417件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

清瀬市議会 2021-03-24 03月24日-05号

東京総合教育センター長児玉洋介さんの分析に基づけば、次のようなことになります。 それは、個別の記録を吸い上げてビックデータをつくり出していき、これがあなたに合った教育方法ですという効率的な方法を主導してきたのが経済産業省総務省なのです。また、東京都も学校と家庭をつなぐオンライン学習の推進に向けた取組を進めています。 昨年から文部科学省区市町村も急激に動きが起こってきたということです。

世田谷区議会 2021-03-24 令和 3年  3月 予算特別委員会−03月24日-08号

これを児玉先生に評価を依頼ということらしいんですけれども、これは本当なんですか、書いてあるんですけれども。 ◎有馬 保健福祉政策部次長 まず、この表を作るに至った背景ですけれども、定期検査を受けている施設検査をしていく中で、濃厚接触者陽性者が出ても少ないなというのをちょっと感じてきました。

世田谷区議会 2021-03-16 令和 3年  3月 予算特別委員会-03月16日-05号

これは児玉先生も、むやみやたらに調べて無症状者のいわゆる保菌者ウイルスを持っている人を探すのは不可能だというふうに言っているんですね。ほとんど無意味だと。我々が言っているのは、要するにこの無症状者に対してやっていくのは無駄だということを、資源の無駄遣いだということを一貫してずっと言ってきたわけです。頻度の問題として。  

世田谷区議会 2021-02-25 令和 3年  3月 定例会-02月25日-02号

東大児玉名誉教授がVTRで登場します。ナレーションではこう述べています。児玉さんがまず提案したのは、介護施設などに絞って、重点的にPCR検査を実施する案でした。高齢者が多い介護施設では、一たび感染が広がると、多くの命が危険にさらされかねません。そこで、施設の職員などにPCR検査を行うことで無症状の人を探し出し、感染拡大を未然に防ごうというものです。

杉並区議会 2021-02-16 令和 3年第1回定例会-02月16日-06号

世田谷区では、東大先端科学技術研究センター児玉龍彦名誉教授らをメンバーとする有識者意見交換の場が設置され、世田谷モデル提唱へとつながっています。これまでの区の対策を検証する上でも有効かと思いますが、お考えを伺います。  私たちの会派は、希望すれば誰もがPCR検査を受けられる体制の整備、エッセンシャルワーカーへの定期検査など、社会的検査を繰り返し要望してきたところです。  

大田区議会 2020-12-07 令和 2年 第4回 定例会-12月07日-03号

児玉東大名誉教授は、世田谷区のコロナ対策本部会議での発言で、コストについて医学経済学的に重要であり、プール方式でロボットを使った検査では1人当たり1025円で行えるとしています。1人当たりコストを下げて集中的に行えるようにするべきだと考えます。以上で答弁を終わります。(拍手) ○塩野目 議長 奈須議員、再質疑ですか。奈須議員、演壇にて再質疑を許可します。                    

世田谷区議会 2020-12-01 令和 2年 12月 福祉保健常任委員会-12月01日-01号

そこには児玉名誉教授ゲストで出るというのは聞いております。このゲストの中で、取材として区長へのインタビューが先週行われておりまして、区長が聞かれた内容としては、社会的検査拡充したよかった点や区民の声等、また批判的な声もあるということでそれについての意見、また無症状者への検査拡充にいまだに否定的な意見もあるけれども、実際にやってみて区長としてどう思うかなどなどが聞かれております。

世田谷区議会 2020-11-11 令和 2年 11月 福祉保健常任委員会-11月11日-01号

それで、具体的に三二ページで伺いたいんですが、事前に有識者との意見交換議事録が示されて、そこも拝見したんですけれども、大学の部活の寮での発生ということ、児玉先生が特にクラスターの懸念ということを強くおっしゃられる中で、学長懇談会などの機会も捉え、啓発をしていくと書かれていると思うのですけれども、この学長懇談会はもう既にされたのか、これからなのか、すみません、私、不勉強で分からないんですけれども、こういったところに

世田谷区議会 2020-10-13 令和 2年  9月 決算特別委員会-10月13日-08号

お断りしておきますけれども、今この画面に出ているところで、最初はここは、誰でも、いつでも、何度でもを目指す、これは児玉教授提案するPCR世田谷モデルと書いてありますけれども、ここにリモート中継で並んで映っているので、これは区長も同意されているというふうに映るわけですね。

