北栄町議会 > 2020-06-30 >
令和 2年 6月第5回定例会 (第15日 6月30日)

ツイート シェア
  1. 北栄町議会 2020-06-30
    令和 2年 6月第5回定例会 (第15日 6月30日)


    取得元: 北栄町議会公式サイト
    最終取得日: 2020-10-08
    令和 2年 6月第5回定例会 (第15日 6月30日) ─────────────────────────────────────────────       第5回 北 栄 町 議 会 定 例 会 会 議 録(第15日)                                  令和2年6月30日(火曜日) ─────────────────────────────────────────────                                 令和2年6月30日 午前9時開議  日程第1 議案第39号 専決処分の承認を求めることについて(令和2年度北栄町住宅             新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号))  日程第2 議案第40号 北栄町附属機関条例の一部を改正する条例の制定について  日程第3 議案第41号 北栄町税条例の一部を改正する条例の制定について  日程第4 議案第42号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について  日程第5 議案第43号 北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について  日程第6 議案第44号 令和2年度北栄町一般会計補正予算(第3号)  日程第7 議案第45号 令和2年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計補正予算(第1             号)  日程第8 議案第46号 工事請負契約の締結について(北栄町光ファイバーネットワー             ク施設機器更改工事)  日程第9 発委第6号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について  日程第10 発委第7号 検察官定年延長に係る閣議決定の撤回を求める意見書の提出             について
     日程第11 発委第8号 教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見             書の提出について  日程第12 議員派遣の件  日程第13 閉会中の継続調査申出について       ───────────────────────────────                 本日の会議に付した事件  日程第1 議案第39号 専決処分の承認を求めることについて(令和2年度北栄町住宅             新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号))  日程第2 議案第40号 北栄町附属機関条例の一部を改正する条例の制定について  日程第3 議案第41号 北栄町税条例の一部を改正する条例の制定について  日程第4 議案第42号 北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定について  日程第5 議案第43号 北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定について  日程第6 議案第44号 令和2年度北栄町一般会計補正予算(第3号)  日程第7 議案第45号 令和2年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計補正予算(第1             号)  日程第8 議案第46号 工事請負契約の締結について(北栄町光ファイバーネットワー             ク施設機器更改工事)  日程第9 発委第6号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について  日程第10 発委第7号 検察官定年延長に係る閣議決定の撤回を求める意見書の提出             について  日程第11 発委第8号 教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見             書の提出について  日程第12 議員派遣の件  日程第13 閉会中の継続調査申出について        ───────────────────────────────                  出席議員(15名)     1番 長谷川 昭 二君  2番 宮 本 幸 美君  3番 飯 田 正 征君     4番 秋 山   修君  5番 町 田 貴 子君  6番 油 本 朋 也君     7番 斉 尾 智 弘君  8番 井 上 信一郎君  9番 藤 田 和 徳君     10番 田 中 精 一君  11番 森 本 真理子君  12番 津 川 俊 仁君     13番 阪 本 和 俊君  14番 野 田 秀 樹君  15番 前 田 栄 治君        ───────────────────────────────                  欠席議員(なし)        ───────────────────────────────                  欠  員(なし)        ───────────────────────────────                 事務局出席職員職氏名 事務局長 ─────── 大 庭 由美子君  主幹 ───────── 福 田 香 織君 事務補佐員 ────── 長谷川 利 恵君       ───────────────────────────────               説明のため出席した者の職氏名 町長 ───────── 松 本 昭 夫君  副町長 ──────── 手 嶋 俊 樹君 教育長 ──────── 別 本 勝 美君  地方創生監 ────── 渋 谷   潤君 総務課長 ─────── 磯 江 昭 徳君  企画財政課長 ───── 小 澤   靖君 町民課長 ─────── 齋 尾 博 樹君  会計管理者(兼)出納室長                                ──── 友 定 景 子君 福祉課長 ─────── 田 中 英 伸君  健康推進課長 ───── 吉 岡 正 雄君 地域整備課長 ───── 倉 光   顕君  産業振興課長 ───── 手 嶋 寿 征君 観光交流課長 ───── 松 本 裕 実君  環境エネルギー課長 ── 藤 江 純 子君 教育総務課長 ───── 中 原 浩 二君  生涯学習課長 ───── 杉 本 裕 史君 農業委員会事務局長 ── 中 原 広 美君 (併)選挙管理委員会事務局長 ──────────────────── 磯 江 昭 徳君       ───────────────────────────────                 午前9時00分開議 ○議長(前田 栄治君) おはようございます。  ただいまの出席議員は15人です。定足数に達していますので、これより本日の会議を開きます。  本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第1 議案第39号 ○議長(前田 栄治君) 日程第1、議案第39号、専決処分の承認を求めることについて(令和2年度北栄町住宅新築資金等貸付事業特別会計補正予算(第1号))を議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり承認することに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり承認することに決定しました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第2 議案第40号 ○議長(前田 栄治君) 日程第2、議案第40号、北栄町附属機関条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第3 議案第41号 ○議長(前田 栄治君) 日程第3、議案第41号、北栄町税条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第4 議案第42号 ○議長(前田 栄治君) 日程第4、議案第42号、北栄町手数料条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
    ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第5 議案第43号 ○議長(前田 栄治君) 日程第5、議案第43号、北栄町介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてを議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第6 議案第44号 ○議長(前田 栄治君) 日程第6、議案第44号、令和2年度北栄町一般会計補正予算(第3号)を議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第7 議案第45号 ○議長(前田 栄治君) 日程第7、議案第45号、令和2年度北栄町大栄歴史文化学習館特別会計補正予算(第1号)を議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第8 議案第46号 ○議長(前田 栄治君) 日程第8、議案第46号、工事請負契約の締結について(北栄町光ファイバーネットワーク施設機器更改工事)を議題とします。  これより本案に対する討論に入ります。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第9 発委第6号 から 日程第11 発委第8号 ○議長(前田 栄治君) 日程第9、発委第6号、地方財政の充実・強化を求める意見書の提出についてから日程第11、発委第8号、教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の提出についてまでの以上3議案を議題とします。  総務教育常任委員会委員長趣旨説明を求めます。  田中委員長。 ○総務教育常任委員長(田中 精一君)       ───────────────────────────────  発委第6号           地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について  地方自治法第109条第6項及び会議規則第14条第3項の規定により、上記の議案を提出します。    令和2年6月30日提出                               北栄町議会総務教育常任委員会                                  委員長 田 中 精 一 理由  地方財政の安定と予算の確保を図るため。       ───────────────────────────────  ──2ページを御覧ください。       ───────────────────────────────              地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体には、医療・介護など社会保障への対応、子育て支援策の充実、地域交通の維持・確保など、より多く、またより複雑化した行政需要への対応が求められている。しかし、現実に公的サービスを担う人材不足は深刻化しており、疲弊する職場実態にある中、新型コロナウイルス感染症対策や近年多発している大規模災害、そのための防災・減災事業の実施など、緊急な対応を要する課題にも直面している。  こうした地方の財源対応について、政府はいわゆる「骨太方針2018」で、令和3年度の地方財政計画まで、平成30年度の地方財政計画の水準を下回らないよう、実質的に同水準を確保するとしている。実際に令和2年度地方財政計画一般財源総額は63兆4,318億円、前年比+1.0%と、過去最高の水準となった。しかし、人口減少・超高齢化にともなう社会保障費関連をはじめとする地方の財政需要に対応するためには、さらなる地方財政の充実・強化が求められている。  