運営者 Bitlet 姉妹サービス
34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-04-25 世田谷区議会 平成30年  4月 区民生活常任委員会−04月25日-01号 今年度につきましては、まず、本館におきましては、現在開催中の「人間・山辰雄展―森羅万象への道」と題しました企画展を初め、「没後四十年 濱田庄司展」、それから「向井潤吉 人物交流記」、「ブルーノ・ムナーリ」展、「田沼武能写真展」といった五本の企画展を予定しているところでございます。   もっと読む
2018-03-06 足立区議会 平成30年予算特別委員会-03月06日-04号 時間潰しや趣味、娯楽から研究調査まで目的も極めて多彩で、古今東西、森羅万象、あらゆる趣味と興味と知的関心に対応可能、短時間の立寄りから、長時間にわたる滞在まで自分の居場所がある。これらの特徴を生かして、図書館はまちづくりだけでなく、地方自治、生涯学習、情報社会といった様々な局面への広がりを見せる地域への活動拠点に変わりつつあると。 もっと読む
2017-11-28 墨田区議会 平成29年 第4回定例会(11月)-11月28日−02号 確かに近年では、すみだジャズフェスティバルや「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称、すみゆめ)のような、今までとは違ったつながりの「きずな」や「えにし」が広がっているのも事実であり、すばらしいことであるとは思いますが、こうしたつながりは、どうしても一つの課題を中心としたものになりがちで集まらざるを得ません。   もっと読む
2017-11-27 墨田区議会 平成29年 第4回定例会(11月)-11月27日−01号 現在実施されているまちなかアートプロジェクト「森羅万象 墨に夢」事業については外部委託であり、財団は一部事務局として関わっているにすぎません。本来こうした取組こそ文化振興財団が実施し、区民の誰もが身近に文化・芸術に触れ、鑑賞できる機会をつくる役割を担っているはずであります。  東京2020までの3年間、墨田区の文化・芸術を一層振興させる上で、文化振興財団の使命・役割は大きいと思います。 もっと読む
2017-10-27 墨田区議会 平成29年  決算特別委員会-10月27日−01号 続きまして、54ページ、区民生活費、文化振興費、文化振興諸費、5、「隅田川 森羅万象 墨に夢」開催経費について伺います。  こちらは、実行委員会形式で行っていると伺いました。経費の主な使い方について。併せて、財源の内訳もお知らせください。 もっと読む
2017-10-17 墨田区議会 平成29年  決算特別委員会-10月17日−01号 また、北斎美術館の開館に合わせて「隅田川 森羅万象 墨に夢」を開催し、文化芸術人材・団体・施設とのコラボレーション等を行うとともに、北斎をイメージした、障害者によるアート作品を公募した北斎アート展「みんな北斎」を平成28年12月9日から3日間開催し、3,130名の来場がありました。   もっと読む
2017-09-13 町田市議会 平成29年文教社会常任委員会(9月)-09月13日-01号 続く春の大規模企画展「森羅万象を刻む」という展覧会では、6,200人の目標に対して6,572人、夏の風刺画展と「小野忠重コレクション展」については、当初2つ別々の目標設定を考えて、合わせて1万2,800人の目標を立てておりましたが、同時開催であったために人数の数え方も少し変えまして、5,556人に終わりました。 もっと読む
2017-03-21 墨田区議会 平成29年  区民文教委員会-03月21日−01号 ◎区民活動推進部長(鹿島田和宏君)   今回のすみゆめプロジェクト、「隅田川 森羅万象 墨に夢」というのが正式名称です。この文化プロジェクトについては、北斎美術館開館に際して始めた事業です。そういったことについては、この北斎美術館のアウトリーチ活動、北斎美術館を拠点とした文化芸術活動という一環の中でこの基金を使わせていただければと考えています。   もっと読む
2017-02-06 武蔵野市議会 2017.02.06 平成29年 厚生委員会 本文 その中で電気を消すとか、裏紙を使うとかということが進んできたのですが、さっきも申しておりますが、自治自体はもう本当に市における森羅万象がありますので、教育活動ですとか啓発活動ですとか、その辺がISOではかれないというのが私たちはジレンマとして持っておりましたので、そこも含めて今後、もう十数年やっております武蔵野の環境保全というもので市民の皆さんに市の活動を明らかにして、ごらんになっていただいて、環境市民会議 もっと読む
