岩美町議会 > 2020-09-16 >
09月16日-02号

ツイート シェア
  1. 岩美町議会 2020-09-16
    09月16日-02号


    取得元: 岩美町議会公式サイト
    最終取得日: 2021-02-06
    令和 2年 9月定例会         令和2年第5回岩美町議会定例会会議録(第2号) 令和2年9月16日(水曜日)            出  席  議  員(12名) 1番 橋本  恒君     2番 升井 祐子君     3番 森田 洋子君 4番 吉田 保雄君     5番 寺垣 智章君     6番 杉村  宏君 7番 宮本 純一君     8番 川口 耕司君     9番 澤  治樹君 10番 田中 克美君     11番 柳  正敏君     12番 足立 義明君            ~~~~~~~~~~~~~~~            欠   席  議  員( 0 名)            ~~~~~~~~~~~~~~~            説 明 の た め 出 席 し た 者 町長      西 垣  英 彦君    副町長     長 戸    清君 病院事業管理者 小 谷  訓 男君    教育長     寺 西  健 一君 総務課長    村 島  一 美君    企画財政課長  大 西  正 彦君 税務課長    杉 本  征 訓君    商工観光課長  澤    敬 美君 福祉課長    濱 野    晃君    健康長寿課長  居 組  栄 治君 住民生活課長  松 本  邦 裕君    産業建設課長  飯 野  健 治君 環境水道課長  沖 島  祐 一君    教育委員会次長 出 井  康 恵君 岩美病院事務長 前 田  一 朗君            ~~~~~~~~~~~~~~~            事 務 局 職 員 出 席 者 事務局長    鈴 木  浩 次君    書記      中 島  理 惠君            ~~~~~~~~~~~~~~~            議  事  日  程 (第 2 号)                    令和2年9月16日(水)午前10時開議 第1 議案第72号 鳥取県東部広域行政管理組合規約の一部を変更する協議について 第2 議案第73号 令和2年度岩美町一般会計補正予算(第5号) 第3 議案第74号 令和2年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第3号) 第4 議案第75号 令和2年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号) 第5 議案第76号 令和2年度岩美町病院事業会計補正予算(第2号)            ~~~~~~~~~~~~~~~            本 日 の 会 議 に 付 し た 事 件 日程第1から日程第5まで            ~~~~~~~~~~~~~~~            午前10時0分 開議 ○議長(足立義明君) ただいまの出席議員は12名です。定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。            ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第1 議案第72号 鳥取県東部広域行政管理組合規約の一部を変更する協議について ○議長(足立義明君) 日程第1、議案第72号 鳥取県東部広域行政管理組合規約の一部を変更する協議についての件を議題とします。 提出者に提案理由の説明を求めます。 町長。 ◎町長(西垣英彦君) おはようございます。 議員の皆様には、ご多忙のところ第5回岩美町議会定例会にご出席をいただき、提出議案のご審議を賜りますことに深く感謝を申し上げます。 それでは、提出いたしました議案につきましてご説明申し上げますが、議案の詳細につきましては担当課長に説明させますので、よろしくお願いいたします。 議案第72号 鳥取県東部広域行政管理組合規約の一部を変更する協議につきましてご説明申し上げます。 鳥取県東部広域行政管理組合共同処理事務のうち、令和4年8月の可燃物処理施設供用開始に伴い、同組合の規約を一部変更する必要があるため、当該変更に関する協議をすることについて議決をお願いするものでございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) 環境水道課長。 ◎環境水道課長(沖島祐一君) おはようございます。 それでは、議案第72号 鳥取県東部広域行政管理組合規約の一部を変更する協議につきまして、補足してご説明申し上げます。 議案書の1ページから3ページでございます。 鳥取県東部広域行政管理組合では、可燃物処理場の建設につきまして、令和4年8月の供用開始を目指して工事を進めているところでございます。 現在、同組合の規約では、可燃物処理施設の建設に関する事務につきましては規定されておりますが、管理運営に関する事務につきましては規定されていないことから、同組合の規約を一部変更する必要があるため、当該変更に関する協議をすることにつきまして、本議会の議決をお願いするものでございます。 説明のほうは、議案説明資料によりご説明申し上げますので、説明資料の1ページをお開き願います。 鳥取県東部広域行政管理組合規約新旧対照表でございます。右に改正前、左に改正後をお示ししてございます。アンダーライン部分の改正をお願いするものでございます。 別表第2(第3条関係)は共同処理する事務の表でございます。改正前「可燃物処理施設の建設に関する事務」を、改正後「可燃物処理施設を設置し、その管理運営に関する事務」に改正をお願いするものでございます。 議案書に返っていただきまして、3ページをお願いします。 