329件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東久留米市議会 2019-03-22 平成31年予算特別委員会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

3項、下水道建設費、目1、下水道建設費の委託料は、雨水及び汚水施設の整備に要する経費及びストックマネジメント事業に要する経費を計上しており、工事請負費は、柳窪雨水幹線や黒目川左岸第一排水区枝線の整備に要する経費等となります。委託料、工事請負費の主なものといたしましては、平成31年度予算参考資料18ページ及び19ページを御参照ください。  

あきる野市議会 2019-03-02 平成31年第1回定例会3月定例会議(第2日目)  本文(一般質問)

しかし、荒川区や足立区を走る日暮里・舎人ライナーは長期計画のどこにもありません。この日暮里・舎人ライナーはどうして実現したかというと、手前みそですけれども、自民党の足立支部が動いて、提案して、実現したのです。今や東京都の交通局が運営しています。そういったように政治力のたまもの。この問題については役人の方々にはなかなか難しいのですね。政治家が動かないと全く動かないと思っています。  

江東区議会 2019-02-28 2019-02-28 平成31年予算審査特別委員会 本文

また、今年度に入り、本区において大横川左岸の富岡一丁目において、河川敷地へ川床設置及び運営について、現在2店舗の飲食店が準備を進め、お江戸深川さくらまつりの開催に合わせ営業開始予定と聞いております。  御質問の越中島公園のカフェ設置についても、規制緩和が進んだこともあり、また、隅田川や大横川での事例もあり、十分に可能性はあると考えております。

杉並区議会 2019-02-26 平成31年 2月26日災害対策特別委員会−02月26日-01号

◆大泉やすまさ 委員  あらかじめ備えておくというような話もありましたけれども、特に荒川流域だとかですと、主に台風に備えてというところもあろうかと思いますが、タイムラインの作成というのが非常に進んでいる。それについて、杉並区は今どういった状況にあるのか、ここも教えてください。 ◎防災課長 タイムラインにつきましても、やはりとても大事なことだと思っております。  

葛飾区議会 2019-01-23 平成31年建設環境委員会( 1月23日)

次に、都市整備部関係の庶務報告、日程第2、庶務報告2号、荒川高規格堤防整備事業(西新小岩地区)についてから、日程第4、庶務報告4号、都市計画道路補助第284号線の整備状況についてまでを説明願います。  街づくり計画担当課長。 ○(街づくり計画担当課長) それでは、荒川高規格堤防整備事業(西新小岩地区)について、ご報告いたします。恐れ入りますが、都市整備部庶務報告№1をごらんください。  

江戸川区議会 2018-11-07 平成30年11月 建設委員会-11月07日-08号

●案件  1 陳情審査 第104号・第108号・第109号・第110号・第111号・         第112号・第114号…継続  2 所管事務調査…継続  3 執行部報告  (1)総武快速線新小岩駅のホームドアについて(口頭報告)  (2)上一色・本一色・興宮町地区 安全な避難道路に関する線形説明会について  (3)東京外かく環状道路(千葉県区間)開通前後の区内交通量調査結果について  (4)荒川左岸取付歩道橋工事概要

江戸川区議会 2018-10-12 平成30年決算特別委員会(第8日)-10月12日-08号

ラムサール条約について、荒川と旧江戸川の河口に広がる367ヘクタールの干潟は、カモメや雁など2万羽以上の渡り鳥が飛来する葛西臨海公園ですが、高度成長期に工場水で水質が悪化したが、江戸川区民がその干潟を取り戻すため努力を重ねて現在のラムサール条約の都内初となる登録候補地となりました。こうした、すばらしい干潟を育ててきた地域関係者の努力が今や実ろうとしている。

目黒区議会 2018-09-12 平成30年企画総務委員会( 9月12日)

例えば荒川区は、猛暑対策として、これは生活保護だけじゃなくて65歳以上の高齢者のみ世帯を対象にエアコンの設置助成、5万円支給するということをやっています。目黒区に住む低所得者の高齢者は、今お金がないということで、暑い中でもエアコンがなくて我慢して過ごしてるかもしれません。最悪、熱中症になってしまうかもしれません。容易にそういうことが想像できたはずなんですよ。

