13604件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

あきる野市議会 2019-12-12 令和元年福祉文教委員会 本文 2019-12-12

市長は先日の東京都知事との意見交換の際に、やはり誘致したいというお話をされました。でも、されていくに当たっては、あの検討委員会なりをしっかり、今までの方針と変わりますから、あの委員会を再度開くなりして、そこでのステップを踏んだ上で、改めて都知事とか、東京都のほうに提案されるのが筋だと思います。この手続論とかには異論はないというか、その手続論でいくということでよろしいですよね。

あきる野市議会 2019-12-05 令和元年第1回定例会12月定例会議(第5日目)  本文(採決)

提出先、内閣総理大臣財務大臣総務大臣国土交通大臣、国土強靱化担当大臣内閣府特命担当大臣防災)、東京都知事。  以上でございます。よろしくお願いいたします。 146: ◯議長(天野正昭議員) これをもって提案理由の説明を終わります。  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。              

あきる野市議会 2019-12-04 令和元年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

2) 11月13日の都知事との意見交換会において、市長は、公約に掲げた秋川高校跡地への福祉施設の誘致を要望したところ、関係部署と相談してほしいと知事に言われたとのことでした。市長は今後どのように取り組んでいくのでしょうか。  (3)いじめ・不登校対策について  いじめ問題等は、将来にわたり子どもや保護者に大きな傷跡を残します。

あきる野市議会 2019-12-03 令和元年第1回定例会12月定例会議(第3日目)  本文(一般質問)

11月15日の都議会会計決算特別委員会で我が会派の池川友一都議が議会で、しゅんせつや樹木の伐採などの対策を拡充するよう小池知事に求めたことを紹介させていただきます。  池川都議は、多摩地域河川でのしゅんせつ量が2002年度までは年1万立方メートルも超えていたのだそうです。

あきる野市議会 2019-12-01 令和元年第1回定例会12月定例会議〔資料〕

│ │  │       │ 2) 11月13日の都知事との意見交換会において、市長は、 │ │  │       │   公約に掲げた「秋川高校跡地への福祉施設の誘致」を要望 │ │  │       │   したところ、「関係部署と相談してほしい」と知事に言わ │ │  │       │   れたとのことだった。

江戸川区議会 2019-11-15 令和元年11月 災害対策・街づくり推進特別委員会-11月15日-06号

緊急放流する際はいろいろな決め事があって、おおむね1時間前に、これ河川法の48条で規定されているんですが、ダム放流通知というのが、下流の関係知事、関係市区町村長、それから関係警察署通知する。それから一般の市民にも通知することになっていまして、ダムから下流2キロぐらいまではサイレンを鳴らせるなどして、音響で反応させて見えるような形をしております。

あきる野市議会 2019-11-14 令和元年第1回定例会第6回臨時会議(第1日目)  本文(採決) 2019-11-14

ただ、きのうもちょっと東京都知事のほうで市長との意見交換がございまして、その中で、冒頭に今回の台風19号の被害のこともおっしゃっておりました。最後にも19号の被害について支援をするという発言もございましたので、できれば総合交付金の枠を、これは期待でしかないのですけれども、ふやしていただければなという期待をしたいというふうに考えております。  以上です。

世田谷区議会 2019-11-12 令和 元年 11月 福祉保健常任委員会-11月12日-01号

現在引用しております児童福祉法の第三十五条では、市町村厚生労働省令で定める事項を都道府県知事に届け出て、児童福祉施設を設置することができるとしてございます。このたび区が児童相談所の設置市となったことに伴いまして、同じく児童福祉法第五十九条の四第一項で、都道府県が処理することとされている事務政令で定めるものについては、児童相談所を設置する市で処理するものと規定をされております。

板橋区議会 2019-11-05 令和元年11月5日健康福祉委員会-11月05日-01号

長寿社会推進課長   国のほうの動き、ちょっと把握しておりませんけども、東京都のほうの動向としまして、ことし6月の東京都知事の都議会での答弁で、情報バリアフリーガイドラインを策定し、高齢者の聞こえの支援を推進していくというような、前向きなご答弁があったようでございます。  また、福祉保健局長の答弁で、補助ですよね。

