運営者 Bitlet 姉妹サービス
5672件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-22 港区議会 平成31年2月22日交通・環境等対策特別委員会−02月22日 請願で私たちが訴えていることは、今読み上げていただきましたとおりですが、港区に対しては、新ルートがもし実行された場合、実際に区民生活にどのような影響を与えるのかを独自に調査していただき、住民の痛みに沿った行政を行っていっていただきたいと思います。 もっと読む
2018-12-18 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月18日−14号 また、この再編の推進にはこれまでの取り組みの延長では立ち行かないことから、市民の皆様にも痛みを共有していただきながらも、大胆な発想で大きな政策転換を行っていくことの重要性を認識し、市議会においても市と一緒になって取り組んでいるわけであります。  さて、福祉センターは昭和46年に開館し、これまで2度の増築が行われ、多くの市民に利用されている施設と認識しております。 もっと読む
2018-12-07 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第22号) 本文 開催日: 2018-12-07 どちらの検査も痛みやかゆみもなく,検査による負担が全くないものです。また新生児スクリーニング検査については,赤ちゃんの聴力の異常を早期に発見し,適切な治療につなぐことができる重要な検査と認識しております。 もっと読む
2018-12-05 日野市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日: 2018-12-05 そして、その痛みに心を寄せるべきではないでしょうか。  今回の質問に先立って、日野市の18歳未満の子どもの均等割の総額について問い合わせましたところ、総額6,942万2,400円と伺いました。約7千万円あれば全ての子どもの均等割をなくせるということです。日野市の財政力から言っても、十分可能な数字ではないでしょうか。低所得者や子どもに対する市独自の減免制度の拡充を強く求めて、次の質問に移ります。   もっと読む
2018-12-03 武蔵村山市議会 平成30年 12月 全員協議会-12月03日−01号 根本厚生労働大臣におかれましては、福島県出身ということもありまして、住民の皆さんの痛みは、原発の問題で私も十分認識している。武蔵村山市民の願いを重く受けとめて、移転について早期に検討を進めさせていただきますという強いお言葉をいただいたところでございます。  以上でございます。 ○議長(高山晃一君) 須藤君。 もっと読む
2018-11-30 港区議会 平成30年第4回定例会-11月30日-16号 小学校一年生では肩や足、小学校五年生、中学校一年生になると肩の次に背中や腰の痛みを訴えています。児童・生徒の成長にも影響があります。置き勉などの対策をさらに進める必要があります。答弁を求めます。  全国各地で取り組まれているランドセルよりも軽いリュック型のかばんの採用についてです。埼玉県本庄市立藤田小学校では、ほとんどの児童が黄色いリュックを使っています。 もっと読む
2018-11-13 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第6日目) 本文 2018-11-13 アメリカの調査では、体重の10%以上になると背中の痛みが増すという結果が出ているということも一般質問で取り上げております。そのときの教育長の答弁では、小・中学生のかばんについては、教育委員会としても児童・生徒の過度の負担となるような重さについては課題があると認識をしている。 もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 自分では、どんなに頑張ってもまぶたを開くことはできず、無理やり開くと痛みで失神してしまうのだそうです。しかも、目が酢酸や塩酸、硫酸に常時浸されているような激しい痛みがずっと続いているのだそうです。さらに、目だけではなく全身に痛みがあって、1日の大半は床に伏して生活しています。ところが、今の制度のもとでは、この方は視覚障害とは認められていません。身体障害者手帳や障害基礎年金が受けられていません。 もっと読む
2018-10-01 小金井市議会 2018.10.01 平成29年度決算特別委員会(第4日目) 本文 是非、そういう痛みを伴うルート変更であれば、丁寧にこれは行っていく必要があるということだけ意見を述べさせていただきます。  保管所の件は了解しました。  第2地区の件なんですが、大規模小売店舗立地法の説明会があったということで、これは大変な事態ですが、分かりました。結果をまた教えていただきたいと思いますが、あと、理事長の件は分かりました。是非今後とも、私たちはこの開発には同意はしていません。 もっと読む
2018-09-25 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第7日 9月25日) 先ほどの答弁の中でも、ノートが大きくなったりとかありましたが、この教科書自体のページ数が中学校は2002年から比べると、2016年では1.5倍、小学校も1.6倍にそのページ数がふえているということと、やはり3割の子どもたちが痛みを通学等に感じると。 もっと読む
