2651件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

目黒区議会 2019-06-21 令和元年文教・子ども委員会( 6月21日)

     渡 邊 放課後子ども対策課長          松 尾 子ども家庭課長     後 藤 保育課長          (児童相談所設置調整課長)          大 塚 保育計画課長      藤 原 保育施設整備課長          秋 丸 教育次長        山野井 教育政策課長                          (学校統合推進課長)          今 村 学校IC

目黒区議会 2019-06-20 令和元年文教・子ども委員会( 6月20日)

     渡 邊 放課後子ども対策課長          松 尾 子ども家庭課長     後 藤 保育課長          (児童相談所設置調整課長)          大 塚 保育計画課長      藤 原 保育施設整備課長          秋 丸 教育次長        山野井 教育政策課長                          (学校統合推進課長)          今 村 学校IC

目黒区議会 2019-06-12 令和元年文教・子ども委員会( 6月12日)

対策課長          松 尾 子ども家庭課長     後 藤 保育課長                          (児童相談所設置調整課長)          大 塚 保育計画課長      藤 原 保育施設整備課長          秋 丸 教育次長        山野井 教育政策課長                          (学校統合推進課長)          今 村 学校IC

目黒区議会 2019-05-29 令和元年文教・子ども委員会( 5月29日)

子育て支援部長     篠 﨑 子育て支援課長          渡 邊 放課後子ども対策課長  松 尾 子ども家庭課長                          (児童相談所設置調整課長)          後 藤 保育課長        大 塚 保育計画課長          藤 原 保育施設整備課長    秋 丸 教育次長          山野井 教育政策課長      今 村 学校IC

八王子市議会 2019-05-28 総務企画委員会(5月28日) 本文 2019-05-28

また、取り組みをまとめた柱と視点についてですが、IC技術の活用等により、サービスの適正性の確保という柱、公共施設の管理運営手法の見直しなどにより、資源の効果的な運用という柱、多様なニーズに対応できる人づくりなどにより、職員と組織の能力を引き出す環境づくりという柱、そして、情報の利活用・マネジメントという柱、以上4本の柱を掲げ、全ての取り組みに共通する2つの視点を持って個別取り組みを実施いたします。

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  総務財政委員会-05月27日-01号

未婚の児童扶養手当受給者に対する臨時特別給付金支給、児童相談所設置の整備、健康経営事業所認定・表彰事業、24時間使用可能なAED設置拡大、胃がん検診として新成人ピロリ菌検査、インターネットを活用した自殺防止相談事業、事業承継に関する相談支援事業、無電柱化基本方針策定、全小学校IC第2次環境整備、大型冷風機の設置、中学校造修による空調設備、防災対策基金の創設、ハザードマップの増刷、自動ラップ式トイレ

目黒区議会 2019-05-24 令和元年第1回臨時会(第1日 5月24日)

そして、今後予想される生産年齢人口の減少社会を見据え、業務の効率化を図り、労働生産性を高めて、区民サービスの質を向上させるための手法として、IC利活用の促進についても課題となってまいります。  また、来年に迫った東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、さらなる機運醸成への取り組みが必要となります。  

大田区議会 2019-05-24 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月24日-01号

現在、区内に4か所ありますつばさ適応指導教室ですが、IC環境の整備も進めていただき、羽田と蒲田では新しい施設での支援も始まりました。様々な背景を持つ、不登校の子どもたちの学びの選択肢を広げるという意味においても、より通いたいと思う適応指導教室を目指し、それぞれの適応指導教室の特色や、ストロングポイントを意識して、運営していただきたいと思うのですが、いかがでしょうか。

大田区議会 2019-05-23 令和 1年 5月  令和元年第33号議案に関する連合審査会−05月23日-01号

防災対策基金の創設、(仮称)おおた健康ポイント事業、全小中学校IC環境整備に係る経費などでございます。  その結果、補正予算案の規模は68億8,877万2,000円となり、当初予算と合わせた額は2,887億8,119万4,000円となりました。

