10518件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

あきる野市議会 2019-12-11 令和元年環境建設委員会 本文 2019-12-11

33: ◯区画整理推進室長(沖倉和久君) この道路昭和46年に都市計画決定されたと思いますが、幹線道路となる都市計画道路に関しましては、交通事故、あるいは渋滞等を生じさせないように基本鉄道との立体交差というのが前提となっておりまして、これも仮にこれを平面交差へ計画変更するということになれば、将来的には踏切がなかったところに踏切が一つふえるという協議になりますので、JRとの協議は非常に慎重な対応が

あきる野市議会 2019-12-05 令和元年第1回定例会12月定例会議(第5日目)  本文(採決)

市負担約34億円で総事業費約71億円のまちづくりができ、将来にわたり地域住民を初め、多くの方々に安心して利用していただける公共サービスの提供と考えます。  本事業の計画変更は、今後、検討委員の選考、数回にわたる検討会議、そして、市の最終決定まで、年度内に結論を出す覚悟を持って進めていただき、事業の早期再開と、計画どおりの換地移転を開始し、地権者の方々の切実な願いに応えるべきと考えます。  

板橋区議会 2019-12-05 令和元年12月5日都市建設委員会-12月05日-01号

このような構成で以降もつくられているような計画でございます。  続きまして、32ページをお願いいたします。  こちらは、道路交通インフラ強化の方向性を示しておりまして、③-1として、道路ネットワークの機能強化に向けて、都市計画道路に関する計画的な整備に関する取組みでございます。  続きまして、33ページ、34ページでございます。  

あきる野市議会 2019-12-02 令和元年第1回定例会12月定例会議(第2日目)  本文(一般質問)

それから2つ目は、沿道ゾーンと商業ゾーンを中心に計画を見直してはどうかということです。  最初に、2本の都市計画道路についてお伺いいたします。阿伎留医療センターに面した3・4・13号線、ここは、五日市線と立体交差をする跨線橋を含めて、昭和44(1969)年に計画決定されています。

あきる野市議会 2019-12-01 令和元年第1回定例会12月定例会議(第1日目)  本文(審議)

33: ◯都市整備部長(清水保治君) お答えいたします。  公会計に移行することによりまして、財政状況、あるいは経営状況が明確になってまいります。そういった段階で、それをもとに、当然、使用料という部分の話にはなろうかなと思いますが、現段階では現行のままという考えでおります。  以上でございます。 34: ◯議長(天野正昭議員) ほかに質疑ありませんか。              

板橋区議会 2019-10-25 令和元年10月25日決算調査特別委員会-10月25日-01号

改めて、この駅前広場計画、地元の方々の、地権者の方々の、商売をされている方々の、事業をやられている方々の、関係される方々全ての同意を前提として、改めて今の駅前広場計画については白紙に戻していただきたいと思いますが、いかがですか。 ◎都市整備部長   駅前広場計画は、補助26号線の開通や鉄道立体化を見据えまして、乗りかえ利便性の向上等を目的として進められているものでございます。

板橋区議会 2019-10-16 令和元年10月16日決算調査特別委員会 都市建設分科会−10月16日-01号

都市整備部長   エイトライナー、非常に壮大な計画であるかと思います。国内の道路政策に関しましては、関東地域関西地域、いろいろ計画がある中で、全体の鉄道等の延伸計画国土交通省の諮問機関であります交通施策審議会に答申が出てまして、それに基づいて進めているところでございます。  

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

「暮らしやすく快適で魅力あるまち」では、行政主体としては都内初となる農福連携農園の取り組みへの着手により、都市農地の保全と、農業福祉の連携を通して、多岐にわたる所管連携の可能性を広げました。また狭隘道路拡幅整備では、計画改定により整備目標を拡充するとともに、電柱のセットバックを推し進め、施策の加速化を図りました。  

江東区議会 2019-10-08 2019-10-08 令和元年区民環境委員会 本文

初めに、1の小規模住宅用地に対する都市計画税の軽減措置でございます。  都市計画税は都市整備などの費用に充てるための目的税で、本来市町村税ですが、23区内では特例により都税として課税しております。このうち小規模住宅用地に対する都市計画税につきまして、都民の税負担への配慮により、昭和63年度から軽減措置が実施されてございます。  