このため、令和3年度の政府予算地方財政の検討にあたっては、歳入・歳出を的確に見積もり、地方財政の確立をめざすよう、政府に以下の事項の実現を求める。                      記  1.社会保障感染症対策、防災、環境対策地域交通対策人口減少対策など、増大する地方自治体財政需要を的確に把握し、これに見合う地方一般財源総額の確保を図ること。  2.とりわけ、子育て、地域医療の確保、介護や児童虐待防止生活困窮者自立支援など、急増する社会保障ニーズへの対応と人材を確保するための社会保障予算の確保および地方財政措置を的確に行うこと。  3.新型コロナウイルス対策として、新たに政府が予算化した「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」や「新型コロナウイルス感染症緊急包括支援交付金」については、令和2年度の補正予算にとどまらず、感染状況自治体における財政需要を把握しつつ、令和3年度予算においても、国の責任において十分な財源を確保すること。  4.「まち・ひと・しごと創生事業費」として確保されている1兆円について、引き続き同規模の財源確保を図ること。  5.令和2年度から始まった会計年度任用職員制度における当該職員処遇改善に向けて、引き続き所要額の調査を行うなどして、その財源確保を図ること。  6.森林環境譲与税譲与基準については、地方団体と協議を行い、林業需要を考慮した自治体への譲与額に見直すこと。  7.地域間の財源偏在性の是正に向けては、所得税消費税を対象に国税から地方税への税源移譲を行うなど、抜本的な改善を行うこと。  また、各種税制の廃止、減税を検討する際には、自治体財政に与える影響を十分検証した上で、代替財源の確保をはじめ、財政運営に支障が生じることがないよう対応を図ること。  8.地方交付税財源保障機能財政調整機能の強化を図り、市町村合併算定特例の終了への対応、小規模自治体に配慮した段階補正の強化など対策を講じること。  9.依然として4兆5,000億円強と前年度を超える規模の財源不足があることから、地方交付税の法定率を引き上げ、臨時財政対策債に頼らない地方財政を確立すること。  以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出する。    令和2年6月30日                                  鳥取県東伯郡北栄町議会 提出先  内閣総理大臣 内閣官房長官 総務大臣 財務大臣 経済産業大臣  内閣府特命担当大臣地方創生規制改革担当)  内閣府特命担当大臣経済財政政策担当)       ───────────────────────────────  以上でございます。  続きまして、4ページでございます。       ───────────────────────────────  発委第7号          検察官定年延長に係る閣議決定の撤回を求める意見書の提出について  地方自治法第109条第6項及び会議規則第14条第3項の規定により、上記の議案を提出します。    令和2年6月30日提出                               北栄町議会総務教育常任委員会                                  委員長 田 中 精 一 理由  閣議決定の撤回を内閣に求めることが必要である。       ───────────────────────────────
     ──5ページでございます。       ───────────────────────────────          検察官定年延長に係る閣議決定の撤回を求める意見書  東京高検検事長黒川弘務氏は、令和2年2月8日、定年の63歳で退官の予定だったが、直前の1月31日、その定年を8月7日まで延長する閣議決定が行われた。検察庁法によれば、検察官の定年は検事総長が65歳、その他の検察官は63歳とされており(同法22条)、定年延長を可能とする規定はない。したがって、本来、検察官定年延長には検察庁法を改正するほかはない。しかし内閣は、同法改正の手続きを経ずに、閣議決定のみで、同氏の定年延長を決定した。  この閣議決定による同氏の定年延長は、検察庁法に基づかないものであり、上位法下位法に優越するという、法律の原則に従えば無効であることは明らかである。  検察庁法は、国家公務員法一般法とすれば、特別法の関係にある。「特別法一般法に優先する」ので、検察庁法に規定がないものについては国家公務員法が適用されるが、検察庁法に規定があるものについては同法が優先適用される。昭和56年4月28日、衆議院内閣委員会において、人事院は、「検察官には国家公務員法定年延長規定は適用されない」旨明言しており、これが公定の解釈として定着してきた。  検察官は、ときに、国民を取り調べ、国民の権利を制約する、強大な権限を持っている。検察官の職務の特殊性や重大性から、国家公務員法とは別に、検察庁法という特別法を制定している。行政権の長が、国会の権能である法律改正を経ずに、勝手に法令変更を行ったに等しく、三権分立の破壊もはなはだしい。  そもそも、解釈変更という重大な事を、口頭で決裁するなど、公職に貫かれる文書主義に反する暴挙で、公文書管理法にも反する。  以上のとおり、本閣議決定は、そもそも検察庁法立法時の制度趣旨に反し、これを国会の議決も経ずに内閣の一存で変更した点問題があるので、これを撤回されるよう、本議会として強く要請する。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。    令和2年6月30日                                  鳥取県東伯郡北栄町議会 提出先  内閣総理大臣 法務大臣 衆議院議長 参議院議長       ───────────────────────────────  以上でございます。  引き続きまして、6ページでございます。       ───────────────────────────────  発委第8号          教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書の提出について  地方自治法第109条第6項及び会議規則第14条第3項の規定により、上記の議案を提出します。    