2016-11-28 墨田区議会 平成28年 第4回定例会(11月)-11月28日−02号 また、すみだ北斎美術館の開業イベントの「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称、すみゆめ)や、「すみだ川ものコト市」などを見て回ると「これ、墨田区なの」という感覚を覚えます。これもシティプロモーションの一角なのかもしれません。  新しいことを始めようとすると必ず異論や反論が出てきます。 もっと読む
2016-10-05 港区議会 平成28年度決算特別委員会−10月05日 各款審議から総括質問、態度表明まで、各会派、委員の皆様の積極的かつ深みのあるやりとりに、改めて区政の諸課題が多岐にわたり、森羅万象、さまざまであると感じました。  運営に際しましては、不慣れゆえにご迷惑をおかけする場面も、もしかしたらあったかもしれませんが、皆様方のご理解とご協力のもと、最後まで一生懸命務めさせていただくことができました。 もっと読む
2016-09-21 墨田区議会 平成28年  区民文教委員会-09月21日−01号 なお、以上のことにつきましては、プロモーションのロードマップ及び「隅田川 森羅万象 墨に夢」のロードマップといたしまして、別紙1及び2として添付させていただいてございますので、ご参照ください。  4、ミュージアムショップの展開についてでございます。   もっと読む
2016-09-14 墨田区議会 平成28年 第3回定例会(9月)-09月14日−02号 具体的には、新たなすみだらしい多様な文化芸術活動を幅広く区内で展開する文化芸術プロジェクト「隅田川 森羅万象 墨に夢」(通称すみゆめプロジェクト)を実施します。このプロジェクトは、北斎や隅田川をはじめ、地域の魅力を発見し、楽しみ、さまざまな表現活動を生み出す人たちをつなぐ事業です。   もっと読む
2016-06-21 墨田区議会 平成28年  区民文教委員会-06月21日−01号 文化芸術振興関係につきましては、「隅田川 森羅万象 墨に夢」と題し、北斎の誕生日である9月23日から開館までをメイン期間に、区と実行委員会の共同主催方式で企画提案型の文化芸術プロジェクトを展開してまいります。 もっと読む
2016-03-16 町田市議会 平成28年文教社会常任委員会(3月)-03月16日-01号 2016年度につきましては、4月の春の大型企画展につきまして、西洋作品と日本の版画家の作品を盛り込んだ「森羅万象を刻む-デューラーから柄澤齊へ」というエングレイビングという非常に特殊な版画の技術、技法を使った作品を集めた展覧会を計画しております。   もっと読む
2013-03-11 港区議会 平成25年度予算特別委員会−03月11日 六つしつけは、6歳までには挨拶の仕方や箸の持ち方など一通りの作法を身につけさせよという意味、九つ言葉は、9歳までにはどのような人にも失礼でない言葉遣い、口のきき方を教えよという意味、文十二は、12歳までにいろは48文字を自在に操れ、数字、納付書などさまざまな文章の書き方ができるようにという意味、理、ことわり十五で末決まるは、15歳までに、ただ覚えるだけではなく、森羅万象あらゆるもののことが理解できるように もっと読む
2012-01-13 武蔵野市議会 2012.01.13 平成24年 第五期長期計画審査特別委員会 本文 【内山委員】  3日目になりまして、かつて武蔵野市で長期計画の策定委員長をされた方が、「長期計画には森羅万象があらわれる」というふうにおっしゃったという話を何かの雑誌で読みましたのを、改めて、今回の審査に当たって私は思い出しました。大変難しいです。 もっと読む
2011-06-06 清瀬市議会 平成23年  6月 定例会(第2回)-06月06日−01号 社会現象、経済現象、自然現象、森羅万象すべてに向かい合って、当事者意識を持って行動し答えを探していくことだと思っております。  人間の意識には力があります。ですから、当事者意識がまず大切です。そして当事者意識の集まり、その集合は想定外に大きなパワーを発揮するはずだと思います。   もっと読む
2010-12-03 練馬区議会 平成22年 12月 3日 文教委員会-12月03日−01号 ◎新しい学校づくり担当課長 こちらの計画の中でも、まさに、考え方としては委員ご指摘の部分があろうかと思ってございますし、その中に出てきました、まさに「桜から学ぶとは」ということで、「森羅万象 偉大さを桜という樹木を通して謙虚に学ぶ」という考え方の中で教育目標を決めているところでございます。   もっと読む
2009-06-09 町田市議会 平成21年 6月定例会(第2回)-06月09日-04号 そのときに、やはり担当者の言葉から、私もそのときにちょっと気になったのは、政治的な問題がかかわる、例えば自治基本条例でありますとか、男女平等でありますとか、そういう関連のものについて、それでは鳥取県立図書館ではどういう判断をして情報提供しているのかという質問をしてみましたら、森羅万象という言葉が返ってきまして、そのときの、右の意見が多ければ、そういう文献が多ければ、やはりそのまま市民に参考文献として もっと読む
  • 1
  • 2