運営者 Bitlet 姉妹サービス
27792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-11 港区議会 平成31年3月11日保健福祉常任委員会-03月11日 平成28年10月に社会保険の加入基準が緩和されてございます。それ以降、社会保険に移られる方も結構多くなってらっしゃいます。また、後期高齢者医療制度に移行される方もおりますので、減少傾向が続くものと考えてございます。 ○委員(清原和幸君) 所得割額についてですが、平成30年度予算では約41億円、平成31年度の予算額では42億6,000万円でよろしいでしょうか。 もっと読む
2019-02-21 港区議会 平成31年2月21日総務常任委員会−02月21日 また、給与や社会保障、税などに関しては、旧姓ではなく戸籍姓を使う必要があるため、2つの名前を管理するコストというもので、役所も企業も非常に多くの混乱を招いています。稲田朋美さんという自民党の国会議員が、この間、賛成ですと、私は反対でしたけれども賛成ですとおっしゃったのは、2つの名前を持つことによる社会的混乱を防ぐためと明言されました。  また、15ページの右側です。 もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号 」実施後も、児童福祉法第24条1項を守り、すべての子どもの権利を等しく保障することを求める陳情       27受理番号26 大規模開発、マンション建設などで、子育て世帯が集中している地域に認可保育園のすみやかな増設を求める陳情       27受理番号42 外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書の採択を求める陳情       27受理番号43 安心して暮らせる高齢者福祉施策の充実を求める陳情 もっと読む
2018-12-20 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第24号) 本文 開催日: 2018-12-20 │ │ その結果,社会保障予算は,本来ふやさなければならない自然増分まで削られて,生活保護の│ │切り下げや,年金や介護,医療の切り下げなど,社会保障制度は大きく後退してきている。  │ │ 一方,富裕層や大企業は優遇され,大企業の内部留保金が国家予算の4倍以上,425兆円にも │ │なるなど莫大な富を蓄積している。                            もっと読む
2018-12-18 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月18日−14号 市民に対しては、市の財政が厳しいからと社会保障を削減し、公共料金を引き上げ、最近では公共施設の統廃合までやっているではありませんか。もしも市長等のボーナスを引き上げられるような財政状況であるならば、市民に対して財政が厳しいから無理だとか、我慢してほしいという言い方はやめるべきだと思います。どこに税金を使うかという税金の使い道の問題だからです。   もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会〔 後編 〕 2018-12-18                                 │  厚生委員会付託  │ │       を求める請願       (平成30年11月26日受理)│           │ ├────────────────────────────────┴───────────┤ │請 願 者  八王子市追分町6-14 フォーラムはちおうじ303               │ │       八王子市社会保障推進協議会 もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会(第6日目) 本文 2018-12-18 他に、未納率の状況について問う発言、医療保険制度の一本化について問う発言などがありました。  続いて、採決に当たって意見を求めたところ、まず、反対の意見として、国民健康保険制度は持続可能な制度として、子や孫、さらに下の世代へとつなげていくことを前提とした、ともに支え合う制度である。 もっと読む
2018-12-18 日野市議会 平成30年第4回定例会(第7日) 本文 開催日: 2018-12-18 この議案は、社会保障と税の一体改革により、国民健康保険制度改革が実施されたことに伴い、国民健康保険税率等を見直すものです。国民健康保険運営協議会からの答申に基づき、条例の一部を改正するものです。  本条例は、平成31年4月1日から施行するものです。  ただし、第5条の7第1項の改正規定及び第11条第1項の改正規定のうち、地方税法を法に改める部分は、公布の日から施行をするものです。   もっと読む
2018-12-13 日野市議会 平成30年民生文教委員会 本文 開催日: 2018-12-13 半世紀にわたり国民皆保険制度を支えてきた国民健康保険制度ですが、少子高齢化や雇用環境の変化を初めとした社会構造の変化に伴い、社会保障と税の一体改革により国民健康保険制度改革が実行されました。  平成30年4月より都道府県単位での広域化が実施され、東京都が医療費の全額を負担するかわりに区市町村は納付金を納め、同時に納付金を保険税で徴収する場合の標準保険税率が示されるようになりました。   もっと読む