変更の内容は、説明資料でご説明しましたので、省略いたします。 附則でございます。 第1項、この規約は、鳥取県知事の許可のあった日から施行するものでございます。 第2項、この規約の施行の際、現に組織市町が設置している可燃物処理施設については、別表第2に規定する可燃物処理施設に含まないものとするものでございます。 以上、簡単でございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 質疑なしと認めます。 これをもって質疑を終結します。 これより討論に入ります。 討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 討論なしと認めます。 これをもって討論を終結します。 これより採決します。 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第2 議案第73号 令和2年度岩美町一般会計補正予算(第5号) ○議長(足立義明君) 日程第2、議案第73号 令和2年度岩美町一般会計補正予算(第5号)の件を議題とします。 提出者に提案理由の説明を求めます。 町長。 ◎町長(西垣英彦君) 議案第73号 令和2年度岩美町一般会計補正予算(第5号)につきましてご説明申し上げます。 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ1億5,050万3,000円の追加をお願いするものでございます。 補正措置をいたしました概要を申し上げますと、新型コロナウイルス感染症への対応経費といたしまして、新型コロナウイルス季節性インフルエンザの同時流行を防ぐため、1歳以上の町民を対象とした無料のインフルエンザ予防接種を実施する経費、また受診控え等により収入が減少している町内医療機関に対して、医療の継続を支援する経費などでございます。 その他の経費といたしまして、広域的、幹線的な民間バス路線の運行維持を支援する経費、本年4月の豪雨により被災いたしました公共土木施設及び農地農業用施設災害復旧事業費などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) 企画財政課長。 ◎企画財政課長(大西正彦君) それでは、議案第73号 令和2年度岩美町一般会計補正予算(第5号)につきまして、補足してご説明申し上げます。 議案書の5ページをお開き願います。 議案の第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ1億5,050万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を81億1,076万5,000円にお願いするものでございます。 なお、説明資料の3ページから9ページにかけて歳入歳出予算構成表、寄附金明細書、投資的事業の明細を提出させていただいておりますので、後ほどご覧いただきたいと存じます。 それでは、補正の内容につきまして、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、説明書一般会計の6ページをお開き願います。 歳出からご説明申し上げます。 1款議会費、1項1目議会費203万4,000円の減でございます。説明欄1つ目の議会運営費及び事務局費190万3,000円の減と2つ目の研修等負担金13万1,000円の減は、新型コロナウイルス感染症により、当初予定しておりました研修や全国大会等が中止となりましたので、これらに係る旅費と研修参加負担金の精算をお願いするものでございます。 なお、このたびの補正予算におきまして、同様の理由により各種研修、大会への参加旅費と負担金、イベント開催に係る補助金等の経費、海水浴場開設に係る経費等につきまして、総額2,550万7,000円の減額補正予算をお願いしておりますので、以下各款での説明を省略させていただきます。 7ページ、2款総務費、1項5目財産管理費121万9,000円の増は、公共施設等感染症対策事業費でございまして、役場庁舎等における感染防止対策として窓口カウンター等に飛沫防止用のパーティションを設置する経費をお願いしております。 6目企画費853万3,000円の増でございます。説明欄1つ目の非接触型納付システム構築事業費404万8,000円の増は、町税、後期高齢者医療保険料、介護保険料及び上下水道使用料について、窓口での現金納付による接触リスクを避けるとともに、納付に係る利便性を高めるため、スマートフォンによるオンライン決済等に対応したシステムを構築する経費をお願いしております。その下、ケーブルテレビ機器更新事業費55万円の減は、役場敷地内にございますケーブルテレビ岩美局の通信機器の更新経費でございまして、事業の完了に伴う減額でございます。その下、情報通信施設管理運営事業費771万2,000円の増は、家庭内へケーブルテレビ線を引き込む機器の更新件数の増加とインターネット接続件数の増加及び県道拡幅工事に係るケーブルテレビ線の移設が必要になったことに伴い、これらに係る工事請負費の増額をお願いしております。下から2つ目、住宅用太陽光発電等導入促進事業費補助金92万1,000円の増は、住宅の新築等により太陽光発電等の補助申請件数が増えたことに伴いまして、補助金の増額をお願いするものでございます。 はぐっていただきまして、8ページ。 12目諸費3,090万5,000円の増でございます。1つ目の地域公共交通(路線バス)確保対策事業費1,700万円の増は、感染症拡大に伴う乗車人員の減少等による大幅な減収等事業運営に影響を受けている民間路線バス運行事業者に対し、路線バスの運行維持を目的とした支援金の交付をお願いするものでございます。その下、地方バス路線維持費補助金1,390万5,000円の増は、令和元年10月から令和2年9月までに係る民間路線バスの運行経費に対する補助でございまして、岩井線3系統につきまして町の補助金をお願いするものでございます。 