1245件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福生市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第2号) 本文 2020-12-18

しかしながら、憲法規律密度が低いために、これまで国と国民が共有してきた集団自衛を認めないという事柄などについてなどは解釈が変えられるというような事態にもなったわけです。  憲法第99条では、天皇または摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官、その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負うとうたわれています。

あきる野市議会 2020-09-07 令和2年第1回定例会9月定例会議(第7日目)  本文(採決)

第9条の改正はなくても、安倍政権は、法の番人と言われる内閣法制局長官政権の方針に沿う人物にすげ替え、歴代の首相が、憲法に触れるためできないとされてきた集団自衛行使につながる法解釈を、いとも簡単に閣議決定だけで決めてしまうという恐ろしいことをやってのけ、国会審議も十分に果たさず、生まれたのが、安保法制関連法案と言われる一連の法律です。  

町田市議会 2020-09-01 令和 2年 9月定例会(第3回)−09月01日-02号

集団自衛限定的行使を可能にする新たな憲法解釈を行い、2015年、安全保障関連法を制定した。  日本の近海で警戒監視に当たる米艦が突然攻撃されても、日本は何もできない。果たして米国民はこれを許すだろうか――。日米安保体制のこうした制約に、歴代政権は手を出せなかった。安倍政権は戦後の法制度に風穴を開け、海上自衛隊は平時から米艦を防護できるようになった。  

杉並区議会 2020-06-11 令和 2年 6月11日災害対策・防犯等特別委員会−06月11日-01号

また、この間我が党が他の野党との共闘の中で提唱している野党連合政権の構想では、その目的の1つは、憲法9条の下での自衛隊海外派兵集団自衛行使を許していいのかどうかというものです。したがって、自衛隊違憲か合憲かの判断をするのではなく、安倍政権が行った集団自衛行使容認閣議決定撤回させ、安保法制廃止を最優先に取り組んでまいりますということをまず皆様にお伝えしておきます。  

杉並区議会 2020-03-16 令和 2年予算特別委員会−03月16日-10号

安倍政権は、2014年に集団自衛行使容認閣議決定し、その翌年に、安保戦争法を強行成立させますが、この過程は内閣法制局長官のすげ替えから始まりました。これは静かなるクーデターだったと思います。  以後、国家の在り方が急速に変質し、もはや明文改憲をやる以外に法的整合性が取れないようなことが次々と強行されています。

大田区議会 2020-03-04 令和 2年 第1回 定例会−03月04日-04号

災害戦争は含まれていないと答弁しましたが、既に国は集団自衛を認める閣議決定を行っています。条文から解釈すれば、戦争を含めた災害に強いまちにするために、区も事業者区民も従わなければならない条例に変わってしまいます。  この間、大田区は災害名目災害復興本部条例など区長に権限を集中させています。

杉並区議会 2020-02-17 令和 2年第1回定例会−02月17日-04号

前ねえ、公明党集団自衛で、もう公明党が許せなくて。ブレーキ役として与党にいると言いながら、やたらアクセル踏んでる公明党って、それがやたら受けるんで、調子に乗って全国でそれを言ったんですよ。よくぞ言ったって、みんな、ぱあっと笑うんですよ。あるときね、楽屋にコンコンって若い男の子が入ってきたんですよ。僕は公明党応援していますって言うんですよ。

杉並区議会 2020-02-14 令和 2年第1回定例会−02月14日-03号

米軍などの他国軍との共同作戦自衛隊武器を取って加わり、主に兵員や物資の輸送などの後方支援活動を行ったり、集団自衛行使も含む一切の武力行使が可能となるのです。9条をはじめとする日本国憲法が規定する事態を大きく逸脱しています。  安倍政権が現に強行している自衛隊派兵は、誰がどう見ても憲法違反です。こんな状況の中で戦地に無理やり行かされる現場自衛官の思いはいかがでしょうか。

立川市議会 2019-09-19 09月19日-15号

内容憲法9条に自衛隊を明記し、集団自衛行使を何の制限もなくできるようにするものであります。 そこでお聞きをします。市内にも自衛隊員である市民が多数います。そうした市民戦争で命を落とすことになりますが、どのようにお考えでしょうか。 また市長は「憲法を擁護する」と、たびたびこれまでも答弁されておりました。

