3768件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

昭島市議会 2020-06-22 06月22日-05号

まさに吉野議員御指摘のとおり、今大変災害集中豪雨発生しているような状況でございますので、本当に去年、台風19号があれだけの猛威を振るってきたということの中で、今年来ないという保証はないわけでありまして、さらにやはり海水温、昔は日本列島の近くに来るとヘクトパスカルが上がっていって、すごく弱まって熱帯低気圧になったんですけれども、今、列島の近くの海の海水温がすごい、27度、28度と今もう結構高いらしいんで

稲城市議会 2020-06-19 令和2年第2回定例会(第10号) 本文 開催日: 2020-06-19

集中豪雨による土砂災害浸水被害発生各地で警戒される中、公明党は避難所における感染拡大防止対策の強化を訴え、備蓄する物資や資機材に係る経費について、地方創生臨時交付金活用できることなどを訴え、活用を実現いたしました。今回の補正は、この活用による災害発生時に備えた避難所感染症対策を強化するための消耗品費の増額であります。  

稲城市議会 2020-06-12 令和2年第2回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-06-12

DCMくろがねや株式会社との協定は、集中豪雨台風等により浸水発生し、指定された施設への避難が間に合わないなど、緊急時に稲城押立店屋上駐車場避難場所として提供していただけるものでございます。また、4月1日には、高勝寺と、災害時における帰宅困難者受入れ等に関する協定を締結いたしました。

杉並区議会 2020-06-10 令和 2年 6月10日総務財政委員会−06月10日-01号

一昨年の集中豪雨のときに、近隣の井荻駅の地下歩道に水がたまりまして、エレベーターが数か月使えないということもありましたけれども、当然この施設地下に掘っていく施設でございますので、そういった水害対応防水対応に関してはどういうふうな考え方であるのかということが2点目。  3つ目が、先ほどもございましたけれども、隣接している保育園があります。

練馬区議会 2020-06-10 06月10日-05号

毎年のように大雨集中豪雨などの水災害に見舞われています。新型コロナウイルスのような感染症と共存する生活が求められる中、地震台風などの災害が起こった場合の避難拠点避難所での運営対応が、万全を期しているのかお伺いします。 避難拠点については、事前に避難拠点運営連絡会で配布している手引を拝見しましたが、感染症対策についての記述を見かけませんでした。

青梅市議会 2020-06-08 06月08日-02号

この秋にも同様の台風が襲来する、また6月の集中豪雨も予想される、こういう中で、新型コロナウイルス拡大した現状では、前回とは全く異なる対応が求められると思うのであります。 台風第19号襲来当時、私は梅郷地区避難場所を視察し、それを基に令和元年12月定例議会一般質問を行いましたが、当時の避難場所では、3密を避ける等の対応策は、当然のことながら全く考える必要もなかったわけであります。

杉並区議会 2020-06-08 令和 2年 6月 8日都市環境委員会−06月08日-01号

これらを踏まえまして、区としましても、大規模地震や近年多発、激甚化している集中豪雨などの自然災害によって区内発生する災害廃棄物を迅速かつ適正に処理することにより、区民生活環境保全公衆衛生確保、早期の復旧復興を実現するため、杉並区災害廃棄物処理計画を策定することとしたものでございます。  

杉並区議会 2020-06-05 令和 2年 6月 5日保健福祉委員会−06月05日-01号

最近、集中豪雨であるとか台風であるとか、そういったものが主な内容になってございます。 ◆山田耕平 委員  今回の新型コロナによる減免というのは非常に重要なことだと思うんですけれども、通常時の減免というのがなかなか進んでいないなというのは、減免を受けられない。受けるに当たって、すごく狭い門なんですよね。そういったことも今後改善を考えていっていただきたいなと思いますが、その点確認して終わります。

世田谷区議会 2020-05-26 令和 2年  5月 区民生活常任委員会-05月26日-01号

気候変動に起因する強力な台風集中豪雨による被害が年々甚大化してきており、区内でも昨年、台風第十九号によって大規模浸水被害が生じました。以前にも増して顕著となってきた気候危機を強く認識し、区民事業者と広くこの問題意識を共有し、共に行動することにより、SDGsが掲げる持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。  

大田区議会 2020-05-12 令和 2年 5月  まちづくり環境委員会−05月12日-01号

◆馬橋 委員 資料47番なのですけれども、計画の一覧をお示しいただいて、今年度こういう計画なのだなとは拝見させていただいたのですが、その中で私は、私の地元のほうの話で恐縮なのですが、今年度、東調布公園のプールの改修と撤去新設等の工事もあがっているのですけれども、この間、これからちょうど夏の時期を迎えるにあたって、集中豪雨などが昨年も一昨年もありまして、その関係でこの東調布公園の下に、ページでいうと

八王子市議会 2020-03-27 令和2年_第1回定例会(第3日目) 本文 2020-03-27

今後、地球温暖化が進めば、集中豪雨はますます激しくなると予想されています。改めて森林や農地の保全により雨水の涵養の力を高めていくことが重要です。川口地区物流拠点整備事業では、29ヘクタールの山林が失われる計画であり、今後洪水や土砂崩れなどの災害のリスクを高めるのではないか、そして、せっかくの洪水ハザード取り組みを帳消しにしてしまわないかと心配です。

板橋区議会 2020-03-26 令和2年第1回定例会-03月26日-04号

災害対策として、安全対策のためのブロック塀撤去助成によるフェンス新設を加えるなどの拡充は行われていますが、集中豪雨などに備えた荒川タイムラインによる避難指示を位置づけながら、避難行動支援者避難先確保もなく、避難支援プランは在宅での人工呼吸器利用者のみで、避難方法避難先計画にはありません。自助、共助を強調する前に、公的責任としてその役割を果たすべきです。

小平市議会 2020-03-26 03月26日-06号

2020年度予算では、防災防犯対策について、小平市地域防災計画の修正に着手し、建物の耐震化などを進めていくことは評価するものの、このたびの新型コロナウイルス感染症感染拡大のような予定外緊急事態と大地震集中豪雨などが同時に発生し得るケースを想定し、備蓄品の中にマスクや消毒液などを追加するなど、これまでのあり方を複合的、根本的に見直す必要があるなど、課題が浮き彫りとなっています。

江戸川区議会 2020-03-25 令和2年 第1回 定例会−03月25日-04号

昨今の集中豪雨、台風による痛ましい水害が隣り合わせの中、区民皆様の命を守る治水対策、一時的な退避場所になる高台構想は多くの区民皆様が望んでいる事業です。約六メートル以上のかさ上げが実現し、隣接する都立篠崎公園計画機運上昇にもつながる本事業は、地元住民皆様からも大きな期待が寄せられています。これを動機付けと言わず、何を動機付けと言うのでしょうか。

大田区議会 2020-03-25 令和 2年 第1回 定例会−03月25日-05号

しかし、私たちは一方で、猛暑や集中豪雨という異常気象根本原因温室効果ガスの削減に本気で取り組まないとなりません。気候変動の要因となる地球温暖化を食い止め、未来の命を守る取り組みに今すぐ着手すべきです。再生可能エネルギー利用拡大や省エネルギーの推進、緑地の拡大など、私たち行動世界地球子どもたち未来影響を及ぼすという自覚を持って、温暖化対策を実践的な行動に移すべきです。