3項1目戸籍住民基本台帳費1,080万4,000円の増でございます。1つ目のコンビニ交付サービス導入事業費338万4,000円の増は、住民票、印鑑登録証明書所得課税証明書等の窓口での発行による接触リスクを避けるとともに、発行に係る利便性を高めるため、個人番号カードを利用して全国のコンビニエンスストア等で自動交付を行える方法を導入するものでございまして、導入に必要となるシステム改修費と事務費をお願いしております。その下、住民基本台帳事務費742万円の増は、デジタル手続法による関係法令の改正に伴い、行政手続のオンライン化等を進める一つとして、国外転出者によるマイナンバーカードの利用等への対応として、住民基本台帳システム等の改修費をお願いしております。 はぐっていただきまして、10ページ。 3款民生費、1項1目社会福祉総務費50万3,000円の減でございます。2つ目の行旅死亡人取扱費12万3,000円の増は、対象となる事案が1件ございましたので、今後の対応分として葬祭費等の1件分の追加をお願いしております。その3つ下、国民健康保険特別会計繰出金13万円の増は、感染症に伴う国民健康保険税の減免につきまして、国の減免制度の対象にならない専従者給与を受けている世帯に対する町の独自減免相当額について、当該特別会計に対する繰出金をお願いしております。 2目老人福祉費100万円の増は、介護サービス提供事業所協力金でございまして、家族の感染などにより濃厚接触者となった要介護者が必要な介護サービスを受けられるようサービスを提供した事業所へ1件20万円の協力金をお願いするものでございます。 11ページ、2項2目児童措置費6,000円の減でございます。説明欄2つ目の障害児通所給付費等12万4,000円の増は、障がいのある児童とその保護者を対象とした外来療育等指導事業について、1件の新規利用に伴う町負担の追加をお願いしております。 はぐっていただきまして、12ページ。 4款衛生費、1項1目保健衛生総務費500万円の増は、地域医療確保対策事業費でございまして、感染拡大等に伴う受診控え等の影響を受けている町内医療機関に対し、医療提供の継続を目的として、1医療機関につき100万円の支援金をお願いするものでございます。 2目予防費2,333万5,000円の増は、インフルエンザ予防接種特別対策事業費でございまして、インフルエンザへの感染を抑え、新型コロナウイルス感染症との同時流行による発熱外来での混乱リスクを下げるため、満1歳以上の全町民に係るインフルエンザ予防接種費の無料化と接種券の配布に係る経費をお願いしております。 2項2目塵芥処理費32万9,000円の増は、ごみ処理清掃事業費でございまして、各集落に設置されているごみ集積場施設の更新に係る補助金として、5集落分の追加をお願いしております。 13ページ、3項1目病院事業費3,645万2,000円の増は、病院事業会計繰出金でございまして、岩美病院における新型コロナウイルス感染症患者の受入れ体制の整備として、スタッフの増員や医療機器の導入等の経費と、病院の感染防止等に必要となる施設整備等の経費について繰出金の措置をお願いしております。 はぐっていただきまして、14ページ。 5款農林水産業費、1項3目農業振興費178万3,000円の減でございます。2つ目の農業用機械等整備支援事業費144万4,000円の減は、集落営農組織と認定農業者への農業用機械、施設整備補助金でございまして、当初予算措置をいただきました補助金のうち2事業につきまして、国の審査において採択とならなかったことに伴う減額と、県補助金が追加配分となったことに伴い、5事業に対する補助金の増額をお願いしております。 2項2目林業振興費699万4,000円の増は、私有造林補助事業費でございまして、地元所有者の承諾が得られた私有造林につきまして、間伐、搬出及び作業道の整備に係る補助金の追加をお願いしております。 はぐっていただきまして、16ページ。 6款商工費、1項3目観光費675万8,000円の減でございます。一番下の広域観光連携事業費26万8,000円の増は、体験観光等の受入れ体制の整備として、DMO麒麟のまち観光局が新たな販売戦略を立てて取り組む観光メニューの開発等に係る経費への負担金をお願いしております。 17ページ、7款土木費、2項1目道路橋りょう総務費2,582万8,000円の増は、道の駅感染症対策事業費でございまして、道の駅きなんせ岩美における感染症対策として、建物内の換気機能を高めるため、空調及び換気設備を改修するための経費をお願いしております。 2目道路維持費4万9,000円の増は、除雪機械運転手育成支援事業費でございまして、町内事業所における免許取得者1名の増により、取得に係る補助金の増額をお願いしております。 はぐっていただきまして、18ページ。 8款消防費、1項2目非常備消防費40万9,000円の減でございます。1つ目の消防団員退職報償金28万3,000円の増は、消防団員1名の退職による増額をお願いしております。 3目消防施設費172万8,000円の増は、消防施設維持管理費でございまして、消火栓の漏水等により修繕が必要な消防施設が増えたことに伴い、修繕に係る経費の増額をお願いしております。 19ページ、9款教育費、1項2目事務局費11万2,000円の増でございます。1つ目の学習支援事業費31万4,000円の増は、中学生の学習支援事業いわみ未来塾につきまして、見込みを上回る生徒の参加がありましたので、その対応として学習支援員を増員する経費をお願いしております。 はぐっていただきまして、20ページ。 2項1目学校管理費、説明欄の小学校ICT活用教育推進事業費142万6,000円の増と、次の3項1目学校管理費、説明欄の中学校ICT活用教育推進事業費47万6,000円の増は、小・中学校における児童・生徒用タブレット端末の整備に合わせ、ICTを活用した学校教育を充実するため、ICT機器の効果的な活用の指導や助言等を行う専門の支援員を配置する経費をお願いしております。 