2018-09-07 青梅市議会 平成30年定例会  9月 定例議会-09月07日−07号 さらに申し上げますと、何でも無料の公共サービスが最高であるという価値観は既に終わりを迎え、受益者負担を痛みとするのならば、その痛みを皆で分かち合った50年先を見据えた未来への投資という価値観へとステップアップを図っていかなくてはなりません。   もっと読む
2018-09-06 小金井市議会 2018.09.06 平成30年第3回定例会(第5号) 本文 おたふくかぜは耳の下が腫れ、痛みや発熱などを引き起こす病気ですけれども、ワクチンを接種することで予防が可能となっております。例えば、これに罹患して難聴になりますと、一生に関わることにお子さんがなってしまうわけであります。 もっと読む
2018-09-03 狛江市議会 平成30年第3回定例会(第14号) 本文 開催日: 2018-09-03 つまりメディエーションは,痛みを伴う対立ストーリーから当事者たちを引き離し,彼らの望むオルタナティブな関係性ストーリーにもっと関われるよう,援助する営みと言える。  関係性を変えていく方法としては,隠れた興味関心を見つけて問題解決を図るといったやり方もあるが,ナラティヴ・アプローチでは,そうしたことはせず,新たな足場掛けを通して関係性のストーリーを移すことを目指す。 もっと読む
2018-08-21 足立区議会 平成30年 8月21日産業環境委員会−08月21日-01号 あの周辺の人たちの痛みっていうのは、どうしてもわからない。  ただ、伊藤参考人はあの近くいらっしゃったし、それでまさに私も今住んでいて、改めて3年ぐらい前からこういう実態なのだなというのはわかって、これを掘り起こしさせていただきました。   もっと読む
2018-08-01 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 8月 1日) 角が危なくなっていますので、こちらにカバーをするとかそういった対策で、あるいは腰かけなどに活用するといったことで、触れて痛みがないような、危なくないようなことで今考えております。  以上でございます。 ○佐藤委員  ありがとうございます。排水のほうはわかりました。出入り口も防犯上ということでわかりました。   もっと読む
2018-06-29 品川区議会 平成30年_第2回定例会(第2日目) 本文 2018-06-29 「緩和ケア」という言葉は、以前はがん終末期のケアという認識が一般的でしたが、現在では、がんと診断された時点から治療と並行して行うことにより、患者やその家族のさまざまな痛みやつらさを和らげ、支えることを意味しており、クオリティー・オブ・ライフ、生活の質の向上や延命にも効果があるとされています。  先日、先進的に緩和ケアに取り組む2か所の施設を会派で視察しました。   もっと読む
2018-06-28 小平市議会 平成30年  6月 定例会-06月28日−05号 市民の皆様からどのような厳しい意見や要望が市長に直接あったのか、どう市民の痛みを受けとめたのか、市民に新たに手数料を負担していただいてでも実施しないといけない、その理由を自分の言葉で市民に直接語りかけ、御理解を得るための努力をしたのか、本日に至るまで全く伝わってまいりません。ごみ問題は市民の日々の生活に直結する問題です。市長の政治姿勢の猛省を求めます。   もっと読む
2018-06-27 台東区議会 平成30年第2回定例会-06月27日-付録 │ ├──┼──────────────────────────────────────────┤ │ A │自分の意見をしっかり伝えられ、自尊感情を大切にすることが、人の痛みや相手の気持ち  │ │  │を思いやり、人を大切にすることに結び付くこと、などを理解させようと道徳の授業や総  │ │  │合的な学習を中心に取り組んでいる。                          もっと読む
2018-06-27 武蔵野市議会 2018.06.27 平成30年第2回定例会(第5号) 本文 CRPS(複合性局所疼痛症候群)の難病指定を要望する意見書  CRPS(複合性局所疼痛症候群)は、手足などに激しい持続的な痛みを伴う病気です。骨折などの外傷や手術、採血などの医療的行為による神経損傷をきっかけとして、慢性的な痛みと浮腫などの症状を引き起こすもので、発症原因については諸説あり、痛みへの対処自体も難しく、治療法も未確立です。 もっと読む
2018-06-20 荒川区議会 平成30年度定例会・6月会議-06月20日−01号 日本を二分した戊辰戦争というこの大きな内戦の痛みを経て発足した明治政府は、脱亜入欧、富国強兵の政策によって、帝国主義に脅かされる側から帝国主義戦争の覇者を目指す道を歩きました。  孫文は「日本が西洋覇道の鷹犬となるか、東洋王道の干城となるか」と言いましたが、日本はアジアの人々の期待を裏切って前者の道を歩んだ結果、アジア諸国地域との関係に今日まで続く傷を残したのではないでしょうか。   もっと読む