413件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

青梅市議会 2060-12-20 12月20日-13号

生産性、業務の効率化について、さきの所信表明で市長から、AIやRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)――ロボットが業務代行するということでございますが――などの先進技術の導入により業務の簡素化、効率化に向けた取り組みを進めるとありましたが、その具体的な取り組み、また今後の取り組みを伺います。また、どういった分野で活用するのかお考えを伺いたいと思います。 

青梅市議会 2023-12-09 12月09日-11号

効率的な行財政運営に向けては、AI、RPAなどの先進技術の導入により、業務の簡素化、効率化に向けた取り組みを進めてまいります。また、将来にわたって持続可能なまちづくりを進めていくためには、これまで以上に民間事業者と連携を深め、前例踏襲から脱却した新たな取り組みに挑戦していくことが不可欠であります。

青梅市議会 2022-12-19 12月19日-12号

さらに、業務の簡素化、効率化に向け、AI、RPAなどの先進技術の積極的な導入を進めております。 営業力についての見解をとのことでありますが、今井土地区画整理事業の推進では、私みずから国や東京都に赴き、農業振興に対する考え方を説明し、農業振興地域、農用地区域の除外に向けて取り組んでまいりました。その結果、これまで市と東京都で行ってまいりました協議から、次の段階となる国と都の協議へと結びつけました。

青梅市議会 2020-12-23 12月23日-14号

AI、RPAなどの先進技術の導入によって業務を効率化するという取り組み、民間事業者と連携を深めて、前例踏襲から脱却した新たな取り組みに挑戦していくという考えも述べられました。また、公共施設の配置の最適化も述べられまして、あと、女性管理職の積極的な登用も述べられております。 

練馬区議会 2020-12-03 12月03日-03号

次にRPAについてであります。 これまで人の手で行ってきた単純・反復作業をソフトを使って機械に担わせるというRPAは、ここ数年急速に普及が進んでおり、民間では数多くの業務に導入されています。区としても、業務の効率化はもとより、働き方改革の一環としても極めて有効なツールとなると考えますが、今後の取り組みについてお伺いいたします。 次に、ICT環境における災害対策であります。 

目黒区議会 2020-05-25 令和 2年第2回臨時会(第1日 5月25日)

そのほか、産官学の連携について、AI化の進め方について、RPAとOCRのメリット・デメリットについて、職員アンケートについて、などの質疑がありました。  3月2日の委員会では、公衆無線LAN(Meguro Free Wi−Fi)のアクセスポイント整備について報告を受けました。

目黒区議会 2020-05-13 令和 2年第1回臨時会(第1日 5月13日)

かねてよりAI、RPAについて、またその前提としてデータでの書類申請について様々質問や要望をしてきました。現在、対面での行政事務、窓口相談が制限される中、区庁舎や区が設置している施設において、対面を前提としない、業務がいかなるときもストップしないシステム構築を要望します。  最後に、今後も様々な支援策を打ち出していただけると思っており、今は財政出動が必要です。

日野市議会 2020-03-30 令和2年第1回定例会(第7日) 本文 開催日: 2020-03-30

4、レセプト点検についてAI、RPAを導入することで、どのような効果があるのか。5、市として、国保加入者の暮らしぶりについて、どのように認識をしているかを問う。6、コンビニ収納について、利用者の件数の推移、利用率、1件当たりの手数料について問う。などでございました。  主な意見といたしましては、1、低所得者に対して引き続き丁寧な配慮をお願いしたい。賛成。

江東区議会 2020-03-30 2020-03-30 令和2年第1回定例会(第4号) 本文

一つ、RPAの導入により手厚くすることができる業務は。 との質疑があり、理事者から、  より丁寧な区民対応や企画立案など、付加価値の高い業務である。 旨の答弁がありました。  一つ、避難行動要支援者に対する避難支援について、個別計画に基づいた訓練を実施すべき。 との質疑があり、理事者から、  災害協力隊に対して区の支援モデルを提示し、訓練の実施を働きかけていく。 旨の答弁がありました。  

八王子市議会 2020-03-27 令和2年_第1回定例会〔 説明省略部分 〕 2020-03-27

本年度は、音声を自動的に文章に変換するAIを活用した会議         録作成システムを導入するほか、定型・単純業務を自動化する         RPAツールの対象業務を拡大し、更なる業務の効率化を図る。       (5)市税の徴収          「地方税法」に基づき、市税の徴収、督促、滞納処分を行う。          

東久留米市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会(第5日) 本文 開催日: 2020-03-26

重点施策に係る事業「行財政改革の推進」として位置づけられているICT利活用推進事業においては、一部の課で活用の始まったRPAについて、今後、適用業務を広げていく中で具体的な効果についてもしっかりと検証していただきますようお願いいたします。  住民情報サービスの共同利用事業については、3市での費用案分について協議が一定まとまったと認識します。

国分寺市議会 2020-03-26 令和2年 第1回定例会(第4日) 本文 開催日: 2020-03-26

また、これにあわせて仕事改革、生産性向上を目的に、AI-OCRやRPA活用推進に関連する予算も計上されております。ハード面、ソフト面あわせ、既存のやり方にとらわれることのない新たな市役所をつくり上げるべく、この好機を逃さず尽力願いたいと思います。また、現庁舎用地の活用についても衆知を集め、恋ヶ窪周辺から全市において納得感のあるにぎわい創出に資する取り組みを求めます。  

板橋区議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会-03月26日-04号

RPAやAI議事録作成ツールの導入は、業務の効率化、生産性の向上とともに、働き方改革の一助として期待をしております。ぜひ確保した時間を窓口業務や相談業務、政策立案へ注力していただくようお願いいたします。  地域ネットワーク強化として、新たなネットワーク構築や、地域センターのフードドライブ常設窓口設置と相談機能の強化が実施されます。

武蔵野市議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2020-03-26

RPAによる実現内容を明確にすることや、契約等の事務処理におけるルールの浸透や再確認などの必要性も感じている。積極的な施策については、萎縮することなく、市民職員議会協力し、一歩ずつ着実に前進することを求め、賛成するというものでした。  次に、本間まさよ委員の討論概要は、日本共産党武蔵野市議団を代表し、令和2年度一般会計予算、後期高齢者医療会計介護保険事業会計水道事業会計予算に賛成する。

小平市議会 2020-03-26 03月26日-06号

その解決策としては、税務課において、業務改善を図るため、RPAを進めるということでしたが、最も取得が多いのは保育園勤務者であるとのことでした。このことについては、現場、現場に合わせた有効な施策を行うとともに、その解決策の一つとして、必要な部署の業務のICT化の推進化を図っていただくことが必要であると思います。 

調布市議会 2020-03-24 令和2年 第1回 定例会-03月24日-06号

事務の効率化については、定型業務の洗い出しとRPAの導入が始まりました。さらなる単純作業の自動化と、より一層の効率化を推進していただくよう要望いたします。  人材の採用については、これまでの採用方法にとらわれることなく、今後は専門性を持った人材を採用するジョブ型採用の拡大の検討を求めます。  

青梅市議会 2020-03-23 03月23日-19号

そして、本年度は吉川英治記念館の持続的な運用について、RPA、AI、IoTの具体的な導入方法についてなど6項目でありました。 テーマの選定については、部課長7名で構成する提案推進委員会において議論、選定したものを私が最終的に決定しております。 なお、本年度のテーマの一つであるRPA、AI、IoTの具体的な導入方法については私の発意により設定したものであります。