13件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

足立区議会 2016-10-11 平成28年決算特別委員会−10月11日-04号

ただ、大災害が起きたときに、昔は戦時中は防空ずきんと言ったかと思うのですけれども、上から落下物って、高い建物もなかったからそんなに問題なかったかと思うのですけれども、今はコンクリートやガラスの破片が落ちてくる可能性は十分あるということで、この防災ずきんがどれほどの効果があるのかが、私、正直、心配でございます。  本当に太平洋戦争末期で日本で使われて、あれから70年たっております。

立川市議会 2011-09-22 09月22日-14号

防災訓練も行っていますが、子どもたち防空ずきんを支給してもらえないかとの要望も出されていますが、なかなかお金がないということで難しい。子どもたちが対応できるかということで難しいということです。 先生方は、独自にキルティングを集めて子どもたち防災ずきんをつくり始めていました。見影橋保育園では、地域の皆さんとの連携を呼びかけていました。また、子どもたち子育てひろばを設けています。

清瀬市議会 2011-06-09 06月09日-02号

それから、防災避難のことですが、テレビでも見ましたけれども、どこかの小学校でしたけれども、皆さんご存じじゃないかもわかりませんけれども、防空ずきんというのがあるんですよ。防災ずきんですか。あれをかぶせて、先週東久留米市の小学校でも見ましたけれども、ああいった状況をすごく醸し出すというのもよくないんですけれども、いいんですね。だから、そういった実質を伴った訓練を進言したいと思います。 以上です。

青梅市議会 2006-03-29 03月29日-06号

次に、「備蓄品なども今までは防空ずきんヘルメットで対応できたものが、防毒マスク等の装備も必要となり、訓練なども今までとは違った部分もあると思う。その辺のところは協議会の中でやっていくのか」との質疑には、「現時点における有事の際における備蓄品の内容については、今後、東京都から示される市町村におけるモデル計画等を見ながら対応してまいりたい。

大田区議会 2003-09-25 平成15年 第3回 定例会-09月25日-01号

その作品の中に、16歳、18歳の女性の絵と作文の中に、8月15日、もんぺと防空ずきん野良着姿から、天皇の終戦宣言と同時に、1人の女性は家に帰り、久しく身につけなかったスカートを行李の底から引っ張り出して身につけた。解放感安堵感が漂う。もう1人の女性は、走って帰宅し、雨戸を閉めてワンピースを身につけ、心踊る終戦の思いを絵と作文にしていた。

福生市議会 2001-12-05 平成13年第4回定例会(第1号) 本文 2001-12-05

聞くところによりますと、各自所有の防災ずきんですか、昔は防空ずきんと言ったそうでございますけれども、それが各自所持されているようなことなので、その着用がどうしてできないのか、また訓練ですから先生もやはり身を守る必要があると思います。ヘルメットぐらいかぶってもいいのかなという考えがいたしますけれども、その点どうなっているのか、お聞きいたしたいと思います。  

稲城市議会 1996-12-06 平成8年第4回定例会(第23号) 本文 開催日: 1996-12-06

例えばモンペとか、防空ずきんとか、名札のついた上着とか、戦争関係ばかりでなく、子供の遊具、服装、あるいは方言、神社仏閣お札等も、貴重な今を伝える品物であろうと思います。それも、平成8年現在と比べると、完全にもう歴史的な存在でございます。そういったわけで、収集の方針についてお伺いするわけでございます。  

武蔵野市議会 1995-03-13 平成7年 文教委員会 本文 開催日: 1995-03-13

なお、この防災ずきんというのは日本独特のもので、私も古い人間ですからよく覚えているんですが、防空ずきんから出ているんですね。防空ずきんといって、焼夷弾とか火事のときにあれをかぶって逃げるということから来て、現在ではこれは防災ずきんということで、火に強いような形で用意されているようです。ただ、神戸の地震を教訓にしながら校長さん方とも今、内部でいろいろ研究しております。

調布市議会 1994-09-13 平成6年 第3回 定例会-09月13日-02号

私は、群馬県前橋市の小学校に入学したのですが、授業中も空襲警報が出て、防空ずきんをかぶって急いで帰宅したことは何回もありました。今思い出して一番怖かったのは夜の空襲でした。B29の無気味な低音、あたり一面が昼間のようになるほどの焼夷弾でした。吾妻郡の田舎に疎開してからは、「疎開っ子」といじめられました。学校では、後醍醐天皇に忠誠を尽くした楠木正成の話などをよく聞かされたものです。

千代田区議会 1987-06-18 昭和62年第2回定例会(第2日) 本文 開催日: 1987-06-18

神社の境内の砂利に数知れない焼夷弾が当たって炸裂し、火の粉が地表数十センチをなめるように渦巻く中をバケツに入れた水で防空ずきんをぬらしながら祖母に手を取られ弟と逃げ惑ったことがきのうのことのように思い出されます。  やがて八月十五日を迎え、戦争は負けをもって終結いたしました。

  • 1