19670件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日文教児童委員会-08月29日-01号

学識経験者としましては、建築史、近代化遺産産業史、産業技術史、風景計画学などの専門の方が構成員となっておりまして、区民部会のほうは、町会連合会、産業連合会、商店街連合会、観光協会、地元自治会の方々がメンバーとなっていただいております。  次のページ、項番の3番になります。  保存活用計画の構成でございます。  

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

あとは、インバウンドとかいったら、やっぱりそこは観光とかも関係してくるし、さっき言ったように、120億円税収があって、それでどうっていったら、やっぱりいろいろなことがかかわってくるんだけれども、これから補助26号線が通って、その後再開発になってっていうようなときに、横断的にそれを見てくれるとか、あとは相談ができるような、そういう横断的な目で見る担当者がいないってことがとても困っているっていうことだったんですけども

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日区民環境委員会−08月27日-01号

そういったところでは、いろんな方を呼び込めますし、また板橋区、さまざまな観光資源も、特に赤塚のほうは収集しておりますので、そういったところ、観光客の方が訪れたり、地域の方が訪れたりをしている現実もございます。そういったところでは、そういった地域の方が集まって休憩したり交流したりする機能、こういうところもできればいいかなというふうには考えております。

江東区議会 2019-07-26 2019-07-26 令和元年オリンピック・パラリンピック推進特別委員会 名簿

   推 進 課 長    総 務 部 長        石 川 直 昭    (危機管理室長、被災者    支援担当部長兼務)    地域振興部長         伊 東 直 樹    地域振興部参事     市 川   聡                              (地域振興課長・区民協働推進                              担当課長事務取扱)    文化観光課長

葛飾区議会 2019-07-25 令和元年建設環境委員会( 7月25日)

葛飾区観光文化センター葛飾区山本亭及び葛飾区柴又公園の管理につきましては、平成26年度から平成30年度までを指定期間といたしまして、指定管理者による管理を行ってございます。このうち、区立柴又公園の管理業務につきまして、平成30年度の概要をご報告するものでございます。  続きまして、2、管理業務実績でございます。  

葛飾区議会 2019-07-22 令和元年総務委員会( 7月22日)

○(安西俊一委員長) 観光課長。 ○(観光課長) それでは私から庶務報告7号、葛飾区観光文化センター及び葛飾区山本亭指定管理者からの平成30年度管理運営報告の概要についてご報告させていただきます。庶務報告№2、産業観光部をごらんください。なお、資料の2ページ以降、別紙1ページから25ページに年次報告書を添付させていただいておりますので、あわせてごらんください。  初めに、1の報告趣旨でございます。

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 都市整備常任委員会-07月04日-01号

今後、具体の取り組みを示していこうと考えております、まちづくり基本計画の策定に向けましては、検討分野も都市整備の領域だけでなく、商業や業務、観光国際化、文化など多岐にわたることから、専門的な知見を有する学識経験者、町会や商店街等の地域関係団体代表、また三軒茶屋にかかわる民間の事業者、そして区の職員を検討委員会の構成メンバーとして考えております。  別紙1の裏面をごらんください。

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 区民生活常任委員会-07月03日-01号

二十九日については、今のところ、午前中、高雄市内を観光、どういった町なのかというのをしっかり見ていただきたいというので観光に当てて、日程の都合上、飛行機の関係上ありまして、午後には台北のほうに移動して、翌日、台北から帰国するような日程というふうに聞いております。

足立区議会 2019-07-03 令和 元年 第2回 定例会−07月03日-03号

記 1 足立区土地開発公社                  外5法人 ───────────────────── 1 公益財団法人足立区勤労福祉サービスセンター 1 足立市街地開発株式会社 1 公益財団法人足立区生涯学習振興公社 1 公益財団法人足立区体育協会 1 一般財団法人足立区観光交流協会 ───────────────────────              31足監発第528号               

