1621件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

江戸川区議会 2020-07-27 令和2年 7月 災害対策・街づくり推進特別委員会−07月27日-03号

震源地が葛西沖規模マグニチュード7.3というところでございます。発生状況は、一番条件の悪いとき、冬の夕方の6時、それから風速が8メートルほどの場合というところの想定でございます。  そして人的被害は、死亡者が600名、負傷者が7,700名強というところの想定でございます。物的被害につきましては、建物については約2万2,000棟の建物が倒壊や火災で失われるという想定でございます。  

武蔵野市議会 2020-06-24 令和2年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2020-06-24

4月12日、茨城南部震源とするマグニチュード5.1の地震、20日には宮城県沖を震源とするマグニチュード6.2の地震、23日には長野県中部でマグニチュード5.5、24日には青森県東方沖マグニチュード5.0、26日には茨城南部マグニチュード4.8の地震がありました。不安な自粛生活の中、もし今避難所生活となったらと、さらなる不安を想像された方も多いと思います。  

練馬区議会 2020-06-10 06月10日-05号

昨年の11月28日から12月5日までの1週間、関東地方震源とした震度1以上の地震は、16回発生しました。また、政府が緊急事態宣言延長を発表した5月4日22時7分頃、千葉北東部震源とした最大震度4、マグニチュード5.5の地震発生し、多くの人が地震速報のアラームの音に驚きました。緊急事態宣言さなかの出来事で、不安を抱いたのは私だけではないと思います。 

杉並区議会 2020-05-29 令和 2年第2回定例会−05月29日-13号

そんな中、4月下旬頃から茨城県や長野県、千葉県など近県を震源とする地震が相次いで発生しており、避難所へ駆け込む場面を想像した区民も多かったのではないかと思います。避難所一般論として3密に該当するものと思いますが、区の避難所ないし震災救援所も、現時点で基本的には3密環境下での受入れとなるのか、区の見解を求めます。その上で、現場でどこまで3密回避の対応が可能と考えているか確認します。  

世田谷区議会 2020-03-27 令和 2年  3月 定例会−03月27日-05号

いずれにしても、現在はまさに新型コロナウイルスの新たな震源地に東京がなるかもしれない状態にあり、正直なところ、あすさえ、世田谷区民生活がどうなるのかわかりません。  令和二年度の予算のあり方も、補正予算も、新型コロナウイルス感染拡大次第というところがあります。また、繰り返しますが、首都直下地震台風被害が重なることもあり得ることです。

杉並区議会 2020-03-05 令和 2年予算特別委員会−03月05日-03号

特に衝撃的だったのは、翌日、北淡町、一宮町という一番震源に近いところで、ぐしゃっと家屋が倒れて、あの寒い中、1月ですからね、住民の皆さんが中にいられないんですよ。余震もあるし、斜めになっていて。外でぶるぶる震えている。そういう場面に遭遇したときに、遠くのほうから自衛隊がやってきたんですよ、部隊で。それで、瓦礫を撤去して作業している。

世田谷区議会 2020-03-05 令和 2年  3月 予算特別委員会−03月05日-02号

高岡じゅん子 委員 国からの通知どおり感染震源地とならないためには、発熱されている方の通所の施設利用を御遠慮いただくというのは仕方がないことだと思います。でも、しかし、例えば独居で昼食を自分でつくれない方の食事など、その日からすぐに必要なサービス発生してしまいます。ただでさえ訪問介護の人材が不足がちな現場において、サービス提供の手配は可能なのでしょうか。現状を伺います。

品川区議会 2020-02-19 令和2年_第1回定例会(第1日目) 本文 2020-02-19

最近、茨城県、栃木県、千葉県など、関東震源とする地震発生しています。笠原東京大学名誉教授は、全体的には東日本大震災余震活動であり、地表付近に起こる活断層型地震と、深いところで起きるプレートが沈み込む地震2つタイプに分けられるとしています。注意すべきは茨城南部などで発生した震源が約60キロメートルの深い地点で起きたタイプで、首都直下につながる地震活動可能性があると言われています。  

武蔵野市議会 2020-02-05 令和2年 厚生委員会 本文 開催日: 2020-02-05

その理事者協議規模というか内容が非常に気になるところなのですけれども、要は、武蔵野の場合、どこか遠い、今回の場合は震源地が武漢ですけれども、結局、成田羽田からリムジンですぽんと来るのです、1日に何本も。私も南米やアフリカの出張からそれこそ20時間、30時間かけて成田に戻ってきたこともあります。羽田に戻ってきたこともあります。

渋谷区議会 2020-02-01 02月19日-01号

平成二十八年四月、震度七の揺れを連続して観測した熊本地震は、内陸の直下震源とする直下型地震でした。首都直下地震に備える渋谷区にとって学ぶことが多いと言えます。 教訓の一つは、本来避難所となるはずの施設の多くが、土台が崩れたりして使用できないケースが相次いだことです。その際、デイサービス保育所など、民間の施設が臨時に避難者を受け入れました。高齢者、要配慮者は、これで助かった人が多くいます。

あきる野市議会 2019-12-12 令和元年福祉文教委員会 本文 2019-12-12

そして、現在、東京都の防災会議では、防災拠点を整備するという話も出ているようでございますので、多摩直下地震、あるいは立川断層帯震源とする地震が起こった際の防災拠点とするという、そういう意見も出ておりますので、ですから、その東京都の意向に沿ってやっていくということになります。 113: ◯委員子籠敏人議員) 市長のお話はこれまでも伺っていまして、わかっています。都の持ち物で当然あります。

町田市議会 2019-12-05 令和 元年12月定例会(第4回)−12月05日-03号

胆振東部地震による停電の原因は、震源地近くの苫東厚真発電所というところは、石炭を燃料とする火力発電所の大発電所だったわけですが、それが緊急停止したために、供給電力量発電量が一致しないための時間が、何か理屈としては数秒間続くと、発電機やタービンが壊れる可能性があるため、ほかの火力発電所も自動停止してしまい、道内の発電所は全てとまってしまったということでありました。  

あきる野市議会 2019-12-04 令和元年第1回定例会12月定例会議(第4日目)  本文(一般質問)

123: ◯市長村木英幸君) 秋川高校跡地東京都の土地ですので、したがいまして、東京都のほうが会社を誘致してくれるということであればそれは大変ありがたいことだと思っておりますけれども、別の東京都からの意見として、政策として多摩直下型の地震、あるいは立川断層帯震源とする地震発生した場合、大きな被害が出るという予測が東京都の防災会議のほうで報告されているということが報道機関のほうから出ておりますので