21ページ、4項2目公民館費365万1,000円の減でございます。一番下の小田地区基幹集落センター手すり等整備事業費3万3,000円の減は、事業の完了に伴う減額でございます。 3目図書館費30万円の増は、図書館管理運営費でございまして、町内の方から町立図書館にご寄附をいただきましたので、図書購入費の増額をお願いするものでございます。 はぐっていただきまして、22ページ。 5項3目学校給食施設費69万8,000円の増は、学校給食共同調理場運営費でございまして、回転釜1台の故障に伴う更新経費等をお願いしております。 23ページ、10款災害復旧費、1項1目公共土木施設災害復旧費768万1,000円の増は、令和2年災公共土木施設災害復旧事業費でございまして、4月12日から13日の豪雨により被災した岩井地内の河川1か所の復旧経費をお願いしております。 また、次の2項1目農地農業用施設災害復旧費、説明欄の令和2年災農地農業用施設災害復旧事業費989万円の増につきましても、同日の豪雨により被災した蒲生地内の農地1か所と外邑地内の農地と用水路、それぞれ1か所の復旧経費をお願いしております。 次に、3ページに返っていただきまして、歳入でございます。 16款国県支出金以下につきましては、それぞれ歳出で説明いたしました事業の特定財源でございますので、説明を省略させていただきますが、はぐっていただきまして、4ページ、一番下の21款繰越金、1項1目繰越金につきましては、今回の補正に係る一般財源でございまして、前年度繰越金から1,841万9,000円をお願いしております。補正後の留保額は547万8,000円でございます。 5ページ、23款町債、1項7目臨時財政対策債117万5,000円の増は、借入限度額の決定に伴い増額をお願いするものでございます。 議案に返っていただきまして、5ページをお願いいたします。 第2条、地方債の補正でございます。地方債の追加及び変更は、第2表地方債補正によるということで、2枚はぐっていただき、9ページをお願いいたします。 1、追加としまして、令和2年災公共土木施設災害復旧事業ほか1件の事業につきまして、表に記した条件で起債借入れの追加をお願いするものでございます。 2、変更としまして、ケーブルテレビ機器更新事業ほか2件の事業につきまして、表のとおり起債限度額の変更をお願いしております。 以上で一般会計補正予算の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。 6番杉村議員。 ◆6番(杉村宏君) 2件お伺いいたします。 説明書の4ページ、一般寄附金39万8,000円ですけれども、支出のところで30万円の図書館費ということで、図書の購入額ということの説明がありましたけれども、大変ありがたいことでございます。町民の方かどうかぐらい、公表していい範囲内でこの39万8,000円の内訳がいただければなと思います。 それから、8ページですけれども、総務管理費、諸費の説明欄に2件ございます。2件目の地方バス路線維持費補助金と最初のほうの地域公共交通(路線バス)確保対策事業費それぞれの金額のうちの岩井快速便の系統に関する額を教えていただきますようにお願いいたします。 ○議長(足立義明君) どっちが答える。 教育委員会次長。 ◎教育委員会次長(出井康恵君) まず初めに、寄附金の39万8,000円のうちの30万円でございますが、こちらは町内にお住まいの方から図書の購入費として寄贈をいただいたものでございます。
    ○議長(足立義明君) 産業建設課長。 ◎産業建設課長(飯野健治君) 一般寄附金の残り9万8,000円につきましては、令和2年災の農業用施設災害復旧事業費ということで一般寄附金ということで受益者から頂くものでございます。 ○議長(足立義明君) 企画財政課長。 ◎企画財政課長(大西正彦君) ご質問にお答えします。 地域公共交通(路線バス)確保対策事業費1,700万円のうち岩井快速便が幾らかというご質問です。 この確保対策事業費1,700万円につきましては、毎年お願いしております地方バス路線維持費補助金、これの令和2年度分の見込額から前年度の実績を引いた部分を100万円単位でお願いをしておりますので、正確に岩井快速便が幾らであるというふうに円単位までは出せませんが、岩井快速便だけで令和元年度と令和2年度の見込みを比較しましたところ、88万7,583円の増となる見込みでございまして、その部分がこの確保対策事業費に入ってくるという考えでございます。 それと、その下の地方バス路線維持費補助金につきましては、前年度実績並みで計上しております。ただ、先ほどの確保対策事業費を100万円単位にしておりますので、前年の実績ぴったりにはなっておりませんけど、このうち岩井快速便の令和元年度の実績を申し上げますと、213万3,055円でありました。 以上でございます。 ○議長(足立義明君) よろしいでしょうか。            (6番杉村 宏君「はい」と呼ぶ) ほかに質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) ないようですので、これをもって質疑を終結します。 これより討論に入ります。 討論はありませんか。 6番杉村議員。 ◆6番(杉村宏君) この補正案に対しては、今ご説明をいただいたバスに関する2つの事業費なり補助金の中に岩井快速便の分が88万円、213万円含まれておるというところから、この補正案については反対させていただきます。 理由を申し上げます。 4点ございます。 1点目、まずこの補助を受ける事業者が不誠実であるということでございます。