武蔵野市議会 2019-07-02 令和元年 全員協議会 本文 開催日: 2019-07-02

周りの方に聞いても、ちょっとそういう感じが多かったので、言葉で考えると、こういう多様な文化の醸成、また、それぞれについては観光の推進だったり事業の推進という言葉が入っていることからすると、この言葉の使い方はどうなのかなと。実際には、新しい形とかということもあるので、その辺のところの議論としては、実際にはどういう形でお話がされていたのか。

町田市議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会(第2回)−06月28日-08号

     財務部長   堀  場     淳  防災安全部長 篠  崎  陽  彦     市民部長   今  野  俊  哉  文化スポーツ振興部長         黒  田     豊     地域福祉部長 神  田  貴  史  いきいき生活部長         奥  山     孝     保健所長   河  合  江  美  子ども生活部長         石  坂  泰  弘     経済観光部長

羽村市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 2019-06-28

沖縄県への観光客は1000万人、そのうち外国人観光客は300万人もおり、こうした沖縄県平和的発展こそが、戦火で3人に1人が犠牲になったという沖縄県のこれから求める未来像ではないでしょうか。昨日も、羽村市上空をオスプレイが何度も旋回飛行しており、危険きわまりありません。沖縄県同様に、米軍横田基地を抱える羽村市の基本方針は、基地の整理、縮小、全面返還です。

三鷹市議会 2019-06-28 2019-06-28 令和元年 第2回定例会(第5号) 本文

基地建設により観光への影響も免れず、有事の際は真っ先に標的になると考えられる。既に国は石垣島での地上戦について、敵が上陸し自衛隊員約2,000人が残存率30%に減るまで戦ったら援軍約2,000人が来て島を奪回する、といったシミュレーションをしていたことが国会で明らかになった。その際、住民の避難等には一切触れられておらず、さきの沖縄戦同様、多くの住民が犠牲となる可能性も懸念されるところである。  

稲城市議会 2019-06-27 令和元年長期総合計画検討特別委員会 本文 開催日: 2019-06-27

開催回数としましては、子育て教育専門部会5回、保健医療福祉専門部会6回、環境経済観光専門部会7回、都市基盤整備・消防防犯専門部会4回、市民行政専門部会6回となってございます。  本日は、長期総合計画策定の全体的な状況、スケジュールについて説明をさせていただきました。2030年の稲城を描く市民会議や市民意識調査など、個別の内容については、今後別途御説明することとなろうかと存じます。

八王子市議会 2019-06-26 令和元年_第2回定例会〔 後編 〕 2019-06-26

2020オリンピック・パラリンピック競技大会について    │ │   │ │       │ (1) 本市と東京オリンピック・パラリンピック          │ │   │ │       │  ア.本市が得られる各効果                  │ │   │ │       │  イ.これまでの取り組みと成果                │ │   │ │       │  ウ.観光振興

調布市議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日厚生委員会−06月26日-01号

今後、ラグビーワールドカップ、オリンピック等々、市外から多くいらっしゃる観光客の方含めていらっしゃると思うんですけれども、例えば都内23区、千代田区とか港区ですと、アスファルト上に過料も含めて書かれていたりするんですね。なので、そういったところも含めて市内の方のみならず、市外の方も認識していただけるような表示が必要なのかなというふうに感じます。  以上でございます。

東久留米市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-06-24

そして(e)として「障害者がレクリエーション、観光、余暇及びスポーツの活動の企画に関与する者によるサービスを利用する機会も有することを確保すること」と明記されています。  国会において担当大臣もこのように答弁しています。「余暇の活動に参加することを目的として適当な措置をとると規定されていることを尊重して政策を進めるべきと考えています」、このように国会でも述べられています。  

調布市議会 2019-06-24 令和元年 第2回 定例会−06月24日-06号

また、緑の機能や役割は、近年その多機能性をより多様な側面から捉えることや、その質をより向上させる取り組みが求められており、環境生物多様性保全、防災減災子育て教育健康福祉、コミュニティ形成、観光、にぎわい、歴史文化景観形成など、多くの分野において期待をされております。