165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江東区議会 2021-06-24 2021-06-24 令和3年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 名簿

            数大幅増加に係る陳情(継)…………………………………………… 21   3) 3陳情第4号  JR総武線亀戸駅「東口」にエレベーター設置を求める陳情(継) … 23   4) 3陳情第10号 城東地域でのコミュニティバス運行に向け、住民の声を反映したより            よいものにするための陳情 (継)………………………………………… 2   5) 3陳情第22号 都心臨海地域とを結ぶBRT

江戸川区議会 2021-03-10 令和3年予算特別委員会(第8日)-03月10日-08号

メトロセブンについては、LRTBRT検討葛西臨海公園から葛西駅まで優先地域整備をするなど、新しい発想で実現に向けてより一層のご努力を要望いたします。  葛西臨海公園については、オリンピック施設建設ラムサール条約登録人工ビーチ水族園シーサイドホテルなど様々な資源があります。

江戸川区議会 2021-03-05 令和3年予算特別委員会(第6日)-03月05日-06号

武藤剛 まちづくり調整課長 メトロセブン検討状況現状とというところでございますが、平成28年の交通政策審議会答申で示された課題である高額な事業費に対して地下採掘型での可能性を探るべく、低コストでダメージが小さい地下鉄であるスマートリニアメトロ、こういったもので調査を行いまして、事業費削減可能性を探っているというところでございまして、メトロ側の部分につきましては、地上系でございますBRTで、

江東区議会 2020-12-18 2020-12-18 令和2年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

また今後、来年以降はBRTも豊洲まで来るということがあって、様々にアクセスのチャンスといいますか、来場者回遊性が上がりますので、人の流れですとか、物の流れとか見極めながら、より人が来ていただけるものにするにはどうしたらいいかということも含めて検討していきたいと考えてございます。

港区議会 2020-11-17 令和2年11月17日交通・環境等対策特別委員会-11月17日

芝ルートにつきましては、虎ノ門バスターミナル開業によるBRTとの乗換えや虎ノ門病院の建て替えなど、新たな施設を経由するルート改善検討を行います。利用者サービス向上としまして、広告つき上屋整備を進め、現在、六本木交差点北、西麻布四丁目、三田一丁目の3か所を追加してまいります。

町田市議会 2020-09-18 令和 2年建設常任委員会(9月)−09月18日-01号

○副委員長 (25)将来の公共交通については、モノレールに限らず他の新交通システムBRTなど)についても検討されたい。 ○委員長 ただいまの附帯決議を付すことに賛成の方の挙手を求めます。    (賛成者挙手) ○委員長 挙手少数であります。よって本件を付すことは否決されました。

江戸川区議会 2020-06-25 令和2年 第2回 定例会-06月25日-03号

まず、一点目、メトロセブン構想現状と今後の検討についてということでございますけれども、これは、平成二十八年四月に交通政策審議会答申がございまして、そこで示された四つの課題のうち、事業費削減と例えばモノレールとかLRTとか、BRTなどの中量軌道システム検討を今進めているところでございます。

江東区議会 2020-03-26 2020-03-26 令和2年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

新型コロナウイルスの問題があるということで御説明があったかと思いますけれども、いずれにしても集客をしていかないといけないという中で、例えば5街区の駐車場が今後できてきて、アクセス性がまた一つよくなるだとか、BRTの進捗もあるでしょう。  そうなってきたときに、やはり問題は中身なんだろうなと思います。

江東区議会 2020-03-18 2020-03-18 令和2年防災・まちづくり・交通対策特別委員会 名簿

12) 区内バス路線等の変更について……………………………………………………………… 46   13) 都バス有明自動車営業所の開所について…………………………………………………… 48   14) 東京2020大会開催に伴うコミュニティバスしおかぜ運行について…………………… 48   15) コミュニティバスしおかぜへのICシステム導入について……………………………… 48   16) 東京BRT

世田谷区議会 2020-03-13 令和 2年  3月 予算特別委員会-03月13日-06号

お話しの連節バスにつきましては、バス事業者経営判断によるものと考えておりますけれども、国内におきましては、大量輸送システムであるBRTなど、各地で導入されております。この連節バスは、道路運送車両法及び車両制限令などの基準を超える大型で特殊な車両となることから、これら基準の緩和の措置を経た上で、バス専用道広幅員道路にて導入されているものと認識しております。  

港区議会 2020-02-21 令和2年第1回定例会-02月21日-03号

東京二〇二〇オリンピックパラリンピック競技大会に合わせ、本年三月に暫定開業予定高輪ゲートウェイ駅、六月開業予定虎ノ門ヒルズ駅、さらに虎ノ門臨海地域を結ぶ連節バスBRTプレ運行が五月に始まります。さらに、二〇二七年にはリニア中央新幹線開業など新たな移動、交通網の広がりが予定され、待たれるところであります。  

港区議会 2020-02-20 令和2年第1回定例会−02月20日-02号

この重要な地点を起点として計画されるのがBRTです。BRTについては、平成二十六年八月に「都心臨海都心とを結ぶ公共交通に関する基本方針」が策定され、BRTを中心とした交通機関必要性が提起されました。その後、平成二十七年四月には東京都市整備局基本計画を策定。当初は、平成三十一年度に運行、二〇二〇年度には本格運行になる予定でした。同年には事業者が選定されました。