79件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江東区議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年企画総務委員会 本文

基地問題は、一方では今、尖閣には毎日のように中国船が領海侵犯をしておりますし、宮古島との領域においては、防空識別圏を勝手に中国は敷きました。米軍においては、台湾もしっかりと防衛のラインに入れて、今、臨んでおりますけれども、中国空軍日本領空を毎日のように侵犯して、スクランブルの回数は本当にうなぎ登りに、右肩上がりとは言えないほどのうなぎ登りに発生しております。

三鷹市議会 2019-03-26 2019-03-26 平成31年 第1回定例会(第5号) 本文

隣国が領海侵犯を行い、勝手に資源の試掘をするなど、問題がある中で、そうしたパワーバランスの中での抑止力について、再編のための日米ロードマップがあるわけです。  当初の県民投票について、補正予算案は否決した議会が幾つもあり、県民投票に反対する意見書を全会一致で通した議会もありました。  

町田市議会 2016-10-04 平成28年 9月定例会(第3回)−10月04日-08号

朝鮮による核実験ミサイル発射実験、ロシア中国による領空侵犯や領海侵犯が相次いでいます。  そもそも立憲主義としての憲法国民権利保障しており、すなわち国民生命自由財産を守るためのものです。そうであるならば、我が国と国民が現在直面している諸問題と現在の日本国憲法について改めて考える必要があります。

町田市議会 2016-03-11 平成28年 3月定例会(第1回)-03月11日-10号

また、尖閣諸島においては頻繁に中国公船による領海侵犯が行われております。  このように、現在、我が国を取り巻く状況は緊迫しております。北朝鮮中国ロシアからの脅威にさらされており、今までの法体制では不測の事態に対応できないため、昨年の国会におきまして安保関連法案成立いたしました。これは、我が国の平和安全、そして国民生命財産を守るための平和法案であります。

杉並区議会 2016-02-15 平成28年第1回定例会−02月15日-03号

今日の東アジア安全保障環境を見れば、北朝鮮が事実上の長距離弾道ミサイル発射実験を強行し、中国尖閣諸島沖で領海侵犯を繰り返す昨今、日韓間の連携の重要性に思いをいたさぬわけにはまいりません。昨年末の日韓合意の内容をめぐっては、日本国民の間に種々の議論があるものの、歴史観的には重大な問題あり、しかし、政治外交的には一定の評価も下さざるを得ないというのが大方の国民の理解ではないでしょうか。  

大田区議会 2015-10-09 平成27年 第3回 定例会−10月09日-04号

我が国を取り巻く安全保障環境は日に日に厳しさを増してきており、私ども日本国民は海外諸国の領空侵犯や領海侵犯に常に不安を募らせている状況にあります。こうした状況から国民生命と安心、平和な暮らしを守るのは国、政府の最も大切な責務であり、平時からあらゆる事態に備えておく法整備はとても大切なことです。  しかし、その法整備は憲法に適合したものでなければならないのが維新の党の立場です。

台東区議会 2015-10-02 平成27年10月企画総務委員会-10月02日-01号

現実には、例えば尖閣諸島領海侵犯されたり、あるいは領空侵犯されたりとやられている。それに対して20代の若者のパイロットたちがスクランブルをかけるんですよ。だけど、今までの法制では相手に撃ってよしと言われないと、例えばジェット機で撃たれてもこちらは撃てないんですから、今の法制は。そのような危険な身を冒しながら若者たちも日本を守っているわけですよ。

日野市議会 2015-09-29 平成27年第3回定例会(第6日) 本文 開催日: 2015-09-29

また、尖閣諸島での中国船の領海侵犯による海上保安庁船への体当たりは、記憶に鮮明に残っているかと思います。  このようなことを考えますと、領土防衛は大きな課題であり対応が望まれます。  また、近年、新しい戦争と言われる脅威に対する対応も不可欠となっており、アルカイダ、タリバン、ヒズボラ、ISなどのテロ集団など、対策も重要になっていることも認識しなければなりません。

調布市議会 2015-09-15 平成27年 9月15日総務委員会−09月15日-01号

とやってはいけないと思いますけども、外交基本だし、話し合いを尽くした上で、戦争もしちゃいけないと思っていますけども、ただ、話し合いで済まないのが世界史であり、今の国際安全保障状況ですから、どこの国とは言いませんけども、こっちにミサイル日本の国を飛び越えて落とす国もあるし、南シナ海のほうで話し合いもなく勝手に島に滑走路をつくっている国もあるし、我が国の領土だと思う固有の領土であるところに漁船なり公船を日々、領海侵犯