板橋区議会 2019-11-05 令和元年11月5日企画総務委員会-11月05日-01号

方々が命の危険にさらされたという場合にも、板橋区は何もできないという状況が、今の現状だと残されているということで、ガイドラインの改定などもなされているんですが、本来は国内法が適用できるにもかかわらず、それもされていないという実態もある中で、根本的にはガイドラインの改定や合同会議の開催があっても、実情としては変わらないという実態があって、どうしても日米地位協定の改定が必要なんだということの趣旨で、全国知事

豊島区議会 2019-10-17 令和元年決算特別委員会(10月17日)

また、この無電柱化は、小池百合子東京都知事もずっと提唱されてきたものでもあります。先般15日に、行われました道路大会でも、この無電柱化の取り組みが報告をされまして、当初3年間で1,400キロの整備を予定していたものを、1,000キロふやして2,400キロの整備を行うというふうに国土交通省からの発表もございました。  

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 企画総務分科会-10月15日-01号

実際に、要請となりますと、東京都知事を通じて、出動の要請をやることになると思いますけれども、そういった内容となってございます。  あと、区のほうで行います防災管理のほうにも関係機関として出席をしていただいておりまして、そこでも連携を深めているというところでございます。

板橋区議会 2019-10-15 令和元年10月15日決算調査特別委員会 区民環境分科会-10月15日-01号

次に、ちょっと防犯カメラのことをお聞きしたいんですが、所管が多分危機管理室のほうになると思うんですが、東京都町会連合会からも、東京都に対して、防犯カメラの設置費、維持管理費の要望も出ていますし、私も昨年、一昨年と議長を務めさせていただいて、議長会からも防犯カメラの設置費、維持管理費の全額無償について、議長会からも要望させていただいて、当時の川澄副知事とか、名前を出しちゃっていいのかわからないですけど

板橋区議会 2019-10-11 令和元年第3回定例会-10月11日-03号

2013年4月26日には都庁に赴いて、安藤副知事を介して当時の猪瀬都知事に要望書と署名を提出してまいりました。このように15万人近い多くの区民が熱望した事業でもございます。  現状、大山駅周辺地区におきましては、延焼遮断帯の形成など、防災性の向上に資する補助26号線が先行して国の事業認可をとり、用地買収などの具体的な整備が既に進捗しております。

杉並区議会 2019-10-11 令和 元年決算特別委員会−10月11日-10号

辺野古米軍新基地建設の強引なやり方に、沖縄では保守勢力も分裂をし、故翁長前知事にかわる玉城デニー県政の誕生、衆議院補欠選挙に見られるように、日本政府沖縄県民の怒りが集中しました。民意を否定し、民主主義をないがしろにする国政の状況だからこそ、地方自治体が、地方自治と住民の命と財産を守る役割を果たさねばなりません。  

江東区議会 2019-10-09 2019-10-09 令和元年清掃港湾・臨海部対策特別委員会 本文

今度は、最後に3つ目ですが、豊洲市場の開場、去年の10月11日の開場日、これを了承するか否かというときには、3月末までにスキームをきちんと決めますから、お願いしますということで長谷川副知事がお見えになって、お約束をした。これもそれ以降、全く進展がない。こういうことはしっかりと知事に申し上げてきました。  

板橋区議会 2019-10-07 令和元年10月7日子ども家庭支援調査特別委員会−10月07日-01号

もう一つ確認なんですけれども、東京都福祉保健局のほうのホームページを見ると、児童相談所とはというところの下に、児童相談センターとはというふうになっていて、児童相談所の中でも、中央的な児童相談所として都道府県知事が指定することができますよということで、センターということの名前が出てきた。

世田谷区議会 2019-10-07 令和 元年  9月 決算特別委員会-10月07日-05号

さらに言えば、平成二十六年九月十九日に厚生労働省老健局から各都道府県知事宛てに出された文書である「今後の認知症高齢者等の行方不明・身元不明に対する自治体の取組の在り方について」という文書の中の個人情報の取り扱いに関することという箇所でもこの条文に触れており、これに類する条例規定の解釈情報共有化を行っているところもあるので参考にしてくださいという指針が示されております。