運営者 Bitlet 姉妹サービス
8825件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-19 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月19日−05号 梅雨が短く夏になり、7月は救急搬送が多く、重症患者が多かったことなどが要因と推察している。小山高齢福祉担当部長より、高齢世帯に対しては生活保護のワーカーや民生委員、またアウトリーチによる訪問で必要な方には支援をしていきたいと答弁が。田村健康推進課長より、風しんの市内の患者数は把握できないが、小平保健所管内では、毎週2人から4人の患者が出ている状況。 もっと読む
2018-12-18 足立区議会 平成30年12月18日エリアデザイン調査特別委員会-12月18日-01号 また、その他のところでは、学校の統廃合、あと、来院者の車や救急車の出入りの状況、あとは、江北給水所と高野小学校の活用について質問がございました。  先日ご承認いただきました基本協定、また、土地の使用貸借につきましては、明日19日に女子医大のほうで締結式のほうを結ぶ予定でございます。  続きまして、11ページでございます。  六町のエリアデザインの取組み状況でございます。 もっと読む
2018-12-13 日野市議会 平成30年民生文教委員会 本文 開催日: 2018-12-13 説明に先立ち、少しお時間をいただき、二次救急医療機関の役割と日野市立病院の現状について御説明をさせていただきます。  二次救急医療機関は、救急搬送患者を受け入れ、入院や手術など専門的治療を担う医療機関とされております。  当院も地域においてその役割を果たすべく、月300件を超える救急車を積極的に受け入れ、80%を超える占床率を保ちながら、一般診療においても多くの外来患者様を受け入れております。 もっと読む
2018-12-06 日野市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日: 2018-12-06 老朽化の状況から、公共施設の更新需要は増大し、今後40年間の公共施設とインフラの更新等の費用の総額は約2,510億円と試算されました。これを年平均で換算すると、平成22年度から26年度までに支出してきた、これまでの更新等経費の年平均実績と比較して約3倍の支出となります。   もっと読む
2018-12-05 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第21号) 本文 開催日: 2018-12-05 この場合,救急車両等も機能しないため,緊急性の高い患者から搬送されることになります。このような混乱の中,ふだんから診察や医薬品を必要とする在宅患者の位置と人数を把握することは非常に難しく,近隣の診療所や医薬品を扱う調剤薬局等に出向いていただくしかないのが実情です。 もっと読む
2018-12-05 日野市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 開催日: 2018-12-05 需要に応じて老朽化した施設を建て替えるということはあり得ることです。しかし、それは、他の老朽化している施設とのバランスを考え優先順位が決められるべきではないでしょうか。また、繰り返しになりますけれども、明らかに税金の無駄遣いとなる計画であれば、それには慎重な判断が求められるのではないでしょうか。 もっと読む
2018-12-04 日野市議会 平成30年第4回定例会(第2日) 本文 開催日: 2018-12-04 今後の具体的な取り組みとしては、市内タクシー事業者との調整を図りながら、民間企業との連携も視野に入れ、まずは料金設定等の条件整備や需要の把握など、基礎データ収集のための実証運行を計画しているところであります。 もっと読む
2018-12-04 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月04日-02号 また、千住大川端地区でも1,400戸もの大型マンション建設の計画が持ち上がり、区は行政需要に対応するための保育園や小学校の用地の確保等も含め、地権者との話合いを進めていますが、千住は学校統廃合を区内で最初に行い、学校をなくしてきた地域です。  綾瀬も千住も、どちらも大手デベロッパーの動向に行政が左右されています。区が明確なビジョンを持ち、住民の声を生かしてまちづくりをすべきと思うがどうか。   もっと読む
2018-11-20 足立区議会 平成30年11月20日エリアデザイン調査特別委員会-11月20日-01号 学校にしてみれば、その東京女子医大は三次救急病院なわけだから救急車が来るとか、そういうことで授業の妨げになるんじゃないかということで、隣に学校があるのがどうなのかというような議論もあったわけですよ。  そのときに、学校の校舎の建設費については、病院から離れたところにというような議論もあったんですね。 もっと読む
2018-11-09 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第4日目) 本文 2018-11-09 区としましては、そうしたベンチャーそのものの活動と、今言ったような企業などもうまくつなげることで、例えば規模が大きくなって、少しオフィスを広げたいとか、いろいろな需要がさまざまありますが、こうしたものを含めて、しっかり地域に根づいていただくような形の誘引策を、区としてもハブ機能をつくってまいりたいと考えているところでございます。 もっと読む
