運営者 Bitlet 姉妹サービス
275件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-07 日野市議会 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2018-12-07 現在日野市では、万が一の事故により家賃回収の停滞、退去後の原状回復、不幸にもお亡くなりになられた場合の遺品整理など、民間賃貸の管理事業者側が負担しなければならないケースもあると伺っており、あんしん住まいる日野の事業を進める上での課題の一つと考えます。   もっと読む
2018-12-06 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−21号 加えて、土浦駐屯地内には、雄翔館という施設があり、予科練戦没者の遺書や遺品の展示を、同じく雄翔園という庭園では、予科練戦没者1万9000人の霊璽簿をおさめています。霞ヶ浦のほとりの自衛隊の駐屯地と東京都内の住宅地では、同じような規模で展示するのは無理な話です。ですが、予科練平和祈念館を参考にして、少年飛行兵学校の学生たちの生活がしのばれるように、展示内容を拡充したらどうかと思います。   もっと読む
2018-12-05 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号 最愛の家族を亡くされた遺族が葬儀の準備や遺品整理に追われている中で、役所の手続が特に高齢者にとって大きな負担となっています。悲しみのさなかにある人たちに寄り添うサービスが必要だと思います。この死亡の手続を一括にできるおくやみコーナーの設置について、本市の見解を伺います。  二つ目に、環境行政について。遺品一括廃棄の制度導入をについて伺います。   もっと読む
2018-12-04 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第20号) 本文 開催日: 2018-12-04 ただいま御質問者から事例を御紹介いただきましたので,高齢者が住みなれた地域で安心してその人らしく最期まで住み続けられるよう,葬儀等に関することや遺品整理の心配事等に関する支援策につきまして調査・研究してまいりたいと考えております。 もっと読む
2018-09-18 日野市議会 平成30年環境まちづくり委員会 本文 開催日: 2018-09-18 そして、御子孫の方、あるいは、支援者の方のお宅のほうには、実際に書いた手紙であるとか、あるいは、形見と申しましょうか、遺品でありますとか、あるいは、何かの土産であるとか、そういった土方歳三が触れたもの、さわったもの、使ったものというのは数多く日野に残っております。 もっと読む
2018-09-11 港区議会 平成30年第3回定例会−09月11日-10号 被爆者の証言や広島平和記念資料館、いわゆる原爆資料館での多くの原爆遺品、広島の高校生が被爆者の証言を聞き、その証言を絵にするという活動の経験などを通して、改めて核兵器の無差別性、残虐性を強く感じました。   もっと読む
2018-06-19 目黒区議会 平成30年第2回定例会(第2日 6月19日) かかりつけ医やアレルギー等からエンディングノートの保管場所、預け先、葬儀社や遺品整理事業の生前契約先、遺言書について、あるいはお墓の所在地等々を含む全11項目の情報を登録することができます。   もっと読む
2018-06-11 東久留米市議会 2018.06.11 平成30年第2回定例会(第5日) 本文 今となれば貴重な遺品としてこれからの活用を考えていかねばならないと思っております。心から白石議員の御冥福をお祈り申し上げます。  一般質問に入る前に、一言触れておきたいと思います。  あす12日に劇的に米国のトランプ大統領と北朝鮮の金正恩国務委員長の米朝会談がシンガポールで開催されることになっております。 もっと読む
2018-06-11 調布市議会 平成30年 第2回 定例会−06月11日-02号 それぞれの被爆地から、平和への取り組みと次世代へつなげていこうという意気込みと義務感、また、現地ならではの空気感やもろもろの遺構、遺品類、語り部や体験者の生の声、本物に触れるということの重要性を改めて感じてきたところです。   もっと読む
2018-03-27 調布市議会 平成30年 第1回 定例会−03月27日-07号 被爆地広島、長崎へ実際に足を運び、直接被爆体験の講話に触れ、実物の遺品等を見ることにより、平和の大切さ、戦争の恐ろしさを直接感じてくること、またその体験を報告書として取りまとめ、市内小・中学校を初め各施設に配布され、共有されることは重要と考えます。改めて被爆地への児童・生徒の派遣を継続的に実施することを求めます。その事業に関しましても基金の有効活用と運用を要望するものであります。   もっと読む
2018-03-15 世田谷区議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月15日-06号 見守りサービスや、死亡時の原状回復、遺品整理等の費用補償を行う保険会社とお話をさせていただいておりますが、この事業者は、今現在、都道府県が指定する居住支援法人への申請を行っているというふうに聞いておりまして、今後、協議会としては、こうした団体、居住支援法人と連携、協力することによって、早期の事業実現を目指してまいります。 ◆津上仁志 委員 不動産団体の方からも期待する声が大きいんです。 もっと読む
