53件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日野市議会 2020-09-07 令和2年第3回定例会(第4日) 本文 開催日: 2020-09-07

この国際交流員につきましては、JETプログラムということで、いろんな人材各国にいて、いろんなところで各国採用しているということになりますので、この新しい国際交流員の活用について、また今後も検討するべきかなというふうに思っておりますし、先ほど来ありましたように、いろんな形で貢献してもらいましたので、これを踏まえて、次の方をということも考えていくべきかなというふうには思っております。  

あきる野市議会 2020-03-23 令和2年度予算特別委員会(第2日目) 本文 2020-03-23

市立小・中学校英語指導補助教員について、語学指導等を行う外国青年招致事業、いわゆるJETプログラムを活用して任用するというものです。外国青年を招致しまして、9割方は外国語指導助手として働いていただくのだと思うのですが、このいただいた概要に観光を初めとする地域振興や市民の国際理解の向上を図ると書いてありますので、その観点での説明をお願いいたします。

あきる野市議会 2020-03-01 令和2年第1回定例会3月定例会議(第1日目)  本文(審議)

聞くこと、話すことを中心に、音声になれ親しませながら、英語でのコミュニケーション能力と言語や文化の関心を高めるため、本市においては、外国青年を招致し、外国語教育の充実と地域国際交流を推進することを目的としたJETプログラムを活用してまいります。また、学校ICT化取り組みの進捗にあわせ、プログラミング教育を着実に進めてまいります。  

日野市議会 2019-12-11 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-12-11

市立病院につきましては、経営上、医療に係る職の専門性特殊性を踏まえた独自の制度ができており、これら制度を継続することが適当であると判断したことから、また、学童クラブにつきましては、過去からの労使協議の積み上げにより独自の制度ができ上がっており、他の会計年度任用職員同一制度に組み込むことについては現に働く方々の納得を得られない状況にあったことから、また、国際交流員につきましては、任用対象者JET

世田谷区議会 2019-09-18 令和 元年  9月 定例会-09月18日-02号

CIR(国際交流員制度は、御紹介がございましたが、国と一般財団法人自治体国際化協会協力し行っている外国青年招致事業でございまして、いわゆるJETプログラムの一つとなっており、外国若者地方公共団体国際交流部門などで受け入れ、国際交流事業支援地域住民外国語教室協力するなどの役割を担っております。

日野市議会 2019-09-12 令和元年企画総務委員会 本文 開催日: 2019-09-12

また、国際交流員につきましては、任用対象者JETプログラムというものに参加しているものでございまして、当プログラムのほうに参加している者については報酬など勤務条件については全国統一の基準がありまして、こちらも同様に他の会計年度任用職員同一制度に組み込むことが困難であったというところで判断したことによって、この制度については外したというところになってございます。  

小平市議会 2019-03-26 03月26日-06号

2点目、外国人目線魅力発見事業について、内容、目的財源構成居住外国人支援についてはとの質問に対して、一般財団法人自治体国際化協会JETプログラムを活用し、英語圏国際交流員派遣により、インバウンド対応居住外国人支援を行うもの。財源一般財源だが、地方交付税措置される。自転車利用など、小平市に似た環境と思われるポートランドの人材を希望しているとの答弁がありました。 

東久留米市議会 2019-03-07 平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-03-07

JETプログラムというのがありますね。ALT派遣です。これは、日本が国としてバックアップしている、大使館を使った取り組みです。そこを使って採用すると、1人当たり500万円の普通交付税に算入されるというふうにありました。ぜひ今後、タイミングがあれば、1人でも2人でもそういった国の制度に乗っかった採用の仕方も検討していただきたいと意見だけ申し上げておきます。  

三鷹市議会 2019-02-22 2019-02-22 平成31年 第1回定例会(第1号) 本文

そのような中、30年以上前から総務省外務省文部科学省一般財団法人自治体国際化協会協力によって続けられてきたプロジェクトJETプロジェクトがあります。このプログラムは、世界各国にある大使館などの在外公館において、日本英語を教える若者などを募集、面接し、旅費や給与を日本が保証した上で招聘する事業ですが、現在では54カ国から約5,500人の若者日本全国で活躍しています。

大田区議会 2018-07-13 平成30年 7月  地域産業委員会−07月13日-01号

平成28年8月に非常勤職員として採用しました、マチルダ スミスさんが、今年7月に任期満了となり、新たに一般財団法人自治体国際化協会CLAIRが主管するJETプログラムによって新たに選抜された方を採用いたしますので、報告をさせていただきます。  採用者について、氏名でございますが、ベサニー カミングス、国籍イギリスでございます。

杉並区議会 2017-12-04 平成29年12月 4日文化芸術・スポーツに関する特別委員会−12月04日-01号

例えばなんですけれども、小学校であれば、日本伝統文化、三味線や長唄を体験するといった活動がありましたり、また、例えば中学校であれば、阿波踊りを通したJET青年との体験交流といったように、世界だけではなくて、まず我が国にも目を向けるといったような活動で取り組んでおります。

足立区議会 2017-10-06 平成29年決算特別委員会−10月06日-04号

長澤興祐 委員  なかな英語を使うのは難しいと思うんですが、この中にも書いてあるんですが、苦手意識が芽生え始めたとか、抵抗感をなくすというかではなく、英語の刺激を与えて、英語おもしろいな、英語勉強してみたいなとか、そういったことが必要だと思うんですが、例えば、JETプログラムとか前、やってたかと思うんですが、今はどうでしょうか。

八王子市議会 2017-06-09 平成29年_第2回定例会(第2日目) 本文 2017-06-09

将来的には、地域伝統文化や、小学生が英語で紹介できたらすばらしいと考え、昨年は市内の都立高校に在籍しているJETプログラム──このJETプログラムとは、外務省文部科学省総務省協力のもと、地方公共団体が諸外国若者特別職地方公務員として任用し、日本全国小学校あるいは中学校高校で、外国語やスポーツなどを教えたり、地方公共団体国際交流のために働く機会を提供する事業になっております。

大田区議会 2016-07-15 平成28年 7月  地域産業委員会−07月15日-01号

それで、昨年の8月から国際交流員のハナ ヴァサーロさんが1年の任期を終わりまして、新たに一般社団法人自治体国際化協会CLAIRが主管するJETプログラムより、新たに選抜された方を採用させていただきたいと思います。  2番の採用者のところなのですが、お名前が、マチルダ スミスさん。国籍イギリスでございます。この方は、日本での大学の留学経験もございます。