運営者 Bitlet 姉妹サービス
11963件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-02-20 港区議会 平成31年2月20日総務常任委員会-02月20日 内容は、職員人件費及び大腸がん検診などを減額するものです。  44ページをごらんください。産業経済費の補正額は1億5,152万1,000円の減額です。項の1、商工費は1億5,152万1,000円の減額です。内容は、職員人件費、新製品・新技術開発支援及びシティプロモーション推進事業などをそれぞれ減額するものです。  46ページをごらんください。土木費の補正額は21億317万7,000円の減額です。 もっと読む
2018-12-21 足立区議会 平成30年 第4回 定例会−12月21日-05号   第27 28受理番号25 拉致された日本人の人権と帰国を求め東京朝鮮第四初中級学校の補助金を停止することを求める請願の撤回について         受理番号 3 足立区議会から東京都へ、受動喫煙防止対策に関する意見書提出を求める陳情の撤回について   第28 27受理番号12 看護師等の大幅増員と夜勤改善で安全・安心の医療・介護を求める意見書提出を求める陳情       27受理番号13 全てのがん もっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会〔 後編 〕 2018-12-18  (1) 防犯カメラの状況                    │ │   │ │       │ (2) 自動販売機を活用した防犯対策              │ ├───┼─┼───────┼───────────────────────────────┤ │ 16 │20│小 林 裕 恵│【一括質問方式】                       │ │   │ │       │1.がんもっと読む
2018-12-18 八王子市議会 平成30年_第4回定例会(第6日目) 本文 2018-12-18 また、本市では健康寿命の延伸を図るとともに、歳出に当たる医療費の適正化にも取り組んでおり、大腸がん検診・精密検査受診率向上事業では国民健康保険被保険者のレセプトデータを活用し、全国に先駆け成果連動型官民連携モデル、いわゆるソーシャル・インパクト・ボンドを導入したほか、被保険者の生活習慣病の重症化を予防する事業の積極的な実施、適正受診、服薬の推進など一定の成果を出しております。   もっと読む
2018-12-17 足立区議会 平成30年12月17日災害・オウム対策調査特別委員会-12月17日-01号 これは本当にお金のかかる話じゃなくて、今までやっていた区民への放射能の空間線量の測定機器の貸出しにしても、学校給食の食材の検査にしても、そして、この区民の甲状腺がんや血液検査をやって欲しいというその検診の要望だね。ああいうものに応えると言っても、これは区の姿勢が見えるんですよ、区民にとっては。それに対して、区がどういう態度をとるのかというのを大きく見直していただきたいと。   もっと読む
2018-12-11 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月11日−24号 また市政情報といたしましては、村山デエダラまつり等の市のイベント、あるいは各市税の納期限のお知らせ、また健康に関するお知らせといたしましては、がん検診、離乳食教室やヨガ教室等の御案内でございます。  以上です。 ○議長(高山晃一君) 高橋君。 ◆20番(高橋弘志君) わかりました。   もっと読む
2018-12-11 清瀬市議会 平成30年 12月 福祉保健常任委員会-12月11日−01号 例えば今回、社会福祉協議会で聞いたときでも、難しい病気、がんですとか、手術が終わってからも復帰が難しい方の場合は、償還の見通しが立たないので、貸すことができませんということを言っていました。そんなケースの場合、本市はどういう対応をするのか。   もっと読む
2018-12-10 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−23号 特定健診は、40歳から受けられることになっていますが、若いうちは仕事や子育てなどが忙しく、またまだどこも痛くないからと過信をし、放置していたために若年性のがんに罹患したり、年を重ねてから重症化する事例を耳にするたび、特定健診の意義をもっと浸透させる必要があると考えます。  そこで、1点目、市における特定健診の受診目標と受診率の推移及び近隣市の状況について伺います。   もっと読む
2018-12-07 港区議会 平成30年第4回定例会−12月07日-17号 本年四月、がん在宅緩和ケア支援センター「ういケアみなと」を開設いたしました。九月には、地域包括ケアシステムの東部在宅療養相談窓口をみなとパーク芝浦内に開設し、区内全域を対象とした相談体制を確立いたしました。  また、区民の皆さんの港区への誇り、また愛着を深めてもらえる、港区立郷土歴史館も十一月に開設いたしました。 もっと読む
2018-12-07 品川区議会 平成30年_第4回定例会(第2日目) 本文 2018-12-07 次に、各種がん検診の充実について伺います。  日本では、がんに罹患する人が年々増加傾向にあり、がん対策は大きな課題の1つとなっています。  国立がん研究センターによれば、平成28年にがんで死亡した人は、品川区の人口にも匹敵する37万2,986人にも上り、死亡者数および死亡率の1位は肺がんで、品川区も同様の傾向となっています。   もっと読む