世田谷区議会 2020-10-06 令和 2年  9月 決算特別委員会−10月06日-05号

この話はもういいですけれども、問題は議会のほうでも結局、このPCRの話が出てきて、皆さん、予算がどうだ、国がどうなんだとか、都がどうだとか、ニューヨークはこうやっているとか、東大先端研がどうだとか、児玉先生がどうだということにばかり注目が集まって、介護現場人たち、実際にこの検査を受ける人たちのことを一体誰が注目をしているのかなと。そういう議論が私の感覚としては全く伝わってこなかったです。

世田谷区議会 2020-09-30 令和 2年  9月 決算特別委員会-09月30日-02号

そして、保坂区長児玉教授に幾つかの質問をされております。  一方で、八月六日の日刊ゲンダイのネットでの保坂区長の記事には、保坂区長は、このPCR検査拡充は、ここ一、二週間で動き出した話ではなく、四月頃から児玉名誉教授からのアドバイスを受けていたというふうに書かれております。

世田谷区議会 2020-09-23 令和 2年  9月 福祉保健常任委員会-09月23日-01号

つまり、児玉教授が言っているのも、備えておいたほうがいいということを言っているわけですよ。感染症は今回だけに限らず、例えば三年後とか五年後にもまたやってくるかもしれない。そのときに急展開して、やはり六百ぐらいしか広げられないというのは、それは難渋するでしょうと。その感染症の種類にもよりますけれどもね。  

世田谷区議会 2020-09-17 令和 2年  9月 定例会−09月17日-03号

区長の、究極は世田谷区が財政的にどこまで持ちこたえられるかと社会的検査への疑問を呈し、スケール的には都や国がやるべきものという趣旨発言に対し、有識者の一人として出席されていた児玉教授が、それは全然逆です、から始まって、自分で考えて一番正しいものを選ぶことをしないと、どこかに頼っている奴隷根性ではうまくいかないという発言まで、二ページにわたっての反論がされているところです。  

世田谷区議会 2020-09-16 令和 2年  9月 定例会-09月16日-02号

振り返れば、事の発端は、東大先端研児玉龍彦名誉教授プール方式という検査方法提案区長が受け入れたところから始まっております。そもそも世田谷区と児玉氏はどのような関係にあるのでしょうか。  児玉氏は肩書世田谷有識者会議議員、あるいは世田谷コロナ対策有識者会議議員などの肩書を使ってプール方式実証実験を行っており、そのことについて情報発信をしております。  

新宿区議会 2020-09-15 09月15日-09号

先日の臨時会で、私ども区議団が、「新宿区がエピセンター化しているという認識は」と質問したのに対し、健康部長は「一部の専門家新宿区のエピセンター化という見解を持っていることは承知している」と答えましたが、7月16日の参議院予算委員会で、東京大学児玉名誉教授新宿区のエピセンター化指摘され、7月30日の東京医師会尾﨑会長記者会見でも同様の指摘があり、さらに9月3日の参議院予算委員会でも、国の新型

世田谷区議会 2020-09-15 令和 2年  9月 定例会−09月15日-01号

そもそも七月二十七日に行われた新型コロナ対策本部での児玉東大名誉教授提案に対して、例のPCR検査のいつでも、誰でも、何度でものことですが、いち早く宮崎副区長が財源的に無理だとの趣旨を述べ、遠回しに、こんなことをやろうとしていることは心配だと発言しています。真っ当な指摘だと思います。  そして、九月十日の臨時福祉保健委員会で、社会的検査は、頻度や対象に問題があると私が指摘したわけです。

目黒区議会 2020-09-14 令和 2年企画総務委員会( 9月14日)

新型コロナウイルスは、PCR検査の診断では発症前後でないと陽性にならないですが、血液陽性になると抗体が作られるので、血液検査を行えば100%診断できると、地元の駒場にある東京大学先端科学技術研究センター児玉龍彦名誉教授が、これは公明党の機関紙月刊「公明」の9月号の中で言われております。

世田谷区議会 2020-09-10 令和 2年  9月 企画総務常任委員会-09月10日-01号

辺の意見を聞かずに、児玉先生が言っていた、これがいいんだということで走り始めていった結果が、やっていくにつれて、どんどんどんどんこれはできない、あれはできない、これは無理だというような形に変わっていき、だけれども、当初あれだけ力強く言ってしまったから、なかなかそこから大きく中身を変えていくことはできないというような、その当初の様々な人の意見を聞いて、ある程度固めてから、そして世田谷区役所としてできる

世田谷区議会 2020-09-10 令和 2年  9月 福祉保健常任委員会-09月10日-01号

有馬 保健福祉政策部次長 まず、児玉教授提言を実現するために提案しているわけではなくて、児玉教授の御意見は伺いましたが、区としてこの事業をやりたいということで提言していますので、必ずしも児玉教授提言を成り立たせるものではないということがこの事業内容になっております。