といいますのは、平成30年5月に総務教育常任委員会を開きましたけれども、そのときに5月10日に新聞報道されたこの快速便のことがあったので、その常任委員会で質問したところ、担当課長としては、私も知らなくて、新聞に掲載され驚いたというような説明でございました。つまり、不誠実な内容というのは、公費負担の可能性がありながら、その負担をする岩美町に対して何の説明もしないままマスコミに報道する。あまりにもこれは岩美町が見くびられている内容でございます。 2点目でございますが、岩井快速便の路線は県補助を受けておりますけれども、県補助要綱違反の疑いがございます。県補助要綱を見ますと、県民の生活交通に必要な路線であって、運行継続された系統ということが明記されています。平成30年10月に新設されたこの路線は、新設された系統でございますので、運行継続なされた系統ではございません。したがって、最近の調査でも県民の生活交通に、町民も含めて乗っているという実態がございませんので、この県補助要綱違反の疑いがあるというところが2点目でございます。 3点目ですけれども、この路線に関して、私は常任委員会を通じて1年近くもずっと説明をお願いしておりましたけれども、なかなかなかったものですから、本年3月に本会議の中で説明資料等をお願いし、何ぼか頂きました。それや、それ以降の調査も含めて、町としても6月の地域協議会の前に実態調査をしようと思えばできたものを行わなかった。つまり、調査内容がはっきりすれば、これはさきに申し上げた町民の、県民の生活交通に必要な路線ではないことが明確であるということが分かるにもかかわらず、そのあたりの調査を行わなかった、そのことが3点目でございます。 最後でございますけれども、さきに全員協議会でもお配りしました県文書にもよりますけれども、この岩井快速便の運行目的が兵庫県側住民の鳥取県への交通手段の確保であることは、この事業者の社長の主導であり、鳥取県民の移動の確保のためではないことは明らかでございます。ここで、この予算を認めて、この事業者に対して補助金を支出するということは、これは言い方が悪いかもしれませんけども、──────である、そういうような内容に岩美町議会の判断がなされるということを皆さんしっかりと認識していただきたい、そのように思います。 この4点をもって、私はこの予算案に反対いたします。 ○議長(足立義明君) しばらく休憩します。            午前10時35分 休憩            午前10時40分 再開 ○議長(足立義明君) 所定の出席がありますので、再開します。 休憩前に引き続き議事を続行します。 杉村議員のほうから一部発言の訂正の申出がありましたので、許可したいと思います。 よろしいでしょうか。 杉村議員。 ◆6番(杉村宏君) 先ほどの討論の中で、少し感情的なところもありまして、不適切な表現を行ったと思っております。そこのところを取り消していただいて、内容的には「不適切な運行目的である」というようなことにしていただければと思います。よろしくお願いいたします。            (「──発言は」と呼ぶ者あり) ○議長(足立義明君) 発言は皆さん待ってください。こちらで判断します。 杉村議員、どの部分を訂正されるかということを述べてください。 杉村議員。 ◆6番(杉村宏君) 訂正をお願いしたい部分としては、──────であるということでございます。その部分でございます。 ○議長(足立義明君) よろしいでしょうか。            (「はい」と呼ぶ者あり) ○議長(足立義明君) ほかに討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 討論なしと認めます。 これより採決します。 本案に反対がありますので、起立をもって採決します。 本案に賛成の諸君の起立を求めます。            〔賛成者起立〕 ○議長(足立義明君) 起立多数です。したがって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第3 議案第74号 令和2年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第3号) ○議長(足立義明君) 日程第3、議案第74号 令和2年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の件を議題とします。 提出者に提案理由の説明を求めます。 町長。 ◎町長(西垣英彦君) 議案第74号 令和2年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につきましてご説明申し上げます。 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ84万8,000円の追加をお願いするものでございまして、新型コロナウイルス感染症の影響による国民健康保険税の減免に伴う財源更正、過誤納となりました過年度分保険税の還付に係る経費の追加などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) 住民生活課長。 ◎住民生活課長(松本邦裕君) 議案第74号 令和2年度岩美町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)につきまして、補足してご説明申し上げます。 それでは、議案書の11ページをお願いいたします。 第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ84万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ14億9,158万1,000円にお願いするものでございます。 補正の内容につきましては、補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、国民健康保険特別会計の5ページをお願いいたします。 