運営者 Bitlet 姉妹サービス
623件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-05 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月05日−13号 また、西を見ますとちょうど永山丘陵が見えまして、花火大会などは農道が数百人の見物客でにぎわうところでもございます。その天皇塚水田について、改めて農業振興の観点からお尋ねするわけであります。まず最初に、この地域の現状の課題の確認と、それから今後の展望、対策についてお伺いします。   もっと読む
2018-10-15 足立区議会 平成30年10月15日建設委員会-10月15日-01号 ◎建築調整課長 政令のほうで、例えば農道に面しているもの、それで延べ面積が200㎡以内の一戸建ての住宅そういうものが対象でございます。 ○長井まさのり 委員長  他に質疑ございますか。       [「なし」と呼ぶ者あり] ○長井まさのり 委員長  質疑なしと認めます。  次に、各会派から意見を求めます。 ◆長澤興祐 委員  可決でお願いします。 ◆佐々木まさひこ 委員  可決でお願いします。 もっと読む
2018-10-09 新宿区議会 平成30年 10月 環境建設委員会-10月09日−12号 ◎(建築指導課長) 1、こちらは建築基準法上の道路に2メートル以上接しなければいけないという原則に対しての特例の認定許可、今回新設されたのは認定ということになりますが、こちらにつきましては、幅員4メートル以上の農道である、水路であるというところ、そこに接するということが条件になりまして、現時点で新宿区でこれに該当するものはないと考えているところでございます。 もっと読む
2018-10-05 港区議会 平成30年10月5日建設常任委員会-10月05日 具体的には農道その他に類する公共の用に供する道に接する場合で、用途は200平方メートル以内の一戸建て住宅となります。こちらの図にありますとおり、改正前は全ての申請について特定行政庁が内容を個別に審査し、建築審査会の同意を得て許可しておりましたが、改正後は国土交通省令で定める基準に適合しているものについては、建築審査会の同意が不要となります。   もっと読む
2018-09-26 武蔵村山市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月26日−04号 多摩開墾の農道延長につきましては、約9547メートルで、30路線ございます。  以上でございます。 ○委員長(波多野健君) 内野委員。 ◆委員(内野直樹君) わかりました。 もっと読む
2018-09-10 目黒区議会 平成30年企画総務委員会( 9月10日) ○三吉建築課長  まず、その4メーター以上の道ということで、今、委員のほうからかなり細かく御指摘いただいて、例えば目黒区内の場合は、これ一般的な国の議論ですと、例えば農道であるとか、水路でもうふたがかかって4メーター以上あるものとか、そういうものなんです。 もっと読む
2018-06-18 町田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月18日-06号 この道路は、地元の方が言うには、農道を改良した道路で幅員も狭く、側溝に脱輪する自動車も多く見られるとのことです。来園者の方々に、また来園したいよ、よい公園だと思っていただくためにも拡幅はできないものか、せめて脱輪防止のために側溝のふたかけができないものか、検討していただきたい。  続きまして、2項目め、相原中央公園の課題についてを質問いたします。  (1)ナイターにおけるスポーツ環境の充実を問う。 もっと読む
2018-06-15 町田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月15日-05号 実際、軽トラックで行けるように農道を整備してほしいという農家の方々の声をたくさん私は聞いております。生活道路として4メートル以上の拡幅にすると、逆にそこが資材置き場になったり、あるいはごみの不法投棄場所にされかねませんので、農道整備としては、このような広い幅を求めるのではなくて、農道整備、つまり軽トラックが通れるぐらいの標準で幅1.8メートル、車がすれ違うことはできないんです。 もっと読む
2018-06-11 狛江市議会 平成30年第2回定例会(第7号) 本文 開催日: 2018-06-11 それ以外の道路には,私道,里道,公園道,農道,林道等があり,道路も種別により目的や管理者が異なります。  私たちが毎日普通に歩いている道路や道はアスファルト舗装がされています。日本のほとんどのエリアで舗装がされていますが,日本で初めてアスファルト化されたのは,1878年(明治11年)の神田昌平橋が最初だそうです。アスファルト舗装が全国的に普及し始めたのは1970年代前半からとのことであります。   もっと読む
