73件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

西東京市議会 2019-03-27 西東京市:平成31年第1回定例会〔資料〕 2019-03-27

5 旧姓通称使用を認める企業内閣府調べで半数以下。各種免許証や健康保  険証、登記簿、一部国家資格などでは旧姓使用が認められていない。法的根  拠のない旧姓と、戸籍姓との煩雑な使い分け、いわゆる二重氏使いは本人のみ  ならず、管理・事務側での手間とコストの増大を招いている。

武蔵野市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会[ 資料 ] 開催日: 2019-03-26

法│ │的根拠のない旧姓と、戸籍姓との煩雑な使い分けは、管理・事務側での手間とコストの増大を招い│ │ています。また、通称併記による対応は、改姓した側の婚姻状態を知らしめることになりプライバ│ │シー侵害につながります。                                │ │ 何よりも夫婦同姓は「日本の伝統」ではありません。

武蔵野市議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-03-12

また、男女ともに、姓が変わることによって失う利益が大きいと感じ、結婚後は旧姓通称として使う方々がふえていることを考えるとき、たとえ少数であっても別姓を希望する方がいるならば、そこに配慮し、選択肢を広げるのが政治責任ではないでしょうか。  さらに内閣府世論調査においても、選択的夫婦別姓を導入するための法改正に賛成、または容認する方が増加する傾向にあることも、これを後押しすると考えます。  

港区議会 2019-03-12 平成31年第1回定例会−03月12日-05号

主な内容は、区における選択的夫婦別姓制度に関する調査結果について、マイナンバーカードへの旧姓併記が可能となることに関する区の対応について、日本人外国人の婚姻では別姓となることの根拠及び日本人同士が婚姻して離婚した場合の姓の取り扱いについて等であります。質疑終了後、態度表明を行いましたところ、自民党議員団の二島委員及び都民ファーストの会の榎本委員より、継続審査とすべき旨の意見が述べられました。

港区議会 2019-03-11 平成31年3月11日総務常任委員会-03月11日

主な内容は、区における選択的夫婦別姓制度に関する調査結果について、マイナンバーカードへの旧姓併記が可能となることに関する区の対応について、日本人外国人の婚姻では別姓となることの根拠及び日本人同士が婚姻して離婚した場合の姓の取り扱いについて等であります。質疑終了後、態度表明を行いましたところ、自民党議員団の二島委員及び都民ファーストの会の榎本委員より、継続審査とすべき旨の意見が述べられました。

東久留米市議会 2018-12-19 平成30年予算特別委員会(第1日) 本文 開催日: 2018-12-19

これは、マイナンバーカードへの旧姓併記対応及び国民年金制度にかかわるシステム改修について、補助金額が決定したことから財源更正をするほか、生活保護法の改正及び心身障害者医療費にかかわる法改正に伴う福祉総合システムを改修することから、システム修正委託費を増額するものでございます。  目11、研修福利費、大事業7、臨時職員・嘱託員社会保険料等事務は435万円の増額でございます。

江戸川区議会 2018-12-04 平成30年12月 総務委員会-12月04日-11号

歳入「款」ですので、国庫支出金ということで、41ページにあたると思うんですけど、生活振興費の補助金社会保障を税番号制度システム整備費国庫補助金ということで、住基・個人番号制度推進課の担当ということなんですけど、この事前のご説明で、いわゆるマイナンバーカードといいますか、だけではないかもしれないんですけど、このマイナンバーカードに旧姓併記する、そのためのシステム改修費ということで、2,880万2,

北区議会 2018-10-02 平成30年  決算特別委員会-10月02日−07号

それ以外で行ったものということで、主なものを申し上げますと、マイナンバーカードへの旧姓併記対応、これは今も続いておりますけれども、平成二十九年度実施分でございます。それから、毎年のように行われておりますが、データ標準レイアウトの変更による各システム改修。それから、二十九年十一月十三日から実施になりました自治体間連携、これの試験をそれまでの間行っておりましたので、そちらの試験の支援という形。