2018-12-12 清瀬市議会 平成30年 12月 建設環境常任委員会-12月12日−01号 その一つが過疎地での観光客に対する自家用車を使った有償運送サービスの制度拡充というものでございます。  具体的には、訪日外国人観光客を地方に呼び込むため、特区の認定を受けた区域では有償でのサービスの提供を認めると。つまりライドシェアのビジネスを認めるといった趣旨が改革案に盛り込まれております。   もっと読む
2018-12-12 清瀬市議会 平成30年 12月 議会運営委員会-12月12日−01号 ◆委員(斉藤あき子君) 来年の10月から消費税率が上がるということで、この上がった財源というのは社会保障に充てていくということで、既に3党合意しているということ、法律にも決まっているということですので、この意見書には反対をしていきたいと思います。 ○委員長(渋谷のぶゆき君) 風・生活者ネット。 ◆委員(石川秀樹君) この意見書に対しては、会派の中で意見が分かれます。 もっと読む
2018-12-11 清瀬市議会 平成30年 12月 福祉保健常任委員会-12月11日−01号 これは国民年金被保険者の産前産後期間の保険料を免除し、免除期間は満額の基礎年金を保障する制度が平成31年4月から始まることに伴い、システム改修に要する費用全額が国の交付金にて賄われることとなりましたので、歳出額と同額を増額するものでございます。 ○委員長(原田ひろみ君) 次に、佐藤子育て支援課長。 もっと読む
2018-12-10 日野市議会 平成30年第4回定例会(第6日) 本文 開催日: 2018-12-10 このような水災害による被害は、近年増加傾向にありまして、その拡大要因として自然環境の変化、また都市化や高齢化社会の進展が考えられます。  今回の質問では、このような災害が日野市において発生した場合、1、災害時要支援者の避難行動について。  2、ブロック塀の倒壊により小学生が亡くなる事故が発生しましたが、日野市内のブロック塀の改修状況。   もっと読む
2018-12-10 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−23号 御質問の郷土愛という項目につきまして、中学校の学習指導要領では「郷土の伝統と文化を大切にし、社会に尽くした先人や高齢者に尊敬の念を深め、地域社会の一員としての自覚を持って郷土を愛し、進んで郷土の発展に努めること」というように記されております。   もっと読む
2018-12-10 八王子市議会 厚生委員会(12月10日) 本文 2018-12-10 本施設の指定管理者の候補者を決定するため、地方自治法及び八王子市指定管理者制度導入に向けた基本方針その2に基づき、更新制度による事業者の選定を行いました。更新制度は、施設職員と利用者との人的な関係が継続かつ密接な施設として一部の福祉施設に認められた制度でございます。ただし、更新制度を活用する場合においても、自動更新ではなく、評価会議を開催し意見聴取を行うこととされております。   もっと読む
2018-12-10 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第23号) 本文 開催日: 2018-12-10 例えば2040年度の社会保障給付費は2018年度から69兆円増え,190兆円にも上るという試算もございます。そうした状況の中で住民の暮らしや地域経済を守るためには,医療,介護,インフラ整備などの住民サービスを地方自治体が持続可能な形で提供し続けることが不可欠です。」   もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 混乱を招く複数税率や中小零細業者などに新たな消費税納税の義務と手間のかかる事務負担を負わせる「インボイス制度」も大問題。わざわざ戻すぐらいなら増税などしなければいいのです。  「社会保障のため」と言いますが、消費税は社会保障拡充に使われてきませんでした。安倍自公政権が削減し続けてきた社会保障費は少なくとも3.9兆円。医療、介護、年金を削りに削ってきました。 もっと読む
2018-12-07 日野市議会 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2018-12-07 これは、今日、環境政策における予防の原則として確立している考え方だと思いますし、実際、一旦地下水の流れを人工的に変えてしまったとき、それを元に戻す、復元できる保障はないわけであります。そうした疑いがある限り手を出さないという原則をはっきりさせる必要があるというふうに思います。 もっと読む
2018-12-07 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第22号) 本文 開催日: 2018-12-07 2019年10月の消費税率10%への引き上げが決まりましたが,その目的は,少子高齢化に伴って増大する社会保障費の安定財源を確保することです。さらに,幼児教育の無償化を初め教育費負担の軽減にも充てられます。  公明党は,全世代型社会保障制度の構築という観点から,軽減税率の実施で所得の少ない人に配慮しつつ,消費税率を引き上げざるを得ないと考えてきました。 もっと読む
2018-12-06 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−04号 多文化共生を私も訴えておりますが、日本社会で生活していく上では、当然ルールは外国人にも守ってもらわなければならないし、不正を許すわけにはいきません。一方で、福祉や教育などの基本的な人権は外国人にも保障すべきと考えます。  外国人が日本で暮らす上で三つの壁があると言われております。言葉の壁、制度の壁、心の壁の三つですが、今回は制度の壁に関して議論していきたいと思います。   もっと読む