まず、歳出でございます。 3款国民健康保険事業費納付金、1項1目一般被保険者医療給付費分からそのページの一番下、3項1目介護納付金分につきましては、それぞれ財源更正をお願いするものでございます。 はぐっていただきまして、6ページ。 6款保険事業費、1項1目特定健康診査等事業費5万2,000円の減は、新型コロナウイルスの影響によりメタボリックシンドロームに対する講座などを中止することに伴う減額をお願いするものでございます。 3項1目健康管理費につきましては、予算の増減はございませんが、費目更正をお願いするものでございます。新型コロナウイルスの影響により講演会を中止することに伴う謝金の減額、それに代わる啓発事業として、歯周病や運動に関する啓発パンフレットの購入費等の費用の増額をお願いするものでございます。 その下、7ページ、8款諸支出金、1項1目一般被保険者保険税還付金90万円の増でございます。これは、遡って国民健康保険の資格を喪失された方があり、保険税の還付に不足を生じましたことから、増額補正をお願いするものでございます。 説明書の3ページに戻っていただきまして、歳入でございます。 1款国民健康保険税、1項1目一般被保険者国民健康保険税1,921万4,000円の減につきましては、新型コロナウイルス感染症の影響による保険税減免措置に伴う保険税の減額等と、本年度国民健康保険税算定時に保険税軽減財源として国民健康保険積立基金を1,000万円充当することに伴う減額補正をするものでございます。 3款国庫支出金、1項1目災害等臨時特例補助金541万9,000円の増と、その下、4款県支出金、1項1目保険給付費等交付金361万3,000円の増は、それぞれ新型コロナウイルス感染症の影響による保険税の減免措置相当額に対する補助金等を受け入れるものでございます。 7款繰入金、1項1目一般会計繰入金13万円の増は、新型コロナウイルスに係る町独自の保険税の減免に対する繰入金を増額補正するものでございます。 はぐっていただきまして、4ページ。 2項1目国民健康保険積立基金繰入金1,090万円の増は、本年度国民健康保険税算定時に保険税軽減財源として1,000万円の追加繰入れを、また一般被保険者保険税還付金の財源として90万円を積立基金から取り崩させていただくものでございます。 なお、令和2年度末の基金残額は、約1億9,800万円余りと見込んでおります。 以上、簡単ではございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 質疑なしと認めます。 これをもって質疑を終結します。 これより討論に入ります。 討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 討論なしと認めます。 これをもって討論を終結します。 これより採決します。 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第4 議案第75号 令和2年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号) ○議長(足立義明君) 日程第4、議案第75号 令和2年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)の件を議題とします。 提出者に提案理由の説明を求めます。 町長。 ◎町長(西垣英彦君) 議案第75号 令和2年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきましてご説明申し上げます。 今回の補正予算は、これまでにご承認をいただいております予算の総額に歳入歳出それぞれ5,776万2,000円の追加をお願いするものでございまして、新型コロナウイルス感染症の影響による介護保険料の減免に伴う財源更正、前年度繰越金の基金への積立て及び過年度の事業費が確定したことに伴う国、県等への返還金などでございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) 健康長寿課長。 ◎健康長寿課長(居組栄治君) 議案第75号 令和2年度岩美町介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、補足してご説明申し上げます。 議案書の15ページをお願いします。 第1条、歳入歳出予算の補正でございます。既定の予算の総額に歳入歳出それぞれ5,776万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ18億1,786万6,000円にお願いするものでございます。 補正の内容につきましては、別にお配りしております補正予算に関する説明書でご説明いたしますので、介護保険特別会計の4ページをお願いいたします。 歳出からご説明申し上げます。 2款保険給付費、1項1目介護サービス等諸費でございます。国の新型コロナウイルス感染症緊急経済対策において、感染症の影響により一定程度収入が下がった方々に対しまして、保険料の免除等を行うとされたことを踏まえて行っております介護保険料の減免分に対する国の財政支援による財源更正をお願いいたしております。 その下、5ページをお願いします。 3款地域支援事業費、2項1目一般介護予防事業費8万5,000円の減は、2月に実施いたしました介護予防日常生活圏域ニーズ調査の返送用郵券代の実績によります減でございます。 3項2目任意事業費14万円の減は、新型コロナウイルス感染症対策のため、介護相談員の活動を見合わせたことによります謝礼の減でございます。 5項1目高額介護予防サービス費22万5,000円の増は、総合事業に係る高額介護予防サービス費の実績見込みによります増額をお願いしております。 めくっていただきまして、6ページをお願いします。 