調布市議会 2015-09-04 平成27年 第3回 定例会−09月04日-02号

絶海の孤島と言われるところでも、安心して農業漁業ができることは、陸・海・空自衛隊領土領海領空を守り、海上保安庁領海侵犯している船の検挙に当たられているおかげであると感謝をしているところでございます。  さて、そういった中、改めて調布の農業を見詰め直したところ、農地の宅地化が異常なスピードで進んでいる現状に大変大きなショックを受けているところでございます。

武蔵野市議会 2015-09-04 平成27年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2015-09-04

日本戦略的互恵関係を築こうとしている中国を脅威とは言えないが、軍事バランスは常に考えていかなければならない、以下、省略いたしますが、つい最近までアカサンゴの密漁を野放しにしていたり、あるいは日本領空領海侵犯を繰り返す中国などに対し、高村代議士は、責任ある国会議員として発言は抑えぎみではありますが、けだし正しい発言であると思います。

福生市議会 2015-06-26 平成27年第2回定例会(第5号) 本文 2015-06-26

朝鮮核開発、潜水艦発射弾道ミサイルの水中発射の成功発表、尖閣における東シナ海中国のたび重なる領海侵犯覇権主義国民の命と平和な暮らしを守り抜くための法整備が急務な状況であることは間違いありません。憲法の範囲内で必要な法整備をする、私たち国民が選んだ政府与党の責務であります。  

港区議会 2015-06-24 平成27年6月24日総務常任委員会−06月24日

これは明らかに当時の日本にとっては領海侵犯であり、領土を奪われた事例だと私は思っているのですけれども、先生にご見識をお伺いしたい。 ○請願者(久保田明人君) 私が先ほど70年間、殺されずに殺しもせずと言っていたのは、自衛隊の話でして、国が自衛隊を派遣してほかの国の人たちを殺したり、殺されたりということがなかったということを言ったということになります。説明が不足してすみませんでした。

日野市議会 2015-06-17 平成27年第2回定例会(第7日) 本文 開催日: 2015-06-17

(「誘導してるのはあなたたちだよ」と呼ぶ者あり)それはね、はっきり申し上げますが、それこそデマですから、(「領海侵犯なんかどのぐらいやってるか知ってるの」と呼ぶ者あり)ね、認識を改めていただきたいと思います。  政府が、一つだけやっと探し出してこれが脅威だと挙げることができたのが、ホルムズ海峡ホルムズ海峡についても、もうパイプラインでホルムズ海峡を通らなくても石油が運べている。

多摩市議会 2015-03-04 2015年03月04日 平成27年第1回定例会(第3日) 本文

それは、小笠原海域におけるサンゴ密漁代表されるような領海侵犯を頻繁に繰り返し、明らかに国際秩序破壊する行為を棚に上げ、矛盾以外の何物でもない状況が背景として存在していることもあります。「戦後」という枠組みにおいて、常に国際秩序の守り手として活躍し、先進的な民主主義を推し進めてきた日本が、次の段階として、積極的な平和主義を裏打ちすべく安保法制の整備に乗り出したことは注目すべきであると思います。

武蔵野市議会 2014-12-04 平成26年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2014-12-04

このように、我が国はロシアとの北方領土問題や、韓国との竹島問題などの領土問題を抱え、また、我が国固有の領土である尖閣諸島への中国による度重なる領海侵犯領空侵犯に脅かされております。私は小学生のころに、北方領土問題は教わりました。しかし、竹島、尖閣に関しては、私が覚えていないだけかもしれませんが、学校で教わったりニュースで見たりした記憶はありません。

足立区議会 2014-12-03 平成26年 第4回 定例会-12月03日-02号

ご存じのとおり、隣国中国の膨大な軍備拡張に伴い、フィリピンベトナム領有していた南沙諸島中国は占領、日本に対しても危険領空侵犯、尖閣諸島や宝石サンゴ密漁領海侵犯を数限りなく起こしています。また、拉致国家核開発国家、北朝鮮存在も同様。このような国際情勢の中で、日本集団的自衛権行使容認に踏み切ったことは、極めて妥当な判断と言えます。

武蔵野市議会 2014-12-03 平成26年第4回定例会(第1号) 本文 開催日: 2014-12-03

これらの船は明らかに領海侵犯を行い、違法操業を行っています。さらに、重大な環境破壊になっていることも想定されます。このことは、我が国の国益はもとより、国防についても大変なことと受けとめています。これらのことは到底許されるものではありません。しかし、前述の旧ソ連や韓国が我が国の漁船や乗組員に対し即銃撃や拿捕と比べると、我が国の対応は実におとなしいと言わざるを得ません。