大田区議会 2019-05-22 令和 1年 第1回 臨時会−05月22日-01号

教育に関しましては、学力向上へのIC環境の充実、英語教育の一層の拡充とともに、計画的な校舎の機能更新や長寿命化、体育館への空調設備の導入などにより、子どもたちが健やかに成長できる教育環境を整えてまいります。また、図書館につきましても、ICT機能と憩いの空間を採り入れた情報発信と地域交流をキーワードとする新たなモデルによる整備をしてまいりたいと考えております。  

目黒区議会 2019-04-10 平成31年文教・子ども委員会( 4月10日)

     渡 邊 放課後子ども対策課長          松 尾 子ども家庭課長     後 藤 保育課長          (児童相談所設置調整課長)          大 塚 保育計画課長      藤 原 保育施設整備課長          秋 丸 教育次長        山野井 教育政策課長                          (学校統合推進課長)          今 村 学校IC

目黒区議会 2019-04-10 平成31年企画総務委員会( 4月10日)

そうしたことを踏まえまして、やはり区としてもAIを初めとする最新のIC、こちらを活用した業務改善を図ることで、生産性の向上を図っていくということがやはり重要課題となりつつある状況でございます。そうした視点で今回RPA、AI-OCR等の実証実験を行うというものでございます。  

町田市議会 2019-03-28 平成31年 3月定例会(第1回)−03月28日-付録

しかし、IC技術の産業分野への急速な普及や、消費者の価値観の変化、経済のグローバル化など、市の産業振興を取り巻く環境が大きく変化している。  本案は、このような環境変化に対応しながら、地域経済の持続的な発展を促すため、以下の視点から改正するものである。  第1に、今後想定される労働力人口減少やAI、Iоなどの技術革新に留意した、産業振興施策を展開すること。  

町田市議会 2019-03-28 平成31年 3月定例会(第1回)−03月28日-09号

担当者の説明によれば、学校への児童生徒用のタブレットは、1校当たり40台配備をしており、特別支援学級で使ってはいけないことはなく、実際にICモデル校でもタブレットを使った授業も行われている。また、今回の整備で、大型提示装置も配備しているが、特別支援学級に関してもプロジェクター型の大型提示装置を配置しているとのことでした。  以上が学校教育部所管部分についてであります。  

多摩市議会 2019-03-28 2019年03月28日 平成31年第1回定例会(第7日) 本文

新潟の三条市では、職員の育成成功によりIC費用の大幅削減につながった事例があります。多摩市においても専門的な知識を持った人材の登用が必要と考えます。  また、市が大きくかかわっていますシルバー人材センターの請負単価配当金ですが、公契約条例を持っている多摩市で東京都の最低賃金を下回った状態で運営を続けることは問題があると思っています。改善に向けた検討を至急お願いします。  

三鷹市議会 2019-03-26 2019-03-26 平成31年 第1回定例会(第5号) 本文

・平成27年6月 東京都が地中拡幅部に係る都市計画事業承認及び認可を取得  ・平成27年11月 国、東京都、高速道路会社が「東京外かく環状道路(関越~東名)事業連絡調整会議」を設置  ・平成27年12月 国が「東京外環トンネル施工等検討委員会 地中拡幅部についての留意事項まとめ」を公表  ・平成28年3月 国が「東京外環トンネル施工等検討委員会 地中拡幅部(中央JC、青梅街道IC)の工法の考え方まとめ

国分寺市議会 2019-03-25 平成31年 第1回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-03-25

夏の猛暑対策として行う小・中学校体育館への空調設備、冷房設備の設置や教育IC環境整備、高齢、障害、子育て、生活困窮などの複合的な課題に対応するための地域力強化と、多機関連携による包括的支援体制を構築する事業、高齢者保健福祉計画、介護保険事業計画策定事業、介護人材確保育成事業、はいかい高齢者個人賠償責任保険事業など、子どもと高齢者に手厚い予算となっております。

小金井市議会 2019-03-22 平成31年庁舎及び福祉会館建設等調査特別委員会(3/22)  本文 開催日: 2019-03-22

1 新庁舎について  防災の拠点であり、50年を超える活用が見込まれるものであることを踏まえると、ICシステムや災害時のシステムなども、一旦導入すると、その後の改善等は財政面でも困難であることから、慎重な検討が必要である。  中央線から望むことのできる庁舎となるので、水と緑、そして時を生むまち小金井を、シティプロモーションのできる機会でもある。