731件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

杉並区議会 2019-03-14 平成31年予算特別委員会−03月14日-09号

◆はなし俊郎 委員  平成17年9月の集中豪雨の際には、河川沿いの地下室にいた人が溺れそうになって助け出されたというふうに記憶しておるんですけれども、半地下マンション、こういう部屋にいたときに消防隊に救助されるという報道や、阿佐谷周辺では、地下にある店が雨水でいっぱいになっちゃったというところを記憶していますけれども、低地での地下室、半地下の建築指導というのはどのように行っているのか。

港区議会 2019-03-08 平成31年度予算特別委員会−03月08日

その関連事業として実施されている(仮称)日の出ふ頭小型船ターミナル整備計画は、民間事業者が東京港・日の出エリアにおけるにぎわい創出と舟運活性化を目的としており、東京都港湾局が所有する日の出埠頭の一部で用地使用許可を受け、建物と広場を整備し運営を行うもので、ことし7月に開業予定とのことです。  

港区議会 2019-03-04 平成31年度予算特別委員会−03月04日

○委員(杉本とよひろ君) 調査の優先順位として、緊急輸送道路をはじめ役所や病院、警察、消防署、学校、さらに国道や都道のアクセス路線、また、「ちぃばす」も含めたバス路線も重要な路線と考えますが、この辺も調査対象に含まれているのか、その点をお願いいたします。 ○高輪地区総合支所まちづくり課長(近江善仁君) 今回対象となっている2車線以上の道路は、区道の中では広幅員の道路となります。

大田区議会 2019-02-27 平成31年 2月  防災安全対策特別委員会−02月27日-01号

表のとおり、防災安全対策特別委員会の委員長、副委員長をはじめ、指定地方行政機関、陸上自衛隊、東京都、警視庁、区、教育委員会、東京消防庁、消防団、指定公共機関、指定地方公共機関、公共的団体、その他区長が必要と認めるということで委嘱をされている5名の方で構成をされております。  1ページ目にお戻りください。

港区議会 2019-02-25 平成31年度予算特別委員会−02月25日

私は、7年前に社団法人を立ち上げ、東京港に流通する船舶燃料をマンションや病院に分配する仕組みをつくり、その運用に取り組んでいますが、残念ながら、運用面において、消防法を全てクリアするところには至っておりません。海上では消防法が適用されないのです。そこにある燃料ホースなどは全て規格品ではないので、陸上に持ってきたときに、消防署と大きな摩擦を生むということなのです。  

港区議会 2019-02-15 平成31年第1回定例会−02月15日-03号

これらの収納庫は消防団の資機材がおさめられています。  平成十二年四月一日に施行された、東京都の特別区の消防団における設備資材の管理に関する規則第二条では、消防団が使用する設備資材及びその管理に関する基準は、消防総監が定めるものとされています。しかし、港区内には消防団資機材置き場として貸し出しをしている倉庫等は四十五カ所あり、八カ所は消防庁の管理ですが、残りの三十七カ所は区の管理となっています。

江東区議会 2018-11-29 2018-11-29 平成30年第4回定例会(第13号) 本文

訓練は、災害協力隊のほか学校、PTA、消防団等による実行委員会形式で運営しており、委員会における意見等を受けて、当日の訓練内容を決定しております。  例えば昨年度行った深川三中での訓練では、避難路の道幅が狭いため、災害時の避難に車両規制と交通誘導が必要であるとの委員からの意見に基づき、車両規制を伴う訓練を行うなど、各地域の意見や特性を反映した訓練となるよう配慮しております。  

江東区議会 2018-11-28 2018-11-28 平成30年第4回定例会(第12号) 本文

さらに、6月の清掃港湾・臨海部対策特別委員会において、都より、「今年度中を目途に、地下鉄8号線延伸のための事業スキームの構築に向け取り組んでいく」との方針も示され、具体的な進捗が図られたところであります。  また、本区が平成22年度より積み立てている8号線建設基金については、今年度末には累計60億円に達します。

品川区議会 2018-11-16 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第7日目) 本文 2018-11-16

それから、例えば現在は、さまざまな許可がイベントならオーケーだけれども、それが1年とかそういうスパンになってくると、どうしても港湾局だとか国土交通省などから全力でイベントの延長みたいな形で許可をいただいてこないとできない。気合いの問題みたいな話もあるけれども、ここら辺のご見解をお聞かせいただきたい。  

葛飾区議会 2018-09-28 平成30年危機管理対策特別委員会( 9月28日)

また、右側のページに移りまして、高潮による氾濫についてということで、東京都の建設局、港湾局のほうで発表しました、高潮による氾濫について、図面を記載してございます。  1枚目の表面へお戻りください。3番の公表及び広報でございます。(1)としまして、江東5区長による共同記者会見を終えてございます。江東5区広域避難推進協議会後に江東5区長が共同で記者会見を開催し、平成30年8月22日に行いました。

目黒区議会 2018-09-21 平成30年決算特別委員会(第6日 9月21日)

○清水土木工事課長  現在、区のほうでは、区内42カ所で、区民の方々、消防団の方々が活用できる土のうを4,800袋、区内に配置しております。その中の状況でいきますと、先日の大雨のときなんですけれども、区のほうに土のうの配布要請というのがありましたのが10軒ございまして、区から配布したというのが209袋という状況でございます。

江東区議会 2018-09-20 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第9号) 本文

さらに、この救助用ボートを使用する際の取り決め、すなわち住民への貸し出しはもとより、災害救助に当たる消防署や消防団との連携に関する協定も進める必要があると思いますが、いかがでしょうか。  次に、老朽化したブロック塀の問題について伺います。  6月の大阪北部地震の発生により、高槻市で小学校のブロック塀が倒壊し、小学校4年生の女児が犠牲となってしまいました。  

豊島区議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第10号 9月19日)

また、安全・安心のさらなるまちづくりの推進を目指して、9月10日には東京芸術劇場において、区内警察・消防署の協力の下合同テロ対策訓練を行い、538名もの多くの区民の皆様の参加の下に、テロ阻止決起大会の開催に加えて避難誘導訓練、テロリストの検挙等の訓練を実施いたしました。

大田区議会 2018-09-19 平成30年 9月  まちづくり環境委員会-09月19日-01号

こういった形でこれ以上の密集を防いで、安全な避難路、消防活動が有効な活動ができるようなまちづくりができるような地区計画ということで、現在、こういう内容になってきたと考えてございますので、これを都市計画の手続を進めていくことによって、羽田のまちが燃えにくく、安全に避難できるまちに変わっていくものと考えているとこでございます。

大田区議会 2018-09-14 平成30年 第3回 定例会−09月14日-02号

港湾区域では、東京都港湾局と連携を図り、防潮堤の耐震対策や水門の廃止に向けた防潮堤の整備を進めています。また、内川では水門排水機場の耐震・耐水対策が行われており、呑川と海老取川では防潮堤の耐震対策が行われております。区は、出水期を迎える際に、昨今の大規模な災害の教訓を踏まえ、各関係機関と風水害連絡会議を開き、情報共有を行い、緊密な連携体制を構築しております。