4款基金積立金、1項1目介護給付費準備基金積立金2,530万3,000円の増は、令和元年度決算に伴う実質的な剰余金を介護給付費準備基金に積み立てようとするものでございます。 その下、7ページ、5款諸支出金、1項1目第1号被保険者保険料還付金28万2,000円の増でございます。新型コロナウイルス感染症対策として行っている介護保険料の減免に係る令和元年度分の還付金をお願いするものでございます。 2目償還金3,217万7,000円の増は、令和元年度に概算交付を受けておりました介護給付費負担金等につきまして、決算に伴って受入れ超過となりました支払基金、国、県への返還金をお願いするものでございます。 次に、ページを返っていただきまして、3ページをお願いします。 歳入でございます。 1款保険料、1項1目第1号被保険者保険料134万8,000円の減は、新型コロナウイルス感染症対策として行っている介護保険料の減免によります減でございます。 3款国庫支出金、2項1目調整交付金65万2,000円の増は、新型コロナウイルス感染症対策で行っている介護保険料の減免に対する国の財政支援でございまして、減免額の4割が交付されるものでございます。 5目介護保険事業費補助金97万8,000円の増は、同じく介護保険料の減免に対する国の財政支援でございまして、減免額の6割が交付されるものでございます。 4款支払基金交付金、1項1目介護給付費交付金105万円の増は、令和元年度に概算交付を受けました介護給付費負担金につきまして、決算に伴って発生した不足分を受け入れるものでございます。 8款繰越金、1項1目繰越金5,643万円の増は、令和元年度決算に伴う剰余金を繰り越すもので、歳出でご説明いたしました介護給付費準備基金積立金及び償還金の財源に充てるものでございます。 以上、簡単ではございますが、介護保険特別会計補正予算(第1号)の補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 質疑なしと認めます。 これをもって質疑を終結します。 これより討論に入ります。 討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 討論なしと認めます。 これをもって討論を終結します。 これより採決します。 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。            ~~~~~~~~~~~~~~~ △日程第5 議案第76号 令和2年度岩美町病院事業会計補正予算(第2号) ○議長(足立義明君) 日程第5、議案第76号 令和2年度岩美町病院事業会計補正予算(第2号)の件を議題とします。 提出者に提案理由の説明を求めます。 町長。 ◎町長(西垣英彦君) 議案第76号 令和2年度岩美町病院事業会計補正予算(第2号)につきましてご説明申し上げます。 今回の補正予算は、収益的収支予算におきましては、収入支出それぞれ5,620万6,000円を追加するものでございまして、新型コロナウイルス感染症患者の受入れ等に対応した医療体制を整備するための経費及び国から医療従事者に対する慰労金を受け、職員等に給付するための経費などでございます。また、資本的収支予算におきましては、収入は3,770万4,000円を、支出は3,775万6,000円をそれぞれ追加するものでございまして、新型コロナウイルスの感染拡大防止に対応した医療機器等を整備するための経費でございます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) 岩美病院事務長。 ◎岩美病院事務長(前田一朗君) それでは、議案第76号 令和2年度岩美町病院事業会計補正予算(第2号)につきまして、補足してご説明申し上げます。 議案書の19ページをお願いいたします。 このたびの補正予算は、岩美病院が発熱などの外来患者や新型コロナウイルス感染症入院患者の受入れ対応をするに当たり、引き続き病院内での感染防止対策及び専用の医療提供体制の構築を図るための職員の確保、物品の購入などに係る経費及び財源の増額などにつきまして、それぞれ収益的及び資本的の科目で補正をお願いしております。 支出の財源につきましては、収益的及び資本的の収入のどちらも県補助金と一般会計からの繰入金でございます。一般会計からの繰入金は、院内感染防止、医療体制整備等に要する経費として繰り入れていただくものでございまして、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金をもって措置していただくものでございます。また、本年度新たに設けられました新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金に係る収入と支出の追加をお願いしております。 まず、第2条、業務の予定量の補正でございます。予算第2条、主要な建設改良事業のうち、医療機械器具等購入事業5,091万4,000円を8,867万円に改めることをお願いしております。 予算第3条、収益的収入及び支出の補正でございます。1款病院事業の収益的収入及び支出の既決予定額をそれぞれ5,620万6,000円増額し、補正後の予定額を21億9,037万6,000円にお願いしております。 めくっていただきまして、20ページをお願いいたします。 予算第4条、資本的収入及び支出の補正でございます。1款資本的収入は補正予定額3,770万4,000円を増額し、補正後の予定額を2億751万6,000円に、1款資本的支出は補正予定額3,775万6,000円を増額し、補正後の予定額を3億3,224万6,000円にお願いしております。これら補正の結果、予算第4条本文中の資本的収支の不足額を補填する過年度分損益勘定留保資金につきまして、1億2,473万円に改めることをお願いしております。 補正の内容につきましては、別冊の補正予算に関する説明書でご説明申し上げます。 