30件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鳥取市議会 2019-02-01 平成31年 2月定例会(第6号) 本文

よかったなと申し上げますと、やっとここまで来たと言われますが、でも、それは引いたり上がったりといいますか、同じようにずっと向上するわけではなく、らせん階段を上がるがごとく、粘り強く、忍耐強く取り組まれているような、そういった状況をお伺いします。そうした本市のひきこもり支援も、まだまだひきこもり当事者や御家族への支援は行き届いていない状況にあると思います。

琴浦町議会 2017-03-23 平成29年第 2回定例会(第5日 3月23日)

前回の不信任が通った後、テレビとかに流されて、いろんな集会に出るたびに、おまえらは何やっとるだい、議会ですることが違っとらせんかと。多く批判を浴びたところであります。それなりの理由があったというのは間違いありませんけれども、町民目線から見ると、やっぱりどこかずれとるぞと、こういう意見が非常に強く出ました。今回も、終わった後、当然そういう意見が出るというふうに思っております。  

倉吉市議会 2016-09-13 平成28年第5回定例会(第6号 9月13日)

当初予算審査のときにはこがなもん出とらせん。  それで、決算だから、当初予算に対してどう決算やったかという区分がきちんとわかる資料を出さないけん。私は当初予算の資料を3月の関係資料から、けさ、外いてきた。恐らく所管の委員はみんなこれで審査しとると思う。これに対応して、決算をどう出ましたかと、区分ごとにちゃんと数字を出してください。出し直しだ、これは。決算書と予算書との区分が違う、全く。  

倉吉市議会 2016-06-20 平成28年第4回定例会(第5号 6月20日)

市に負担が来るようなことだったらせんほうがええです。いや、だからそういったこともちゃんと資料として議会に示されて、検討する資料出いてほしい。  とりあえずこのシステムについては、予算に反対するもんじゃないで。  それから県下でも統一されて、これは県下で合意されたですか。でしょうな、市長。県下でちゃんともうそれは平成30年からやりましょうという方向が出とるでしょう。

倉吉市議会 2016-06-15 平成28年第4回定例会(第3号 6月15日)

そのときにまた市が解体せないけんということが起きらせんかという懸念もある。たからやと逆のことが起きる可能性だってないことはない。そこらは考えないですか。 ○市長(石田耕太郎君) 100%成功するとは限らないわけであります。そういう意味では、万が一、失敗してほしくはないわけですけれども、失敗するケースも想定しないといけないと思ってます。

湯梨浜町議会 2016-03-10 平成28年第 2回定例会(第 1日 3月10日)

もうちょっと住民とコミュニケーションをとっていくとか、そういう形をせな、だんだんだんだん官僚的に組織がなってきよらせんかと。私だけじゃなしに、住民の多くの人がそういう声を寄せてこられるだけど、そういう形がある限り、これだけ予算つけたって、形が見えてこんなっちゅう心配をしとるわけ。  ちゅうのは、2月の臨時議会で提案された、例えばCCRC関係で、健康づくりのために1,000万、計画づくりにやる。

北栄町議会 2015-12-15 平成27年12月第11回定例会 (第 8日12月15日)

むしろ自治会というものは行政の末端組織に成り下がっとらせんかと、こんなふうにも思います。これからそういうことでいいだろうかなと。  それで、支部というものは、鳥取市もそうですし倉吉市もそうでございます。学校単位に公民館がございます。そうすると、倉吉市の例を引っ張り出しますと、毎月1回、向こうでは公民館長って言ったり、自治会長さん、それから各団体の長さん、こういう方が集まられる。

湯梨浜町議会 2015-09-14 平成27年第 7回定例会(第 5日 9月14日)

○町長(宮脇 正道君) 基本的に戦争はしない、平和な世の中をつくっていくということは国民全員の一致する、希求する姿でもあると思いますので、おっしゃいましたようなことは資料館のこと等につきましても、私も実は最近ほとんど行ったことがないもんでして、今ほこりまみれになっとらせんかって話したんですけども、そのようなことも考えてみたいなと思います。 ○議長(光井 哲治君) 増井議員

倉吉市議会 2015-09-07 平成27年第7回定例会(第5号 9月 7日)

この算式どおりでは出らせんでしょう。 ○議長(由田 隆君) 執行部、正確に答弁願います。 ○総務部長兼防災調整監(矢吹房生君) 失礼いたしました。議員指摘のとおり、合計額のほうからの割り戻しでございます。訂正させていただきたいと思います。以上でございます。 ○議長(由田 隆君) いやいや、ちょっとちょっと。訂正で幾らになったかは、今出んの。  特に許します。