多摩市議会 2018-09-25 2018年09月25日 平成30年予算決算特別委員会[決算審査](第3日) 本文

事業の概要といたしましては、国際交流委員制度の中で翻訳事業をしていただいていたり、日本語教室の開催、また月刊生活情報誌、これはたま広報のダイジェスト版でございますけれども、月に1回発行ということで、4カ国語併記ということで行っております。また、生活支援のもう一つのものとして、生活相談室、これは日本語母語でない市民の日常生活の悩み全般について対応するということで、相談業務を行っております。  

墨田区議会 2018-09-21 平成30年  企画総務委員会-09月21日−01号

これは、個人番号カード及び住民票等に旧姓併記を可能とするシステム改修を行うための経費の増額です。  款5民生費ですが、3,070万円を計上しております。項3心身障害者福祉費、目1心身障害者福祉費では、1、障害者福祉情報システム運用経費に1,070万円を追加計上しております。これは、心身障害者医療費助成制度の改正に伴いシステム改修を行うための経費の増額です。  

あきる野市議会 2018-09-19 平成29年度決算特別委員会(第1日目) 本文 2018-09-19

この425万円の中にはマイナンバー制度を導入するためのシステム改修分と、それから、補正で入ったと思いますが、旧姓併記のための改修分に対する補助金、両方が含まれていると思うのですけれども、それぞれ幾らか教えてください。 131: ◯情報システム課長(田代千穂君) 内訳ということでお答えさせていただきます。

北区議会 2018-09-13 平成30年  区民生活委員会-09月13日−01号

現在、改元に伴うシステム更改や住民記録、税、国保等の業務システムパッケージの更改、マイナンバー制度におけるマイナンバーカードへの旧姓併記対応などに着手してございますので、住民情報システムの全面的な再構築を検討する期間的、人的、費用的な余地は全くございませんし、またそのような検討を行う計画もございません。  

日の出町議会 2018-09-12 平成30年予算決算常任委員会 本文 開催日:2018-09-12

増となりました主な要因でございますけれども、西多摩郡町村電算共同システム使用料が平成28年度は6カ月分の支出でございましたが、12カ月分の支出となったこと、平成29年10月に戸籍システムをリプレースしたこと、また住民票等への旧姓併記、旧字併記とも言いますけれども、開始に伴う準備として戸籍住民基本台帳システムを改修したことでございます。

多摩市議会 2018-09-10 2018年09月10日 平成30年第3回定例会(第6日) 本文

戸籍住民基本台帳費では、マイナンバーカード等に旧姓併記するためのシステム改修に係る費用を計上しました。  選挙常時啓発費では、総務省委託金を活用し、現在行っている学校への出前授業を、今後も継続的、発展的に行っていくための動画作成委託料を計上しました。  民生費は、1億3,542万6,000円増額し、267億5,061万9,000円としました。  

あきる野市議会 2018-09-04 平成30年第1回定例会9月定例会議(第4日目)  本文(審議)

個人番号カード発行事業経費のところですが、旧姓併記がマイナンバーカードと住民票に記載できるようになるということなのですけれども、これが女性活躍社会の促進のためというふうに伺っております。これは、旧姓併記がなぜ女性活躍の取り組みになるのかを伺いたいと思います。 41: ◯市民部長(大久保丈治君) お答えします。  

三鷹市議会 2018-06-18 2018-06-18 平成30年 総務委員会  本文

マイナンバーカードの交付業務につきましては、引き続き円滑に進めるとともに、マイナンバーカード等への旧姓併記の実施については、国等からの情報収集に努めながら、システム改修・運用変更などへの円滑な対応を進めていきます。  目標指標として、マイナンバー制度の周知、マイナンバーカードの円滑な交付業務、旧姓併記の実施に関する適切な対応、マイナンバーカードの未受取者への受取勧奨の実施としています。