1173件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-10-25 令和元年10月25日決算調査特別委員会-10月25日-01号

都市整備部長   駅前広場計画は、補助26号線の開通や鉄道立体化を見据えまして、乗りかえ利便性の向上等を目的として進められているものでございます。大山駅付近の立体交差事業につきましては、補助26号線の事業化や駅前広場計画ののまちづくりの熟度の向上を受けまして、東京都が計画を進めているものであり、1つでも事業が欠けたならば、ここまでの進展はなかったものと認識をしております。  

板橋区議会 2019-10-16 令和元年10月16日決算調査特別委員会 都市建設分科会−10月16日-01号

大田ひろし   それでは、私のほうは、決算説明資料の前年比で、ちょっと大きい差があるようなところを中心にちょっと伺いたいと思います。また、国・都の補助金を地区事業が積極的に活用して、新規事業等々の財源確保にすべきだというの方針についても理解するところなんですけど、そういうことも含めて、ちょっと補助金のことで、歳入についてちょっとご質問させていただきたいと思います。  

板橋区議会 2019-10-07 令和元年10月7日災害対策調査特別委員会-10月07日-01号

防災危機管理課長   確かに、都心とかだと、防災のために近隣に住むような、住宅を用意しているようなもあるというふうに聞いておりますけれども、現状としては、今板橋では新規採用職員について、この間も説明会をやってましたけれども、数年間家賃補助を出すような形でしかやっていないところです。  

板橋区議会 2019-10-02 令和元年10月2日都市建設委員会-10月02日-01号

大田ひろし   じゃ、何点かお伺いします。  この事業は、当初予算では、2,600万ぐらい予算を組んでたんじゃないかなと、僕は記憶では整っているんですけれども、さきの話であり、今のお話聞いてて、全くのほうは土地の提供だけで、何も初期費用も何も要らないということなんですが、全くそのとおりでよろしいんでしょうか。  

杉並区議会 2019-10-02 令和 元年決算特別委員会−10月02日-03号

その後、5月の初旬から中旬にかけまして、各包括補助の事業内容についての説明会、また補助要綱といった資料が提示されまして、では、各所管で情報共有とその活用に向けての検討を行います。補助金を活用した場合の費用対効果等の所管課での検討結果を踏まえまして、最終的には、財政部門との調整を経て補助金活用の判断をしてございます。

江東区議会 2019-09-26 2019-09-26 令和元年決算審査特別委員会 本文

しかし、江東は前回の都の調停案を受け入れたほうだ、大田は受け入れないで裁判に持ち込んだんだ。だとするならば、東京都は知事の命を受けたのであれば、大田へまず行くべきだ。大田に行って、大田説得して、大田もわかってくれたから、江東も御不満でしょうが、7%減ったけれども、何とかここで手を打ってくれませんかと。それが筋だろうと申し上げました。  

調布市議会 2019-09-13 令和 元年 9月13日建設委員会−09月13日-01号

その6路線のうち、先ほどお話ししましたつつじヶ丘駅の南側の3・4・21号線と布田駅の北側の3・4・26号線の2路線が既に事業化されているという状態です。ですので、残りあと4路線です。この4路線、何かと申しますと柴崎駅の南北、3・4・8号線と3・4・11号線。それと、神代団地の南側の3・4・9号線。それと、西調布駅の南側の3・4・31号線

府中市議会 2019-09-03 令和元年第3回定例会(第13号) 本文 開催日: 2019-09-03

次に、市長答弁に関連しての話なんですけれども、この制度を実施した自治体ということでは、渋谷を初め、世田谷、文京、豊島等ありまして、私も各行政の取り組み状況を調べてみましたけれども、実施しているそれぞれの自治体では、本制度の啓発促進のためのパンフレットとか、対応指針を、いろいろと独自に作成して、一般市民行政職員や事業者への対応を図るということも行っているということがわかりました。  

国立市議会 2019-09-02 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 開催日: 2019-09-02

たしか事前のヒアリングでは、小学校ごとに5カ所の防犯カメラを設置ということでしたけれども、小学校でも地域に差があると思うんですね。これはたしか他の議員さん、小口議員かと思いましたが、質問されるので意見にとどめますけれども、やはり学区域ごとの広さとかも勘案して、防犯カメラの設置に関しましては考えていただきたいと思っております。  

板橋区議会 2019-08-29 令和元年8月29日都市建設委員会−08月29日-01号

大田ひろし   今、課長から答弁いただいたんですが、私が言いたいのは、要するに、サービス水準の低い地域があって、公共バスシステムという、公共がやる、公共が担うということは、やっぱり税金をそこに投入するということですから。岐阜市なんかでは、広いですから、コミュニティバス約2億使っています。既存の路線バスでも1億使っています、補助金が。既存のですよ。

大田区議会 2019-06-13 令和 1年 第2回 定例会−06月13日-01号

学校体育館の空調設備については、東京都補助制度が3年間であることからも、これを踏まえて、3年間での全校整備を目標として進めるべきと考えますが、としてどのように計画を進めていくのかお答えください。  次に、健康づくりについて伺います。大田では、おおた健康プラン(第三次)が策定されました。

板橋区議会 2019-06-11 令和元年6月11日都市建設委員会-06月11日-01号

交通広場までの取付道路については、補助26号線から引き込む形となります。また、補助26号線から駅前広場までの取付道路は、幅員16メーター、延長23メーターで、大山駅前は約3,300平米の交通広場を整備する予定でございます。  交通広場に導入する施設としましては、一般的な駅前広場の例として、ロータリー内にバスタクシー、一般車の乗降所などを設置する予定でございます。