運営者 Bitlet 姉妹サービス
1634件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-14 日野市議会 平成30年環境まちづくり委員会 本文 開催日: 2018-12-14 水銀とか塩化水素、それから、ダイオキシンとか二酸化炭素や二酸化窒素とか、様々なものがやっぱりクリーンセンターのほうから出てくるということは、実は、環境影響評価の文書を読ませていただいて、初めて、こんなにもたくさん出てくるのかということがわかりました。息子はもう大きくなりましたけども、大人になりましたけども、近くのところでも、やっぱりぜんそくを持っているお子さんが大勢いらっしゃいます。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 また、現在は電気自動車のほかに水素自動車も実用化が進められております。水素自動車は、電気自動車と同じく災害時に発電機として利用が可能であり、発電量自体は電気自動車を上回っております。また、燃料としては充電ではなく水素の補給であり、停電時も燃料補給ができること、電気自動車よりも燃料補給が早く済むことという利点があります。実際に、札幌市役所では、水素自動車発電による携帯電話の充電がされていました。 もっと読む
2018-11-12 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第5日目) 本文 2018-11-12 また、電柱につきましては、水素などで劣化するものもあるのですが、品川区内にはそのような特別対策柱といわれるようなものはないというふうに区としても確認しております。 もっと読む
2018-10-22 港区議会 平成30年10月22日建設常任委員会-10月22日 ○委員(池田たけし君) さらに、社会システムがだんだん変化していく今、電気自動車が随分増えてまいりまして、まちなかにも充電できる場所をつくる、あるいは水素ステーションもつくっていくということによって、さらに低炭素化が前進していくと思うのです。 もっと読む
2018-09-04 豊島区議会 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会( 9月 4日) 平成29年度現在、大気汚染防止法に基づき基準が定められているものは、表の上からばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素となっております。水銀につきましては、平成30年3月までは法律による規制はありませんでしたが、独自に自己規制値を定め管理しておりました。  調査結果でございますが、ばいじん、硫黄酸化物、塩化水素につきましては全て不検出でした。 もっと読む
2018-08-21 武蔵野市議会 2018.08.21 平成30年 厚生委員会 本文 あと、これ自体がこれからなのですけれども、もう一つの今注目されているエネルギーとして、水素などのエネルギーがあるかと思うのですが、その辺にも今後伸ばしていくのかということと、うちが小規模であるので、隣のふじみのごみ処理場もありますけれども、もっとそういう広域で連携して、地域間で、自己託送ができるということは広域に考えられるということではないかと思うのですけれども、そういう連携も今後見通していくのかというのをお もっと読む
2018-06-29 町田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月29日-08号 まず、委員より、共生推進事業費について、新たに市内に水素ステーションを誘致するとあるが、場所はどこかとの質疑がありました。担当者の説明によれば、現在、事業者のほうで地権者と交渉しており、南地区で進めているとのことでした。   もっと読む
2018-06-27 葛飾区議会 平成30年議会運営委員会理事会( 6月27日) 昨年の9月に強行された北朝鮮による大陸間弾道ミサイル装着用の水素爆弾実験に対しても、葛飾区議会は強く非難するとともに、国際社会が度重なる核実験や弾道ミサイルの放棄を求めてきた中で核実験を行った暴挙に対し、抗議文を送付したところであります。  一方、昨年7月、国連において核兵器禁止条約が採択されました。 もっと読む
2018-06-27 練馬区議会 平成30年 第2回定例会-06月27日−06号 更に、本委員会は、近年、省エネなどエネルギーの効率的利用を進めるとともに、太陽光や風力など地域の資源や特性を生かした、さまざまなエネルギーの導入によるエネルギー自給率の向上や災害時における地域のエネルギー源の確保、水素エネルギーを利活用した社会の実現に向けた活動を積極的に進めている福岡県を視察し、更なるエネルギー政策の充実について調査・研究を深めたところであります。   もっと読む
