17238件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

全てのことが解決できるようなところまではいけないにしても、板橋区としても段階的に、その政策がより具体的な部分という形に落とし込めていくと思いますので、例えば今年度中に何ができるというところではございませんが、例えば岐阜市で申しますと、交通戦略の中に、例えば2005年に交通総合政策をつくって、その後、総合戦略をというものをつくり上げて、それを第1次、第2次、第3次という形で積み上げていく中で、多分、制度

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日企画総務委員会-08月27日-01号

要するに実際に交付されているのは4分の1程度、我々のほうは法律に基づくものなので100%保障しろということで申し入れておりますけども、そこら辺のところの意見の相違といったところでございまして、今後東京都のほうの動きも見ながらここら辺のところを改善していきたいというところで考えてございます。

板橋区議会 2019-08-27 令和元年8月27日健康福祉委員会-08月27日-01号

長寿社会推進課長   陳情第14号の状況でございますが、23区における状況について、改めて確認をしましたところ、補聴器購入の助成制度、検討してるという区が3区ございます。文京区荒川区、足立区でございます。その他の区については何らの動きはございません。  以上でございます。 ○委員長   陳情第14号に追加署名が123名あり、合計221名となりましたので、ご報告いたします。  

杉並区議会 2019-08-01 令和 元年 8月 1日保健福祉委員会−08月01日-01号

基礎自治体である杉並区が、社会問題化している保育施策のリードオフマンとして役割を果たしてきたことを高く評価をいたしたく存じます。  そして、国においては、幼児教育における保育の無償化を進めるに至りました。  まず初めに、区は今後、幼児教育における保育の無償化について、その意義をどのように捉えているのか、お示しをいただきたいと存じます。

八王子市議会 2019-07-05 次世代支援・高齢社会対策特別委員会(7月5日) 本文 2019-07-05

こういった現状の中で、これまでの取り組みをそのまま続けているのでは、こういった社会保障を持続可能性のあるものにしていくことはできないということで、私どもとしては地域包括ケアシステムを強化するという観点で、4つの視点、自助、共助、公助、これらはこれまでもあったわけですけれども、それに加えて、互助の視点を加えてさらなる強化に取り組んでいきたいというふうに考えているところでございます。  

狛江市議会 2019-07-04 令和元年第2回定例会(第12号) 本文 開催日: 2019-07-04

何を申し上げたいかというと,技術は新しくなり,それに伴い社会環境も人の生活も大きく変化するだけの年数が経過しているのです。にもかかわらず,政治だけなぜ23年前の取り決めを根拠にするのか。  世界状況も大きく変化しております。アメリカは北朝鮮と対話を始め,トランプ大統領は日米安全保障条約アメリカに不利な条約とまで発言し,日米安全保障条約の意義すら迷走している時代です。  

世田谷区議会 2019-07-04 令和 元年  7月 福祉保健常任委員会-07月04日-01号

指定管理者社会福祉法人世田谷区社会福祉事業団でございます。  事業の実施状況につきましては記載のとおりでございます。  3から5までが特別養護老人ホームの事業に関すること、6から8までが老人短期入所事業に関することを記載しております。芦花ホームにつきましては、改修工事の実施に伴いまして、特別養護老人ホーム平成三十年六月から平成三十一年四月までサービスを休止しておりました。  

武蔵野市議会 2019-07-02 令和元年 全員協議会 本文 開催日: 2019-07-02

それから、6番の第六期長期計画における基本課題等についての課題Cのところで、自助、共助、公助のことについてちょっと書いてあるのですけれども、自助論というのは主に、一般的には2つの分野で言われていて、1つは社会保障の分野でよく自助努力だと、それから2つ目は災害の分野なのですけど、社会保障の分野で、この長期計画では自助だということは書いていないので、これは一定の見識だと思うのです。

町田市議会 2019-06-28 令和 元年 6月定例会(第2回)−06月28日-08号

制度が変わるので、そのところは精査の上、今後仕事の割り振りはきちんとしたいとのことでした。  次に、委員より、会計年度任用職員になることによって、給与等の改善は出てくるのかとの質疑がありました。担当者の説明によれば、期末手当の支給が制度に伴って、新たに改善されるところである。

足立区議会 2019-06-27 令和 元年 6月27日文教委員会-06月27日-01号

足立区では、平成30年度の大学入学者等からを対象とした助成型の育英資金制度を創設いたしました。この助成型の制度は、これまで助成要綱において規定を整備し運用してまいりましたが、これを見直し、条例において貸付型と助成型の両制度の規定を整備することといたしました。  主な改正内容といたしましては、まず条例名から貸付を削除すること。

足立区議会 2019-06-26 令和 元年 6月26日産業環境委員会−06月26日-01号

1点目は、社会の変化とニーズに合わせた区内経済の活性化であります。  オリンピック・パラリンピックがいよいよ来年となり、新たな需要やビジネスチャンスも見込まれます。積極的に魅力ある産業資源を発掘し、伸ばし、区内外に広めてまいります。  また、足立区の立地や地域特性を生かしつつ、新たな起業や創業、新たな製品開発が区内で進むよう支援してまいります。  

武蔵野市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-26

また、官製ワーキングプアと呼ばれる働く貧困層が社会問題化しているが、本市ではそのような方々の存在を把握しているか。答え、嘱託職員が467人、アルバイトは190人である。ワーキングプアの有無については、働く方の環境にもよるため、なかなか判断しにくい。報酬単価は、他市や民間の状況も鑑みて決定しているため、その額は適当であると考えている。2)今回の制度改正で市の歳出はどのぐらいふえるのか。