狛江市議会 2018-09-07 平成30年第3回定例会(第17号) 本文 開催日: 2018-09-07

今から44年前の昭和49年9月,台風16号の洪水により多摩川が氾濫し,左岸の堤防が決壊して,狛江市の民家19棟が流失するという大水害が発生しました。「あばれ川」の異名を持つ多摩川のほとりに位置する狛江市は,水害の教訓を将来にわたって伝え,生きた防災対策を,生命を守る対策を将来世代までつなげていかなくてはならないと思います。  

羽村市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第1号) 本文 2018-09-04

羽村市においては、左岸とも右岸とも、そのほとんどがこの危険区域に入っているわけです。それで水防上、最も重要な区間となるAランクですから、これは右岸のほうの一部がAランクになっています。赤色で表示されていました。それで、重要な区間となるBランク。これはほとんど、羽村はずっと両岸になっている。  こういったところに、実はニセアカシアがいっぱい生育しているわけです。

狛江市議会 2018-09-04 平成30年第3回定例会(第15号) 本文 開催日: 2018-09-04

そのような中,8月22日には,隅田川や荒川の周辺にある江戸川区,墨田区,江東区,足立区,葛飾区の5区が西日本豪雨のような大規模水害が予測される際の被害想定を発表しました。その想定は,最大10メートルまで浸水し,2週間以上も水が引かない地域があり,西日本豪雨を上回るものになっていました。250万人の避難が必要になるということで,広域避難を呼びかけるとしています。  

江戸川区議会 2018-06-27 平成30年 6月 建設委員会-06月27日-03号

◆牧野けんじ 委員 108号についてですが、陳情原文の中で、大分前のことだと思いますけれども、住民意見交換会で当時の沿川まちづくり課長が説明をしたというような話が出てくるんですけれども、そのときの議事録該当部分というのが出せるかどうかというのと、それから、具体的にここで荒川右岸、平井七丁目、それから葛飾区柴又七丁目、それから市川三丁目とそれから北小岩一丁目北部の4件を具体的に示しておられるんですけれども

葛飾区議会 2018-06-15 平成30年建設環境委員会( 6月15日)

図面西側、荒川沿い、堀切四丁目の京成線荒川橋梁の箇所でございます。荒川橋梁により堤防が余裕高不足となっている箇所でございます。  ②以降は全て新堤防でございまして、築堤後3年以内の箇所となってございます。  まず、②でございます。図面中央、青戸七丁目、国道6号線中川大橋の右岸下流の箇所でございます。こちらは、平成30年6月まで工事後の経過観察としております。  次に、③でございます。

江戸川区議会 2018-04-17 平成30年 4月 災害対策・街づくり推進特別委員会-04月17日-10号

荒川第一調整池の彩湖の視察では、洪水を一時的にためておくことで下流部へ流れる洪水の量を減らし、安全な流れを保つために大変重要な役割を果たしていると学び、治水対策への意識を高める上では調整池の存在であったり、どのような機能を持っているのかといった情報を知ることも必要だと感じました。  

葛飾区議会 2018-03-07 平成30年予算審査特別委員会第3分科会( 3月 7日)

荒川区や世田谷区など他区では常設でフードドライブを実施しているところもありますが、それよりも地域が主体となって区内各地で地域力を生かしてフードドライブを実施することが食品ロスに対しても大きくつながっていくと思いますので、よろしくお願いいたします。それには区のサポートが大変重要になってまいりますので、具体的に区はどのようなサポートをしていただけるのかお聞かせください。

葛飾区議会 2018-03-02 平成30年予算審査特別委員会( 3月 2日)

先ほどお話あったマッチング事業については今度は国土交通省が所管しておりまして、それは特に河川というわけではないのですけれども、国土交通省の中には今度は荒川河川事務所というのが今度は荒川の本堤でもある東京都が管理している堤防について、やはりそこに国の高規格堤防なり河川防災ステーションなりも計画しているという事情がありまして、この2つの事業を調整する必要があります。