586件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

町田市議会 2020-06-09 令和 2年 6月定例会(第2回)−06月09日-02号

その横には農道を設置するということであります。今日はその網の部分だけなんですけれども、ここを原状回復するというのは、どういうものだというふうな理解をされていますか。原状回復というのは。 ○議長熊沢あやり) 文化スポーツ振興部長 黒田豊君。 ◎文化スポーツ振興部長黒田豊) 原状回復ということでございますので、私どもが使用貸借をする前の状態に戻すという形になるというふうに理解しております。

町田市議会 2020-03-26 令和 2年総務常任委員会(3月)−03月26日-01号

こちらのほうは農地農道整備計画に基づいて、毎年行っているものでございます。 ◆白川 委員 それのどのぐらいの面積を想定していて、どういう農家を対象としているのか。 ◎農業振興課長 農地面積につきましては、次年度については3,197平方メートルを予定しております。こちらについては今どなたも使っていない農地になりますので、この後あっせんという形になります。

清瀬市議会 2019-09-06 09月06日-04号

そして、時間がないので、道路管理のことで、下清戸のけやき通りから志木街道までの間の赤道農道が大変荒れている状況なので、ぜひ整備をよろしくお願いいたしまして、もう時間がないので、これで質問を終わらせていただきます。 どうもありがとうございました。 ○議長(渋谷けいし君) 以上で清水議員一般質問を終わります。 ここで暫時休憩といたします。

青梅市議会 2019-09-06 09月06日-08号

さらに、この今寺天皇塚水田地帯につきましては、現在、交互に水田をしている中央を東西に走っている道路がありますが、これが、住宅地道路と高さが水平になるような形で、要するに、農道としてではなくて、市道としての機能を持たせているようなところがありまして、段差が1メートル以上あって、過去にはトラクター農耕のために田んぼにおろそうとして、転落してけがをした人もいますし、けがはなくても、トラクターの横転などはよくございました

町田市議会 2019-03-22 平成31年 3月定例会(第1回)-03月22日-08号

次に、農地活用のほうですけれども、アクションプランにございます農地の改善ですとか農道整備として実施しているところです。これは市が所有しています荒れている農地を再び耕作できるようにするよう整備を進めてございます。現在の進捗状況といたしましては、2018年度末時点で約1.5ヘクタールの農地整備いたしております。  

羽村市議会 2019-03-13 平成31年度一般会計等予算審査特別委員会(第3号) 本文 2019-03-13

そして、農道から自然発生的に土地利用がなされている状況がありますので、やはり勾配がかなりきついところがあるのです。事業の中では、やはりバリアフリー、あるいはユニバーサルデザインという視点の中で、できるだけ勾配というものは3パーセントから5パーセントの勾配をとって整備していくのは基本的なところなのです。  

府中市議会 2019-03-05 平成31年建設環境委員会 本文 開催日: 2019-03-05

陳情趣旨及び理由、赤道農道利活用を長期計画立案すること。官の維持管理となっているが、民間との共働で官民共同プロジェクトを立ち上げること。一市町村(地方公共団体)の問題でなく、全国共通問題として公共財活用を計り、国・地方の財源とすること。  要望事項事例その1、赤道を集約して近接。隣接者と協議し、地域・地区の地域拠点を創生すること。

足立区議会 2018-10-15 平成30年10月15日建設委員会-10月15日-01号

建築調整課長 政令のほうで、例えば農道に面しているもの、それで延べ面積が200㎡以内の一戸建て住宅そういうものが対象でございます。 ○長井まさのり 委員長  他に質疑ございますか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ○長井まさのり 委員長  質疑なしと認めます。  次に、各会派から意見を求めます。 ◆長澤興祐 委員  可決でお願いします。 ◆佐々木まさひこ 委員  可決でお願いします。

江戸川区議会 2018-10-15 平成30年10月 総務委員会-10月15日-08号

43条のただし書きの許可の条文がずれまして、これは今までどおり残っているんですけれども、今回新たに改正によって新設されましたのは、例えば農道のような公共が管理している道で、道の幅員が4メートル以上あるもの、また道路位置指定基準に合致している道、当然4メートル以上あるものについて一戸建て住宅延べ面積が200平米以内については認定という制度を新たに設けたということでございまして、この認定の場合では

足立区議会 2018-10-10 平成30年決算特別委員会-10月10日-05号

高山のぶゆき 委員  この地域は非常に農地が点在していまして、昔からの農道ということになっておりますので、狭い道に一度入ったらどっちの方向にこの道は行っちゃって、どこにたどり着くのかわからないような地域でございますので、やっぱりどうしても角角のお宅が例えば老朽化でもって壊されたときに、できるだけそういう地域に対しては網をかけて道路の拡幅を広げるとか、そういうふうな努力をしていただかなければなかなか

港区議会 2018-10-05 平成30年10月5日建設常任委員会-10月05日

具体的には農道その他に類する公共の用に供する道に接する場合で、用途は200平方メートル以内の一戸建て住宅となります。こちらの図にありますとおり、改正前は全ての申請について特定行政庁内容を個別に審査し、建築審査会同意を得て許可しておりましたが、改正後は国土交通省令で定める基準に適合しているものについては、建築審査会同意が不要となります。  

千代田区議会 2018-09-28 平成30年企画総務委員会 本文 開催日: 2018-09-28

例を挙げますと、農道に接道している例えば作業小屋ですとか、通路の先にある一戸建て住宅といったものが挙げられまして、少人数の方しか通行せずに、交通上、安全上、防火上などで問題がないといったもの、そういったものを想定してございます。このような案件というのは、余り千代田区では例がないのかなというふうには考えておるところでございます。