129件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

多摩市議会 2019-12-03 2019年12月03日 令和元年第4回定例会(第2日) 本文

ほかにも公共交通に関しては、以前からいろいろ質問をさせていただいておりまして、例えば尾根幹線道路BRTをなんて話をさせていただきました。私が初当選した12月、ちょうど4年前なんですけれども、ここでBRTについて尾根幹線道路なんていう話をさせてもらって、その以前にも藤原マサノリ議長BRT、LRTやっていると思うんです。  

世田谷区議会 2019-09-04 令和 元年  9月 公共交通機関対策等特別委員会-09月04日-01号

中量軌道というものにつきましては、イメージ的には専用軌道という形で、道路の上に構造物をつくって、そこを専用で走らせるというイメージがありますけれども、LRTですとかBRTにつきましても、地方中量軌道というカテゴリーの中に入ってくるというふうには想定しておりますので。  

港区議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会−06月20日-08号

交通まちづくりの推進については、港区コミュニティバス台場シャトルバス自転車シェアリング等の地域公共交通サービスのさらなる推進や、BRT等の新交通導入の波及効果に対応する施策により、安定した地域交通ネットワークの基盤を持続する必要があります。  また、国は、羽田空港を含む首都圏空港の機能強化に関する検討を進めています。

江東区議会 2019-06-13 2019-06-13 令和元年第2回定例会(第7号) 本文

これは、中央区が策定している中央区総合交通計画に基づき、これまでにBRTなどが提案をされていたものですが、東京五輪招致決定後、突如として、いわゆる地下鉄構想として姿をあらわしたものであります。  なお、報道は、主に平成27年策定の都心部と臨海部を結ぶ地下鉄新線の整備に向けた検討調査に基づいているものと思われます。  

八王子市議会 2019-03-27 平成31年_第1回定例会(第4日目) 本文 2019-03-27

主な特徴としては、BRTの導入やバス優先レーンの整備により利便性、定時性の向上を図り、幹線としての機能を強化する一方で、各地域では中学校区域をエリアとして、平成29年度末で19路線ものコミュニティバスを立ち上げ運行し、全市的なバスネットワークを構築しており、現在受益人口比率は84%であるが、今後3路線を拡大し、受益人口比率100%を目指すことにしている点でありました。  

町田市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第1回)−03月19日-06号

これから質問ですが、2013年に行われた第1回多摩都市モノレール町田方面延伸協議会での基調講演で、国土交通省の方が、人口減少社会ではモノレールなどの大規模交通システムの必要性は減少している、モノレールよりも、むしろ町田市に必要なのはLRT――次世代路面電車システム、また、BRT――バス高速輸送システム、または自転車道など、コンパクトな交通によるまちづくりではないかというお話もされております。  

江戸川区議会 2019-03-12 平成31年予算特別委員会(第8日)−03月12日-08号

メトロセブンに関しては、LRTやBRTの検討、葛西臨海公園駅から葛西駅まで優先地域整備をするなど、新しい発想で実現に向けてより一層のご努力を要望します。葛西臨海公園に関しては、オリンピック施設建設ラムサール条約登録、人工ビーチ、水族園、シーサイドホテルなど、さまざまな資源があります。都立公園ではありますが、江戸川区に位置していることから、東京都の運営連絡協議会の設置を要望します。  

江戸川区議会 2019-03-07 平成31年予算特別委員会(第6日)-03月07日-06号

LRTですとか、BRTですとか、いろいろそういったものもございますし、そういったものの導入検討ですとか、あと例えばLRTで地上系で整備しようとすれば、道路にどういった課題があるのか、そういったところも今後検討してまいりたいと思っておりますので、とにかく198号答申の4点の課題について、しっかりと整理をしていきたいというふうに思っております。

港区議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会−02月15日-03号

国家戦略特区等でビジネスのしやすい環境、それも世界一ビジネスのしやすいまちの整備も急ピッチで進み、羽田空港の増便、高輪ゲートウェイ駅、虎ノ門ヒルズ駅、二〇二〇年以降もリニア中央新幹線BRT東京湾の舟運などの交通環境の充実や情報通信技術発達で、港区と国内外の距離がぐっと縮まります。  

港区議会 2019-02-13 平成31年第1回定例会−02月13日-01号

東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅」の整備や、晴海と虎ノ門を結ぶバス高速輸送システムBRT)の導入が決定するなど、まちを取り巻く環境が大きく変化するとともに、地域ではまちづくりの機運が高まっています。区は、地域の皆さんの意向を反映した「新橋・虎ノ門地区まちづくりガイドライン」を本年七月に策定し、まちの魅力が更に高まるよう、地域の個性を生かしたまちづくりを計画的に誘導してまいります。  

八王子市議会 2019-01-28 交通対策特別委員会(1月28日) 本文 2019-01-28

特徴としては、BRTの導入や、バス優先レーンの整備により、利便性、定時性の向上を図り、幹線としての機能を強化する一方で、各地域では中学校区域をエリアとして、平成29年度末で19路線ものコミュニティバスを立ち上げ運行することで全市的なバスネットワークを構築されており、その受益人口比率は84%に達しているとのことでありました。  

港区議会 2018-11-29 平成30年第4回定例会-11月29日-15号

当初の計画では、東京二〇二〇大会の選手村からBRTを使うなどして選手の移動計画も考えられていたと聞いておりますが、それが間に合わない以上、別の方法を考えなければなりません。もちろん、この問題は東京都が中心となって対応するべき問題ではありますが、大会期間中、区内にもバス等の暫定的な駐車場を用意しなければならないなどの問題が発生しており、決して人ごとでは済まされません。

江東区議会 2018-10-16 2018-10-16 平成30年オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 名簿

バス停に上屋と椅子の設置を求める陳情(継)……………………… 1  (2) 報告事項   1) 東京2020大会都市ボランティア募集にかかる区からの推薦について………………… 3   2) 東京2020大会にかかる区独自ボランティアについて…………………………………… 10   3) コミュニティバスしおかぜの新車両について…………………………………………… 18   4) 「都心と臨海地域とを結ぶBRT

江東区議会 2018-10-03 2018-10-03 平成30年決算審査特別委員会 本文

また、2020年の東京大会後には臨海部と豊洲を結ぶBRTの開通なども計画されていることもございますので、一定程度の緩和はあるかとは思いますが、それ以外にもまた人口増加など起こってございます。現状では、豊洲駅でそういった混雑しているといったところは、今後の取り組み状況、そういったものを見ながら関係機関等には要望、そういった対策を求めてまいりたいと考えてございます。