6706件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

国分寺市議会 2019-08-01 令和元年 代表者会議 本文 開催日: 2019-08-01

幸野議員の御逝去により議員に欠員が生じたため、昨日7月31日に選挙会が開催され、中沢議員が繰り上げ補充により当選されました。そのことに伴い、会派構成に変更があり、議会人事について確認する必要が生じたため、本日、代表者会議を開催する運びとなりました。   なお、今回はあくまでも特例となりますので、前例とはせず、今後は状況に応じてその都度御検討いただきますようお願い申し上げます。   

世田谷区議会 2019-07-30 令和 元年  7月 文教常任委員会−07月30日-01号

区長も、今回選挙のときに区民参加とか、バージョンアップしますよということを公約に掲げて、また当選したわけですよね。どうも区民参加というのがすごく軽く使われていて、普通のシンポジウムとか何かも、区民にアンケートをとれば区民参加なんだと言われちゃえば、それは区民参加なんだろうし、そもそも、区民に参加をしていただくということの定義教育委員会はどう捉えているのか。

あきる野市議会 2019-07-18 令和元年第1回定例会第2回臨時会議〔資料〕 2019-07-18

──┤ │   祉   │         │         │ 増 崎 俊 宏 │ │       │         │         ├─────────┤ │   文   │         │         │ 合 川 哲 夫 │ │       │         │         ├─────────┤ │   教   │         │         │ 子 籠 敏  

あきる野市議会 2019-07-18 令和元年第1回定例会第2回臨時会議(第1日目)  本文(採決) 2019-07-18

ただいま議長において指名いたしました方々を当選と定めることに御異議ございませんか。             (「異議なし」と発言する者あり) 50: ◯議長(子籠敏人議員) 御異議なしと認めます。よって、ただいま指名しました方々が阿伎留病院企業議会議員当選されました。  

世田谷区議会 2019-07-03 令和 元年  7月 企画総務常任委員会−07月03日-01号

今回のこの辺野古の埋め立ての是非を問う県民投票について、我が党としては、賛成したの中にも米軍基地の負担の重さを全て容認しているわけではないと考えるが多いと思っておりますし、反対票を投じたでも普天間飛行場の危険は放置できないと判断しているが多いと、そのように思っております。

武蔵野市議会 2019-06-26 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-26

与座 武議員におかれましては、平成11年に初当選され、総務委員会委員長、厚生委員会委員長、公共施設等総合管理計画策定に関する特別委員会委員長、予算特別委員会委員長、決算特別委員会委員長などを歴任されました。そして、平成19年5月から平成21年6月まで議会選出の監査委員として市政全般に御指導をいただきました。

国立市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第6日) 本文 開催日: 2019-06-25

それで、米軍の軍人家族基地の中だけで車を走らせているならばともかくとして、基地の外、普通の日本たちと同じように乗用車として乗る車にどうして特権がつくのか。私は、普通に考えたら変だと思います。なぜそのたちだけが、日本たちが払う税金よりも優遇されなければいけないのか。普通のお買い物に使う車、同じでいいじゃないかという理屈がなぜ通らないのか。

調布市議会 2019-06-21 令和元年 第2回 定例会−06月21日-05号

今話題のオリンピック・パラリンピックのチケット当選しましたとか、ノートルダム寺院大聖堂の復興募金などと、次々と新手のものが考えられているようです。  電話で来る詐欺に関しては、市は東京都と連携をして、自動通話録音機を65歳以上の世帯に無償貸与を行っています。これは大きく評価をしております。しかし、まだ知らないという声も聞きます。また、留守番電話の設定にすると防止効果が高いという報告もされています。

足立区議会 2019-06-20 令和 元年 第2回 定例会−06月20日-01号

我が足立区議会自由民主党は16当選。新たに若いエネルギーも加わり、新しい足立区議会自由民主党がスタートいたしました。足立区政を動かす原動力として、区民の皆様から託された責任をしっかりと果たしていくべく、改めて気を引締めております。長年にわたり足立区政にご尽力をされてこられ、ご勇退された先輩議員の方々の汗と信念を受け継ぐとともに、時代に見合った政策を確かな認識を持って実行してまいります。