運営者 Bitlet 姉妹サービス
27755件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-11 港区議会 平成31年3月11日保健福祉常任委員会-03月11日 国民健康保険料は、病気やけがをしたときの診療費などの財源となる基礎分、後期高齢者医療制度の給付の財源となる後期高齢者支援金分、40歳から64歳の方に負担いただく介護サービスの財源となる介護納付金分から構成されていますが、ここでは基礎分の保険料率を変更するものです。基礎分は、所得に応じて負担をいただく所得割額と加入者一人ひとりに等しく負担をいただく均等割額がございます。 もっと読む
2019-02-20 港区議会 平成31年2月20日保健福祉常任委員会-02月20日 し 〇出席説明員  麻布地区総合支所長・子ども家庭支援部長兼務        有 賀 謙 二  赤坂地区総合支所長・保健福祉支援部長兼務         森   信 二  保健福祉課長                       西 田 京 子  福祉施設整備担当課長                  小 笹 美由紀  高齢者支援課長                      山 本 睦 美  介護保険課長 もっと読む
2019-02-04 港区議会 平成31年2月4日建設常任委員会-02月04日 次に、平成30年度補正予算が3件、平成31年度予算が4件、工事請負契約の承認が4件、指定管理者の指定が1件、特別区道路線の廃止が1件、特別区道路線の認定が1件、港区有通路の廃止が1件です。また、追加案件として教育委員会委員の任命の同意についてが1件、人権擁護委員候補者の推薦についてが6件です。   もっと読む
2019-02-04 港区議会 平成31年2月4日保健福祉常任委員会-02月04日 有 賀 謙 二  麻布地区総合支所副総合支所長・麻布地区総合支所管理課長兼務 上 村  隆  赤坂地区総合支所長・保健福祉支援部長兼務          森   信 二  保健福祉課長                        西 田 京 子  福祉施設整備担当課長                 小 笹 美由紀  高齢者支援課長                       山 本 睦 美  介護保険課長 もっと読む
2019-02-04 港区議会 平成31年2月4日総務常任委員会-02月04日 次に、平成30年度補正予算が3件、平成31年度予算が4件、工事請負契約の承認が4件、指定管理者の指定が1件、特別区道路線の廃止が1件、特別区道路線の認定が1件、港区有通路の廃止が1件です。また、追加案件といたしまして、教育委員会委員の任命の同意については1件、人権擁護委員候補者の推薦についてが6件です。   もっと読む
2019-02-01 港区議会 平成31年2月1日議会運営委員会−02月01日 次に、平成30年度補正予算が3件、平成31年度予算が4件、工事請負契約の承認が4件、指定管理者の指定が1件、特別区道路線の廃止が1件、特別区道路線の認定が1件、港区有通路の廃止が1件です。  また、追加案件といたしまして、教育委員会委員の任命の同意についてが1件、人権擁護委員候補者の推薦についてが6件です。   もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号 本条例は、介護保険優先原則のもとでは、障がい者が65歳になって介護保険の被保険者になった際に、使い慣れた障がい福祉サービス事業所を利用できなくなることを回避し、使い慣れた事業所においてサービスを利用しやすくする共生型サービスが創設されたことに伴って改正されるものです。   もっと読む
2018-12-18 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月18日−14号 について △日程第25 議案第70号 市道路線の認定について △日程第26 議案第71号 市道路線の認定について ○議長(小山進) 次に、日程第17、議案第50号から日程第26、議案第71号までの10件を一括議題といたします。   もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会〔 後編 〕 2018-12-18 ─────────────────────────┤ │ 6 │21│馬 場 貴 大│【一括質問方式】                       │ │   │ │       │1.多様なデータを活用した健康施策の充実           │ │   │ │       │ (1) データ活用に向けた本市の取り組み            │ │   │ │       │ (2) 健診・医療・介護 もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会(第6日目) 本文 2018-12-18 他に、介護と医療との連携について問う発言などがありました。  以上の質疑を踏まえ、意見を求めたところ、意見はなく、採決したところ、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。  以上が厚生委員会に付託されました議案の審査の概要と結果であります。詳細につきましては委員会記録にとどめてありますので、御了承願います。   もっと読む
2018-12-13 日野市議会 平成30年民生文教委員会 本文 開催日: 2018-12-13 介護納付金分に係る所得割額の規定でございます。税率100分の1.30を100分の1.50とするものでございます。  13条の6でございます。介護納付金分に係る被保険者均等割の規定でございます。被保険者1人につき年額12,000円を12,300円とするものでございます。  17条でございます。 もっと読む
2018-12-11 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−24号 直近では、平成28年度に調査を東京都が実施いたしまして、その結果でございますけれども、要介護1から要介護5までの総数という形になりますが、151人とこういう状況になっております。  以上でございます。 ○議長(高山晃一君) 渡邉君。 もっと読む
2018-12-10 八王子市議会 厚生委員会(12月10日) 本文 2018-12-10 何ら否定する案件ではないものですから、賛成する立場なのですが、1点だけ、介護と医療の連携を考えたときに、今後、医療サイドでいえば、介護医療院のような、療養型というのがある程度形を変えて今後スタートしていく中にあって、当然、あちらにもこれまでのさまざまな英知が集まっている。 もっと読む
2018-12-10 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第23号) 本文 開催日: 2018-12-10 411 ◯ 5 番(山田 たくじ議員) まず1点目の,「若者を吸収しながら老いていく東京圏と支え手を失う地方圏」は今後急激な高齢化局面に突入する三大都市圏,特に東京圏は入院・介護ニーズの増加率が全国でも最も高く,絶対量として膨大な医療・介護サービスが必要であるがために若者を中心に,地方からの人材流入はますますふえるというおそれがあるということです。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 まずは、障害者と要介護者に対して、関係課と医療・介護・障害者などの事業所との連携で、区が個別計画の作成に責任を負うよう求めますが、いかがでしょうか。  次に、家計消費を冷え込ませ、格差と貧困さらに広げる消費税10%は中止をの質問です。  安倍首相が消費税10%への増税を来年10月から実施すると表明。 もっと読む
2018-12-07 日野市議会 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 開催日: 2018-12-07 79 ◯17番(奥野倫子君)  例えば、市内の日野市自立生活支援センターは、重度障害者自身が働き手となって運営されていますが、24時間の介護が必要な重度心身障害者については、車椅子で出勤して、後の介護は認められておりません。なので、結局のところ、その従業員のための介護者を事業所が雇っているんです。   もっと読む
2018-12-07 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−22号 介護支援ボランティアのポイント、年に6000円が支給されるやつですよね。 もっと読む
2018-12-07 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第22号) 本文 開催日: 2018-12-07 125 ◯ 福祉保健部長(石橋 啓一君) 介護認定または障がい認定を受けている方の,個々の状況まで詳細に把握できていないことから,リハビリが必要な方の人数については把握できていないところです。 もっと読む
2018-12-06 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−04号 初めに、生活保護における外国人の人道的な措置も含めた受給の可否の区別につきましては、受給できる外国人は永住者、それから特別永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者及び難民認定された方で、それ以外の方は受給できないと認識しているところでございます。   もっと読む
2018-12-06 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第1日目) 本文 2018-12-06 次に、各士業団体との協定締結についてですが、区ではこれまで東京都不動産鑑定士協会との間で災害時の住家被害認定調査への協力を主な内容とする協定を締結するとともに、東京都行政書士会品川支部との間で災害時の相談業務に係る協定の締結に向けた協議を進めているところです。 もっと読む