2133件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

東久留米市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第7日) 本文 開催日: 2019-03-26

しかし、年度間の財政調整の役割とともに災害時の緊急対応のためでもある財政調整基金が枯渇すれば、たちまち東久留米市は財政危機となります。そのときに共産党はどのような説明を市民の皆様にするのでしょうか。かつて財政危機宣言を発表し、市民説明会を行ったことを取り上げて、「東久留米市は財政危機でない」と主張して改革に反対してきたことを忘れてはならないと思います。  

東久留米市議会 2019-03-22 平成31年予算特別委員会(第5日) 本文 開催日: 2019-03-22

この音声応答装置なんですけれども、これは時間外に電話がかかってきた場合に自動的な音声で対応するということだと思いますが、例えば時間外でも緊急の対応等もある場合もあるのかなというふうに思いますが、そうした場合に、「時間外ですので」って終わってしまうと、なかなか連絡がとれない状況、緊急な状況というのもある可能性もありますが、そういった対応はどのようにするのか、何らかの対応が今のうちにもうあるのかどうかお

世田谷区議会 2019-03-19 平成31年  3月 予算特別委員会-03月19日-07号

教育委員会といたしましては、来年度より副校長を退職した者を教育嘱託員として教育センターに任用し、緊急の場合に臨時的に派遣したり、年度当初や学期末など昇任副校長の学校を巡回したりして副校長の業務の支援をすることで、管理職が学校経営を円滑に進められるよう努めてまいります。 ◆高岡じゅん子 委員 学校がブラック職場の代表のように言われる状態ではよい人材は集まりません。

町田市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第1回)−03月18日-05号

非常口はおおむね5キロメートルごとに設置され、緊急時の避難口、トンネル内の換気口などとして使用されるものでございます。  現在、小野路非常口と上小山田非常口の工事が行われております。小野路非常口は、2016年6月に工事説明会を開催し、同年8月に工事着手いたしました。現在は、工事現場の造成工事が完了し、非常口の躯体構築の工事が進められております。

杉並区議会 2019-03-15 平成31年予算特別委員会−03月15日-10号

GDPに関しても、3月8日に発表された平成30年10−12月期第2次速報値では、平成30年の年率換算で実質1.9%、名目1.6%と、微増との状況です。ブレーク・イーブン・インフレ率も0.218と、こちらもぎりぎりプラスを保っているという状況です。  

調布市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日総務委員会−03月15日-01号

◆大河 委員   いただいた速報のところにも、27年1月、総務省から発生主義、複式簿記の導入、固定資産を前提とした統一基準に財務書類が要請されているということですので、いずれしなきゃいけないことは明確なわけですから、それに向かって他市もやっているので、やっていっていただきたいということがあります。  

杉並区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号

◆はなし俊郎 委員  それでは、私のほうから、区民の生命にかかわる重要な施策について、地震対策、水害対策、交通安全対策、そして防災公園、時間があれば杉並区の交通について伺いたいと思いますので、よろしくお願いいたします。  区民の生活にかかわる重要な施策について、順次伺ってまいります。  昨年は、6月に大阪府北部地震、9月に北海道の地震、そして大きな被害をもたらした地震が各地で起こりました。

世田谷区議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算特別委員会-03月14日-06号

地震で大規模火災が起きる可能性が高い危険な密集市街地、これがゼロになったということで、これは恐らくいいことなんだろうなということはわかりますが、これまで世田谷区が言っていた災害対策の上で延焼を抑えなければいけない地域、それについてどういう対策をしていかなければいけないかということと、ここで報道されている地震で大規模火災が起きる可能性が高い危険な密集市街地というのは、どういう関係性になっているのかということを

大田区議会 2019-03-14 平成31年 第1回 定例会-03月14日-04号

その際、反対の立場から、第30号議案について、内閣府発表の景気動向の速報値が3か月連続で悪化するなど、今の状況下での増税は日本経済の崩壊につながりかねない。増税対策のためのプレミアム付き商品券発行に係る事務経費の補正予算には賛成できない。  