2018-06-20 清瀬市議会 平成30年  6月 議会運営委員会-06月20日−01号 あらゆる再生可能エネルギーやその補完電源となる水素や蓄電池なども取り入れつつ、2030年以降の新たな技術革新などの可能性も視野に入れた再生可能エネルギーの主力電源化を目指していくべきではないかという思いもありまして、この意見書には反対させていただきます。 ○委員長(渋谷のぶゆき君) 次に、議員提出議案第27号 横田基地へのCV22オスプレイ配備に関する意見書(案)を議題といたします。   もっと読む
2018-06-20 町田市議会 平成30年建設常任委員会(6月)−06月20日-01号 新たに市内に水素ステーションを誘致されますけれども、場所はどこに誘致されるのでしょうか。その内容をお聞かせください。 ◎環境・自然共生課長 場所でございますが、水素を設置する事業者のほうで地権者と交渉中ということで、南地区のほうで今交渉を進めております。 もっと読む
2018-06-19 大田区議会 平成30年 6月  総務財政委員会-06月19日-01号 水素ステーションを併設した店舗ということで、大田区池上に28年にオープンしてございます。これは、全国ではほかに1店しかなく、全国でも2店というふうになってございます。  また、右側のほうでございますが、地域の住民の方も利用可能となっている、従業員向けの保育園、こちらのほうが店舗の2階にあるものがございます。 もっと読む
2018-06-18 大田区議会 平成30年 6月  地域産業委員会-06月18日-01号 それで水素が噴き出たなんてあるので、あれさえも耐用年数を延ばしているわけです。危ないなと思うのですけれども、多分いろいろなことで乗り切ろうとしているのでしょう。本当はやってはいけないと思いますけど。そういうことをやれる、区の一級建築士の皆さんを含めて、技術者が少なくなっているのがわかるのですけれども、そういう区の弱体化が、維持しようとする様々なメンテナンスが薄くなってきているのではないか。 もっと読む
2018-06-15 台東区議会 平成30年 6月交通対策・地区整備特別委員会-06月15日-01号 ◆中澤史夫 委員 資料を見させていただいて気になった点が一つだけあるんですけれども、建築物の用途の制限の中で、ガソリンスタンド、これは多分、水素ステーションとか、電気自動車のEVステーションは含まれるんでしょうか。 ○委員長 まちづくり推進課長。 もっと読む
2018-06-12 町田市議会 平成30年 6月定例会(第2回)-06月12日-02号 ◎環境資源部長(水島弘) 町田市では、環境負荷の低減を進めるため水素エネルギーの普及にも取り組んでございます。そのため、水素エネルギーに関するイベントや環境学習、講演会などを行っています。2017年度では、水素の専門家をお招きして、講演会や実験を通して学生たちにわかりやすく伝える環境学習などを開催いたしました。   もっと読む
2018-05-28 世田谷区議会 平成30年  5月 オリンピック・パラリンピック・環境対策等特別委員会-05月28日-01号 3の水素社会の実現に向けた取り組みとしまして、燃料電池自動車の活用として、小学校での出前講座や避難所運営訓練等での外部給電機能の紹介、移動式水素ステーションの運用と水素エネルギーの紹介リーフレットを発行してまいります。   もっと読む
2018-05-25 練馬区議会 平成30年  5月25日 清掃・エネルギー等特別委員会-05月25日−01号 現在のところ、電気自動車、水素自動車を含めて、今は4台ですけれども、近いうちに安全・安心パトロールカーの7台が電気自動車になりますので、当面は10台の電気自動車、水素自動車の確保ができます。  それに加えて、区民の協力の車が出てくれば、概ね10か所を二日間程度は何とか回せる範囲にならないかと考えています。 もっと読む
2018-05-18 武蔵野市議会 2018.05.18 平成30年 厚生委員会 本文 また、リチウムイオン電池以外のアルカリ乾電池ですとかニッケル水素電池も発見されております。  次に別紙3をお願いします。こちらは、東京消防庁のリチウムイオン電池の発火実験についてでございますが、上の部分がドローン用の互換バッテリーをほかの充電器を用いて充電した場合、時間が経過すると発火するという事例が挙げられております。 もっと読む
2018-05-09 目黒区議会 平成30年都市環境委員会( 5月 9日) これは、目黒川において臭気発生要因を把握するため、硫化水素連続調査、臭気調査、水質調査等を下記の表、項目、目的、期間によりまして多角的に検証することによりまして、悪臭を抑制するための実現可能な対策の検討に生かしたいというふうに考えております。   もっと読む
2018-04-10 豊島区議会 平成30年環境・清掃対策調査特別委員会( 4月10日) このうち大気汚染防止法に基づき基準が定められているものは、表の上からばいじん、硫黄酸化物、窒素酸化物、塩化水素でございます。水銀につきましては、平成30年3月までは、法律の規制はございません。清掃一組では、平成30年4月の法規制施行前から法規制に準じて、排ガス中の水銀を管理しているところでございます。 もっと読む