2018-11-08 品川区議会 平成30年(平成29年度)決算特別委員会(第3日目) 本文 2018-11-08 8 ◯芹澤委員  成年後見制度においては、先ほどまだまだ認知度が低いというお話をいたしましたが、それ以上に、必要とされている方のそもそもの母数が多く、現状の認知度においても需要に供給が間に合っていない状況だと現場の方々からも伺っております。   もっと読む
2018-11-05 港区議会 平成30年11月5日保健福祉常任委員会-11月05日 現在、待機児童対策、学童クラブの拡大や学校等の改修に備えた仮校舎の確保など、区全体で施設需要が増加しております。また、高輪地区においても、高齢者人口の増加への対応や地域の活動拠点の確保など、地域特有の施設需要が発生しております。これらの状況下において、高輪地区における行政課題の解決を目指し、旧神応小学校と旧三光小学校の2カ所の学校跡地の活用について検討を重ねてまいりました。 もっと読む
2018-10-22 豊島区議会 平成30年決算特別委員会(10月22日) そこで、この庁舎も開庁しまして3年になりますけれども、かなり多くの皆さんが、区民のみならず、各自治体、地方からの自治体の視察も多いという中で、救命指導についてちょっと伺いたいというふうに思っているんですが、いざというときのための職員さんの救命救急の訓練、指導については、どのようになっていらっしゃいますか。 もっと読む
2018-10-17 足立区議会 平成30年10月17日エリアデザイン調査特別委員会-10月17日-01号 特に、扇地域においては他にもあるんですが、本木町という名称をいまだに使っているところもあって、地域の方から非常に間違いやすい、場所を説明したり、バス停を説明する、そういうトラブルも、救急車なんか呼んで、間違ったところへ行っちゃっただとか、そういう問題もあるわけでございまして、この件について、地元の方ともいろいろお話したんですけれども、周辺の団地の自治会なんかも含めて、是非とも名称を変えていただきたいと もっと読む
2018-10-09 新宿区議会 平成30年 10月 福祉健康委員会-10月09日−12号 ◆赤羽つや子委員 たまたま決算特別委員会の中で、地域密着型サービス、いわゆる小規模多機能型居宅介護について、うちの党からかなり需要度が高いから、介護保険の計画以上にもう少し拡大してほしいということが地元の方々から寄せられているということを取り上げてさせていただきましたけれども、例えば、課長がなかなかそうはいっても、実質的に事業者の手が挙がらないということを課題としておっしゃっていましたので、例えば、 もっと読む
2018-10-03 目黒区議会 平成30年目黒区総合戦略等調査特別委員会(10月 3日) 先ほどの財政需要の増要因に加えまして、国の不合理な税制改正の影響も大きく、今後も厳しい財政状況が続くことが予測されております。長期的な視点からの施策の選択と集中による施策展開、そういったこととともに、AIやRPAに代表されます今後も発展するであろう革新的な技術を活用した業務改革を進めるなど、将来にわたって持続可能な行政サービスを展開しなければならないというふうに考えております。   もっと読む
2018-09-28 目黒区議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月28日) 次に、ベビーシッター利用支援事業では、区の利用見込みは30人としているが、どのくらいの需要があると考えているのか、との質疑があったのに対しまして、公費としての補助はあるが自己負担も発生し、1日当たりの時間もあり、これを超えた部分は自己負担になる。このため、事業利用者の判断にもよるが、30人という見込みを大幅に超えるものではないと考えている、との答弁がありました。   もっと読む
2018-09-25 目黒区議会 平成30年決算特別委員会(第7日 9月25日) また、昨今の猛暑という影響もございまして、ペットボトルの需要は伸びているのかなと。一方で、プラスチック製容器包装でございますが、こちらについては現在回収をしているのは23区中12区でございまして、そのうち9区がマイナスの収集量でございます。   もっと読む
2018-09-25 足立区議会 平成30年 第3回 定例会−09月25日-03号 西新井方面から移転予定地までのアクセスは、江北バス通りが考えられますが、道幅が狭く混雑もするため救急搬送の際など所要時間や移動距離の検討が必要になってくると考えます。周辺には補助138号線の道路計画がありますが、現在、当該路線は第4次優先整備路線に入っておらず、整備の見通しが立っていないと聞いています。この第4次事業化計画が策定された平成27年当時は、女子医大の移転の計画はありませんでした。 もっと読む
2018-09-25 日野市議会 平成29年度特別会計決算特別委員会 本文 開催日: 2018-09-25 第3期の日野市高齢者福祉総合計画のアンケートの中で、サービス別の需要と供給の調査がございます。ケアマネジャーから見た場合ですね、療養通所介護、定期巡回随時対応型訪問介護看護、夜間対応型訪問介護、認知症対応型共同生活介護いわゆるグループホームですけども、そういう部分が不足しているという回答をいただいているところでございます。   もっと読む