調布市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日総務委員会−03月13日-01号

平成31年度は、引き続き東日本大震災及び熊本地震や平成30年の西日本豪雨、台風21号、24号など近年の地震や風水害を教訓とした地域防災体制の充実と消防力、危機管理体制の強化を図るとともに、特殊詐欺を初めとする犯罪等への対策を進めることで、市民の生命や財産を守る責務を果たすため、各種の防災・防犯対策に取り組んでまいります。  それでは、平成31年度予算の主な内容について御説明いたします。  

大田区議会 2019-03-08 平成31年 3月  予算特別委員会-03月08日-01号

そんな中、今年1月にJNTOが2018年1月から12月までの訪日外国人旅行客数の実数を速報値として発表しました。累計3,119万1,900人ということで、過去最高なのですが、2018年の時点で既に3,000万人を突破したというのが、この訪日外国人旅行客数の推移であります。  

調布市議会 2019-03-07 平成31年 第1回 定例会−03月07日-03号

さらに、地震災害へのさらなる備えとなる緊急地震速報の校内一斉放送についてですが、都内23区の公立小・中学校や私立学校においては、緊急地震速報発令のとき、校内一斉放送する設備が導入されております。調布市内公立学校においては、職員室に設置された戸別受信機で防災無線から緊急地震速報を受信した後に、児童・生徒へ向け周知が図られるとされています。

あきる野市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会3月定例会議(第5日目)  本文(採決)

こうした中、平成30年度から取り組まれている地震発生時等におけるブロック塀等の倒壊による被害防止を図るためのブロック塀等防災対策促進事業が、昨年の補正予算に引き続き計上されております。さらには、消防団装備品整備など、計画的に防災力の強化に取り組まれていることは高く評価いたします。  また、防犯対策としましても、高齢者への特殊詐欺防止を目的とした自動通話録音機貸与事業が計上されています。

西東京市議会 2019-02-27 西東京市:平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 2019-02-27

なお、暮らしの便利帳につきましては、3月下旬からの全戸配布に向けて作成を進めており、防災情報につきましては、主に防災ガイド&マップに掲載の総合対策、地震対策、風水害対策の内容を整理し、災害への備えや災害時における行動など、いざというときのために役立つ情報を特集としてまとめ、これまでの暮らしの便利帳の内容を拡充し、発行する予定でございます。  次に、公園の防犯カメラについてお答えします。

江東区議会 2019-02-27 2019-02-27 平成31年予算審査特別委員会 本文

258 ◯豊島成彦委員  こちらはマスコミで昨日報道がありましたが、我が国の地震調査委員会は、青森県東方沖から房総沖の日本海溝で将来起きる地震の発生確率を公表しました。今後30年以内の発生確率は、宮城県沖のマグニチュード7.9程度の巨大地震が、ほぼゼロ%から20%に上昇したとのことです。

大田区議会 2019-02-27 平成31年 2月  羽田空港対策特別委員会−02月27日-01号

こちらの参加人数が、約668名ということで、速報でいただいております。2日、合計いたしますと、1,185名でございます。 ◆広川 委員 ちょっと長くなって申しわけありません。例えば、参加された方のご意見、感想みたいなものというのは、聞いていただいたりしていますでしょうか。

港区議会 2019-02-26 平成31年度予算特別委員会−02月26日

昨年の北海道胆振東部地震では、避難所でスマートフォンの充電ができないという課題が浮き彫りになりました。避難所での充電が間に合わず、地域のコンビニエンスストアが携帯電話の充電に協力していましたが、多くの避難者が列をなして並んでいる映像が全国に報道されました。  

江東区議会 2019-02-25 2019-02-25 平成31年予算審査特別委員会 本文

23 ◯山本香代子委員  地震対策と同様に、想定外の水害に対してもしっかり取り組みをしていただきたいと思います。  続きまして、地震体験車、起震車について伺います。  こちらの起震車は防災センターができた平成18年に購入したもので、今13年目を迎えております。

杉並区議会 2019-02-25 平成31年 2月25日総務財政委員会−02月25日-01号

◆佐々木浩 委員  それから、特例業務について、災害時、緊急時の想定をしているということでありますけれども、これも線引きがまだ曖昧だと思うんですよね。区長のほうから、これは特例業務該当だというような、緊急事態宣言じゃないけれども、何かの発令があって、それ以降の業務が特例だというような何かが必要だと思うんですけれども、その何かとは、どういうふうに考えたらよろしいでしょうか。