2018-05-08 立川市議会 平成30年  5月 定例会(第2回)-05月08日−10号 五日市街道から北に向かって玉川上水を渡りますけれども、その手前に農道のような、橋の手前に散歩道のような、生活も多少しているでしょうけれども、道路があり、信号はありません。そこが一旦停止になっているんです。その先の丁字路は当然一旦停止でよくわかりますけれども、地方から来た人は当然広い道だから行ってしまいます。 もっと読む
2018-03-20 町田市議会 平成30年総務常任委員会(3月)−03月20日-01号 その中で、耕作者が働きやすいということに関しましては、やはり農道、道路、狭い道が多いものですから、そちらのほうに行きやすい整備とか、それらを進めていきたいというところで、解消などを図りたいと考えております。 ◆東 委員 済みません、繰り返しになってしまうかもしれませんが、遊休農地に該当するような場所をお持ちの地主さんに関して、直接農業委員会のほうから働きかけているという解釈でよろしいでしょうか。 もっと読む
2018-03-14 瑞穂町議会 平成30年  予算特別委員会-03月14日−02号 農地を生かすためにはどのような方法があるかという中で、先ほどの道ということにつきまして、これはあくまでも農道ということでございますので、そういうものも入れながら、農業委員会の皆様はじめ多くの委員の皆様、また地権者の皆様の意見を聞きながら、産業課のほうで担当します上流部会の中で、今後、調査とあわせまして進めていくという段階でございます。  以上でございます。 ◆委員(森亘君) 終わります。 もっと読む
2018-03-07 葛飾区議会 平成30年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日) ○(池田ひさよし委員) 昔から農道だとか水道だとかいろいろありますから大変でしょうけれども、ぜひこれについてはもう少し加速して対応してください。要望しておきます。  終わります。 ○(うてな英明会長) 政策企画課長。 ○(政策企画課長) 失礼しました。先ほど池田委員からの冒頭のご質問でございます。森永乳業東京工場設置が1957年、昭和32年の4月でございます。 もっと読む
2018-02-23 練馬区議会 平成30年  2月23日 予算特別委員会-02月23日−01号 ◆藤井たかし委員 練馬区の特質といっていいのか、過去に、あぜ道、水路、馬車道、農道等であったところが、一般的に赤道と言われていると思います。赤道が公図に入っていると知らないで、いざ相続や家を直したい、相続でなくても事情があって転売するなどというときに出てくるのです。   もっと読む
2018-02-02 福生市議会 2018.02.27 平成30年第1回定例会(第1号) 本文 一般的には、里道のうち、重要な里道のみを市町村道に指定して管理することとし、そのほかの里道である、けもの道や農道、小さな路地等は何ら位置づけをせず、管理のみを市長村が行うこととされました。  しかしながら、福生では、その他の里道を含めた全ての里道を重要な里道として、道路法上の道路である認定道路と位置づけました。 もっと読む
2017-12-11 葛飾区議会 平成29年建設環境委員会(12月11日) ほとんどが昔の狭小な農道が公道化したものでございました。そこで、本事業では、道路、公園等の公共施設整備、これを改善を行うことによりまして、計画的な市街地の形成によって災害に強く住みよいまちづくりをその目的といたしております。  事業の概要といたしまして権利者数としては158名、筆数は323筆、減歩率は11.82%、事業費は57.4億円でございます。   もっと読む
2017-10-10 江戸川区議会 平成29年決算特別委員会(第7日)-10月10日-07号 南側にも蛇道みたいな昔の農道があってそこに何軒かの民家がへばりついているような状況。 もっと読む
2017-10-10 江戸川区議会 平成29年決算特別委員会(第7日)-10月10日-07号 南側にも蛇道みたいな昔の農道があってそこに何軒かの民家がへばりついているような状況。 もっと読む
2017-10-06 江戸川区議会 平成29年決算特別委員会(第6日)−10月06日-06号 取付道路については、春江橋がもともとその農道だったところのつけかえのために橋が当時、新中川の開削のときにできたという経過もある中で、付近の道路は生活道路ということで歩道もないというような状況もございますので、その辺はまた、今、こうするああするという計画があるわけではございませんけれども、架け替えにあわせて地域の方にいろいろご説明する中で、さまざまな解決策によって安全をしっかり担保していきたいというふうに もっと読む
2017-10-06 江戸川区議会 平成29年決算特別委員会(第6日)−10月06日-06号 取付道路については、春江橋がもともとその農道だったところのつけかえのために橋が当時、新中川の開削のときにできたという経過もある中で、付近の道路は生活道路ということで歩道もないというような状況もございますので、その辺はまた、今、こうするああするという計画があるわけではございませんけれども、架け替えにあわせて地域の方にいろいろご説明する中で、さまざまな解決策によって安全をしっかり担保していきたいというふうに もっと読む