6081件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大田区議会 2019-06-11 令和 1年 6月  議会運営委員会−06月11日-01号

趣旨といたしましては、東急多摩川線の各踏み切りの混雑・渋滞解消を求めるということ。特に、沼部駅とその周辺の危険性の除去を求めるというものでございます。交通安全についてを調査事件としてございます、交通臨海部活性化特別委員会に付託する案でございます。  続きまして、元第29号 国連の「沖縄県民は先住民族」とする勧告の撤回を求める意見書の提出を求める陳情でございます。

目黒区議会 2019-05-29 令和元年都市環境委員会( 5月29日)

これまで区では、平成21年度から23年度にかけまして太鼓橋下流にある悪臭や白濁化の原因となる貧酸素層を解消するため、高濃度酸素水の実験を品川区と合同で行いまして、さらには平成28年、29年度に水深が浅い区域の臭気対策として、河床の泥土の改善を目的とした実験を行ってきたところでございます。  

大田区議会 2019-05-27 令和 1年 5月  まちづくり環境委員会-05月27日-01号

例3のように、一部を交換して無接道用地の解消に活用するなどの方法を想定しています。  この事業により、地区内の用地取得を積極的に行い、道路や公園の整備を加速させるとともに、無接道用地などの建て替え促進につなげてまいります。  最後のページでございますけれども、羽田地区における防災まちづくりの事業の概要がございます。右側の四角の中が事業の概要になっております。

板橋区議会 2019-05-23 令和元年第1回臨時会−05月23日-01号

しかし、区内にある36か所の踏切のほとんどが、ピーク時1時間当たりの遮断時間が40分以上のいわゆる「開かずの踏切」であり、これらの踏切は、交通渋滞の発生や踏切事故の危険性、市街地の分断など、まちの魅力低下の一因となっています。

町田市議会 2019-03-28 平成31年 3月定例会(第1回)−03月28日-09号

町田市は昨年、国保の赤字減額計画を決めたが、国からは繰入金をいつまでに解消するかなどの具体的な指示はない。昨年は、町田市の国保税の通知後、20日間で国保に対する市への問い合わせや苦情が電話だけで865件もあった。また、国保税滞納の新規差し押さえは、2017年度、1,078件となり、2015年度の1.9倍にもなった。国保税の市民負担は既に限界を超えていると言える。

三鷹市議会 2019-03-26 2019-03-26 平成31年 第1回定例会(第5号) 本文

り組みの推進、宮下橋の架け替えに向けた仮設工事の実施などの都市再生プロジェクトの推進 (2) 地域ケアネットワーク推進事業の充実と発展、多世代交流センターを拠点とした多世代交流事業の実施などのコミュニティ創生プロジェクトの推進 (3) 特殊詐欺被害防止に向けた自動通話録音機の貸与、木造住宅耐震助成制度の要件緩和などの安全安心プロジェクトの推進 (4) 私立認可保育園の運営支援、学童保育所待機児童の解消

世田谷区議会 2019-03-22 平成31年  3月 予算特別委員会-03月22日-08号

現在、事業を進めております第Ⅰ期区間において、下北沢のまちづくりの中心部の区域であり、大変複雑な権利関係が入り組んでおり、相当の期間を要するものという認識のもと、まずはⅠ期区間の早期完成を目指し、この区間の事業、まちづくりに丁寧に集中していくことをもって、再開発をめぐる不毛な議論の解消に向かうと判断したものです。  

町田市議会 2019-03-19 平成31年 3月定例会(第1回)−03月19日-06号

若干遠回りにはなりますが、今のバス停がある道は30キロ制限、旭町ルートは40キロ制限であり、滝の沢西の交差点手前の渋滞がなければ、時間的にはさほど変わらないのではないかと予想しますし、都市計画道路3・3・36号が開通すれば、それも緩和されると考えています。  そこで伺います。  (1)町田駅からバスを利用した場合、今現在の市民病院前のバス停は市民病院から距離がある。

町田市議会 2019-03-18 平成31年 3月定例会(第1回)−03月18日-05号

また、長年の課題である保育園の待機児解消は、町田市独自の制度もつくりながら拡充してきたのは認めます。でも、まだ2019年度は不確定だと考えます。2019年度、不足する地域への認可保育園の増設も含めて検討し、抜本的に解決を目指すべきだと考えます。  ゼロ、1、2歳の待機児解消の策として、小規模保育所も導入しました。

調布市議会 2019-03-18 平成31年 3月18日総務委員会−03月18日-01号

限られたマンホールを有効に活用していかなければいけないということを考えますと、女性用のトイレ、男性用のトイレもそうですが、の渋滞対策には、何といいましょうか、決定的な解消に、1つの解消法にはなろうかというふうに考えていますので、導入については検討してまいりたいと思っております。  以上でございます。

目黒区議会 2019-03-18 平成31年予算特別委員会(第7日 3月18日)

今、実施計画で進めております段差解消といいますのは、歩道見ていただきますと、車道から一段、やはり15センチぐらい高く上がってるマウントアップ型の以前につくった歩道の形の段差解消という形であります。  この勾配の基準につきましては、目黒区が管理する道路における移動円滑化の基準を定める条例ですとか、東京都福祉のまちづくり条例に基づいて一定の勾配の基準が決まってございます。

調布市議会 2019-03-15 平成31年 3月15日建設委員会−03月15日-01号

けさも結構渋滞しているんです。もちろん、よりよい道路改良のためなんですけど、やっぱり渋滞している人からすると、何の工事をやっているのとよく聞かれるんですよ。これについてはホームページでも詳しく書いていないので、よくわからないよということなんです。何のために、市民のためですけど、具体的にどのように改良しているのかということをもう一度教えていただけますか。

大田区議会 2019-03-13 平成31年 3月  予算特別委員会−03月13日-01号

◎水井 子ども家庭部長 区では、待機児童解消を区政の最優先課題と位置づけ、保育サービス定員の拡充に取り組んでおります。  区が、平成22年から平成30年にかけて整備した施設数は、認可保育所59施設、小規模保育所26施設、認証保育所14施設に上り、定期利用保育事業も27の施設で開始されました。  

大田区議会 2019-03-08 平成31年 3月  予算特別委員会-03月08日-01号

その結果、西口ではバリアフリーの観点から、広場南側の円形段差を解消し、歩行者動線の改善と活用しやすいオープンスペースの確保を目的に整備を実施しました。  東口は、ゆとりある歩行者空間の確保、地下自転車駐車場やタクシープールの整備のほか、バス降車場の集約による交通結節点機能の向上、交通島広場のイベント等への活用によるにぎわいの創出などを主な目的として整備してまいります。