69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

板橋区議会 2019-06-12 令和元年6月12日都市建設委員会-06月12日-01号

第2章では、区の交通に関する現状と課題を示しており、交通に関する課題の把握方法として統計資料、人や車の移動が把握できる東京都市圏のパーソントリップ調査、また、交通の調査でございます道路交通センサス等の調査データを活用しつつ、区民と板橋区に来訪にされる方へのアンケート調査も実施し、交通に関する移動特性やニーズ等の課題を把握してきたところでございます。  

武蔵野市議会 2017-09-15 平成29年 外環道路特別委員会 本文 開催日: 2017-09-15

32 【落合委員】  交通量調査について幾つかお伺いをしたいと思っておるのですが、まず最初に認識の確認だけしたいのですけれども、一般的に道路交通センサス、これまでずっと交通センサスと呼んでおりましたけれども、これというのはそもそも何なのだろうかと、ちょっと素朴な疑問なのです。

八王子市議会 2017-07-11 交通対策特別委員会(7月11日) 本文 2017-07-11

趣旨でございますが、市内における一定の渋滞状況を把握するため、国土交通省が実施しております道路交通センサスデータを活用いたしまして、市内の主要箇所とされるところの交通量の変化を経年で比較したものを示させていただいております。  恐れ入ります。別紙、資料4、A3の部分をごらんいただきたいと思います。

北区議会 2016-10-24 平成28年  十条まちづくり特別委員会-10月24日−01号

調査につきましては、先ほど申し上げたとおり、85号線を拡幅するための調査を行っていないと申し上げましたが、東京都におかれましては、説明会でもご説明させていただいておりますが、道路交通センサスにおきまして、片側1車線の車道の幅員のところでピークの歩行者交通量につきましては約1万5,000人ということで、これにつきましては12時間の交通量でいきますと、第2番目に多い交通量だということでの、全体的な交通センサ

江東区議会 2016-10-04 2016-10-04 平成28年決算審査特別委員会 本文

少し前のデータになって恐縮でございますけれども、国土交通省道路交通センサスというのを公表してございまして、こちらは平成22年度の交通量調査でございますが、晴海通りの豊洲付近、日本ユニシス株式会社より少し手前の部分ですけれども、ここの交通量を申し上げますと、12時間当たりで2万1,887台となってございます。

北区議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会(第3回)-09月09日−09号

また、自動車交通量は、東京都国土交通省とともに実施した平成二十二年度の道路交通センサスでは、中十条一丁目の観測地点で、十二時間交通量は、約六千五百台とのことです。  ご指摘のとおり、補助八十三号線は、一定の交通量がありながら幅員が狭いため、歩道の確保が難しく、自動車や歩行者などがお互いに注意を払いながら通行している危険な状況です。  

国立市議会 2015-12-07 平成27年第4回定例会(第4日) 本文 開催日: 2015-12-07

一般的な現況調査といたしましては、国土交通省が実施しております道路交通センサスの手法であろうというお話をいただきました。そこで、道路交通センサスに準じた調査方法で、上下線で大型車、小型車、二輪車、自転車、及び歩行者別に24時間測定をしてまいりたいと考えております。  

杉並区議会 2015-12-03 平成27年12月 3日道路交通対策特別委員会−12月03日-01号

その点についてはどうなのかということと、あと道路交通センサスについてなんですけれども、今は平成22年度のセンサスに基づいていろいろなことがやられているんですが、毎回毎回、新しいセンサスに基づいた再度の集計をやれということを言っていてもなかなかやらないじゃないですか。

武蔵野市議会 2015-08-25 平成27年 外環道路特別委員会 本文 開催日: 2015-08-25

それで、ここから先2つあるのですけれども、1つは、吉祥寺東町の通過交通の問題を、物事を前に進めていただきたいということからすると、できれば、平成17年ではなくて平成22年の道路交通センサスをもとにした交通予測をもとにしてということがいいと思うのですが、この地域の通過交通は、青梅インターができることによってどういうふうに変化するのかということについてシミュレーションができるはずだと思うのです。

江戸川区議会 2015-01-13 平成27年 1月 建設委員会-01月13日-11号

◎立原直正 計画調整課長 今、委員のほうからお話ございましたが、推計については資料のほうでお渡しさせていただいておりますけれども、国土交通省、国が行っております道路交通センサス、この資料をもとにさせていただいて、区のほうで推計した値を従前お出しさせていただいております。  

北区議会 2014-09-10 平成26年  9月 定例会(第3回)-09月10日−10号

第四次では、二〇一〇年道路交通センサスに基づく交通量混雑度などを示した上で、早い段階で、広く都民の意見を問うべきです。  意見の三つ目は、延焼遮断帯についてです。  延焼遮断帯には六十メートルの空間が必要で、それ以下の幅の道路については、周辺の建物の不燃化の状況を加えないと十分な効果はありません。幅六十メートル以下の道路を延焼遮断帯の形成を理由に整備するという指標は不適切です。

八王子市議会 2013-06-26 平成25年_第2回定例会〔 後編 〕 2013-06-26

ア.公共交通システムの充実について      イ.国道のバイパス整備に伴う旧道の扱いについて      ウ.山間地域公共交通について      エ.既存鉄道サービスの充実について      オ.中央線陸橋開通について      カ.陣馬街道と秋川街道の交通渋滞問題について      キ.道路交通センサス調査結果について      ク.バスベイ及び北西部幹線道路の進捗状況について (7) 平成25

あきる野市議会 2013-03-13 平成25年第1回定例会(第3日目)  本文(一般質問) 2013-03-13

それから、ちょっとうちの方で把握している中で、国土交通省から、それから東京都道路建設部が発行しております道路交通センサス調査というのがございまして、その数値をちょっとここで発表したいと思いますが、これは平成22年度に調査をした結果を東京都建設局が発行したものです。