2018-12-06 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−04号 ご存じのとおり、甲状腺がんを引き起こす放射性ヨウ素を体内に取り込むことを予防できる薬です。  三田先生はその後、ご自分が役員をする小平市の医師会で予算をとって安定ヨウ素剤を購入されたそうです。薬剤師会と連携して、市内の調剤薬局に備蓄をして、市内の18歳以下の子どもたちに配布ができる体制を整えたということです。   もっと読む
2018-12-06 足立区議会 平成30年12月 6日総務委員会−12月06日-01号 ◆針谷みきお 委員  議連でも議論していることであるんですが、ちょっと古い資料を見てみると、第118号議案の説明資料で、なぜか変わったなと思われるのが、病院機能の中のオのがん診察機能ということなんですが、これについては確か、かつての事前の話ではがん診察機能というよりがんセンターというような形で研究機能なんかも入っていたのかなというふうに、私はちょっと認識していたんで、この辺は事前の協議の中で、前の資料 もっと読む
2018-12-06 武蔵村山市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−21号 現在、加盟店舗は116店ございまして、市は成人向けがん検診、乳幼児健診、それと運動による健康増進、健康講座等に参加した方にポイントを付与するというようなものでございます。  日野市が発行するポイントは、御当地WAONでの販売額の0.1%がイオン株式会社から日野市に寄附をされていると。その寄附金を原資に充てているということでございます。 もっと読む
2018-12-06 日野市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 開催日: 2018-12-06 2点目は、特定健診の案内を送付する際に、年齢要件で該当する方には市で実施している各種がん検診の案内を同封し、検診の動機づけをしております。中でも、胃がんリスク検査と大腸がん検診については、特定健診と同時受診が可能であるため、受診の勧奨をしているところでございます。   もっと読む
2018-12-05 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第21号) 本文 開催日: 2018-12-05 アンケートでも,50代男性からは,医療費で生活苦しい,がんで入院したら狛江市に借金ができて不安な毎日。70代男性の方は,苦しくなった,ことし3月から高齢者保険に移行した,これまでの保険料より約2万円アップし,扶養家族の妻が分離したため,改めて約3万円の国保料がかかっており,これまでより合計5万円のアップです。 もっと読む
2018-12-05 清瀬市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号 清瀬市は2014年の消費税の増税時に、市民の生活に影響しないようにということで、消費税増税対策で、公共施設の使用料金の据え置きやがん検診の自己負担を無料にしていますよね。しかし今回は、消費税増税と同じ時期にきよバスの乗車料金を値上げするとか、ごみ指定袋も再来年ですか、値上げをしていくという方向を示されていますよね。やはりここが市民の皆さんに寄り添っていると言えないんじゃないんですか。 もっと読む
2018-12-05 足立区議会 平成30年 第4回 定例会-12月05日-03号 次に、がん支援について質問、提案をいたします。  日本では、1年間に約100万人が新たにがんになると推定される時代です。  都内のがん患者数は、30年間で2倍に増加しています。政府は、がん対策基本法に基づき、がん対策推進基本計画を策定し、がん医療、がん予防、早期発見等に関わる各種対策を推進しています。 もっと読む
2018-12-05 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月05日−13号 青梅市ならではのものとして、青梅マラソン出場権利、市立総合病院におけるPET装置によるがん検診なども準備し、協力事業者数の増加とともに返礼品も年々拡充しているところであります。寄付金の使い道につきましては、梅の里の再生・復興に関する事業を初め、子育て・教育に関する事業、スポーツ振興に関する事業など、主に9事業の中から寄付者に指定いただいております。   もっと読む
2018-12-04 青梅市議会 平成30年定例会 12月 定例議会-12月04日−12号 全国規模での調査は初めてということですが、妊産婦の死因では、がんや心疾患を上回って自殺が最も多かったという衝撃的なものでした。妊産婦は、体のホルモンバランスの変化や環境の変化、子育てへの不安など、さまざまな要因によって精神的に不安定になりやすく、さらに、核家族化や高齢出産など社会情勢の変化によって孤立してしまうケースがふえていることは、これまでもお伝えしてまいりました。 もっと読む
2018-12-04 狛江市議会 平成30年第4回定例会(第20号) 本文 開催日: 2018-12-04 145 ◯ 福祉保健部長(石橋 啓一君) 1問目のがん検診について答弁させていただきます。  がん検診の目的は,がんを予防し早期に発見し,必要かつ適切な治療につなげることで市民のがんによる死亡リスクの低減,がんによる死亡率を減少させることでございます。 もっと読む