路、上下水道など、多くのインフラ整備が行われてきました。  そして、これらの公共施設が近い将来改修や更新といった時期を迎え、多額の費用が見込まれます。そういった点から考えますと、今申しました学校とか、あるいは保育所、こども園ですかね、今は。 もっと読む
2018-12-11 米子市議会 平成30年12月定例会(第4号12月11日) もちろん御家族であったり、そういう人が入ってくるというのは問題はないんでしょうけれども、新規就農であったりとか、志があって、そこの、農地で頑張って農作物をつくりたいという若い力があったとしても、それが制度上、受けていただけないいうことでございまして、実際にある方の、農業希望をされた方が入ろうとした、これは集落の付随土地、あいとると、しかもインフラ、水道であるとか排水等があるにもかかわらず、それを拒否 もっと読む
2018-12-06 米子市議会 平成30年12月定例会(第2号12月 6日) 港湾の整備も必要です、インフラの整備も必要ですけど、まずそこが必要だというような御意見もいただきました。そういうふうなことを鑑みれば、どうしても産業廃棄物処分場はどこかに設置をしなければならないと、私はそういうふうには思っております。しかしながら、一方、私は、経験則ではありませんけれども、廃棄物処理法の処理及び適正化を鑑みれば、産業廃棄物の処理は県なんですよね。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第3号) 本文 御承知のように、本市の水道事業は大正4年に給水を開始しておりまして、以来、市民生活に欠くことのできない重要なインフラとして、幾多の災害があったわけでありますが、こういった災害も乗り越えて、安心・安全な水道水を供給してきておるところでございます。 もっと読む
2018-12-01 鳥取市議会 平成30年 12月定例会(第2号) 本文 また、国では本年10月から実施されました重要インフラの緊急点検を踏まえて、水害・土砂災害から命を守るインフラの強化等に取り組むことといたしまして、防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策、これが閣議決定され、千代川及び有富川が整備の対象となっておるということでございます。今後とも引き続きまして、千代川の治水事業が促進されますよう国や県に働きかけてまいりたいと思います。   もっと読む
2018-09-12 米子市議会 平成30年 9月定例会(第5号 9月12日) これについて以前の本議会において、米子市の観光インフラとして認識をされているのかということをお伺いをしておりました。どうもそうではないということであります、勝手にやっておられるいうことでございます。しかし、例えば加茂川遊覧船なんて非常に少ない人数で、今2人でやっておられるんだそうですけれども、昨日、お聞きしたら東京のテレビ局が取材に来て、米子市の城下町観光についての取材をされたと。 もっと読む
2018-09-11 米子市議会 平成30年 9月定例会(第4号 9月11日) そして、米子に、何とかせないけん、するためにはやはり駅周辺のインフラ投資が必要だということです。  そこで、お尋ねします。都市を活性化するのに何が必要だと思いますか。 ○(渡辺議長) 伊木市長。 ○(伊木市長) 都市を活性化するのにというお尋ねでございましたけれども、一言で言えばにぎわいをいかに創出していくかということだと思っております。 もっと読む
2018-09-07 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第4日目 9月 7日) 地方財政を取り巻く課題として、公共施設及びインフラ資産の老朽化の更新、人口の減少、少子高齢化等の問題があります。人の健康は、健康診断のときに各種の数値となって測定されて診断されます。自治体の財政も同様に、決算時の各種数値にあらわされて、その数値によって財政分析される。人の健康診断と同様に、自治体でも各種の数値の活用という視点が今求められています。 もっと読む
2018-09-07 米子市議会 平成30年 9月定例会(第3号 9月 7日) 本市の観光テーマは世界に誇るグリーンインフラの充実であると思っております。また、神話のころから今日まで交流の拠点であるこのことこそ、壮大なテーマ性であるんじゃないかなと思っております。このことについて、市長の見解をいただきます。 ○(渡辺議長) 伊木市長。 もっと読む
