575件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2020-07-21 令和 2年 7月  総務財政委員会-07月21日-01号

次に、2、障害福祉サービス等に係る支援事業補正額は9,948万3,000円。  及び3、介護事業者支援事務費でございます。補正額は2億4,348万3,000円で、介護及び障害福祉サービス事業所等新型コロナウイルス感染症流行下におきましても安定したサービス提供を継続できますように、1事業所当たり30万円、入所施設は50万円の区独自の支援金を支給するものでございます。  

大田区議会 2020-03-04 令和 2年 3月  予算特別委員会−03月04日-01号

第3款福祉費です。予算額は1,552億5,848万3,000円で、対前年度比18億6,169万6,000円、1.2%の増でございます。  重点事業といたしまして、奨学金では高等学校等進学予定者に対する奨学金給付創設として4億9,753万2,000円。貸付・給付金事務費(福祉管理課)では、人材確保型特別減免制度創設として1,483万2,000円を計上しています。  

大田区議会 2020-02-27 令和 2年 2月  まちづくり環境委員会−02月27日-01号

まず、最初から説明させていただきますので、62、63ページの福祉費をご覧ください。  目2、災害応急費における補正でございます。  まちづくり推進部では、令和元年10月12日の災害救助法適用を受け、被災した区民のために、令和元年台風19号における住宅応急修理実施していることから、役務費及び委託料について新規計上いたしております。  

立川市議会 2020-02-27 02月27日-03号

現在まで数回の改正がなされているこの告示には、被服などの全国的に必要性を感じる装備もあれば、資機材運搬用そり除雪機など、必要な地域が限られている装備もあり、立川市消防団として必要なものの取捨選択が必要であると考えます。 また、自治会自主防災組織についても多様化を感じます。私が加入している自治会では、今年度防災訓練が2回にわたって行われました。

杉並区議会 2020-02-12 令和 2年第1回定例会-02月12日-01号

(イ)令和年度水防活動状況について      ・期間:平成31年4月1日~令和元年11月30日      ・配備態勢配備回数12回       (内訳)情報連絡体制   9回  都市型災害対策緊急部隊 1回           水防出動配備態勢 2回      ・従事者数369人、避難所開設3回、避難者数合計848人   エ 道路等除雪について    (ア)除雪作業実施基準       原則

武蔵野市議会 2019-12-05 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-12-05

6の6、精神障害者保健福祉手帳1級の方に心身障害者福祉手当を支給している自治体もありますが、本市では精神障害の方への支給はございません。精神1級では、ほぼ寝たきりの状態でないかと考えますが、なぜ精神障害者には心身障害者福祉手当を支給できないのか、お考えを伺います。  6の7、薬についての勉強会の開催について。

昭島市議会 2019-12-04 12月04日-04号

除雪作業実施に当たっては、都市整備部を中心に庁内連携もと、多くの職員作業を行っておりますが、一定の降雪量になりますと、人的対応が困難なことから、災害時における応急対策業務に関する協定に基づき、昭島市建設業協会除雪作業を依頼しております。 協会内において、除雪に必要な重機を有している事業所人的対応が可能な事業所に、積極的に協力していただき、早期の除雪に努めております。

杉並区議会 2019-12-02 令和 元年12月 2日災害対策・防犯等特別委員会−12月02日-01号

次に、杉並区社会福祉協議会におきましても、東京社会福祉協議会からの要請に基づき、被災地支援を行っておりますので、あわせて報告申し上げます。  まずは、千葉県の鋸南町へ、表記のとおり職員1名を派遣しました。また、栃木県佐野市にも、2名の職員を2陣に分けて派遣しております。  私からの報告は以上です。   

小平市議会 2019-11-27 11月27日-02号

三つ目ケースワーカーのうち社会福祉士と社会福祉主事資格を取得している人数でございますが、23人のケースワーカーのうち、社会福祉士の資格を有している者はおりません。また、社会福祉主事につきましては、全員が資格を有しております。 次に、児童虐待防止、監視ではなく支援拡充をの御質問にお答えいたします。 

西東京市議会 2019-09-25 令和元年決算特別委員会(30年度決算) 本文 2019-09-25

あと除雪関係でございますけれども、西東京市、基準につきましては、大雪が降って日々交通障害が起きるというような状況が毎年繰り返されるということではないということもございまして、現在まだ、どういうときに業者のほうに委託して除雪をしていただくのかというのと、市道だけではなくて都道等もございますので、今後東京都等とも連携等をしなきゃならない部分もあると思いますので、今後も引き続き調査研究していきたいというふうに

板橋区議会 2019-06-18 令和元年6月18日災害対策調査特別委員会-06月18日-01号

裏面の項番4、福祉避難所充実でございます。  現在、42施設協定を締結しまして、災害時に要配慮者を受け入れる体制充実に努めているところでございます。さらに、今後受け入れ施設をふやすとともに、備蓄物資が未配備になっている福祉避難所に、飲料水などの物資配備する予定でおります。  また、福祉避難所開設運営訓練についても、引き続き支援を行ってまいります。  

国分寺市議会 2019-06-12 令和元年 第2回定例会(第3日) 本文 開催日: 2019-06-12

障害福祉制度地域福祉仕組みとも連携して、補い合えるような支援体制が必要なのだと思っております。  他市の事例などもいろいろ調べる中では、国立市の事例ですが、国立市では障害者地域参加型介護サポート事業という東京都の包括補助金を活用した事業によってヘルパー派遣が行われています。教育現場とも連携した支援が行われておりますので、そのような仕組みの検討も必要ではないでしょうか。

武蔵野市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-03-26

4)市民税の税収は今後5年間ほど増加し続ける見通しとのことだが、増収分市民福祉向上に特化して充当していくと理解してよいか。答え、福祉だけに特化するのではなく、長期的な財政シミュレーションもとにして、時代や市民のニーズに対応した投資を行っていく。5)たばこ税増収対策協議会補助金を交付するなど、市たばこ税増収を図っている一方で、歳入の減額傾向は続いている。