調布市議会 2019-07-03 令和元年 第2回 定例会−07月03日-07号

具体的には、国内の災害時における救助活動にその主な存在意義が置かれていたものが、9条の解釈改憲安保法制施行により、集団自衛容認されたために、他国戦争に加担する職務を新たに担うこととなったということを指しております。  これに伴い、自衛隊員は当然のことながら、他国戦争で命を落とす可能性のある、さらに厳しい職務さま変わりをしております。

台東区議会 2019-06-28 令和 元年第2回定例会-06月28日-付録

2012年改憲案では第9条を改正し、「国防軍」が、全面的な集団自衛行使でき、国防軍にかかわる秘密保護法制整備を求め、軍法会議に相当する軍事審判所設置も求めています。戦争への道が開かれてしまいます。  私たち日本婦人の会は「憲法改悪反対軍国主義復活を阻止します」を目的の一つにし ています。二度とあの悲惨な戦争を起こしてはならない、誰も戦争によって幸せになる人はいません。

昭島市議会 2019-06-18 06月18日-02号

主に輸送中継基地として機能してきた横田基地ですが、訓練にも使える基地特殊作戦部隊拠点基地及び集団自衛行使を念頭に置いた日米司令部機能を有する中枢、ハブ基地へとさらに再編が進んでいます。 昨年10月のCV-22オスプレイの配備から始まり、一昨年に一時配備されていた無人偵察機グローバルホークが常備される動き、さらに、航空宇宙作戦センター設置も検討との報道もなされました。

台東区議会 2019-06-12 令和 元年第2回定例会-06月12日-03号

また、戦争法秘密保護法集団自衛行使容認などの戦争できる国づくりに向けた準備や憲法改悪流れをストップさせ、平和な日本台東区から実現させていく決意です。台東区はさきの大戦時、東京大空襲で1万人以上の犠牲者を出しました。だからこそ、台東区から反戦平和の流れをつくり出していきたいと思います。それらのことから、国民健康保険就労支援、平和の3点について質問いたします。  

台東区議会 2019-06-11 令和 元年第2回定例会−06月11日-02号

安倍政権は、集団自衛容認閣議決定を行い、その後、安保法制戦争法を成立させました。日本が攻められていなくても、地球の裏側で同盟国アメリカが行う戦争であっても、日本の安全に必要とみなせば必要な自衛の措置となり、自衛隊海外武力行使することになります。自由民主党は、違憲のままでは自衛隊員がかわいそうだと盛んに宣伝しています。

杉並区議会 2019-06-04 令和 元年第2回定例会−06月04日-13号

また、同協会はこれまで、「『新共謀罪』に反対する表現者緊急アピール」、「『安全保障関連法案』『集団自衛行使を認める閣議決定』の撤回を求めるアピール」などと称する政治的主張を、内外に対し極めて活発に発信してきております。こうした主張に対しては、同協会内部でさえ疑問視する声があるほどであります。公共劇場連携先として疑問を覚えますが、見解を伺います。  

杉並区議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会−03月18日-08号

関する請願  27陳情第15号 児童館廃止反対に関する陳情  27陳情第16号 阿佐谷地域区民センターおよび産業商工会館杉並第一小学校への移転・複合化計画白紙撤回を求めることに関する陳情  27陳情第17号 杉並区立施設再編整備計画白紙撤回に関する陳情  27陳情第18号 「区立施設再編整備計画使用料等の見直し」を白紙撤回住民参加で再検討することを求める陳情  27陳情第19号 現政権集団自衛

日の出町議会 2019-03-18 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日:2019-03-18

しかし、安倍政権憲法違反安全保障関連法を成立させ、集団自衛行使に踏み切っています。さらに、政権は、憲法第9条、自衛隊派遣案などの改憲4項目を提起していますが、その内容は、日本国憲法平和主義国民主権基本的人権の尊重、議会制民主主義などの基本的原理を変質させる危険なものになっています。