2018-09-06 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第3日目 9月 6日) ④持続可能で強靭な国土と質の高いインフラの整備。持続可能で強靭なまちづくり。コンパクト・プラス・ネットワーク推進。レジリエント防災・減災の構築。⑤省エネ・再エネ、気候変動対策、循環型社会。徹底した省エネの推進。再エネの導入促進。⑥生物多様性、森林、海洋等の環境の保全。持続可能な農業の推進や林業の成長産業化⑦平和と安全安心社会の実現。子どもの不慮の事故、性被害の防止。子どもの人権問題への対応。 もっと読む
2018-09-06 米子市議会 平成30年 9月定例会(第2号 9月 6日) 漁業関係者からは、施設は不要との御意見をいただいておりますが、市からは、民生や産業活動を通じて、廃棄物の発生と処理の問題は環境保全との調和を図りながら解決しなければならない不可避の課題であること、それから、社会インフラとして産廃処分場は必要な施設であること、県の条例手続はあくまで条例の規定に基づいて実施されているもので、事前調整であり、皆さんの意見を無視する意図ではないということをお答えをしておるところでございます もっと読む
2018-09-04 米子市議会 平成30年 9月定例会(第1号 9月 4日) 8月に開催された中海・宍道湖・大山圏域市長会におきまして、圏域のインフラ整備推進に向けた取り組みを強化していく方針を決定し、中でも中国横断新幹線、いわゆる伯備新幹線に関しまして、官民一体となった推進組織の発足に向けた準備会を立ち上げることとしたところでございます。  重点課題の進捗状況としては以上でございますが、その他の取り組みにつきましても主なものを御報告させていただきます。   もっと読む
2018-09-04 八頭町議会 平成30年第 7回定例会(第1日目 9月 4日) 橋梁につきましては、橋梁点検40橋を行うとともに、乾橋の改修を行い、インフラの整備を図りました。  また、八東川水辺プラザ河川公園は、昨年も県内外から多くのグラウンドゴルフ愛好者の方に御利用をいただいております。  災害復旧事業費であります。  歳出額は、7,200万円余りで、台風18号、21号で被災した農地農業用施設、林道施設、公共土木施設復旧に着手し、災害復旧に取り組んでまいりました。   もっと読む
2018-09-01 鳥取市議会 平成30年 9月定例会(第8号) 本文 市庁舎を移転するのなら、まず必要な調査を行い、土地の改良を行い、各種のインフラ整備を先行させねばならない。この事業では、まず移転を決定し、着工してから調査を行い、部分的な対策のみで施そうとしているので、矛盾が大きくなっています。当初から指摘していた問題が実際起こっています。このような方法では、今後どのような対策予算が必要となるかわからない。と同時に、市民の安全を守ることができない。 もっと読む
2018-08-01 米子市議会 平成30年 7月定例会(第7号 8月 1日) 会場となる夢洲は390ヘクタールの人工島で、100ヘクタールを万博会場、70ヘクタールをIR用地に予定しており、万博とIR誘致に向けて夢洲のインフラ整備を進める方針です。吉村大阪市長は、巨大なインフラ整備について万博は限定的だが、国際観光拠点IRは永続的だと議会で答弁しています。巨額の財政負担もカジノのためと言っているに等しいではないでしょうか。 もっと読む
2018-07-23 米子市議会 平成30年 7月定例会(第6号 7月23日) 具体的に何が重要かといいますと、やはりそうした港湾もそうですし、陸路のインフラ整備、そして、米子空港がございますけれども、こうしたものと相まって、拠点としての条件が整っていくものと思っております。そうした意味におきましては、まだそこは道半ばでありまして、今後の努力を重ねなければいけないと認識をしております。 ○(渡辺議長) 矢倉議員。 もっと読む
2018-07-18 米子市議会 平成30年 7月定例会(第4号 7月18日) ○(岡田議員) 中心市街地活性化と言うからには、最終的には行政の力がなくても、行政がある程度その段取りといいますか、いろんなインフラ整備をした上で、あとは民間のほうでいわゆる投資をしていってもいいという機運の中でまちというのは活性化をしていく、東京なんかで見れば、そういう都市がたくさん、都市といいますか、例えば新宿でも六本木でもそうだと思うんですけれども、一定のところまでいけば、もう民間の方がどんどん もっと読む
2018-07-13 米子市議会 平成30年 7月定例会(第2号 7月13日) 鳥取県西部地域振興協議会の取り組みとしまして、中国横断自動車道岡山米子線の4車線化を初めとする、西部圏域のインフラ整備の促進を図るため、7月6日に国土交通省と地元選出国会議員への要望活動を実施したところでございます。  以上が重点課題の進捗状況でございますが、これ以外の取り組みにつきましても、幾つか御報告させていただきます。   もっと読む