板橋区議会 2019-10-07 令和元年10月7日災害対策調査特別委員会-10月07日-01号

続きまして、②番の特定緊急輸送道路沿道建築物東京都が指定する第1次緊急輸送道路、中山道、川越街道、環状七号線首都高5号線等でございます。詳しい場所の位置に関しましては、次の資料5-5の建築物耐震化事業についての7ページに記載してございます。そちらの緊急輸送道路に接する一定高さ以上の旧耐震建築物、これは資料5-4の別紙の下のほうには、その内訳書いてございます。

葛飾区議会 2019-10-04 令和元年決算審査特別委員会第4分科会(10月 4日)

○(学校施設整備担当課長) 48億円のうち、現在4億円ほどの国庫補助金を見込んでおりまして、補助金充当後の一般財源分につきましては、基金残高を見据え、財政課と協議しながら計画的な基金の活用や特別区債の発行、これを行ってまいりたいと考えているところでございます。 ○(くぼ洋子会長) 中江委員。 ○(中江秀夫委員) 具体的な区債や基金、活用していくという考え方というのはないのですか。

江東区議会 2019-10-04 2019-10-04 令和元年企画総務委員会 本文

まず、本区の非常勤職員、例えば個人番号カード交付受付員や保育補助員など、約500名いる職員は、特別職非常勤職員制度に基づいて雇用して、報酬等を支払っています。  同様に、本区の臨時職員、例えば事務補助清掃作業など、約1,500名の職員は、臨時的任用職員制度に基づいて雇用し、賃金等を支払ってございます。根拠規定などは、適用法令欄に記載のとおりです。  

東久留米市議会 2019-10-04 令和元年決算特別委員会(第3日) 本文 開催日: 2019-10-04

55 【武内道路計画課長】  東村山都市計画道路3・4・15の1号線、神宝町区間、こちらにつきましては、今月、東京ドームスポーツセンター東久留米にて地権者等の関係者の方を対象とした用地補償説明会を開催し、用地取得の進め方及び補償の概要について説明を行う予定であると聞き及んでおります。

東久留米市議会 2019-10-03 令和元年決算特別委員会(第2日) 本文 開催日: 2019-10-03

1件目として、都立六仙公園を中心とした魅力あるまちづくりに向け総合的に支援いただくこと、また、主要幹線道路からのアクセスに難があることが否めないことを背景に、平成28年3月に策定した「東京における都市計画道路の整備方針(第四次事業化計画)」において優先整備路線に選定されております東村山都市計画道路3・4・18号線の着手などについてお願いするものでございます。  

板橋区議会 2019-10-02 令和元年10月2日都市建設委員会-10月02日-01号

に係る示談処理)(27頁)  (3)シェアサイクルの実施について(32頁)  (4)高齢者等による車両事故への対応について(中間報告)(54頁) 6 継続審査の申し出について 7 調査事件について    都市計画及び都市基盤整備等の区政に関する調査の件(63頁) 8 閉会宣告 【閉会中継続審査としたもの】  <都市整備部関係>    陳情第 3号 板橋南部地域コミュニティバスの運行を求める陳情

東久留米市議会 2019-10-02 令和元年決算特別委員会(第1日) 本文 開催日: 2019-10-02

「生活の快適性を支えるまちづくり」では、第3次みちづくり・まちづくりパートナー事業として進めてきた東村山都市計画道路3・4・5号線及び社会資本整備総合交付金や東京都市町村土木補助を活用して進めてきた東3・4・20号線のいずれもが、30年10月に交通開放されております。

杉並区議会 2019-10-02 令和 元年決算特別委員会−10月02日-03号

今後も、敷地内の改築改修のみにとどまらず、まちづくりの観点で、場合によっては地区計画の活用なども視野に入れていくよう要望しておきます。  特に小学校の大規模敷地の跡地活用、これでは、敷地条件を改めて捉え直す絶好のチャンスでもあると考えています。実例を挙げるならば、大宮体育館の敷地、これは4面が全て道路に面しているという、都内にありながら極めて特異な敷地でした。

町田市議会 2019-09-30 令和 元年 9月定例会(第3回)−09月30日-08号

(8)障がい者福祉施設借上費補助金については、事業所の運営や利用者サービスに影響が生じないよう、関係者等の意見を丁寧に聞いた上で補助のあり方を検討されたい。 (9)特別養護老人ホームの待機者数に圏域別の差があるので、圏域別の待機者数や年齢人口などを見越して先手を打った増設を進め、入所待機者を減らすとともに、「第7期介護保険事業計画」未達成分の地域密着型サービスの整備を急がれたい。