2018-02-02 羽村市議会 2018.02.28 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 その中で、4社のうち1社については、葬儀というものは基本的に受け付けてなくて、遺品整理というものを中心に受け付けているというような業者が1社ございました。また、もう1社につきましては、基本的には死亡した後にそうした形で受け付けるというようなことでございまして、ほかの2社についても、事前に葬儀のご相談というのはあるんですが、生前契約というのは現状考えていないと。   もっと読む
2017-12-13 町田市議会 平成29年文教社会常任委員会(12月)-12月13日-01号 ◎関本 参考人 全国的にどのような評価があるかというご質疑ということで、その点に関しては、私も正確に把握しているわけではないんですが、そもそも町田市民文学館というのは、遠藤周作先生の奥様が先生の貴重な遺品や資料などを町田市に寄贈されたことがきっかけで開館したというふうに伺っていまして、今回の請願でも遠藤周作先生のファンが非常に多かったというお話ですし、あと、出版関係者で言うと、新潮社や河出書房新社の もっと読む
2017-10-12 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会-10月12日-06号 そんな中、大阪市とか京都市なんかでは、民間企業とか保険会社といったところとも業務提携契約を居住支援協議会と結んで、月額千五百円程度の利用料の徴収をして、安否確認だとか、死亡時の原状回復とか遺品整理、また葬儀の実施などをするサービスを開発して取り組んでいるというふうにお聞きしたんですけれども、これまでも求めてきたんですが、区でも、こういった民間賃貸物件の入居を拒まれる高齢者の支援策として、また、空室を もっと読む
2017-10-12 新宿区議会 平成29年 10月 オリンピック・パラリンピック・文化観光等特別委員会-10月12日−12号 これからがやはり本番ということになりますので、開館直前に新たにいろいろな寄贈品等も含めて、遺品などもあったということもありますし、まだまだやはりそういう眠っているものが、地域や知人やいろいろな方々にあるということもあろうかと思いますので、そういったことも含めて、PRするのと同時に、こういった税金と基金と、そういうものの両方で支えられているんだというのを含めて、PRも引き続きお願いしたいというふうに思 もっと読む
2017-10-12 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会-10月12日-06号 そんな中、大阪市とか京都市なんかでは、民間企業とか保険会社といったところとも業務提携契約を居住支援協議会と結んで、月額千五百円程度の利用料の徴収をして、安否確認だとか、死亡時の原状回復とか遺品整理、また葬儀の実施などをするサービスを開発して取り組んでいるというふうにお聞きしたんですけれども、これまでも求めてきたんですが、区でも、こういった民間賃貸物件の入居を拒まれる高齢者の支援策として、また、空室を もっと読む
2017-10-04 杉並区議会 平成29年決算特別委員会−10月04日-05号 ◆市来とも子 委員  相続人を探す期間、6カ月から1年、遺骨や遺品を保管しているということですけれども、福祉事務所内の事務室にずっと1年も保管しているということなので、もう少し保管場所を考えたほうがいいのかなというふうに思うんですが、いかがですか。 もっと読む
2017-10-04 杉並区議会 平成29年決算特別委員会−10月04日-05号 ◆市来とも子 委員  相続人を探す期間、6カ月から1年、遺骨や遺品を保管しているということですけれども、福祉事務所内の事務室にずっと1年も保管しているということなので、もう少し保管場所を考えたほうがいいのかなというふうに思うんですが、いかがですか。 もっと読む
2017-10-03 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会-10月03日-02号 家の建てかえや御家族の遺品整理などの過程で、御遺族から平和事業のために区で活用できないかと、平和資料館に相談されることが多いようです。  それぞれの寄贈品は、当時の生活の様子や世相の変化が感じられるものが多く、また、戦死した親族の戦友からの手紙などは戦地や戦死した親族の様子がわかるなど、戦争や平和を考える上で大変貴重なものです。   もっと読む
2017-10-03 世田谷区議会 平成29年  9月 決算特別委員会-10月03日-02号 家の建てかえや御家族の遺品整理などの過程で、御遺族から平和事業のために区で活用できないかと、平和資料館に相談されることが多いようです。  それぞれの寄贈品は、当時の生活の様子や世相の変化が感じられるものが多く、また、戦死した親族の戦友からの手紙などは戦地や戦死した親族の様子がわかるなど、戦争や平和を考える上で大変貴重なものです。   もっと読む