令和2年6月30日提出                               北栄町議会総務教育常任委員会                                  委員長 田 中 精 一 理由  国の施策として定数改善に向けた財源保障をし、子どもたちが全国どこに住んでいても、一定水準の教育を受けられることが重要である。       ───────────────────────────────  ──7ページを御覧ください。       ───────────────────────────────        教職員定数の改善及び義務教育費国庫負担制度拡充に係る意見書  新型コロナウイルス感染症対策として3月には全国で一斉臨時休業が行われた。また、4月以降も、再開する学校、休業が延長された学校、再休業に入る学校などがあり、学校現場では学びの保障や心のケア、感染症対策など教職員が不断の努力を続けている。  学校現場では、新学習指導要領への対応だけでなく、貧困・いじめ・不登校など解決すべき課題が山積しており、子どもたちのゆたかな学びを実現するための教材研究授業準備の時間を十分に確保することが困難な状況となっている。ゆたかな学びや学校の働き方改革を実現するためには、加配措置ではなく抜本的な定数改善計画に基づく教職員定数改善が不可欠である。  義務教育費国庫負担制度については、小泉政権下の「三位一体改革」の中で国庫負担率が2分の1から3分の1に引き下げられた。厳しい財政状況の中、独自財源により人的措置等を行っている自治体もあるが、自治体間の教育格差が生じることは大きな問題である。国の施策として定数改善にむけた財源保障をし、子どもたちが全国のどこに住んでいても、一定水準の教育を受けられることが憲法上の要請である。ゆたかな子どもの学びを保障するための条件整備は不可欠である。  よって、国会及び政府におかれては、地方教育行政の実情を十分に認識され、地方自治体が計画的に教育行政を進めることができるように、下記の措置を講じられるよう強く要請する。                      記 1 計画的な教職員定数改善を推進すること。 2 教育の機会均等と水準の維持向上をはかるため、義務教育費国庫負担制度負担割合を2分の1に復元すること。  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。    令和2年6月30日                                  鳥取県東伯郡北栄町議会 提出先  内閣総理大臣 総務大臣 財務大臣 文部科学大臣 衆議院議長  参議院議長       ───────────────────────────────  以上でございます。 ○議長(前田 栄治君) 説明が終わりましたので、発委第6号に対する質疑を許します。                    〔質疑なし〕 ○議長(前田 栄治君) 質疑がありませんので、本案に対する質疑を終わります。  次に、発委第7号に対する質疑を許します。                    〔質疑なし〕 ○議長(前田 栄治君) 質疑がありませんので、本案に対する質疑を終わります。  次に、発委第8号に対する質疑を許します。                    〔質疑なし〕 ○議長(前田 栄治君) 質疑がありませんので、本案に対する質疑を終わります。  委員長は自席にお戻りください。  これより発委第6号に対する討論に入ります。                    〔討論なし〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。  これより発委第7号に対する討論に入ります。                    〔討論なし〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。  これより発委第8号に対する討論に入ります。                    〔討論なし〕 ○議長(前田 栄治君) 討論がありませんので、採決を行います。  本案は、原案のとおり決するに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、本案は、原案のとおり可決されました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第12 議員派遣の件 ○議長(前田 栄治君) 日程第12、議員派遣の件を議題とします。  お諮りします。本件については、皆さんのお手元に配付しているとおり、議員派遣したいと思います。これに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、議員派遣することに決定しました。       ─────────────・───・───────────── ◎日程第13 閉会中の継続調査申出について ○議長(前田 栄治君) 日程第13、閉会中の継続調査申出についてを議題とします。  お手元に配付しているとおり、総務教育民生経済、広報広聴の各常任委員会議会運営委員会、道の駅整備に関する調査特別委員会、北条川放水路に関する調査特別委員会のそれぞれの委員長から閉会中の継続調査の申出がありました。  お諮りします。各委員長からの申出のとおり、閉会中において継続調査とすることに御異議ございませんか。                〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(前田 栄治君) 御異議なしと認めます。よって、閉会中の継続調査とすることに決定しました。       ─────────────・───・───────────── ○議長(前田 栄治君) 以上をもって本定例会に付議された案件の審議は全て終了しました。  これにて令和2年第5回北栄町議会定例会を閉会します。お疲れさまでした。                 午前9時22分閉会       ───────────────────────────────    上記会議の経過を記載して、その相違ないことを証するため、ここに署名する。                 北栄町議会議長
                    署 名 議 員                 署 名 議 員...