倉吉市議会 2015-03-05 平成27年第3回定例会(第4号 3月 5日)

そのきっかけは、進出していただいているグッドスマイルカンパニーの会社見学にみえられた海洋堂社長、宮脇修一氏があの円形校舎に足を踏み入れられ、らせん階段を見上げながら、ここならおもしろいミュージアムができると、その言葉が明倫まちづくり合同会社設立へと動き、そして今日まで中活への申請行動になっているわけですけれども。  

八頭町議会 2012-12-12 平成24年第11回定例会(第4日目12月12日)

それから、この歩道橋をするに当たりましては、らせん階段、直線階段、いろいろあるわけですけれども、いずれになりましても、鳥取方面から今度来るときに、車両が見えづらくなる危険があるということと、この歩道橋をしましても高齢者には上りおりは大変だろうということがございます。費用のことは別にしまして、国土交通省のほうからも、町としてそのあたりはどうだろうかということを今、話が参っております。  

八頭町議会 2010-06-22 平成22年第 7回定例会(第5日目 6月22日)

裏を返せば、支障が出たらせんでもええという、これは文面になっとるわけです。  だから、これを決議することについては、何ら問題は感じておりません。  以上です。 ○議 長(森山大四郎君) 次に、原案に反対者の発言を許します。  9番、池本議員。 ○9 番(池本 強君) 先ほど、いろいろお聞きしたわけですが、提案者にですね。

北栄町議会 2008-09-25 平成20年 9月第6回定例会 (第 9日 9月25日)

そうすると、町村の場合は、視野が狭いということが大きな私は問題点になっとらせんかと思います。そういう意味で研修というもののとらえ方も含めてお聞きしたいというふうに思います。  次に、13ページでございます。砂丘地振興基金の積み立て事業というものでございます。これをこれからどのようなとらえ方をされるのか、そういうことをどのように検討されてここに載せておられるかという問題でございます。  

北栄町議会 2008-09-18 平成20年 9月第6回定例会 (第 2日 9月18日)

だから効率的なことを考えていきますと、そういう2系列を1系列によって職員の減員、あるいは活性炭の交換費用の削減等々、大きい費用の削減を図ることができらせんかと。やり方によっては、大栄と北条処理区で2,000万円から2,500万円の削減ができらせんかと。こんなデータも持っております。  

八頭町議会 2008-09-12 平成20年第 8回定例会(第4日目 9月12日)

ここで、これは若桜の例をいいますと、若桜鉄道で6,000人客が来たという話をして喜んでおられますが、若桜の人に聞くと、ひとつも金は落ちらせんし、トイレ使われて、ごみ出されて、何をしょうるだいやと。800円の切符売って何しょうるだというような声も出ております。  

米子市議会 2008-03-07 平成20年 3月定例会(第5号 3月 7日)

そこら辺で公民館長さんからしてみますと非常に今財政、もらえる運営費も大変少なくなってくる中で、こういった大会参加も含めますと市がやめられるならば、もしかすると本当に得点制もなくなって自由参加であるならばしりすぼみならせんだろうかとか、もともとの生涯学習という意味での公民館活動のスポーツというもののあり方として見れば本当言えばもうちょっと、こういった補助金を全く全廃するのではなくて、地域振興のスポーツ

湯梨浜町議会 2007-06-17 平成19年第 6回定例会(第 6日 6月17日)

それの法線がずれとらせんかという話があるわけですが、その辺は確認されましたか。農道の法線。3メーターも4メーターもずれとらせんかちゅう話があるわけですけど。 ○議長松本 繁君) 担当課長、答弁。 ○産業振興課長(米村 繁治君) そのことは承知しておりません。設計図どおりに進んでおるというふうに認識しておりますが。 ○議長松本 繁君) 吉田議員

湯梨浜町議会 2007-03-12 平成19年第 4回定例会(第 6日 3月12日)

私は、今回この質問を取り上げた理由は、町長はぶれよらせんだろうか。町民の皆さんに約束した方向からそれよらせんだろうか。そういう危機感があったもんですので、あえて一般質問しました。町長が掲げられた5つの課題というのは、本当にこの湯梨浜町を私たちの子供や孫の時代に「げんき・いきいき・かがやきのまち」、そういう町にできるんだ。

  • 1
  • 2