説明書、病院事業会計の2ページをお願いいたします。 まず、収益的支出でございます。 1款病院事業費用、1項1目給与費856万9,000円の増は、入院患者受入れ対応の看護師などの増員に係る報酬等及び防疫手当等の追加でございます。 3目経費593万7,000円の増は、個人用防護具、入院病室に設置する冷蔵庫等電化製品、洗浄便座、また医師事務作業補助派遣職員の受入れに要する委託料などの追加をお願いしております。 4項1目その他特別損失4,170万円の増は、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金の給付に係る費用でございます。県から役割を設定されました医療機関で、対象となる期間に勤務し、患者と接する医療従事者等に対し、1人当たり10万円から20万円の慰労金を給付するものでございます。 次に、収入でございます。 戻ってもらって、1ページをお願いいたします。 収益的収入でございます。 1款病院事業収益、4項3目補助金367万1,000円の増でございます。鳥取県地域医療介護総合確保基金事業補助金医師事務作業補助派遣職員受入れ経費に、鳥取県新型コロナウイルス感染症医療体制充実等補助金は個人用防護具及び入院病室の電化製品購入経費などに充当する財源でございます。 4目負担金交付金1,083万5,000円の増は、院内感染防止・医療体制整備等に要する経費として一般会計から繰入れをお願いしておりまして、クリーンパーティション用フィルター病室用洗浄便座などに充当する財源でございます。 5項1目その他の特別利益は、新型コロナウイルス感染症対応従事者慰労金の財源として県から受け入れるものでございます。 次に、資本的収入及び支出でございますが、支出からご説明申し上げます。 2枚めくって、4ページをお願いいたします。 資本的支出でございます。 1款資本的支出、1項1目備品購入費3,775万6,000円の増でございます。医療機械器具等購入費の増額をお願いしております。コロナウイルス等の抗原検査に使用する全自動化学発光酵素免疫測定装置や通信機器を用いました面会体制を確保するためなどの病院内無線LAN設備の整備などの導入をお願いしております。 次に収入でございますが、戻っていただきまして、3ページをお願いいたします。 資本的収入でございます。 1款資本的収入、1項1目建設改良のための企業債1,170万円の減でございます。企業債対象事業の財源の一部を地方創生臨時交付金に組み替えることによる減によるものでございます。 2項2目建設改良事業に対する一般会計出資金2,561万7,000円の増でございます。一般会計からの繰入金としてお願いしておりまして、充当する機器は院内無線LAN設備の整備などでございます。 3項2目県補助金2,378万7,000円の増でございます。新型コロナウイルス感染症医療体制充実等補助金は、抗原検査機器の導入、人工呼吸器の更新などが補助対象でございます。鳥取県地域医療介護総合確保基金事業補助金は、対象事業費の確定による減額でございます。 めくっていただきまして、5ページの予定キャッシュ・フロー計算書、それから次の6ページから13ページまでに給与費明細書を載せておりますが、こちらはご覧いただくといたしまして説明は省略させていただきます。 議案に返っていただきまして、21ページをお願いいたします。 予算第5条、企業債の補正でございます。表中、医療機械器具等購入事業の限度額3,100万円を1,930万円に改めることをお願いしております。 めくっていただきまして、22ページをお願いいたします。 予算第6条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費の補正でございます。職員給与費につきまして856万9,000円を増額し、補正後の額を10億7,336万円に改めることをお願いしております。 予算第7条、重要な資産の取得の補正でございます。議会の議決に付さなければならない財産の取得を規定しておりまして、第2条でお願いいたしました医療機械器具等購入事業のうち、重要な資産の取得として、通信機器を用いました面会体制を確保するためなどの病院内無線LAN設備の整備、コロナウイルスなどの抗原検査に使用する全自動化学発光酵素免疫測定装置の追加をお願いしております。 なお、財産の目的、用途などにつきましては、議案の説明資料の最後11ページに資料を添付しておりますので、ご覧いただくということで説明は省略いたします。 以上、簡単ではございますが、補足説明を終わらせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(足立義明君) これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 質疑なしと認めます。 これをもって質疑を終結します。 これより討論に入ります。 討論はありませんか。            〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) 討論なしと認めます。 これをもって討論を終結します。 これより採決します。 本案は原案のとおり決することにご異議ありませんか。            〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(足立義明君) ご異議なしと認めます。したがって、本案は原案のとおり可決されました。 以上で本日の日程は全部終了しました。 本日はこれにて散会します。 どうもありがとうございました。            午前11時12分 散会 前記会議の経過を記載してその相違ないことを証するためにここに署名する。  令和2年9月16日            岩美郡岩美町議会議長               〃   署名議員               〃   署名議員...